未知の星・別館

「未知の星」のモバイル対応と位置づけ,公開された新作とリニューアルのみを書き込みます。
詳しくは右記サイトで、お確かめ下さい。 http://akahoshi.a.la9.jp/

シャッター・チャンス2

「シャッター・チャンス2」第11話 とっきーさっきー:作

第11話


「お父さん、聞こえた?」

「うん。誰かがこっちに近づいて来る。でも、どうしよう? やっぱりこんなことなら……」

「もう! こんなところで怖気づいてどうすんのよぉッ!」

あたしは熱いお肉から指を引き抜くと、Tシャツの裾でぱぱっと拭った。
そのまま音を立てないように植え込みから抜け出し、近づく靴音を聞き分けようと耳の後ろで手のひらを拡げた。
ツマ先立ちになって、黒い絵の具で塗りつぶしたような空間に目を凝らしてみる。

なにも見えない。
厚い雲に覆われた月明かりさえ届かない世界。あるのは不気味な暗闇だけ。
でも聞こえる。
足音を忍ばせながら接近する人の気配。

「ここは、あたしたちでなんとかしないと……」

目線をシーソーのふたりに送る。
そして、「うん」って深く頷いて撮影機材用のバッグをまさぐった。
中から取り出したのは、いざという時に備えて持ち出したサングラス。

もちろん雪音の持ち物じゃない。
お父さんが当時流行ってた西○警察のリーダーさんに憧れて衝動買いしたものの、ある事情でタンスの中に封印されちゃったモノ。

理由は……?
そんなの『自分は知らないであります』ってことで、夜なのにサングラスを掛けたあたしは涙目のお父さんに言ってあげた。
「ふたりのエスコート頼んだわよ。ピンクの傀儡子さん」って……



暗い。真っ暗。
それなのにサングラスなんか掛けているから、真っ平らな地面で3度も転びかけちゃった。

ここは公園を縦に貫くメインストリート。
あたしは大げさに両手を振りながら足音を立てて歩いていた。
ついでに音階を無視したハミングも熱唱した。

唄いながら、あごから滴る汗を拭って首筋を流れる汗も手の甲で拭いた。
汗ばんだ肌を冷ましてあげようと、Tシャツの裾もおへそが覗けるくらいめくり上げてパタパタさせた。

その間も、首の関節をフル回転させて暗闇に潜む人影を探す。
『お願い、雪音に気付いて』という思いと『やっぱり怖いよ』という本音を同居させながら、一歩また一歩と遊具広場から引き離していく。
そして、半径5メートルくらいしか照らさない街灯の下に、あたしは辿り着いていた。

ワサッワサッ……ガサッガサッ……

耳を澄ませないと聞き取れない小枝を揺する音。
それでも聞こえない聞きたくない、男のいやらしい息遣い。

見ている。見られている。
誰かが雪音を息を殺しながらジッと覗いてる!

「ふ~ぅ。ウォーキングしてたら汗びっしょり。なんだか気持悪いなぁ~……誰も……見てないよね。ちょっと、脱いじゃおうかな?」

キョロキョロと周囲を窺うふりをして、頭に浮かぶセリフを棒読みして、こっそりと止まりそうな心臓をトントンと叩いてあげて……
あたしはTシャツの裾を掴むと頭から抜き取った。
そのままグッと息を止めて、ほっぺたのお肉を噛みながらジーンズのホックを外した。
ファスナーを引いた。
お尻を人の気配のある草むらに向けて、焦らすようにゆっくりと下していく。
ついでにサービスだよ♪って、腰でダンスもしてあげた。

恥ずかしいよぉ。こんなお外でパンツとブラジャー姿になるなんて。
それも正体不明のお客さんに、雪音の美肌を無料で見せないといけないなんて。

あたしはお出かけ専用のレースたっぷりの下着姿でポーズを決めた。
お父さんに撮影されるみたいに、悩殺立ちポーズを次々と披露していく。

腰をくの字に曲げてお尻を突き出して……
前屈みになって無理して垂れ下がらせた胸の隙間を強調させて……
遠くから聞こえる女性の感じる声なんか幻聴だよって、目の前の美少女モデルにもっと注目してよって……

