未知の星・別館

「未知の星」のモバイル対応と位置づけ,公開された新作とリニューアルのみを書き込みます。
詳しくは右記サイトで、お確かめ下さい。 http://akahoshi.a.la9.jp/

哀奴まどか

「哀奴まどか」序 章 創 生 (1) イネの十四郎:作

             『哀奴まどか』

                            イネの十四郎:作
おことわり

  この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係があ
  りません。また、この作品の著作権は「イネの十四郎」が所有してます。
  作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって
  「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。

序 章 創 生 (1)

 アアァァッッ・・アアアァァァッッッ・・・アァッ、アァッ・・・

 ・・・これで何度目になるのでしょうか。
果てしのない苦痛の中に、私はまた絶頂を迎えようとしているのです。

 本来なら、甘美な快感をもたらしてくれるあの淫靡な器具が、私の敏感な器官を苛み続けているのです。
これほど長い時間、永遠かとも思われる時間を責め続けられると、これは苦痛・・・本当に苦痛でしかないのです。

 その苦痛の中で、私の肉体はまるで機械のように一定の周期で反応してしまい、大波の頂点を超えて、また谷底に転がり落ちるのです。

そう、私は奴隷・・・性の奴隷なのです・・・


 私の名は「まどか」、ある大学の付属高校3年生です。
体付きはどちらかと言えばふっくらとしている方でしょうか。
一応クラスでは美形、というよりカワイイと言われています。
街を歩いていると、時々声を掛けられることもあるので、まんざらでもないのでしょう。
昔は、こんな奴隷になる前は、男性から声を掛けられるのは少し嬉しかったのです。

 私は4人家族、父母と妹、それに子猫のミミがいます。
私の家庭は裕福な方なのでしょう、付近でも大きな家に住んでいます。

 父は仕事の都合で、よく外国に出張しています。
ある商社の役員を務めているのです。

 私と妹――同じ高校の1年生です――が大きくなってからは、母を伴って出張することが増えました。
向こうでは、人を招いたり招かれたりする時に、夫婦揃っている方が、都合が良いそうなのです。

 その留守の間、私と妹の2人だけでこの家で過ごすのです。

 妹は、学年は2年下なのですが、誕生日の関係で実際には1歳と3ヶ月位しか離れていないのです。
内気な私と違って、明るい、積極的な性格だと思います。
小さい頃からスポーツをしていたからでしょうか、体格も私より大きい位です。
2人で並ぶと、知らない方は私の方が妹だと思われることも多いのです。


 私には、幼い頃から被虐への願望があったようです。
テレビや映画の中で、美しい女性が悪役に捕らえられるシーン、少女漫画の中でヒロインが男の人にいたぶたれるシーンを見つけると、心の奥に何とも言えない感覚が湧き起こるのです。
甘いような、酸っぱいようなその感覚の中で、「あぁ、私もあんな風に苛められてみたい」と思っていたのです。
00

 もちろん、私はそんな気持ちを誰にも気取られないようにしていました。
誰も知らない、私だけの秘密だったのです。


 去年の夏、私がたまたま家に1人でいた時のことです。
その日私は、インターネットでいろいろな検索をしてみたのです。

検索キーは「拷問」「奴隷」「苦痛」・・。
そうして見つけたHPを、次々と見ていったのです。
一つのHPから次のHPへ、リンクを辿り続けたのです。

 表示される画像はどれも衝撃的な、私にとって余りにも衝撃的なものばかりでした。
私は魅入られたように、パソコンの前から離れることができませんでした。

 やっとの思いでパソコンの電源を切ったのは、もう真夜中を過ぎていたのでしょうか。
その時、私の下着はぐっしょりと濡れていたのです。


  この作品は、”ひとみの内緒話”管理人様から投稿していただきました。

「哀奴まどか」序章 創生(2) イネの十四郎:作

序 章 創 生 (2)

 その日から毎晩、私はネットでこのようなページを探しては、その画像を脳裏に刻み込み、夜が更けるまでオナニーに浸るようになったのです。
性器を強く摘んだり引っ張ったりする、自虐的な行為を交えるようになったのも、その日からのことだったのです。


 私のこの性癖・・自虐癖は徐々に深まり、乳首を洗濯バサミで挟んでみたり、自分の身体にロープを巻き付けて、オナニーをするようになって行きました。
そうして、私は誰かに捕らえられ、酷い拷問に掛けられている場面を夢想するようになっていたのです。


