天使3
  
                  「天使の微笑み」
 
おことわり

   この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係があ
   りません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断
   転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」
   と「民事罰(損害賠償)」 が与えられますので、ご承知下さい。

登場人物(主な登場人物)
   
       島田由加:高校3年         近藤雅俊:由加の交際相手
       〃 昭次:会社員、由加の父     〃 弘子:雅俊の母
       〃 直美:主婦、由加の母
 
1 覗き見
 
 ある日曜日の朝、玄関に若い青年が現れた。
「おはようございます。由加さんいますか?」
「あら、雅俊さんじゃないのよ。由加、雅俊さんがお見えよ!」
「はーい!」元気な声と共に笑顔の女性が現れた。

 女性の名は島田由加と言い、まだ18才の高校3年生成り立てだ。
「雅ちゃん、上がって、こっちよ」
「おばさん、おじゃまします」
「そんな遠慮は要らないわよ。由加の友達なんだから」笑顔で2人の後ろ姿を見ていた。

 2人の後ろ姿を見ているのは、由佳の母親の直美だ。
直美は、夫の昭次と共に3人で暮らしている。
2人が由加の部屋に入ったのを確かめると、居間に戻ってきた。
「あなた、雅俊さんよ」
「由加の彼氏か。いい年頃になったしな」コーヒーを飲みながら言う。

 「でも、心配だわ。間違いがあったらどうしよう?」
「心配するな。由加に限ってないよ。それに、避妊だって、教えてあるだろう?」
「お父さんたら、直ぐにそこに行くんだから。もっと真剣に考えて!」
「わかったよ」昭次はバツが悪そうに、コーヒーを飲んだ。
 
 昭次と直美は、由加のことを話しながらくつろいでいると、由加と雅俊が入ってきた。
「一緒で、いいでしょう?」
「2人が、そう言うならいいわよ。座って!」直美はコーヒーを準備していく。
「お父さん、雅ちゃん凄いのよ。今度の大会の選手に選ばれたんだからね」雅俊の腕を掴み、目を輝かせている。
「そんな、選手と言っても控えですから…」照れながら、頭を掻いている。

 「それは凄いや。控えになるだけだって、大変なんだからね。会社だって、そうなんだよ、入るだけでも、大変なんだからね」
「お父さん、仕事はいいの。由加の話を聞いてあげないと…」

 「ごめん。所で、雅俊君も一人っ子だったよね?」
「ええ、由加さんと同じです。でも、寂しくはありませんよ、由加さんがいますから」由加の手を握り締めると、由加は顔が赤らんでいく。
それを見て「ご馳走様だわ」笑顔になる夫婦だが、昭次は由加の笑顔とは反対に、寂しさが込み上げてきた。

 4人は暫く話をした後、由加と雅俊は町へ出かけた。
「あなた、2人は似合いの夫婦になるわね」
「そうみたいだね…」
「あなた、嬉しくないの?」
「そんな事ないよ。娘が幸せになるのだから、嬉しいよ」
「そうかしら。もしかして、雅俊さんに、やきもち焼いているんじゃないの?」
「バカ言うな、いい加減にしろ!」機嫌悪く、新聞を読み始めた。
「はい、はい。もう言いません」直美は、昭次の気持ちがわかったのか、掃除を始めた。
 
 その夜、昭次は直美を求めた。
「直美、いいだろう?」ネグリジェを脱がしていく。
「いいわよ。あなたが欲しいなら…」直美も、昭次のパジャマを脱がしていく。
2人は、全裸になると、唇を重ね、抱き合い、昭次の手が直美の乳房を掴み、撫で始めた。
それに、乳首も吸われ「ん、ん!」呻くような声を上げ、昭次の頭を抱きかかえる。

 「あなた、して…。オチンチンでして…」それに応え、昭次は乳房を掴んで腰を上げた。
「そこよ、そこ…」大きく膨らんだ肉竿を掴み、淫裂へと導き「あ、あ、あ!」肉竿が入り込んでいく。
「直美、凄くいいよ!」ピストンが始まると、直美は背中を反らせ、声を上げ続ける。

 それは、由加の部屋まで聞こえている。
「もしかして、お父さん達が…」気になるのか、爪先で歩いて、夫婦の部屋まで来た。
(こんな事しちゃいけないけど…)悪い事とは思いながら、そっと襖を開くと「!」由加は声を上げる寸前だ。
(セックスだわ。これがセックスなんだ!)直美が昭次に馬乗りになり、腰を振っているのを、見てしまった。

 昭次も、直美の乳房を掴んで、握り「いいわ、凄くいい!」時折、直美が後ろに反り返り、その都度、淫裂と肉竿の結合部が、由加にも見えている。
(あんなに太いんだ。お父さんのオチンチンが…)由加は幼い頃、一緒に風呂を入り、萎縮した肉竿しか記憶がなく、勃起したのを見るのは、初めてで、ジッと見ていた。
 
 そんな事とは知らず、昭次と直美は、欲望を満たそうとしている。
「あれで、させてくれ…」直美を四つん這いにし、後ろから肉竿でのピストンを始めて「あ、ああ、あ~!」髪の毛を振り乱し、声を上げている。

 (母さんとお父さんが、犬のようなことをしている…)由加には信じられなかった。
普段から温厚な両親が、目の前では獣のように、欲望を満たそうとしているのだから、当然かも知れない。
「出すよ、出すぞ!」
「飲ませて。あなたのエキスを飲みたい!」直美は急いで向きを変え、昭次の前に腰を落とした。

 そして、肉竿を掴んで口に含み「あ、あ、あ!」昭次も気持ちよさそうな声を上げていく。
(オチンチンを、なめている…)無意識のうちに、震えだした。
「出すよ、出すからな」頭をしっかり押さえ、動きを止め、そして、暫く動かない。
「直美、よかったよ」やっと手を退けた。

 「あなた、おいしいわ。久しぶりで…」口元からは、糸を引いている。
(精液だわ、口に射精したんだ…)由加は、汚いのを見るような目で見ていた。
「あなた、綺麗にさせて!」直美は、汚れた肉竿をなおも、なめていく。
(汚いわ。お母さんがあんな事を…)これ以上は見る気になれず、部屋に戻った。
 
 翌朝、由加は機嫌が悪かった。
「どうかしたの?」直美が尋ねても「何でもないわ…」としか、答えない。
しかし「お父さん、一緒に行こうよ」昭次の腕を掴んで家を出ていく。
「行ってらっしゃい!」見送る直美だが、由加の心は読めないでいる。

 「あら、一緒だなんて。まるで恋人みたいよ」腕を組んで歩く2人に、ゴミ出しに来た主婦が声を掛けた。
「由加、恥ずかしいからやめようよ」火の出る思いの昭次だ。
「構わないわよ。だって親子だから」由加は気にする様子が全くない。

 「島田さん、羨ましいですね。内の娘なんか、相手にしてくれませんよ」隣に住む加藤も羨ましそうに話している。
「でも、恥ずかしいな。こんな姿は…」
「親子だから、当然ですよ」
「そうですか?」2人は駅まで腕を組んで歩いて行く。

 昭次と由加が、毎朝腕を組んで駅まで歩くようになったのは、近所でも評判になっている。
「仲がいいですのね。まるで、新婚さんみたいよ」会う人が声を掛けてきた。
昭次は、初め照れくさかったが次第に慣れて、今では誇りにさえ思っている。
「由加、一緒に行こうな!」
「はい。お父さん!」甘えるようにして、昭次の腕に絡まった。
 
2 父への憧れ
 
 そして、日曜日が来た。
「由加、雅俊さんよ」直美が声を上げると「今行くわよ」それと同時に由加が現れる。
「上がって!」だが、今までとは違って、元気がない。
「失礼します」雅俊は由加と一緒に部屋に入って行く。
「あなた、由加の様子が変なのよ。何だか、元気がないみたいで…」
「そうかな。俺にはいつもと同じに見えるよ」
「もっと、真剣に考えなさいよ!」直美も機嫌が悪いが、そんな事など気にも止めず、新聞を読んでいる。

 暫く経って、2人が現れた。
「コーヒーで、いいかしら?」
「はい、いただきます。いつもすみません」
「遠慮は要らないわ。なんでも言ってね」雅俊と話す時の直美は弾んでおり、目も輝いていた。
だが、由加は以前程の目の輝きはしておらず、作り笑いをしているように見え、雅俊を見るよりも、父の昭次を見る方が、生き生きしている。
直美も、それに気付き、気がかりだった。
(もしかして、雅俊さんとケンカでもしたのかしら?)一抹の不安がある。
 
 4人で話をした後、2人はいつものように街に出て、夕方帰って来た。
「由加、丁度よかった。台所を頼むわ」
「え~。私がやるの?」
「だって、お父さんお風呂なの。久しぶりに背中を流さないとね」直美はエプロンを脱いで行く。
「わかったわよ。やっておくわよ…」渋々承知した。
「頼むからね」直美は浴室に向かうが「お母さん、本当に背中を流すだけかしら。もしかして…」この前のことを思い出した。

 由加は、悪いと思いながらも火を弱めて、浴室を覗いた。
「あなた、ここが痒いでしょう?」背中を擦る直美の姿がガラス越しに見える。
(何だ、服を着ているのか…)期待外れでもあった。
「直美、背中はいいよ。前だよ!」
「わかりました」体を屈め前を洗い出した。

 「そ、そこだ、もっと強く!」昭次の手が伸びたのが、ガラス越しに見えた。
「あなた、今夜しましょう。オッパイも今夜に…」乳房を掴まれたらしく、声も上擦っている。
「わかった。今夜だよ」手が退けられた。
「これくらいで、いいでしょう。後は自分でやって」その後、お湯の音がした。
 