カシャッ、カシャ、カシャ、カシャッ……
          シャッターチャンス

「ひいぃぃっ……イヤッ……んんっ」

そしてお父さんが手にしたモノと同じ音を聞いた。
覚悟はしてたけど、雪音はエッチなモデルだからこんなこと想定済みだったけど、だけど一瞬悲鳴を上げかけて口を押さえた。
口に手を当てたまま気付かれないように、背中をくねらせてお尻もくねくねさせた。
ちょっとだけパンツをずらせて、ヒップの割れ目も半分見せてあげた。

カシャッ、カシャ、カシャ、カシャッ……

そうしたら、悦んだカメラ君が拍手するようにまた鳴った。
それでもあたしは、身体が覚えてしまった淫らな振り付けを踊り続ける。

「……ふぅぅん、はああぁぁん……はぁっ、毅ぃっ……きもちいいのぉっ……」

遠くからも張り合うように淫らな声が流れてくる。
あたしはカメラを手にしたお客様を引き止めようと、もっともっと過激なショーに切り替えていく。

草むらに笑顔を振りまきながら、背中に回した右手がブラのホックを緩めた。
真横にした左腕を胸に押し当てたままブラジャーを引き抜いた。
脱ぎすてられた服の上にそっと落とした。

「恥ずかしい……でも、がんばれ♪ 雪音!」

あたしは、藍色のジーンズの上に乗っかったブラジャーを恨めしそうに見つめた。
でもそんなの一瞬だけ。
またおバカな雪音に戻ってお客様にサービスを始めた。

胸のふくらみに両手で蓋をしたまま、挑発するようにお尻を揺らした。
白いパンツをもっとずらせて、ふたつに割れたお肉を全部覗かせてあげた。

これが汚れのない女子高生のヒップだよって。
こんな淫らな踊りをしているけど、雪音はバージンなのって。

なにもここまでしなくたって……
雪音、いくらなんでもやりすぎだよ。

良心があきれた顔で警告する。
そうよ、あたしだって恥ずかしいし情けないよ。
でもね、見ちゃったの。決めたの。
どんなに馬鹿げていても、愛に満ち溢れた協同作業をする夫婦のジャマはさせないって。
だからあたしは……!

「は~あ。今夜は開放的な気分♪ パ、パンティーも脱いじゃおうっと……♪ だ~れも見ていないし、ふふっ、見ないでね♪」

スルッ……スススッ……
カシャッ、カシャ、カシャ、カシャッ……

草むらに背中を向けて、両手をおっぱいから引き剥がして、お尻丸出しのパンツを下していく。
前だけ隠してウエストのとこが紐になっちゃった最後の1枚を、棒読みハミングしながら脱いじゃった。

あたしは手にした白い布を、クルクルとボールみたいに丸めてブラジャーの横に並べた。
でもそれは湿っていた。
ううん、水気を含んだみたいに雪音のパンツはズシリと重たかった。

カメラ君に全裸の後ろ姿をみせてあげる。
隠したって意味がないのに、おっぱいと女の子の部分に両手の下着をひっつけて、そっと密着してた太股なのに隙間を拡げる。

「はあぁ、ううっ。雪音のアソコ濡れちゃってる」

生ぬるい風なのに、股間がヒンヤリと感じた。
中途半端に期待した恥ずかしい割れ目が、オナニーの続きをせがんでくる。

「んんはあぁっ、毅ぃっ、たけしのぉっ感じるぅっ! だめぇっ……美帆っ、気持ちよすぎてぇっ」

カメラ君を誘惑するように、真夜中の公園に響く美帆さんの女の声。

ザザッ……ザワザワザワ……

草むらに潜んだ気配が、雪音と美帆さんを天秤に賭けた。
せっかくピチピチボディを晒してあげているのに、旦那様に愛されるムチムチボイスと互角だなんて。
ちょっぴり落ち込んで、哀しくなっちゃう。

