第19話 約束のセックス

 翌朝、宗一が新聞を見ていると「株が上場されたんだ!」経済欄に上場された企業が紹介されている。
「母さんに秋子、これを見てくれ!」宗一は、証書を2人に見せたが「それが何か?」意味がわかってない。

 「ほら、上場されたんだよ、これは株なんだよ!」新聞を見せて言うと「株ってどれくらいなの?」まだ、わかっていない。
「まだハッキリわからないけど、3千円はすると思う。10万株だから3億円にはなると思うよ」

 「3億もあったんだ!」驚く翔子だが「それは、なかった事にしましょうよ」冷静に言う。
「僕もそう思う。これは秋子が産む子供のために使おうよ。母さん!」秋子の腹を撫でて言う。

 「そうして。秋子もいいよね?」
「勿論いいわ。だって私のお金じゃないし」
「ありがとう秋子、母さん」2人の言葉で踏ん切りが付いたのか「これからも、今まで通りで行こうよ。いいよね?」
「もちろんよ。家族じゃないのよ」話が終わると秋子と翔子は後片付けを始め、宗一は昨日の写真の整理を始めた。

 そして「もうすぐ10時か。そろそろ行かないと…」宗一も写真を片付け、出かける準備を始めた。
「そうだ。母さんも、一緒の方がいいかも」翔子の所へ行くと「母さんも一緒に行こうよ。印鑑も忘れないで」
「わかった、着替えるから待ってて」暫くして、着飾った翔子が戻り、メイドも現れた。

 「後を頼みますね」断りを入れ、2人は秋子を残し車に乗って屋敷を出た。
車は走り出してから1時間も過ぎると「アトラス工業」と書かれた会社まで着た。
「着いたよ」2人は車を停め、ビルの中に入り、受付で用事を話すと、応接室に案内され、担当者が現れた。

 宗一が担当者に証券を見せてると「有馬忠夫様ですか。これをお売りに?」困った顔をする。
「いいえ。私と息子と娘の3人で持ちたいんです」翔子がそう言うと「それはよかった。有馬様が株主ですと、うちの格が上がりまして…」笑顔で説明していく。
そして、書類を持ち出し、それに記入すると、担当者は預かり書を渡し、後日に正式な株券を届けると話し、二人は会社から出た。

 2人は行く当てのないまま、車を走らせていくと「あそこに行こうよ」映画館が目に留まる。
「いいわよ、たまにはね」翔子も賛成し、車を停めて中に入ると客はまばらだ。
2人は並んで座り、眺めていくと島が映し出され、両手を後ろ手に縛られた女性が4人現れ、不自由な姿勢で走り出す。

 その間、男達が時計を見ながら話をし、時間になったのか一気に動き出した。
男達は女性を追いかけ押さえつけると服を脱がし出す。
「ポルノじゃないの?」翔子が聞くと「わからないけど、たぶん…」宗一はそれしか言えない。

 画面には服を破かれ、乳房を露わにした女性が悲鳴を上げている。
それでも男達はナイフで服を切り裂き、全裸にすると犯しだす。
(凄いわ、凄い迫力だわ…)犯すのは1人ではなく、交代しながら犯して別な女を捕まえると、また服を切り裂き犯していく。

 「凄いや、こんな手があったんだ…」宗一は感心するが、翔子は「こんな下品はイヤだわ」見下している。
結局4人は、男達に輪姦され、首輪を付けられて全裸のまま歩かされている。
その後、建物に連れ込まれ、ロープで縛られた上にムチで叩かれた。
気絶すると水を掛けられ立ったまま、後ろからまた犯されて、監獄のような所に入れられて終わった。

 「これ、下品ね。どうせなら、エロっぽくやればいいのに…」
「そうだね、次はなにかな?」2人が話しているとまた映し出された。
若い男女が馬に乗り草原を走っていく。
そして、馬を下りると服を脱いで抱き合った。

「これ、いいわね、私もやってみたい…」
「これなら喜ぶよ」2人は草原で抱き合う姿に興奮してみていると、四つん這いになってセックスしだした。
真っ青な青空と緑の草原が全裸の2人を引き立たせている。

aokan

 画面はどんどん進んで、今度は女性同士のシーンに変わった。
乳房を吸いながら淫裂を撫で、声を上げて楽しんでいると、宣教師のような男達が現れ女性を縛った。

 さらに、杭を打ちロープを取り付け、女性を1メートル程浮かし、大の字に縛り、2人の女性は乳房を握られ、淫裂に指を入れられ辱めを受けた後に、代わる代わる男に犯されて映画が終わった。