 由加は急いでキッチンに戻り、火を強くして、刻まれた野菜を鍋に入れていく。
「ダメダメ、そんな一緒じゃダメよ。堅いものから入れるの。しっかりやらないと、雅俊さんに嫌われるわよ」
「嫌われたっていいわ。ここで一生過ごすもん」
「また、そんな事言って。お父さんが聞いたら、怒るわよ」その言葉に、由加が一瞬反応した。

 (そうよ、お父さんに嫌われたらどうしよう…)
「ご免なさい。これからは、ちゃんとやります」
「だったら、後をやって。着替えを用意するから」また直美が浴室に向かう。
「そうだわね、料理くらいやらないとね」直美に教わった通りに、調理した。
 
 その夜、直美と昭次は抱き合っていた。
「いいわ、凄くいい!」声を上げ、それは由加にも聞こえる。
「始まったわ。覗かないとね…」足を忍ばせて2人の部屋に向かい、そっと襖を開けて覗き込むと、直美が四つん這いになっていた。
乳房を揺らせ、悶え声を上げている。

 「出すよ、出すからね」
「出してもいいわ…。安心日だから…」体をくねらせながら言い、それと同時に「う~!」股間を密着させたまま2人は動かない。
「暖かい、あなたのエキスが暖かい…」ゆっくりと崩れていき、肉竿が抜けると、淫裂から白い液体が流れていく。
(あれが、射精なんだ!)それをジッと見ている。

 「あなた、よかったわ」息を弾ませて淫裂を拭いていく。
「俺もよかったよ。オ○ンコに出さないと、気分が良くないな」
「そんな言い方やめて。由加に聞こえたらどうするのよ」叱りながら、肉竿も拭いていく。
 
 「由加だって、いずれ雅俊君とやるんだぞ。これくらい平気だよ」
「何言っているのよ、由加はまだ子供よ。それまでは言葉に気を付けてね。お父さん」そう言って、萎縮した肉竿を口に入れた。
「気持ちいいよ。今夜は2回やるからね」その言葉通りに、口で愛撫された肉竿が膨らみだした。
(オチンチンが膨らんでいく…)由加は驚きの目で見ている。

 「もう、いいでしょう。抱っこで、やって欲しいの…」
「わかったよ、駅弁だな」太股を抱えて立ち上がる。
「いいわ。オチンチンが、奥まで入ってくる…」背中を反らせて悶え声を上げいる。
「行くぞ」昭次は太股を揺すり始めた。
「あ、あ、あ!」喘ぎながら、淫裂から淫汁と精液を流している。
(お母さんは獣か、変態よ…。お父さん、お母さんとは、もうセックスしないで。代わりに私が…)2人の行為を見ながら考えていた。
 
 翌朝、由加は機嫌悪そうな顔で「おはよう」と起きてきた。
「由加、どこか具合が悪いの?」不機嫌な顔に声を掛ける。
「何でもないわ」昨日のセックスを見て、軽蔑しましたとは言えないから、そう言うしかない。
「だったらいいけど…」直美は朝食を盛りつけていく。
由加は食事を済ますといつものように「お父さん、行こうよ!」腕を組んで家を出て行く。

 「由加ったら、調子いいんだから」1人残った直美は後片付けをし、ゴミ捨てに出ると「奥さん、お宅の娘さんと旦那さん。凄く仲がいいわね。まるで恋人みたい」やはり、2人のことが話題になっていたのか、数人集まって来た。

 「そうなのよ。どうして、女って、父親に憧れるのかしらね」
「あれは憧れ以上よ。きっと、お嫁に行かず、家に残るわよ」
「いやだわ、そうなったらどうしよう?」
「大丈夫よ。大人になったら、色気が出て旦那さんよりもいい男を見つけるから」
「そうよ、だから心配要らないわよ。それにしても、子供が女だと損だわよね」
「そうよね、損だわよね」井戸端会議が続けられたが、直美は由加の考えを知るよしも無かった。
 
3 新妻
 
 3人の生活は、その後も何事もなく続けられたが、由加は雅俊との付き合いに、鬱陶しさを感じ始めた。
それは、直美や雅俊も感じていたが、そんな中、雅俊が訪ねてきた。
「早く上がって。今呼ぶから」
「いいです。今日は、これから遊園地に出かけますから」
「あら、デートなんだ。由加、雅俊さんよ」その声に着飾った由加が現れた。
「行きましょう」浮かない顔をして、由加が出かけた。

 「あなた、由加が変なのよ、元気が無くて」
「うまく行ってないのかな。2人の仲が…」
「もしかしたら、そうかもね」心配する2人は、由加が帰るまで気が気でなかった。

 2人の心配をよそに「ただいま!」夕方帰ってきた。
「由加、楽しかった?」
「乗り物は楽しかったけど、その後が…」
「その後、どうしたの?」
「観覧車に2人で乗ったのよ。一番高いとこまで来たら、雅俊さんが抱き付いてきて…」

 「それで、どうなったの?」
「キスされたの。初キスを奪われちゃった…」
「あら、キスをしたんだ!」笑顔の直美だ。
「それだけじゃないの。服の上からオッパイを触って…」恥ずかしそうに、項垂れたままだ。

 「そこまで行ったんだ。これからは、コンドームを持っていった方がいいかもね」
「そんなのいやよ。絶対に、結婚するまでは、させないからね」それを聞いている2人だ。
(雅俊さんは若いから、由加の気持ちがわかっていないんだわ。オッパイを触るなんて…)直美も考え廻らせていく。
 
 そんな事があってから、数週間がたった。
直美は実家の親戚の法事で、田舎に行くことになっている。
「由加、後は頼んだわよ。ちゃんと、やるのよ」
「わかっているわよ、子供じゃにからできるわ。それに、1日だけでしょう?」
「だったら、うまくやってね。あなた、行って来ます」直美は、由加と昭次を見送ると、着替えて駅に向かう。

 そして、4時近くに由加が学校から帰ってきた。
「今日は、お父さんと2人きりなんだ…」今までの思いを、ぶつけるチャンスでもある。
部屋に入ると着替えて、家事をしていく。
「今夜は、私がお母さんの代わりをしないと…」張り切っていた。
風呂を沸かし、料理も作っていく。それに、昭次が好きなビールも用意した。
「これで準備は済んだわ、後は…」抜けがないかを確かめていく。
 
 そこに、「ただいま!」昭次が帰ってきた。
「お帰りなさい。お風呂にする、ご飯にする?」
「腹減ったから飯を食おう」2人だけの食事が始まった。
「お父さん。今日は、私がお母さんの代わりをするからね」
「はいはい、わかりました」昭次は軽く聞き流した。

 しかし「あなた。ビールいかが?」ビールを注がれた。
「そこまでは、しなくていいよ…」娘からそう言われれば、驚くのが当然で、コップを持ったまま、動きが止まった。
「お母さんが戻るまでは、私が妻ですからね」妙に色っぽかった。
(由加は子供と思っていたけど、大人になっていたんだな…)ジッと見つめた。

 「はい、ビール!」「あ、ありがとう」ビールが注がれ、飲んでいく。
「あなた、味はどうかしら?」
「まあまあかな。これなら合格だな」
「よかった、あなたの口にあって」由加は新婚夫婦気取りになっており、昭次も由加に合わせ、新婚気取りで、言葉を使った。
 
 「食ったし、風呂にでも入るか」昭次は立ち上がった。
「着替えは、後で持っていきます」
「わかった。頼んだ」昭次は浴室に向かい、由加は「着替えは寝室に置いたし…」確認しながら、後かたづけをしていく。
「もう、いいころだわ」由加はエプロンを脱いで、着替えを持って浴室へと向かう。

 「入っているわ。ここは、新妻になった気持ちでやらないと…」事もあろうか、服を脱いで行く。
代わって、ピンクの下着が露わになった。
「これも脱いで…」その下着も脱いだ。
小振りな乳房の先端には、綺麗なピンク色した乳首があり、股間は真っ黒な絨毛で覆われている。

 由加は一糸まとわぬ全裸になると、中に入った。
「あなた、背中を流させて!」石鹸で背中を擦っていく。
「ああ、頼んだよ。由加にやって貰えるなんて嬉しいね」まだ、昭次は由加が全裸なのに、気づいていない。
 
 背中を洗い終えると「はい、今度は前です」「こうか?」向きを変えた瞬間「あっ!」昭次は、それしか言えなかった。
「あなた、私もヌードです。でも、今回限りですよ」
「そ、そこまで、やらなくていいよ…」昭次は動揺している。
「言ったはずよ。今夜は妻だって!」由加は動揺する昭次の首から洗い始めた。

 その後、胸、腕、腹と洗い、最後に肉竿を掴んだ。
「そ、そんな事しなくていい!」
「ダメ。これも妻の勤めです」石鹸を泡立て、肉竿を擦すると、由加の手で一気に膨らんでしまった。
「あなた、元気がいいのね。今夜は大丈夫ね」
「な、何言っているんだ。親子だぞ。そこまではダメだ!」

 「わかっています。セックスはしません。それ以外ならいいでしょう?」
「まあな。セックス以外なら…」
「よかった、あなた」思わず、膝の上に跨り抱き付いた。
(お、オチンチンが膣に当たっている!)由加の淫裂に肉竿が触れている。
「ゆ、由加。これ以上は、絶対ダメだぞ!」昭次も由加の淫裂に当たったのがわかり、それに、乳房が目の前にあり、肉竿も限界まで膨らんでいた。
 
 「あなた、わかっています。それより、私を洗って下さい」膝から降りた。
「わかった、洗うよ…」由加の背中に、石鹸を擦りつけていく。
「前もですよ」由加が振り向いた。
「わかった、洗うからな」首から洗い出し、その後、乳房も洗いだした。
(子供だと思っていたら、何時の間に、こんなに膨らんだのかな?)乳房を触ると、乳首が膨らんでいく。
(もう、大人なんだな。雅俊君と、うまく行けばいいけど…)そう思いながら、乳房から股間へと手を伸ばした。