「は、はあ~ぁっ……なんだか解放的♪ お、オナニーしちゃおうかな?」

詳細は「未知の星」でご覧下さい。

「シャッター・チャンス2」第12話 とっきーさっきー作

           シャッターチャンス 
第12話


あたしは地面に転がる小石をササッと跳ね除けると、両手を突いて両ヒザもひっ付けていた。
それだけでお股のお肉がヌチャって鳴いた。

雪音、オナニーってどうやってするの?
割れ目の中までムズムズさせておきながら、サングラスに表情を消したあたしが白々しく訊いた。
せっかく足止めさせた盗撮カメラ君を失望させたらダメなのに、オナニーまでのカウントダウンを引き伸ばそうとする。

カシャッ、カシャ、カシャ、カシャッ……

急かしているの? 興奮して期待しているの?
盗撮カメラ君が四角いボディを鳴らして、たぶん数分後の雪音に訪れる真っ白な世界をフラッシュライトで予言してくれた。
ザワザワと草木が擦れる音と一緒に、ススーッてファスナーを引く音がして、「はあ、はあっ……」って荒い息遣いも聞こえて。

やるっきゃないでしょ、雪音! 
日夜鍛えた指使いを今こそ披露する時よ!

あたしは左手だけで身体を支えると、右手をお腹の下から侵入させて割れ目のスリットに這わせた。
中指にリーダーを任せて、ヒダヒダの底にまで一気に沈めた。
人差し指と薬指がサポートみたいにサイドの感じる壁を引っ掻いて、カメラ君が覗いているのにお尻がバウンドする。
閉じるのを忘れた前歯の隙間から、お約束の声が漏れた。

ズニュ、ズニュ、ぬちゅうぅ……にちゃ、にちゃ……

「ひゃぁっ! は、はぁぁぁ……指がぁ、勝手に……ンアぁぁっっ!」

膣の粘膜が悦んで、エッチなお汁を沸き出させてくる。
それが、シュッと音を立てて割れ目の縁まで溢れてきて、あたしは本能に任せて指を動かしていた。
とっくの昔に蕩けちゃってるエッチなお肉を、摩擦ですり減るくらいに擦り上げていた。

飾りっ気なしに気持ちいい。
夜の公園で風に吹かれて独りエッチするのって、快感!
ううん、そんなことより誰かの目を気にしてオナニーするのが、いいの!
カメラの被写体にされて、フラッシュをバンバン焚かれると、疼いちゃうの!
アソコが……雪音のオマ○コが……ヒクヒクってして、まだ経験したことがないオチ○チンと仮想セックスを体験してるの!

「んぐ、はぁぁ……美帆ぉ、愛してる!」

「あぁ、ふあぁぁぁっっ! 毅ぃっ、私もぉ愛してるわぁ……だからぁ、出してぇ……赤ちゃんの元、いっぱい膣(なか)にぃ、はあぁぁぁっっ」

その時、愛し合う二人の営みを風が運んだ。
セックスのラストを飾る夫婦の饗宴を、雪音の鼓膜が素直に拾った。

「き、気持ちいいよぉ……はぁっ、アソコがぁ感じるぅ……だめぇ、ダメぇっ!」

ピアノも弾けない雪音だけど、鍵盤を叩くように感じるお肉を弾いていた。
押さえるだけでエッチなジュースが溢れるスリットを、束にした指先でシュルシュルと撫で磨いていた。
これが露出オナニーの最後の快感だって、あたし自身に知らせるつもりで。

撤収だよ、雪音! もう、あなたの役目は終わったの!

