第13話 忠夫の1周忌

 9時近くになって、二組の夫婦が現れた。
「お待ちしてました。こちらへどうぞ…」案内する翔子は、いつもと違って、服を着ている。

 翔子が応接室に案内すると、ソファに座るなり「入会希望の渋井さんだ。経歴は知っているよね?」榊原は宗一に言う。
「はい、存じてます。そちらは、奥様の夏美様ですよね?」
「そうよ、良く知っているわね。さすが有馬家の秘書ね」
「早速だけど、この2人が入会したいそうなんだ。保証人には僕がなるよ」

 それを聞いて「わかりました。夏美さん、ここでの決まりをご存じですか?」宗一が尋ねると「存じてます。ですから…」夏美はボタンを外して、服を脱ぎだす。
「恥ずかしいけど、小さいくて…。それにヘアも多めです…」そう言いながら、ブラジャー、パンティと脱いで全裸になった。

 それには「私も脱がないと…」純子も脱ぎだし、全裸になっていく。
「ご存じなら、認めましょう。それでは、入会祝いのパーティを始めましょう!」宗一の合図で、ワゴンを押し全裸で乳房を揺らせながら翔子が入って来た。
3人の女性は、ワゴンの料理をテーブルに並べて「それでは、乾杯!」パーティが始まった。

 パーティは1時間程で終わり、後片付けが済むと、この前の写真が披露される。
「凄いわ。こんな事をなさったんだ!」レイプまがいの写真に、新人の夏美は興奮気味だ。
「恥ずかしいけど、凄く良かったわ。犯されるって、変な感じで、いいのよ」純子が話し出すと「私も、レイプされたい…」夏美は榊原を見つめる。

 「それでしたら、体験なさったら。私も、渋井さんにレイプされますから」純子が言い出した。
「面白いな。榊原さんの奥さんをレイプするなんて!」
「俺もやるぞ。渋井の奥さんを犯してやる!」二人はその気になった。

 「それでしたら、私が撮ります」
「そうしてくれ、撮っておきたいし。後は、場所が問題だな…」榊原と渋井は思案している。

 パーティは12時には終わり、皆が帰って屋敷には二人しかいない。
「母さん、何とかうまく行ったね」後片付けをしながら言うと「そうね、うまく行ったわ。でも、いつまでやれるかしら?」溜息をついた。
「そうだよね。それより、旦那様の1周忌も考えないと…」

 「お金は大丈夫なの?」
「ギリギリです。でも、何とかします…」宗一には考えがあるようだ。
宗一は電話で連絡を取り「そうです、喪服のままで…。奥様には秘密ですよ。その方が楽しいし…」笑顔で話していた。

 それから2ヶ月後、秋子も単位が取れて、卒業見込みになり、屋敷に戻ってきた。
また、忠夫の1周忌も、明日に迫っている。
宗一は明日の漏れがないか、チェックしているが「宗一さんにだけやらせて、申し訳ないわね」翔子が労う。

 「当然の事ですよ。それより、明日の衣装は、大丈夫ですか?」
「勿論よ。秋子のも用意してあるわ」
「それなら、安心です。それから、秘密ですが、式が済んだら、秘密パーティをしますからね」

 「それに、秋子も出すの?」
「出て欲しいんです。香典も加算すると言ってますから…」
「人前でのヌードは無理よ。慣れてないし」
「無理でもやって貰わないと、生活に困りますよ」

 宗一の言葉に翔子は黙り込んだが「わかったわ。無理にでも、ヌードにさせる…」
「それなら、安心です。実はこういう計画がありまして…」式の後のパーティを打ち明けた。

 「そうなんだ。女性は知らないんだ!」
「そうなんです。本物らしくていいでしょう?」
「面白いわね。私もやられるの?」
「勿論です。ただ、秋子には、僕だけがやります…」
「それなら、秋子も諦めるわよ」その言葉に宗一も笑顔になった。

 翌日、忠夫の1周忌が斎場で行われた。
その後に、近くのホテルで会食が行われ、秋子と宗一の婚約が正式に告げられ、また、宗一が婿養子になり、有馬家を引き継ぐ事も告げられた。

 会食は1時間程で済み、参加者は帰るが、榊原や渋井達は、宗一達と一緒に屋敷に向かう。
屋敷に着くと、メイドはおらず、翔子と秋子で接待していく。

 和やかな雰囲気で話していると「そろそろ、いいんじゃないかな?」榊原が言い出した。
「あなた、何がそろそろなの?」純子が怪訝な顔になった。

 だが「そうですね、準備します」宗一が段ボール箱を運んでくると「始まりだ。手はず通りにやろう。恨みっこ無しだからな!」榊原の合図で、男達は目当ての女性に抱きついた。

 「イヤ、やめて!」悲鳴を上げても、用意されたロープで両手が縛られていく。
その様子に「宗一さん、警察を呼ばないと!」秋子も怯えている。
「心配いらないよ、直ぐにわかるから。それより、秋子も参加だからね」秋子も両手を後ろ手に縛られた。
「やめて。何する気よ!」暴れても、何も出来なくなった。

 「宗一君、こっちはいいぞ。カメラはいいか?」
「いつでも、いいです。始めて下さい!」宗一はカメラを構えた。
「始めは、僕からだよ」渋井は純子の喪服に手を掛けるが「イヤ、やめて!」手を縛られているから、首を振って拒むだけだ。

 「奥さんとは、前からオ○ンコしたくて…」スカートを脱がす。
「イヤ、正気になって。やめて下さい!」声をあげても、渋井はパンティも引き下げて、下半身を剥き出しにした。

緊縛2

「オッパイも、やらないと」今度はシャツを捲り上げて、乳房も露わにしていく。

 「これで、準備はいいな」ズボン、パンツと脱ぐと、肉竿がそそり立っていた。
「いくぞ!」渋井は純子に抱きつき、肉竿で淫裂を突きだした。
すると、嫌がっていた純子も「あ、あ、あ~!」声をあげだす。
「ほら、オ○ンコに入ったぞ!」肉竿を動かし出すと「あなた、レイプされました…」純子は虚ろな顔で榊原を見つめた。

 「そうか。それなら、俺も、敵を取ってやるからな!」榊原は夏美の喪服に手を掛けた。
「イヤよ、レイプなんてイヤ!」夏美も両手を縛られているから抵抗できず、足をバタバタするだけだ。

 「榊原さん、私が撮りますよ」渡辺がその様子を撮りだした。
「出すぞ、出してやる!」渋井はピストンを速めて、登り切ると純子の膣奥に噴射した。
「イヤ~!」首を振る純子だが(気持ちいいわ。久しぶりに良かった…)淫裂から精液を垂らしながら満足そうな顔をしている。

 「今度は、僕だからね」渡辺も真理に襲いかかった。
「イヤ、あなた助けて!」叫ぶが、真一が撮っていく。
真理は渡辺に喪服を脱がされ、淫裂を肉竿で突かれると「あ、あ、あ~!」声をあげていく。

 こうして、代わる代わる女性は男性から、膣奥に射精されたが、残っているのは、秋子だけだ。
それを見ている秋子は「獣よ。レイプするなんて獣よ!」怯えている。