 「ここも、やるのか?」
「勿論です。妻の大事な部分も洗ってください」
「わかったよ」掌で恥丘を撫でていくと、淫裂に指が触れた。
「あっ!」一瞬、引き付けを起こしたが、昭次はクリトリスや肉襞も洗っている。
(お父さん、気持ちいいです。もっとして下さい…)目を閉じて、口をパクパクしていた。
 
4 2人の秘密
 
 「あなた、どうせなら一緒に入りましょう」
「わかった、由加」2人は狭い浴槽に入ったが、何せ、狭いから肌と肌が触れ合う。
「あなたに抱かれたいの」わざと甘えるように体を預けた。
「こうか?」腕を伸ばして抱きかかえる。
(懐かしいわ。昔、こうされたんだわ)懐かしさが込み上げてきた。

 「昔は、由加を抱っこしていたっけな…」
「でも、今は妻ですからね」
「わかっているよ」
「わかったらして。夫婦でしょう?」目を閉じて唇を差し出し、その唇に昭次が押しつけた。
(お父さんと、キスをしているんだ…)由加の鼓動が更に高まっている。

 「これくらいにしよう。明日は早いんだろう?」
「そうね、今夜は休まないとね」2人は浴室から出た。
「あなた着替えよ」「ありがとう」由加の用意した着替えを着込んで居間に向かった。
由加も着替えてから朝食の準備をしていく。
「これでいいわ。後は寝るだけだし」思い通りに運んで、満足げな顔になっている。
 
 その後、朝食の準備をし、電気を消して居間に戻ると「お父さんがいないわ。もう寝たんだ。だったら、私も…」電気を消し、昭次の元へと向かった。
部屋からは、明かりが漏れている。
(そうだわ。どうせなら、ヌードの方がいいかも…)廊下でパジャマを脱ぎだす。
パンティ、ブラジャーも脱いで全裸になった。

 脱いだ服を寝室の入口に置き、襖を開け「あなた、今夜も慰めてあげる!」由加の言葉に振り向けば、一糸まとわぬ娘が立っている。
「ゆ、由加。絶対ダメと言ったはずだ!」
「勿論です。でも、セックスしなければいいでしょう?」甘えるように昭次に抱き付き、唇を吸う。
それは、妻が夫を求める行為と同じだった。
唇を重ねた後、由加は昭次のパジャマを脱がし、シャツ、パンツも脱がせて全裸にした。
 
 「あなた、お口でさせて!」勃起した肉竿を掴み、口に入れた。
「だめだ、だめ、あ、あ、あ!」由加は頭を振っている。
「ゆ、由加!」気持ちよさそうな顔をして、由佳の乳房を掴んだ。
(私にもして。後でいいから…)すると、振りを早めた。

 「でる、でる!」それには、あっけなく噴射してしまい、由加の咽に液体が漂っている。
(射精だわ、お父さんが射精した!)「ゴクン!」それを飲み込んだ。
「由加、平気か?」
「あなたのエキスよ。何ともないわ。それより、私もあなたにされたいの…」
「わかった。やるけど、ここには絶対入れないからな!」淫裂を撫でてから、唇を押しつけた。

 由加は拒まず、迎え入れている。
昭次は、ゆっくりと頭を下げ、乳房を掴み揉みだし、乳首も吸いだした。
「あ、あああ!」まだ、処女の由加が声を出し、背中を浮かせている。
「あなた、気持ちいいわ。こんなの初めてよ」喘ぎながら言う。
(由加も、女になったんだな)娘の成長を確認しながら愛撫を続けた。
 
 乳房を愛撫した後は、股間に顔を埋めて舌と指を使っている。
指で淫裂を広げ、敏感なクリトリスを舌でなめると「ん、ん、ん!」首を左右に振り、腰を動かしている。
(由加が、気持ちよさそうにしているな。ここに入れたら、もっと凄いだろうな…)膣の中に指を入れた。
(ヌルヌルだ。こんなに濡れているぞ。間違いなく女になっている!)まだ、高校生の我が娘の、淫裂を触っている。

 「して…。お父さん入れて…」
「ダメだ、絶対に!」そう言うが、酔いと興奮で、理性が半分失っている。
「少しだけでいいから、オチンチンを確かめたいの…」
「わかった、先っぽだけだからな」昭次の肉竿は放出したばかりだが、もう堅くなっていた。

 その肉竿を、入口に押し当てて、押し込んでいく。
肉竿は、淫裂の肉襞を押し広げて、狭い膣に入り込み、くびれた部分まで淫裂に入った。
(膣が熱いわ、焼けるようだ…)昭次を抱きしめた。
 「これがセックスだ。少し動かすからな」ゆっくりとピストンしていく。
勿論、処女膜を破らないようにと、奥深くは入っていかない。

 「気持ちいい。抜けるときが、気持ちいい!」由加の淫裂からは淫汁が流れている。
昭次は暫く腰を振り「もういいだろう、万が一もあるし…」肉竿を抜いて、乳房に顔を埋めた。
「もっと吸って、オッパイを吸って…」昭次の頭を抱え、乳首を吸われていく。
(これが、娘じゃなかったら、オ○ンコやっちゃうのにな…)直美の淫裂を思い浮かべながら、乳房を吸い続け、2人は遅くまで生まれたままの姿で抱き合った。
 
 翌朝、由加は起きて入口に置いた服を着ていく。
「これがセックスなんだわ」乳房や淫裂を触りながら服を着て、朝食を作っていく。
「おはよう」昭次が起きてきた。
「あなた、できたから盛るわね」

 「もう、あなたは、やめてくれないか?」
「家を出るまでは、いいでしょう。食事が済んだら一緒に出るし…」
「わかった。それまでならいいよ」
「よかった」笑顔でご飯を盛っていく。

 (昨日のことを知ったら、直美はどんな顔をするだろうな…)由加の顔を見ると不安になってきた。
「あなた、昨日のこと心配しているのね。もう忘れていいのよ、私は忘れたから。それに、絶対に思い出さないわ」由加が気を遣って言う。
「そうだな、忘れた方が楽だしな」昭次は盛ったご飯を食べていく。

 「どう、おいしい?」
「うん、合格だな」
「よかった。これで、私も一人前になったのね」笑顔の由加だ。
食事を済ますと、2人はいつものように、腕を組んで駅まで歩いていく。
(秘密よ、昨日の事は私とお父さんの2人の秘密よ)封印を決めた2人は、笑顔で歩いて駅に向かった。

 そして、由加が授業を終えて、自宅に戻ると直美が帰っていた。
「由加、ちゃんとやったのね」
「勿論よ、もう子供じゃないのよ」得意げだ。
由加も、昭次と抱き合ったことで、すっかり、大人っぽくなっている。

 「これからは、任せて大丈夫ね」
「毎日はいやよ。たまにだけだからね」
「わかったわ。たまにでもいいから、やって貰うわ」何も知らない直美は、そう言いながら、夕食を調理していった。
 
5 直美の秘密
 
 それから数日が立ち、日曜日が来た。
「由加、今日は来ないの?」
「雅俊さんね。子供っぽくて、付き合いたくないの…」
「そんな事言って。何かあったの?」
「何もないわ。ホントに子供っぽいのよ」

 「何言っているの。由加だって、まだ子供よ」
「違うわ、もう大人よ」口答えしている。
「お父さん、言ってやってよ。口答えばかりするのよ!」
「好きなようにさせたら。いずれ元通りになるよ」
「それならいいけど…」しかし、直美は不安だった。

 そんな日が続いて夏休みとなり、由加は進学を目指しての特訓が行われている。
一方、雅俊はスポーツ推薦を目指して大会に出場している。
「ほう。雅俊君が試合に出たんだね」新聞を見ながら昭次が呟いた。
「へえ、あいつもやるな」他人事のような由加だ。

 「由加。それじゃ、振られるわよ」
「構わないわ。男はあいつだけじゃないんだから。それより、特訓へ行かないとね。お父さん、行こうよ」強引に昭次の腕を掴んで家を出た。
「全く、生意気でしょうがないわ…」ぼやく直美だ。
 
 1人残された直美が掃除をしていると、突然「こんにちわ!」雅俊が訪ねてきた。
「あら、せっかくだけど由加は学校なのよ」
「今日は、おばさんに話があって…」
「話は聞くわ。とにかく上がって」雅俊を中に入れる。

 「ねえ、由加とうまく行っているの?」コーヒーを入れながら尋ねた。
「それなんです。由加さんが、最近僕を避けているんです」
「何かやったの?」
「キスをして、オッパイを触って、その後…」
「その後どうしたの?」
「スカートの仲に手を入れました」

 「まあ、そんな事までしたの。それはやり過ぎよ」
「おばさん、教えて下さい。僕、セックスを知らないんです」そう言うと直美に抱き付いた。
「やめなさい。自分が、何をしているか、わかるの?」
「わかります。でも、やってみたいんです」唇を重たまま、シャツを捲り上げると、紫のブラジャーが見える。
「ダメ、いけないことなのよ!」叫んでも無駄だった。

 力ずくでシャツが脱がされ、それに、ブラジャーのホックも外されて、乳房を掴まれた。
「いや、やめて、これはレイプよ!」怯えた顔だ。
「ですから、セックスを教えて下さい」乳房に顔を埋めて、揉みながら吸いだした。
「あ、あ、あ!」直美は背中を浮かせて声を上げる。
 
 乳房を揉んだ手は、スカートを引き下げていく。
「ダメ、そこはダメ!」手で押さえるが、足から抜かれてパンティだけにされた。
その、最後のパンティにも手が掛けられ、脱がされていく。
「いや、いやです!」いくら押さえても、力負けしている。