真っ白な階段を駆け上って頂上一歩手前の雪音が、口元から涎を垂らして振り向いた。
イヤイヤって首を振って、目を潤ませて、最後の一段に足を掛けようとする。

「ふあぁぁっ……な~んか、このポーズって疲れるのよね。やっぱりオナニーするなら、ベッドの中だよね」

あたしは割れ目に這わせていた指を引き剥がすと、お父さん顔負けの棒読みセリフを夜空に向けて口走っていた。
身体を起こすと、オナニーしてたことも忘れたみたいにパパッと土埃を払った。

ザザッ……ザワザワザワ……
カシャッ、カシャ、カシャ、カシャッ……

そんな雪音の心変わりに、草むらがどよめいて、盗撮カメラ君が全力で引き留めようとする。
決して振り返らない後ろ姿だけの裸体に、真っ白なフラッシュ光線を明滅させる。

ごめんね、盗撮カメラ君。アナタと一緒に天国へ昇れなくて。
お詫びに雪音からプレゼントを置いておくね。

あたしは足元に脱ぎ棄てられた服を引っ掴むと、ほんわりと温かいブラとパンツだけ地面の上に置き去りにした。
そして、素裸のままで始めゆっくり、10歩進んで全力ダッシュした。
なぜか太股を捩らせて。
オシッコをお漏らししたわけじゃないのに、なぜか内股をべっとりと濡らして。

走りながらなのに雪音の頭は、家に帰ってからの行動をシュミレーションしていた。
シャワーを浴びて、夜食にカップラーメンを平らげて、ベッドに潜り込んで……

オナニー! オナニー!! オナニー!!!



全裸なのにサングラスだけを掛けた女の子がジョギングする姿に、もし居合わせた人がいたら腰を抜かしていたかもしれない。
ううん、突然オオカミさんに変身して、太くて硬~い注射の餌食になっていたかも。

幸いあたしは、ドロドロに濡れたバージンだけは守り通して、お父さんの後ろ隣に帰還した。
急いでジーンズとTシャツだけを着込むと、レンズを覗いたまま『返事はないただの屍だ』状態になっているお父さんを突いた。
脇腹をコチョコチョって。

「どうやら、撮影はうまくいったみたいね」

「ああ、写真もばっちりだけど、見てみなよ、雪音。夫婦仲も羨ましい限りってとこだな……ぼりぼりぼり」

雪音が蘇生してあげたことも忘れて、お父さんはえっへんって顔をしてみせる。
蚊の集団に弄ばれたのか、赤くなった首筋を掻きながら、それでも二人してシーソーに跨っている美帆さんと毅さんを指差している。

「ホント……絵になる光景ね」

二人とも既に服は身に着けている。
その上で、童心に帰ったように目を輝かせてシーソーを漕ぐ姿に、あたしのハートもジンとしちゃう。
あっ! 子宮が疼いて熱いお汁が……もう、エッチなんだから、雪音は。

「ところで、雪音。例の足音はどうやって追い払ったんだい? まさかナイフでも突き付けて脅したり……してないよね?」

「してません! というか、お父さんは実の娘をそんな風に見てたのね。ま、まあ……でもそれでもいいかも……ごにょ、ごにょ……」

結果良ければ全て良し……かな。
お父さんはカメラを片づけながら、チラッとあたしの顔を覗いて「ふふふっ♪」って意味の分からない鼻声を残した。
あたしもチラチラッと覗き返して曖昧に笑うと、転がっている蚊除けスプレー缶を拾った。

お幸せにね。美帆さん、毅さん。
きっときっと、元気な赤ちゃんが授かりますように。

「おっ! 流れ星か……なんでもいいからお願いしないと」

まるであたしの心を見透かしたように、お父さんが夜空を指差していた。
その短くて太い指先を雪音の目が追い掛けて、夫婦熱愛中の美帆さんも毅さんも追った。

「わぁ、きれいな星空♪ 街の真ん中でも見えるんだね、天の川って……」

「ほんとね。こんなに美しい星空が輝いてたのに、私……気付かなかったわ。ねぇ、毅はどうなの?」

「僕も気付かなかったな。だって、ほら……美帆に夢中になってただろ」

肩を寄せ合って微笑む美帆さんと毅さんは、なんだか目を潤ませているみたい。
そういう雪音も伝染しちゃったのかな?
まるで川底から見上げるようにお星様がユラユラしている。