 「面白かったけど、意味がわからなかったね」
「そうだね、帰ろうか」だが、宗一は(おもしろいや、こんな事もいいかも…)無人島で出来ないかを考えた。

 映画を見た後、走って行くとラブホテルが目に付き「母さん、あそこでいいよね?」「いいわよ。でも、母さんはやめて。ここでは翔子と呼んでよ」
「そうだよね、母さんと呼んだら変に思われるしね」車を停めて中に入るとまだ若い女性がフロントにいた。

 「休憩したいんだ」
「それでしたら、お2人ですから1万になります」金を支払うとキーが渡され、部屋に向かった。
部屋に入ると「宗一さん、なんか面白い部屋ね」部屋には、いろいろな拘束具が置かれてある。

「とにかく脱ごうよ」翔子はワンピースを脱ぐと全裸になり、宗一も服を脱いで全裸になった。
「翔子、これでしようよ」それはSMで使うXの形をした十字架だ。
「痛いのはイヤよ。優しくして」承知すると両手をベルトで留め、足を開かせて足首も留めた。

 「これいいよ。撮るからね」真一は磔になった翔子を撮っていく。
乳房や無毛の淫裂も撮っていくが「宗一さん、撮るのはそれくらいにして楽しみましょうよ」翔子が催促する。
「もう少し撮ろうよ」乳首に鈴を取り付け、クリトリスにクリップを付けた。

 「外して。性器にはイヤ。お願いだから外して!」
「我慢して、直ぐに終わるから」カメラに顔を歪めた翔子を収めて「これくらいにしよう」クリトリスのクリップを外して指で撫でだす。

 「翔子、オ○ンコして欲しいのか?」
「いっぱいしたい。昨日見せつけられたから、やりたいの」
「ここでは、指だけだ。オ○ンコは別な所でやるよ」
「意地悪言わないで。もう濡れているのよ」淫裂は濡れて汁が流れている。

 「これで我慢して」ディルドーを淫裂に押し込むと「あ、あ、あ~!」声を上げて体を反らせていく。
宗一はディルドーをゆっくり動かすと、翔子の腰もそれに合わせて動き「いいわ、玩具でも気持ちいい…」虚ろな顔をして声をあげだした。

 宗一は玩具を暫く使ったが「翔子、やりたいか?」また聞いた。
「やりたいわ、早くやりたい…」淫裂からは涎のように淫汁が漏れている。
「わかった、やってやるぞ!」翔子の太股を抱えて腰を突きだした。
「いいわ、凄く気持ちいい。出来たら、後からされたい…」淫裂を突かれながら言うと「四つん這いがいいんですか。僕は、馬乗りでされたいんです」言いかえす。

 「それもやる。だから、解いて!」
「わかりました。まずは四つん這いからです」縛った手が解かれると、翔子は四つん這いになって尻を向ける。
「行きます!」腰を押さえて淫裂を突きだすと「あ、あ、あ~!」声をあげ、髪を振り乱している。

 宗一は暫く、腰を振っていたが「やって下さい!」体位を変えて、騎上位にさせた。
「やるわ。だから、一杯出して!」乳房を揺らせながら、肉竿を淫裂で擦っていく。
「気持ちいい、翔子のオ○ンコが一番いい…」揺れる乳房を揉みながら言うと「私も、宗一さんとが一番気持ちいいの…」翔子も言いながら腰の動きを速めた。

 すると、宗一が翔子の腰を押さえて離さない。
「だして、一杯出して!」その言葉に、肉竿が噴射した。
「気持ちいい。膣の中がとろけそう…」翔子は宗一と胸を合わせて抱き付いた。
「翔子、凄く良かった。またやりたい…」

 「私も、やりたい。でも、秋子がいるし…」やはり、罪悪感がある。
「そうだね、この事は秘密にしよう」
「そうよ、その方がいいわ」二人は暫く抱き合ったままいたが、服を着て5時前には屋敷に戻った。

 屋敷の戻ると「遅かったわね。どこか寄ったの?」秋子が聞く。
「映画を見てきたの。ちょっと、エッチだったけど」翔子が言うと「母さん、あんまり、はしたない真似はしないでよ。世間が見てるんだから」秋子から注意された。
「仕方ないわよ、中身を知らないで入ったんだから。でも、エッチは下品だった」

 「母さん。そんな事言ってないで、証券はうまく行ったの?」
「それなら大丈夫よ、宗一さんがやったから…」
「それならいいわ、とにかく、世間体があるから注意してよ」

 「秋子から言われるようじゃ、私も堕ちたわ」そう言いながら出て行くが(気づいてないわ。セックスしてたなんて、言えないし…)翔子は帰るメイドと挨拶してから、部屋に入った。