 「これが、オ○ンコですか?」足から抜かれ、淫裂が剥き出しになった。
「見ないで。性器を見ないで!」首を左右に振りながら言う。
直美を裸にすると雅俊も脱ぎだした。
「やめて、お願い。レイプはイヤ!」体を震わせている。
「だったら、教えて下さい。僕にセックスを!」
直美は暫く考え(このままではレイプされてしまう。どうせなら、言う通りにした方が…)「わかったわ、教える。だからレイプしないで。まずは、上に乗るの」直美は誘導していく。
 
 「これを、ここに入れるの。でも、いきなりは痛いから、オッパイを吸ったり、撫でたりして、濡れてから、入れるのよ」手を掴んで淫裂に導く。
「こうですね?」乳房が吸われ淫裂が撫でられ、指が淫裂の中を掻いていく。
「あ、あ、あ!」その度に、腰を浮かしていく。
(凄いわ、オッパイの吸い方が昭次さんとは違う…)背中も反り、淫裂も潤ってきた。

 「おばさん、入れますよ」波打つ肉竿が入り「ん、ん、ん!」鼻から息が抜けて行く。
(凄いわ、子宮の奥までオチンチンが入ってくる…)腰も浮いている。
「おばさん、もういいでしょう。やっても?」
「いいわ、もう濡れているから、やって!」それを待っていたのか、肉竿はピストンを始めた。
「クチャ、クチャ!」若いエネルギッシュな動きで、淫裂も淫汁で溢れている。
(あなた、許して。もう、我慢でない…)足を開いて、肉竿を深く迎え入れた。

 雅俊は乳房を握りしめ、ピストンを早める。
(気持ちいいわ、どうせなら、あれでされたい…)
「四つん這いで、しましょう。後ろからするのよ」
「わかった、やりましょう」直美は四つん這いになり、後ろから肉竿で突かれていく。
「あ、あ、あ!」喘ぎ声を上げながら、淫裂深くに放出された。
 
 2人は、暫く抱き合ったまま動かなかった。
「雅俊さん、シャワー浴びるわ。ここに出したら、赤ちゃんができるの。私は高齢だからできにくいけど…」精液が流れる淫裂を見せた。
「今後、注意します」
「それならいいわ、とにかく、洗わないと」浴室に入ると、その後を追って雅俊も入った。

 「洗わせて、おばさん!」シャワーで淫裂を洗っていく。
「これが、性器ですね?」
「そうよ、これが性器なの。わかったわね」指で広げたまま見せている。
そこに、シャワーが当たり、精液が洗い出されてくる。

 「もう大丈夫よ。全部出たから」
「だったら、もう1回いいいでしょう。ここで!」
「だめ、いけないわ。もう、だめよ」拒んでも、淫裂に肉竿が押し込まれた。
「ダメよ、抜いて!」直美は、両手を壁に付けて、やっと立っている。

 「おばさん、これからも教えて下さい」乳房を掴み腰を振っていく。
「いけないわ。もうだめよ!」口ではそう言っていたが(もっとしたい。雅俊さんとセックスを…)期待を膨らませながら、声を上げていた。
そして、雅俊は外に放出を済ますと帰った。
 
 雅俊が帰った後は何食わぬ顔で家事をしている。
そこに「ただいま!」由加が学校から帰ってきた。
「由加、雅俊さんが訪ねて来たわよ」
「そう、何か言っていた?」

 「由佳と会いたいそうよ」
「しつこいわね。あいつ嫌いなんだよな、体育会系で」
「だって、今まで、あんなに仲良かったじゃないのよ。急にどうしたの?」
「べつに、なにもないわよ」
「だったら、会ってあげなさいよ、今度の日曜日でいいから」
「わかったわよ、会うわよ」由加は面倒くさそうに言うが、直美は由加が雅俊よりも、昭次が好きになっているのに気づかなかった。
  
6 約束の褒美
 
 そして、日曜日が来た
「よく来たわね。待っていたわよ」直美は目を輝かせ、雅俊の手を握っている。
「おばさん、また、いいでしょう?」
「今はダメなよ。それより、お昼食べてね、由加もいる事だし」
「わかりました、おばさんの顔は立てます」
「それなら安心だわ。とにかく上がって」雅俊は家に上がって由加の部屋に向かった。

 「あなた、雅俊君よ。由加は大丈夫かしら?」
「大丈夫だろう、もう子供じゃないんだから」
「そうよね、子供じゃないんだよね」夫婦は見守ることにした。
雅俊が由加の部屋に入ってから暫く立つと、笑い声が聞こえてきた。
「あなた、うまく行っているみたいね」
「そうみたいだな。昨日、俺が言ったのが、効いたのかな」
「あなた、何か言ったの?」「イヤ、別に…」言葉を濁す昭次だ。

 やがて、2人が部屋から出てきて、夫婦の前に現れた。
「あら、仲直りしたのね」笑顔の2人に、顔を見合わせる昭次と直美だ。
その後、4人は暫く話し合い「雅俊さん、口に合うかどうかわからないけど、食べてね」直美は昼食を用意していく。
「遠慮なくいただきます」
「この人、何でも食べるのよ。味はどうでもいいみたいなの」
「そんな事無いよ、食通だよ」4人は笑いながら昼食を摂った。

 そして、2時近くに「雅俊さん、悪いけど、私、買い物があるの。ゆっくりしてってね」直美が家を出ると「途中まで一緒に行きましょう、僕も帰りますから」
「だったら、由加も一緒に行かない?」
「私、宿題が残っているの。ごめんね」
「気にしなくていいよ、進学が大事だから」こうして、雅俊と直美が家から出てた。
 
 「お父さん。お母さんもいないから、いいでしょう。約束を守ったし…」
「そうだね。由加はお父さんの恋人だよね」
「そうよ、私はお父さんの物なの」2人は唇を合わせて抱き合った。
「オッパイにも…」言い終わると恥ずかしいのか、顔を赤くしていく。
「わかっているよ」昭次は慣れた手つきで、シャツの裾を捲っていくと、紫色のブラジャーが現れた。

 ホックを外して持ち上げると、白い乳房が現れ、ピンクの乳首が膨らんでいる。
その、乳房を両手で掴み「綺麗だよ、由加!」揉みだし、乳首も吸っていくと「あ、あ、あ!」声を上げ、昭次の頭を抱えた。
昭次は、なおも吸って(由加が娘でなかったら…)そう思いながら、乳房を揉んでいた手でスカートを引き下げた。

 ブラジャーとお揃いのパンティが露わになり、それも引き下げた。
「由加、綺麗だよ…」指で淫裂を掻き分け、ピンクの突起をなめていく。
「いいわ、お父さん。凄くいい!」立っている由加の太股がブルブル震えている。
昭次は指を膣に入れると(やりたい…。でも、由加とやったら…)罪悪感が、急に込み上げてきた。
「これくらいにしよう」指を抜き、再び、乳房を揉んで唇を重ねた。
「そうね、これ以上は無理よね」由加も納得してパンティ、スカートと引き上げていく。
 
 そして、何もなかったような顔をして「お父さん、お母さんとセックスするの?」と言いだす。
「ああ、夫婦だし、当然やるよ」
「どんなやり方でやるの。馬乗りとか、四つん這いとか…」
「いろいろやるよ。その時の気分によって変えるんだ」

 「だったら、お母さんと、四つん這いはしないで!」真剣な由加の顔に、昭次も戸惑った。
「どうしてなんだ?」
「獣みたいだった。お父さんとお母さんが…」
「見たのか?」
「悪いとは思ったけど、覗いたの。2人が獣の顔でセックスしていた…」

 「それで、四つん這いはイヤか?」
「それだけじゃないの。お母さんが嫌いになったの。だから、お母さんとはして欲しくないの…」
「そうは行かないよ。夫婦なんだからな」
「だから、せめて四つん這いではしないで。その代わり…」そう言うと、由加は昭次の正面に腰を降ろし「こうしてあげるから、やりたくなったら言って!」昭次のチャックを引き下げた。

 「由加。自分のやっていることが、わかるのか?」
「わかっているわ。だから、お父さんも、由加の気持ちもわかって」肉竿を掴み口に入れていく。
「あ、ああ!」呻き声を上げる昭次だ。
(そうか、見られてしまったか。いずれは、由加も知ることだし…)由加の頭を撫でている。
 
 一方、雅俊と直美は、静まりかえった公園を歩いていた。
「おばさん、あそこに行こう」林があり、その中に入っていく。
「ここなら、いいでしょう?」直美に抱き付き唇を重ねていく。
「恥ずかしいわ。屋外でやるなんて」しかし、拒もうとはしない。
「だって、約束だよ。由加さんとうまくやってくれたら、セックスしてあげるって!」

 「それは言ったけど、屋外よ。いつ、人が来るかわからないし…」
「ここまでは来ないよ。やろうよ」直美のスカートを捲り上げたが、下着は着けていない。
絨毛に覆われた淫裂が、露わになっている。
「僕の上に乗ってやってね」雅俊は草の上に仰向けになって、チャックを引き下げた。
更にベルトを外し、パンツを引き下げ(もう、カチカチになって…)そそり立つ肉竿が目立っている。

 「わかった、ここでやる!」スカートを捲り上げ、馬乗りになると、淫裂に肉竿を迎えにいく。
「あ、あ、あ!」喘ぎながら、腰を密着させた。
「入って行く…。チンポが、おばさんのオ○ンコに!」
「イヤ、オ○ンコなんていわないで。膣と言って」そう言いながら腰を振り始めた。
 
 「雅俊さん、この場合、男がオッパイを触るのよ」腰を振りながら言う。
「こうですね?」服の上から、乳房を掴んで揉みだした。
「そ、そうなのよ…」自然に直美の体が後ろに反っていく。
(いいわ、このスリルが凄くいい…)いつ人が現れ、見られてしまうかも知れないと言う緊迫感で、興奮が更に高まっていた。
(濡れていく、膣が濡れていく…)淫汁が肉竿を濡らしていく。