お父さん、気を使ってくれてサンキューだよ。
流れ星は一瞬の贈り物。
だけど夜空に瞬く星々の輝きは、永遠の宝物。

あたしは、相変わらず首筋をポリポリやっているお父さんの手を取ると、代わりにカキカキしてあげた。

「シャッター・チャンス2」最終話 とっきーさっきー:作

シャッターチャンス

最終話


翌日……

「雪音、ちょっと小耳に挟んだ噂だから気にするなよ。お前、数学の授業中に居眠りして廊下に立たされたんだって?」

「ち、ちょっとその話、誰から聞いたのよ?!」

気にするなっていう方が無理な噂話に、あたしは上目遣いにお父さんを睨んだ。

「おっ! その目の吊り上げ方は……ふふふっ、本当に立たされちゃったんだ。それってやっぱり、昨日のアレのせいで寝不足かな?」

「な、何よ……アレって? まさか覗いてたの……?」

上目遣いだったジロリ目線が、指で輪っかを作ってシコシコさせるお父さんに難なく跳ね返される。
その指使いは女の子ではなくて男の子だって指摘したかったけど、今はそれどころじゃないの。
本気でお父さん、雪音の部屋を覗いて……?!

「キィィィッッ! 見たなァッ! この変態! 覗き魔! エロオヤジ!」

「わ、わあぁぁっっ! 誤解だよ、雪音! 知らない! 見てない! だからぁ……うぐっ! ぐがっ!」

アルバムが飛んだ。
カメラが飛んだ。
三脚が飛んだ。
夫婦喧嘩じゃないから、茶碗とお鍋は飛ばないけど、代わりに格好良すぎたお父さんの思い出も投げ飛ばそうとして……?

あらら、お父さんったらその前に目を回している。
う~ん、嫌疑不十分のまま拷問死させちゃったかも……反省です。



「あのぉ……構いませんか?」

「あ、はいぃ……いらっしゃいませ♪」

そんな時だった。
お店の入り口から、聞き慣れた声が聞こえた。
美帆さんが目を丸くしながら、嵐に遭遇した店の中を覗き込んでいる。

「おほほほ、ちょっと盗撮ネズミを退治しようと……どうもお見苦しいところを……」

あたしは、伸びたままのお父さんをツマ先でチョンチョンさせて蘇生させると、思いもよらない美帆さんの訪問に愛想笑いを浮かべた。
転がったカメラを跳ね除けると、とりあえずソファーに勧めた。

「あ、あの……そのぉ……」

だけど美帆さんは、腰を下ろしたものの口は重たかった。
両手をヒザの上に乗せたまま、頬を赤く染めて俯いている。

「あ、あははは……何か不都合なことでも有りましたでしょうか? このピンクの傀儡子も人の子。ツマラナイミスも、たまにしでかしますし……ねぇ、そうよね?」

「はい……その通りであります」

KOされた後遺症かな。
お父さんはネジが抜けたロボットのように、ぎこちなく答えて、カクっと首を項垂れている。

「い、いえ……そんなことは……」

「ということは、あたし共の不手際ではないと?」

美帆さんが深く大きく頷いてくれた。

「はあ~良かったというか、なんというか……」

あたしは宙を飛んで脱走をはかった札束の霊を回収すると、ほっと胸を撫で下ろしていた。

「実はあの……出来ちゃったんです」

「はあ、それは、それは……」

だから続く美帆さんの告白に、いい加減に返事をしていた。

「今日、産婦人科で検査してもらったら、お医者様が『おめでたです』って……」

「はい、それは、それは……えぇっ! 昨日、その毅さんとアレをして……もう赤ちゃん?!」

そしてようやく、事の重大さに気が付いた。
思わずあたしは、お父さんのホッペタをつねって、これが夢じゃないって実感を……

「いえ、そうではなくて、こちらへ伺う前に妊娠してたみたいで……どうもご迷惑をお掛けしました。本当は主人共々、お詫びをしなければならなかったのですが、生憎主人は手の放せない仕事がございまして……」

