第19話 衣装ぼくろ

 私が赤い糸の由来を語り終えると、惠は何か意味ありげな深いため息をつきました。

 「どうしたの?」
「いいぇ……うち、赤い糸とは全然関係あらへん人と結婚してしもたし、なんや急に悲しゅうなってしもてぇ……」
「でもね、本当はご主人と赤い糸で繋がってるけど、たまたま今の惠には見えないだけじゃないのかな?」
「そんなことおへん。うちの人とは赤い糸も青い糸もあらしまへん」

 惠は吐き捨てるようにつぶやきました。
これ以上赤い糸の話題を続けるべきではないと考えた私は、惠の背中を流していて偶然見つけたうなじのほくろに話題を変えました。

 「あれ?」
「どないしはりましたん?」
「こんなところにほくろがあるね」

hokuro

 そうささやきながら惠のうなじに軽く触れました。
「うなじのほくろのことどすか?」
「そう」

 「これ、衣装ぼくろと言うんどすぇ」
「衣装ぼくろ?へぇ、初めて聞いたね。どういう意味なの?」
「ちっちゃい時お母はんに聞いた話どすけど、なんでも、うなじにほくろがあると『衣装ぼくろ』言うて、一生、着物に困らへんちゅう話どすぅ」

 「へぇ~それはいいね~。一生着物に困らないと言うことは、言い換えれば生涯裕福に暮らせると言うことだよね。いいなあ~」
「あはは、せやけど、迷信どすぇ」
「いいや、きっと当たってると思うよ~」
「そうどすか?それやったら嬉しおすけどぉ。おほほほ……」

 その時、そっとうなじにくちづけをしました。
きっちりと流していなかったので、少し石鹸の苦い味がしました。
惠はくすぐったかったのか、首をきゅっとすぼめました。

 「あっ…こそばい……」
私は泡だらけの惠の背中に身体を寄せました。
私の胸と惠の背中が密着しています。

 惠の肩に顎を乗せるような姿勢で、背後から抱きしめ乳房に触れました。
「あっ……」
突然惠への愛おしさがこみ上げ、背後から強く抱きしめました。

 「裕太はん……」
「惠……」
頬が惠のうなじとぴったりくっついています。

 「しあわせやわぁ……」
「僕も……」
「ずっとこのままやったらええのにぃ……」
「そうだね……」

 惠は何気に後ろを振り返りました。
そして私の顔を見てクスクス笑い出しました。
「どうしたの?」
「そやかて裕太はんの顔に石鹸がぁ」
「えっ?」

 惠があまりに笑うので鏡を覗き込んでみました。
すると鼻の頭に泡がついていて、まるでピエロの顔のようになっています。
私はすぐに石鹸を洗い流し、

 「そんなに笑わなくても」
「せやけど、おかしいんやもん~。あはははははは~」
「そんなにおかしい……?わはははははは~~~」

 惠があまりに笑うので、つい私もつられ笑いをしてしまいました。
ふたりのしっぽりとした甘い夜なのに、浴室内が少し不釣合いな笑い声に包まれました。

 でもそれは、とろけるような官能劇のほんの合間に過ぎなかったのでした。


  この作品は 「愛と官能の美学」 Shyrock様から投稿していただきました。

banner_20040_01