 「おばさん。出そうです…」
「出していいわよ、前から飲んでいたから、安心して出して!」
「わかった、出します…」雅俊は直美の腰を押さえて、密着させた。
「暖かい、子宮が暖かい!」液体が噴射された。

 「おばさん、よかったです」
「私もよ。これからも由加と仲良くやってね」
「勿論です。おばさんとも、いいでしょう?」
「たまによ。たまにしか、ダメだからね」淫裂を拭き、パンティを履いた。
「たまにでもいいです。おばさんとやれるなら」雅俊もズボンを直していく。
2人は服の乱れを直すと、公園から出て街中に入った。
 
7 由加の目前
 
 その夜、昭次と直美はいつものように、服を脱いでいた。
直美は、由加と雅俊の仲が戻ったから、機嫌がよい。
「あなた、今夜は私がしてあげるね」裸になると電気を消す。
「消さなくていいよ。今日は、明るくしてやろうよ」
「そんな、明るくしてだなんて。恥ずかしいわ、消しましょうよ」
「イヤ、このままでいい、やろう」直美に覆い被さり、乳房に顔を埋めた。

 「ん、ん、ん!」直美が呻くような声を上げだすと、由加にも聞こえている。
「始まったわね、早く行かないと」ビデオカメラを持って部屋を出て行く。
(やっている。明かりも点いていて、いいわね)襖をそっと開き、隠し撮りを始めた。
その前で、直美が肉竿を口に含んでいく。
「フグ、フグ!」頭を振っていくと、肉竿も次第に堅くなってきた。

 「もう、いいでしょう。やらせて…」直美も昼間の罪悪感があるのか、積極的になっており、馬乗りになって、腰を密着させていく。
「いいよ、凄くいい…」乳房を揉みながら声を上げていく。
(凄いわ、あんな太いのが入って…)ビデオを構えた由加にも見えている。
 
 「直美、別なのでやろう」今度は2人が横に寝て足を上げさせた。
(バッチリだわ。膣にオチンチンが…)由加の正面になった。
「イヤ、こんなのイヤ!」しかし、昭次の足が絡まり閉じられない。
「あ、あ、あ!」乳房を掴まれたままピストンが行われる。
「いいだろう、これも」
「恥ずかしいわ、誰かに見られているみたいで…」そう言うが、まんざらでもなく、もう、淫裂からは淫汁が流れていた。

 「この際だ、いろいろやろうよ」今度は、マングリ返しにし、淫裂を丸見えにした。
「直美のオ○ンコが見えるよ。ほらパックリ割れて」昭次は言葉で辱めていく。
「いや、言わないで、恥ずかしいから言わないで!」開脚したまま首を振っている。
昭次は肉竿を押し込み、腰を振っていく。
「いいわ、凄くいい。エキスが欲しいわ。一杯出して…」
「まだ早いよ。もっと楽しもう」昭次はいろいろな体位で結合していく。
それは、由加に性教育をしているようだった。
 
 「お願い、早く出して。もう我慢できないの」直美は、淫汁を太股まで流している。
「わかった、これが仕上げだぞ」太股を抱えた。
「四つん這いでして…。後ろから…」
「ダメだ、これが仕上げだ!」直美を抱きかかえて立ち上がった。
「お願い、後ろからして!」

 「ダメだ、これで終わりだ!」抱えた太股を揺すっていく。
「あ、あ、あ!」昭次の首を抱いて後ろに反らせた。
(こんなセックスもあるんだ…)駅弁での結合に感心しているが「クチャ、クチャ!」淫裂から音が出ていく。

 「どうだ、いいだろう?」
「いいわ、早く来て。もう我慢できないの」
「待ってろ、今出すから」振りを早めると、直美の声が更に大きくなった。
「出る、出るからな…」放出が始まった。
(射精だわ、ちゃんと撮らないと…)抱きかかえられた直美が降ろされ、堰を切ったように淫裂から液体が流れ出る。

 「意地悪ね。どうして、後ろからしてくれなかったのよ!」不満を言いながらも、肉竿を舌でなめていく。
「あれは、もういやなんだ。これからは、もっといいのでしよう」そう言いながら頭を撫でていく。
直美は納得いかない様子だが、肉竿をなめていく。
隠し撮りをしていた由加は(一杯撮ったし…)満足して引き上げ、由加が去ると電気も消され、夫婦も眠りについた。
 
 それからも、4人の奇妙な関係が続けられたが、昭次と直美は次第に罪悪感を強めていた。
(こんな事して、いいのだろうか?)時には焦点が定まらず、宙を見ることもある。

 そんな中、夏休みも終わりに近づいたある日、雅俊が訪ねてきた。
「とにかく上がって、由加ならいないけど…」
「丁度いいや。おばさんに、用があったんだ」そう言うと、直美に抱き付く。
「ダメよ。もうやめましょう、いけない事よ」
「だったら、ヌードを撮らせて。セックスはもうしないから」

 「撮って、どうするの?」
「毎晩、抜くんだ。おばさんの写真で…」
「こんな、年寄りのヌードじゃつまんないでしょう。どうせなら、若い子にしたら?」
「僕の好みは、おばさんなんだ。モデルがイヤならセックスして!」直美の服を脱がし出す。
「わかった、ヌードになるから、もうセックスはしないと誓って!」
「誓います」元気よく返事されると脱ぐしかない。

 「誰にも見せないでね、それも誓ってね」
「はい、誓います」雅俊はカメラをポケットから撮りだし、脱いでいく直美を撮っていく。
(ヌードを撮られるなんて、恥ずかしい…)顔が強ばり、指先が震えている。
それでも、堪えて脱ぎ、下着も脱いで全裸になった。

 「手を退けないと…」
「恥ずかしいの。これでいいでしょう?」
「ダメです。ヘアも、オッパイも撮らないと、ヌードとは言えませんから」
「わかったわ…」返事した声が震え、直美は恐る恐る両手を退けた。
「いいですね。そのヌードが…」カメラに収めていく。

 (撮られた…。ヘアヌードを…)体がガクガク震えている。
「今度は、こうして下さい」ポーズを取らされた。
言われた通りにして、カメラに撮られ、雅俊は恥ずかしがる直美に、足も開かせた。
「性器は、撮らなくてもいいでしょう?」
「顔は撮しません。性器を撮らないと、収まりがつかないし…」隠す手を退けさせて、淫裂まで撮っていく。
 
 「もういいでしょう、いっぱい撮ったし…」
「そうですね、これくらいにしましょう」それと同時に直美は下着を拾う。
「おばさん、我慢できないよ」その手を掴んで押し倒す。
「イヤ、セックスはしない約束でしょう?」
「でも、押さえが効かないんだ。これが最後だから、やらせて!」乳房に顔を埋め、吸い出す。
「だめよ、いけないわ!」直美は拒もうとはしない。
(由加に昭次さん、許して。我慢ができなくなったの…)覚悟を決めたか、雅俊のズボンを脱がしていく。

「やらせて。私がしてあげる」下半身を剥き出しにすると、雅俊を仰向けに寝かせ、馬乗りになり、肉竿を掴んで、淫裂に迎え入れた。
「お、おばさん!」乳房を掴み、呻き声を上げると、直美は腰を振り始める。
「クチャ、クチャ!」淫汁を流し、肉竿を濡らせていく。
「出したい…。おばさんのオ○ンコに…」
「出していいわ。私も出されたいの」こうして、雅俊は直美の胎内に噴射した。

 「おばさん、よかったよ」雅俊は満足そうな顔をして言う。
「これが最後よ。誓ってね」
「はい、そうします」再び抱き合う。
だが、2人の行為をそっと撮っていた者がいた。
(こんな事をするなんて許せないわ。お父さんが可愛そうよ…)由加は、気づかれないように、カメラで撮っていた。
 
8 由加の企み 
 
 そして、3月になると、雅俊は推薦で都内の大学入学が決まり、由加も女子大学の入学が決まった。
笑顔の夫婦だったが、昭次は雅俊の母親から、突然呼び出された。
雅俊は母親の弘子と2人で住んでいる。
応接室に案内されると「お忙しい所、すみません。実は、息子のことでお話が…」弘子は言いにくそうな顔になっている。

 「もしかして、由加の事ですか?」昭次も、由加との関係が知られたのかと思い、不安になった。
「いいえ。実は息子と、由加さんのお母さんのことでして…」
「直美が、何かしましたか?」
「これなんです」弘子は直美のヌード写真を並べた。
「こ、これは…」声が出ない。

 「問いつめたら、この写真で、あれをしていたそうです…」
「オナニーですか?」
「はい。それに、奥さんには、セックスの指導も受けていたそうです」
「セックス指導ですか?」
「はい、こんな写真もあります」2人が裸で抱き合っている写真で、淫裂に肉竿が入っているのがわかる。

 「こんな事までしていたんだ。由加が知ったら、何というか…」
「その事なんです。これは私達だけの胸に納めていただけないでしょうか。雅俊と由加さんの事もありますし…」
「でも、妻の浮気を許すなんて…」考え込む昭次だ。
 
 「私としては、奥様に感謝しています。無知な息子に体を張って、セックスを教えていただきましたから」
「でも、それは不倫ですよ?」
「そこを、許してあげて下さい。その代わり、私が雅俊に代わって…」弘子は昭次の前で、服を脱ぎ始めた。

 服の下は真っ黒な下着に、ガーターベルトを付けている。
「島田さん、私を抱いて下さい。お願いです」両手を背中に回して、ホックを外して乳房を露わにしていく。
やや、垂れ気味だが、乳首も黒ずんでない。