「いえいえ、そんなお気遣いなく……おほほほ、そうですよね。昨日アレして、さっそく赤ちゃんって……ないですよねぇ」

だったら、どうなのよ?
雪音とお父さんが、蚊の大群と盗撮小僧と闘った昨日の夜はどうなるのよ?!
お支払いは? これが回収不能になったら……
しゃっきん! シャッキン!! 借金!!!

「雪音さん? あの……顔色が悪いようですが、大丈夫ですか?」

「ううっ……あ、いえ……平気です。最近よくある貧血ですから」

あやうく、貧血を金欠と言い間違えそうになった。
もう一度大脱走した札束の霊が、雪音の前でふわふわと浮遊している。

「それでお支払いの方なんですが……?」

「お、お支払いですね……はははっ」

目の前が暗くなって左の胸が、キュッと絞め付けてきて……お父さん、雪音はもうサヨナラかもです。

「ちょうど銀行へ行く用事がございましたので、これはお礼の分も込めたものとして、お納めいただけないでしょうか?」

美帆さんは、セカンドバッグから紙の封筒を取り出すとテーブルの上に置いた。
結婚指輪の輝く左手の指が、封筒の中から帯封付きの現金をさり気なく覗かせる。

「あ、あぁぁ……はい、はいっ! 悦んで!」

宙を彷徨っていた札束の霊が、一斉に成仏した。
銀行印がまぶしすぎる福沢さんの集団が封筒の中へと吸い込まれて、雪音の身体も札束の後光に照らされて全回復しちゃった。

「それと差し出がましいお願いなんですが、主人が管理しているサイトに『ピンクの傀儡子様』のサイトをリンクさせてもらえないでしょうか?
私はパソコンとかインターネットに詳しくないのですが、主人が申すには1日あたり1万人ほどのアクセスがあるとかで、ぜひにと」

「は、はあ……少々趣味の悪いサイトではございますが……」

「いやぁ、毅さんはお目が高い。僕のサイトの価値を良く理解しておられる。はははっ、早速相互リンクさせていただきますよ」

雪音に続けてお父さんも全回復しちゃった。
頭のてっぺんに大きなタンコブをこしらえたまま、目をキラキラさせて早速パソコンを立ち上げている。

あたしは、そんなお父さんを見つめた。
お腹に手のひらを当てて幸せを満喫している美帆さんを眺めた。
最後に、瞬間暴風にも耐え抜いてくれた『北原写真館』を見回した。

結果良ければ全て良し♪
遠回りして、崖から落っこちて、ジャンプして、ついでにワープして……
雪音とお父さんの人生って、いつもジェットコースターに乗っているみたいだけど、まあ、それも有りってことでしょ。

お父さん、今夜はパァーっと張り込んで、特上の天ぷらそばでも出前してもらおうよ。
お向かいの『そばや並木』でね♪

夕陽が差し込む、自称レトロチックな写真館で、あたしはニンマリと微笑んでいた。
未知の星・別館



「愛と官能の美学」様より
いただきました。

ここは、赤星直也が管理している「未知の星・別館」です
本館へは、下記サイトで、
お確かめ下さい。

  「未知の星」

おことわり

この作品は全て空想で書かれており、実在の個人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は小説作者が所有してますので作品の無断転用もかたくお断りし ます。違反した場合は著作権法によって刑事罰と民事罰が与えられますのでご承知下さい。
リンク
 小説名一覧
アクセスランキング


ブログランキング

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

更新専用掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。


メッセージ

名前
メール
本文