 「わかりました。そんな覚悟でしたら、私も覚悟します」その乳房を撫で唇を吸う。
「あっ!」弘子の口から、喘ぐような声が出た。
「奥さん綺麗ですよ、まだ若いし」パンティを掴んで、引き下げると「あっ!」あるべき絨毛がない。
黒ずんだ淫裂が、剥き出しになっている。

 「驚かないでください。息子に代わって、お詫びとして、ヘアを剃りました…」恥ずかしそうな顔になっている。
「嬉しいです。僕もヘアがない方が好きなんです」パンティを脱がすと淫裂を触った。
「ん、ん、ん!」背中を反らせて声を上げる弘子だが、淫裂はすでに濡れている。
 
 「島田さん。そんな事より、入れて下さい…」小さな声だ。
「わかりました、行きますよ」昭次も服を脱いで全裸になり、覆い被さって肉竿を押し込んだ。
「気持ちいいです、島田さんのが…」昭次の頭を抱え、息を乱している。
「僕もです。奥さんとやれるなんて、幸せです」根本まで押し込むと、ピストンを始めた。
「あ、あ、あ!」背中を浮かせて声を上げだす。

 「オッパイにも…」太股を抱えられてのピストンに悶えていく。
「こうですね?」乳房を揉みながら、乳首も吸う。
「そ、そうです。あ、ああ、あ!」声が更に大きくなった。
弘子は夫と死別してから3年になるが、その間、全く男と性行為はしていない。
「あなた、許して、凄くいいの…」淫裂からは、淫汁が尿のように流れ出ている。
「旦那さんも許してくれますよ。息子の為ですから」勝手な解釈をしながら、ピストンを続けた。
 
 やがて「出して…。いきそう…。いきそうです…」弘子が登りつめようとしている。
昭次も登りつめようとしており「出しますよ、奥さん!」遂に放出が始まった。
「いいわ、子宮が暖かい。溶けそうよ」息を弾ませ、2人は結合したまま動こうともせず、余韻に浸っている。

 暫く経ってから、2人が起きあがった。
「島田さん、私、淫乱ではありませんからね。これも、息子の為ですからね」
「わかっています、私だって娘の為にやっています」また抱き付いた。
「私達も、子供がうまく行くように頑張りましょうね」
「はい、その通りです」今度は、四つん這いになっての結合だ。
「あ、あ、あ!」弘子は何年ぶりかの快楽に淫汁を流し、昭次は2回、弘子に中に噴射した。

 これをきっかけに、弘子も加わり、5人の付き合いが始まった。
しかし、由加は相変わらず、直美を白い目で見ている。
それには「あれは、由加が撮ったな。困った事になった…」動揺する昭次だ。
 
 それから数日がすぎ、直美の兄が入院したとの連絡があった。
「取り合えず、行ってくる。後は由加がやるのよ」
「わかったわよ」相変わらずだ。
(そうだ、この機会だわ)由加は思わぬ事を考えた。

 そして、夜に昭次が寝室に入ったのを確認すると、服を脱いでいく。
「今日こそ、お父さんに…」目を輝かせ、生まれたままの姿になると、昭次の元へと向かう。
「ゆ、由加!」いきなり、全裸で現れた由加に声を上げた。
「今夜こそ、お父さんとするの。もう子供じゃないし」そう言うと、驚いている昭次の服を脱がしていく。

 「由加、落ち着け。親子だよ、いけないことなんだよ!」
「わかっている。でも、お父さんにして貰いたいの。前からそう思っていたし…」
「ダメだ。絶対にダメだ!」最後の一線を越えようとはしなかった。
「お願い、私として。お母さんとは、仲良くするから」泣き声になった。
「泣かなくてもいいよ。本当に後悔しないんだな?」
「勿論よ。お父さんとが相手なら、後悔なんてしないわ」

 「そこまで言うなら、仕方ないな。その代わり、絶対誰にも言うなよ」昭次はズボンとパンツを脱いだが、肉竿はフニャフニャだ。
「私にさせて」その肉竿を口に含むと、元気の無かった肉竿が一気に堅くなる。
「由加、今度は俺の番だよ」由加を仰向けに寝かせて、乳房と淫裂を触っていく。
「痛いのは一瞬だけど、我慢できるか?」
「我慢します。ですから、入れて下さい」昭次の肉竿を掴む。

 「わかった、行くよ」由加に覆い被さると、由加も足を限界まで開いて、淫裂を広げる。
その淫裂に肉竿が入っていく。
「うっ!」下腹部を突き刺す痛みが襲う。
「まだ、まだだ。もっと痛いからな」ゆっくりピストンを始めた。
 
 肉竿は少しずつ奥へと入り、封印に達した。
(バージンだ。これが膜だな…)昭次は、一気に根本まで肉竿を押し込む。
「ヒー!」それと同時に、悲鳴を上げて痙攣し、淫裂からは鮮血が流れている。
「お父さん、これで大人になったんだね?」
「そうだよ、もう子供じゃないんだよ。立派な、大人だからな」なおも腰をふり続け、絨毛の上で放出した。

 「由加、洗おうよ。汚れたし」
「そうね、洗わないとね」淫裂から流れた鮮血が太股を赤く染めており、肉竿も赤くなっている。
2人は浴室に入り、汚れを落とし、寝室に戻ってから、また抱き合った。
「あ、あ、あ!」喘ぐ由加は、喪失したばかりとは思えない程、女の色気があった。
しかし(これでいいのだろうか。娘の処女まで奪って…)思案に暮れる昭次だ。
数日後、直美が帰ってくると「お母さんお帰り!」由佳は今までと違い、笑顔で出迎えている。
 
9 雅俊との性行為
 
 それから数か月後、由加はサークルの合宿に向かう為、大きなバックを抱えている。
「お母さん、行って来ます!」
「気を付けてね。先輩の言うことは素直に聞くのよ」
「お母さん、もう子供じゃないから、そんな心配しなくていいの。それよりお父さん、手伝って」
「わかっているよ、一緒に行こう」昭次は由加のバックを持って一緒に家を出ていく。

 「相変わらず、仲がいい親子ですね。夫婦みたいで」近所の人が、羨ましそうに見ている。
その声が聞こえる度に、昭次は憂鬱になっていく。
しかし(当然よ。お父さんとはセックスしたんだから)由加は当然と言った顔になっていた。
駅で由加と別れた昭次は、電車の中でも考えていた。
(何とか、由加と雅俊君にセックスさせないと…)思案にふけっている。
 
 その夜、昭次が会社から帰ると、雅俊と弘子がいた。
「島田さん、今日は無理な事をお願いに上がりまして…」顔を合わせるなり、言いだした。
「どのような事で?」
「雅俊を男にして欲しくて、お願いに上がりました」
直美も「あなた。弘子さんが私に雅俊さんとセックスをしろというの」困った顔をしている。

 「由加の婚約者だ、やってやれ。ソープで病気を貰ったら、由加にも移るし」
「そんな。セックスよ、娘の婚約者と!」
「そこを、お願いします。お礼と言っては何ですが、私が島田さんのお相手をしますから」
「わかりました。やりましょう」
「あなた、そんな~!」直美は、悲鳴に近い声を上げた。

 直美は、公然と雅俊に抱かれるのは嬉しいが、由加に対して罪悪感がある。
「そうと決まれば、4人一緒に寝ましょうよ。今夜は、泊まれるんでしょう?」
「ええ、そのつもりで参りました」こうして、4人は2つ並んだ布団に寝ることになった。 
 
 「裸になりましょう」昭次は脱ぎだし、雅俊も脱ぎだした。
弘子も脱いでいくと、黒いレースのブラジャーとパンティを履いていた。
「直美、お前も脱がないと」
「わかっては、いますが…」なかなか踏ん切れない。

 その間にも、3人は生まれたままの全裸になった。
弘子は相変わらず、絨毛を剃って淫裂を剥き出しにしていた。
「直美、イヤなら力ずくだぞ」
「わ、わかりました…」恐る恐る脱いで、やっと全裸になった。

 「おばさん、綺麗です」雅俊は弘子と昭次が見ている前で抱き付いて乳房を撫でていく。
「雅俊君、オッパイだけじゃなく、アソコにも…」雅俊の指が淫裂にも伸びていく。
「あっ!」声を上げ腰を浮かせた。
「そうよ、雅俊。女はそこが敏感なの。直美さんが気持ちよさそうな顔になっているでしょう?」クリトリスを撫でられ、腰が浮き上がっている。

 「直美も、やって上げないと」
(わかっているわ。でも、恥ずかしいのよ、人前でのセックスだなんて…)目を閉じて、雅俊の肉竿を撫でていくと、肉竿も膨らみだした。
それに、直美の淫裂もヌルヌルし始めた。
(入れて、もう大丈夫よ)口をパクパクしていく。

 「雅俊、奥さんが欲しがっているわよ。もう、入れても大丈夫よ」弘子から言われて上に乗り、淫裂に肉竿を押し込む。
「あ、あ、あ!」喘ぐ声を上げ、雅俊を抱きしめ、足を開いて深く迎え入れる。
「キスよ、キスしながらオチンチンを…」弘子がアドバイスする。
「おばさん!」「雅俊君!」顔を見合わせて唇を重ね、肉竿が動き始めた。
「いいわ、凄くいい!」直美は背中を浮かせて、声を上げだした。
 
 「もう、大丈夫みたいですね。私達も…」
「はい、そうしましょう」昭次と弘子も抱き合うと、久しぶりの肉竿に、淫裂がビッショリ濡れている。
「もっと下さい…。島田さん…」
「わかっていますよ。どうせなら、あれでしましょうよ」弘子を四つん這いにし、後ろから挿入する。
それには「あ、ああ、あ!」野獣のような声を上げ、髪の毛を振り乱していく。

 「おばさん、僕達もしようよ」直美も、弘子と並んで四つん這いになった。
「いいわ、凄くいい。これは、不倫じゃないわよね?」体をくねらせながら言う。
「当然ですよ、これは息子の性教育ですから。あ、あ、あ~!」弘子も悶えていた。
やがて、弘子と直美は胎内に精液を噴射され、4人は息を弾ませて動かず、黙ったままだ。

 その沈黙を破って「島田さん、今度は私にさせて下さい…」弘子が萎縮している肉竿を口に含み、なめていく。
「雅俊さん、私もしたい…」直美も弘子に倣って、肉竿をなめていく。
こうして、4人は夜遅くまで抱き合い、直美の昭次への罪悪感は消えていた。

 しかし、昭次には、何の解決にもならならず、思い切って由加に頼み込んだ。
だが「お父さん以外の男に抱かれるのはイヤ!」泣きだしてしまった。
「由加、何時までもここにはいられないんだよ。いずれは雅俊君とやるんだから、早くやりなさい」
「雅俊さんとセックスしたら、お父さんもしてくれる?」
「して上げるよ。うまくやったらね」そう言うしかない。

 「それだったら、やってみる。約束よ」頭痛の種が、またできた。
同じように、雅俊に直美が頼み込み、直美も代償として、ヌードを撮られ、抱かれるのを約束した。
「あなた。仕方なかったの、決して、不倫じゃないからね」
「わかっているよ。今夜は僕としよう」泣きそうな直美を、そっと抱きしめていた。
 
 そして、雅俊が訪ねてきて、由加は雅俊を自分の部屋に案内して行く。
「うまく、行くかしら?」心配そうに2人が見守っている。
それから暫く立って「キャー!」悲鳴が上がり、由加が全裸で部屋から出てきたが、股間が赤く濡れている。
「痛いの、お母さん!」手で、淫裂を押さえている。

 (そうか、生理が来たのか。うまく、ごまかせそうだぞ)笑顔の昭次だ。
「とにかく、洗いなさい。そこを…」生理用ナプキンを手渡す。
「わかった、洗うね」浴室に入って体を洗っていく。

 そこに、雅俊が現れたが、肉竿が赤く染まっていた。
「おめでとう。うまく、できたわね」
「はい、これもおばさんのおかげです」
「それより、洗わないと」
「そうですね、洗ってきます」雅俊も浴室に入って行く。

 それと入れ替わって、由加がパンティを履いて現れた。
「痛かったわ。これでいいでしょう?」昭次にウィンクを送る。
「そうだね、よくやったよ」乳房を撫でていく。
「ご褒美、忘れないでね」
「わかっているよ」雅俊と直美をうまくごまかしたが、浮かない顔の昭次だ。
 
10 禁断の親子
 
 由加と雅俊が結ばれた2週間後、直美は雅俊と一緒に旅行に出かけた。
それは親子旅行のようだった。
「ここで、いいでしょう?」
「わかった、速く撮ってね」誰もいない海岸で、直美は服を脱いで行く。
下着は全裸になりやすいようにと着けていない。
ただ、雅俊の要望で黒いストッキングとガーターベルトを付けている。

 「脱いだわ、速く撮って!」恥ずかしいのか、強ばった顔でポーズを作り、雅俊が撮っていく。
「手を頭の上に…」言われた通りにしていくが、屋外のヌードに直美は体が震えている。
「もういいでしょう、これくらいで」泣き声になっていた。
「服を着ていいよ、ここは撮ったから」直美は急いで服を着ていく。

 だが、これで、終わりではなかった。
その後も、人気のない観光地で全裸になり雅俊のカメラに収まっていった。
更に、ホテルに着くと、また裸を命じられた。
「おばさん、ヘアを剃ろうよ、お母さん見たく」
「許して、それだけはイヤ!」
「だったら、由加とはうまくやらないよ。それに、おばさんとの関係も言っちゃうから」

 「剃るけど、全部は許して。半分は残させて」
「いいよ。その代わり、ハート形で、しかも短く切ってね」そう言われては、剃るしかない。
絨毛を5ミリ程度に短く切り、カミソリで剃っていくと、淫裂が剥き出しになっていく。
「いいよ、おばさんも。お母さんと同じくなったし」相変わらず撮っていく。
(どうして、ヘアを剃らないといけないのよ)泣き顔で、最後の仕上げに恥丘の絨毛を整えた。

 「これで、いいでしょう?」
「いいよ、そうしたら…」ポーズを取らせ撮っていく。
「写真はこれくらいにして、やろうよ」
「わかったわ。やりましょう」夫から許可を貰ったとはいえ、やはり、罪悪感を感じながら雅俊に抱かれていった。
 
 同じように、昭次も由加との約束を果たそうとしていた。
「お父さん、して。約束よ」パジャマを脱いでいく。
下は、何も付けていないから、直ぐに全裸になった。
「わかっているよ。あれ、飲んでいたよね?」
「勿論よ。お父さんのエキスを、膣で受けるんだもの」全裸になると、昭次に抱き付いて肉竿を口に含んでいく。
「いいよ、由加にされると凄くいい!」娘のフェラに肉竿も堅くなっていく。

 「今日は、私にやらせてね。お願いだから」肉竿を掴んで跨り、腰を下げていく。
「う、うー!」呻き声を上げながらも、肉竿を吸い込んで、すんなりと股間同士が密着した。
「由加、ゼリーを塗ったのか?」すんなりと、入っていくので聞いた。
「そうよ。雑誌で見たから、塗って置いたの。おかげで痛くないわ」そう言うと、昭次の肩を手で押さえ、腰を上下に振りだした。

 「ピシャ、ピシャ!」肉同士のぶつかる音が響いていく。
「由加のオッパイも大きくなったな」揺れ動く乳房を掴んで揉んでいく。
時折、乳首も摘むと「あ、あ、あ!」気持ちいいのか、声を上げ頭を後ろに反らせていく。
それでも、腰の動きは止めない。
「クチャ、クチャ!」淫裂から、湿った音が上がる。

 「由加、限界だ、もう限界だ!」昭次は放出を行い、由加の淫裂から液体がこぼれ落ちていく。
「気持ちいい、体がとけそうよ」昭次の胸に乳房を押しつけ唇を合わせた。
「由加、本当に飲んだんだろうな?」
「勿論よ。お父さんの赤ちゃんを産むようなことは、しないわよ」昭次の頭を撫でながら言う。
(ごめんね、嘘付いて。お父さんの赤ちゃんを産みたいの。許して…)由加は避妊薬を飲んでいなかった。

 「由加、こんな事は、これっきりにしような」
「わかっている、これが最後よ。その代わり、もう1回いいでしょう?」
「できるかな。元気ないんだよな」
「私に任せて」昭次から降りて、肉竿を口に入れ動かしていく。
 
 「あ、あ、あ!」昭次は声を上げ、肉竿も由加の口の中で膨らみだした。
「もう大丈夫みたいよ、今度は抱っこしてやってね」
「由加、知っているのか、駅弁を?」
「恥ずかしいから聞かないで。それよりやって」
「わかったよ、やって上げる」由加は抱え上げられ、駅弁スタイルでの挿入が始まった。

 「いいわ、子宮の奥までお父さんが入ってくる!」昭次の首を両手で押さえ声を上げていく。
「由加、最高だ、オッパイを吸わせてくれ」
「いいわ、お父さん」由加は体を起こし、乳房を吸い易いようにし、昭次が吸っていく。
「いいわ、凄くいい!」淫裂からは精液と淫汁が流れていく。
この夜、昭次は由加の子宮に2回射精したが、由加の願いは叶わず、妊娠することはなかった。
 
 数日後、雅俊と一緒に出かけた直美が帰ってきた。
「ご苦労だったね」
「あなた、恥ずかしかった。外でヌードにされたのよ」
「見てみたいよ、お前のヌード写真。勿論、アソコも撮ったんだろう?」
「言わないで、恥ずかしくて思い出したくないの」顔が赤くなっていく。
「それより、何回やったんだ、オ○ンコは?」

 「毎晩3回よ、体が壊れそうだったわ」
「そうか、3回ね。若いって凄いな、俺は2回が限度なのに…」
「そんな事より、して欲しいの。あなたのでされたいの」昭次の肉竿を撫でていく。
「わかった、やろう」2人はパジャマを脱いで裸になった。

 「直美、なんだそれ?」パンティを脱ぐと、淫裂が剥き出しで、ハートの形の絨毛がある。
「雅俊さんの希望なの。写真も撮られたの」恥ずかしいのか見られまいと抱き付いていく。
「いいね、これからはずっとこのままだ」
「そんな、性器を剥き出しだした上、ヘアをハート形は恥ずかしいわ」
「だって、似合うよ、それに、黒い下着も似合うよ」
「言わないで、思い出したくないの」昭次に馬乗りになり、腰を振っていった。
 
 一方、雅俊は撮った画像を吸い上げていた。
「あら、いいわね、これ」
「お母さんも、そう思う?」
「思う、直美さんも、まだ若いのね」
「それより、これもあるよ」
「射精した写真ね。ヘアを剃って、くれたんだ」

 「そうだよ、お母さんと同じく」雅俊は弘子のスカートの中に手を入れる。
「やめましょう、親子よ。もうやめましょう。私より、由加さんや直美さんとした方が…」
「でも、お母さんともしたい!」
「これっきりよ。約束して、もう、私とはしないって!」弘子は服を脱がされ全裸にされた。
「お母さん、行くよ」雅俊は実の母と抱き合い、由加や直美と同じように淫裂の中に噴射した。
2人は、ずっと前から、由佳と昭次がしていたように、実の親子なのに抱き合っていた。
 
11 妊娠
 
 それから数年経ち、由加と雅俊は婚約し、式も1週間後と迫っていた。
「あなた、行ってくるわね」直美は弘子と式の打ち合わせに出かけた。
「お父さん、私やっていけるかしら?」
「大丈夫だよ、何とかなるよ」
「そうよね、何とかなるわよね。そうだ、お父さん、私のヌードを撮って欲しいの」

 「裸をか?」驚きの顔だ。
「そう。結婚前のヌードを記念に取って置きたいの」そう言うと、服を脱ぎだした。
「待て、ちょっと待て!」慌てるが、もう、下着姿になっている。
「お願い、これで撮って」カメラを渡す。
「わ、わかったよ」動揺しながらも由加を撮っていく。

 由加はパンティを引き下げポーズを作った。
(何で、娘の裸を撮らなければいけないんだよ)「行くよ!」不満に思いながらもスイッチを押していく。
その後ブラジャーも脱いで全裸になった。
(オッパイも、また大きくなったな。それに、腰の肉付きも女らしくなった…)スイッチを押しながら見ていた。

 由加は足を動かし、黒い絨毛の中にある、ピンクの膣を昭次に見せている。
(オ○ンコだ、由加のオ○ンコが…)肉竿が膨らんでいく。
そんな昭次に「今度はお父さんがヌードよ、私が撮るから」
「お、俺の裸を?」
「そうよ、お願いだから撮らせて」

 「わかった、俺も脱げばいいんだな」昭次も服を脱いで全裸になった。
「お父さん、どうせなら、もっと元気よくして」由加は自分の淫裂を指で広げた。
「由加、やめろ、堅くなった!」肉竿は意思に関係な、く娘の淫裂で堅くなっていく。
「そうよ、それでいいの」勃起した姿を撮っていく。
 
「もう、いいだろう、一杯撮ったぞ」
「そうね、写真はこれくらいでいいわ。後は…」カメラを置いて昭次の肉竿を掴む。
「ま、まさか…」
「そうなの、お父さんとしたいの。これがホントの最後よ、お願いして!」肉竿を撫でだした。
「約束したはずだ。もう、しないって!」
「ホントに最後です。これからは雅俊さんの妻になりますから…」涙ぐんで言う。

 「わかった。でも、大丈夫か?」
「飲んであるわよ。この前と同じく」
「それなら安心だ。本当に最後だからな」
「わかっています」昭次は由加を寝かせて上に乗ると、乳房を撫で、淫裂を触っていく。
由加も肉竿を擦り、次第に淫裂も濡れてきた。

 「行くよ、由加」淫裂に肉竿が入った。
「お、お父さん…」(愛しています。今度こそ、赤ちゃんを産みます…)そう言い続けたかった。

 やがて、腰の振りが早まり「クチャ、クチャ!」淫汁が流れ、肉竿も濡れていく。
「由加、出すけど、本当にいいんだろうな?」
「勿論よ、それより、エキスを早く…」上擦った声で言う。
「う~!」遂に肉竿から放出が始まった。
「暖かい、子宮が暖かい…」由加は昭次を抱きしめ余韻を味わった。
淫裂からは受精で余った精液が流れていく。
 
 2人は暫く動かない。
「お父さん、私の性器を撮って!」
「性器をか?」
「ええ、記念にとって欲しいの」由加は起きあがり、Mの字開脚をして、背筋をピンと伸ばす。

 「な、何て格好をするんだ。恥ずかしくないのか?」昭次が言うのも当然だ。
足を限界まで開いているから淫裂も開き、その淫裂からは白い液体が流れ出ている。
「これでいいの、どうせ、私だけの写真だし。そんな事より、速く撮って!」
「わかった、撮るよ」由加の考えなど知るよしもなく、スイッチを押していく。
「最後だから、一杯撮って」由加は精液を流したままポーズを作り、それを昭次が撮っていった。
 
 そして、いよいよ、結婚式を迎えた。
由加は洋風に、真っ白なウエディングドレスを着て式に臨んだ。
友人や同僚達のお祝いを受けて、式も無事に終わり、2人は新婚旅行へと旅立とうとしている。
「由加、ハネムーン・ベビィでしょう?」
「勿論よ、この日の為に準備してきたんだから」
「雅俊、頑張れよ。奥さんは準備OKだから」冷やかす同僚や友人だ。

 それは、昭次にも聞こえていた。
(そんな、この日の為だなんて。だったら、あの日は飲んでいなかったんだ!)頭が真っ白になっていく。
「お父さん、大丈夫?」直美が支える。
「ああ、疲れが溜まってね」そう言うしかない。
まさか、由加に自分の子を妊娠させたかもとは言えない。

 「これを見送れば、終わりですから」直美が元気付けた。
「そうだな、もうすぐだしな」そう言うが、昭次の不安が、高まっていく。
やがて、その不安が、現実となってしまった。

 式を終えて3ヶ月後、由加の体に異変が現れ、診察の結果妊娠しているのがわかった。
「あなた、赤ちゃんが生まれるのよ。これで、おじいちゃんとおばあちゃんよ」はしゃぐ直美だが(俺の子だ、由加は俺の子を産むつもりだったんだ!)昭次は憂鬱になっている。
 
 一方の由加は体調を整えていた。
そのおかげで、胎内に宿った子供も順調に育ち、無事に男の子を出産した。
「あなた、男の子よ」喜ぶ直美だ。
「そうか、男か…」落胆の顔になっている。
「どうしたの、元気ないわね?」
「そんな事無いよ、嬉しいよ」
「だったら、もっと喜びなさいよ」直美からも言われる。
(喜べるわけないだろう、俺の子なんだから)項垂れていく。

 そんな夫婦の元に、弘子が訪ねてきた。
「島田さん、私、赤ちゃんができてしまいました…」泣きながら告げた。
「そんな、奥さんが夫の子を?」
「はい、もう、妊娠しないと思って飲んでいなかったんです。あの時に」
それは、由加が妊娠して、セックスができない為に、雅彦の相手を直美が、お礼に弘子が昭次の相手を
していた時の事だ。

 「そうですか、妊娠ですか…」
「お願いです、由加さんや、雅俊には言わないで下さい、お願いですから」
「それは言いません。ですが、産むの?」
「無理です。未亡人が産んだら笑い者になります。ですから、これにサインを…」それは中絶の承諾書
だ。

 「あなた、書いて上げて。由加の為にも」
「わかっているよ」(俺だって、もう子供は要らないよ)すらすらと書き、承諾書を貰うと弘子は帰っ
て行く。
「あなた、入院中の由佳には絶対に言わないでね」
「当然だよ」2人は封印を誓った。
 
 一方、戻った弘子を雅俊が待っていた。
「書いて貰ったわ。お願いだから、もう、お母さんを相手にするのはやめて」
「でも、寂しいんだ、お母さんとやらないと…」嫌がる弘子を押し倒して、服を脱がせていく。
「ダメよ、親子だからダメ!」拒む弘子を四つん這いにして、後ろから挿入していく。

 「やめて、妊娠はこりごりよ、もうやめて!」
「これが最後だよ。由加が戻ったら、お母さんとはしないよ」淫裂を肉竿でピストンしていく。
「あなた、どうしたらいいのよ…」泣きながら、亡くなった夫に詫びている弘子だが、子宮に精液を噴射されてしまった。
実は、弘子も、自分の息子の子を、妊娠してしまった。
 
12 エピローグ
 
 由加は退院して、雅俊や弘子と一緒に暮らすようにした。
しかし、夜の相手はできないから、運動で鍛えた雅俊には堪えられなかった。
「傷が塞がっていないの。お口でやるから、我慢して」由加は口で処理しようとしたが、雅俊は満足できなかった。
(お母さんとやりたいけど、由加がいるし…)考えている。

 同じように(雅俊にまた相手をさせられるかも。この際だから直美さんに…)2人は同じ事を考えていた。
そして2人は、昭次夫婦に頼み込んだ。
「直美、やって上げなさい。ソープで病気を貰ったら、由加にも移るぞ」
「わかりました、由加が直るまでですよ」直美は雅俊を寝室に連れて行く。

 「お母さん、綺麗です、ここが…」
「ダメ、そこは汚いからなめないで。あ、ああ!」直美の悶え声が聞こえてくる。
「島田さん、私にも。今度は確実に飲んでいます」そう言って、服を脱いでいく。
「いいですね、こんな下着も…」娼婦のように、スケスケの下着に、ガーターベルト姿だった。
「こんな年で恥ずかしいです。でも、息子の為ですから」そう言って、役目をしない下着を脱いでいく。

 「奥さん、我慢できない」昭次も今までの憂さを晴らすかのように抱き付いていく。
「いいわ、凄くいいです」2人の女性は獣のように悶えていた。
それが事が繰り返されるうちに、由加も元通りに、戻っている。
 
 そんなある日、由加は子供と一緒に、久しぶりに昭次夫婦を訪ねて来た。
「よく来たわね、見て、あなたそっくりよ!」はしゃぐ直美だ。
「どれどれ」覗き込むと、ジッと考え込んでしまった。
(これが、俺の子か。娘に産ませた俺の子か…)口を閉じたままだ。

 「お父さん、そっくりでしょう?」
「ああ、似ているな。確かに、俺に…」子供はジッと昭次を見ている。
そして笑い顔になった。

 「あら、笑っているわ。晋君、お父さんよ」由加は子供に話し掛けていく。
「お父さんじゃないわよ。おじいちゃんよ。全く、由加ったら!」
「そんなのどうでもいいの。はい、お父さんよ」由加は直美が注意しても「お父さんですよ」と言う。

 「知らない人が聞いたら、勘違いしちゃうわよ」あきれ顔だ。
(直美、その通りなんだ。この子は俺の子かも知れないんだ!)昭次は眉間に皺を寄せている。
そんな事など、知らないかのように、子供は昭次を見ながら微笑んでいた。
まるで、汚れを知らない、天使が微笑むかのように…。
 
                                         ~完~