 もう秋も深まった頃だったでしょうか。
その日、私は昼の内に買い物に出かけ、特別バネの強そうな、狭窄面がギザギザの洗濯バサミを買ってきたのです。
それを付ける時のことを想像して、昼からずっと興奮していました。

 そして夜、何時もと同じようにインターネットに接続し、私の好みの画像を見ていたのです。
その頃には、お気に入りのサイトが私のパソコンに、幾つもブックマークされていました。

 私は画面を見つめたまま、昼間に買っておいた洗濯バサミを取り出し、そっと乳首に宛います。
そして、乳首をつついたり、ギュッと押したりして暫く過ごしたのです。
私の頭には、何時もの妄想が湧き上がっていました。
02

 今、私は悪い人たちに捕まえられている・・・
そしてこれから拷問されるのだ・・・
つらい、残酷な拷問に掛けられるところなのだ・・・

ふと目を落とした私は、思い切って洗濯バサミを開き、乳首を挟んだのです。

・・・ッッッ・・・

 危うく出そうになる悲鳴を、必死の思いでかみ殺さなければなりませんでした。
それは、一瞬頭の中が白くなるほどの激痛でした。
私は息を詰めるように、歯をくいしばるようにしながら、次の洗濯バサミを取り出し、もう一方の乳首にも噛み付かせたのです。

 もはや、僅かな身動きをしても胸先の洗濯バサミが揺れ、信じられないほどの痛みが全身を駆けめぐるのです。
そのままそっと股間に手を伸ばし、オナニーをしようとしたのですが・・・
余りの激痛のため、部屋の照明もパソコンもそのままに、私は気を失ってしまったのです。


 乳首に刺すような痛みを感じて気が付くと、妹が私の部屋にいたのです。
妹は私の横に腰を降ろし、時々指で私の胸の洗濯バサミを弾いていたのです。

 部屋の電気がつけっぱなしだったから、見に来たんだけれど・・・
そう、お姉チャンはこういうことが好きなんだ・・・
アタシも大好きなの・・これからうんと遊んであげる・・

本当は前から知っていたんだ・・・
お姉チャン、痛い目に遭わされるのが好きなんでしょ・・手伝ってあげるネ・・

 それとも・・お父さんや、お母さんに言う方がいい?・・

 こうして、私は妹の奴隷になったのです。
あの日から、この家は私の牢獄・・そして私を責め苛む刑場なのです。


  この作品は、”ひとみの内緒話”管理人様から投稿していただきました。

「哀奴まどか」第1章 堕 る (1) イネの十四郎:作

第1章 堕 る (1)

 あの日から一週間も経たない内に、私はご主人様に身も心も完全に支配されてしまいした。

 ご主人様は毎晩私の寝室を訪ねられ、私を様々に愛撫して下さるのです。
もちろん私は全裸になって、ご主人様のおいでになるのを待っていなければならないのです。

 最初の内こそ、私もご主人様の身体をいろいろとお慰めしたのですが、ご主人様はご自分の身体に触れられるのは、余りお好きでないようです。
2~3日も過ぎると私は、柔らかい綿のロープで手足を固定され、一つの抵抗も許されず、ご主人様の気の向くままに弄ばれ、責められることになったのです。


 あの洗濯バサミは、ご主人様のお気に入りになってしまいました。
毎晩のように私を飾る、赤い小さなプラスチックの装身具に、何度涙を流したのでしょうか。

 最初は単純に、私の乳首に取り付けるだけだったのです。
でも直ぐに、私が耐えられないように、いろいろと工夫されるようになられたのです。


 まず、私が声を出せないようプチタオルかハンカチを、口の中に詰められます。
そうした後、取り付けた洗濯バサミを強く引いたり、私が拘束されて自由にならない体を捩り、脂汗を流すまで捻り廻されたりされるのです。
私は必死にイヤイヤと首を振り、涙を溜めた目で許しを請うしかないのです。


 ある時は、始め縦に噛まされた洗濯バサミを一旦外されて、直ぐに今度は横向きに噛まされたのです。
ご存知でしょうか、乳首に食い込んだ洗濯バサミは、外される時に強烈な痛みをもたらすのです。
その疼きが消えぬ間に、直ぐに別の向きに噛まされる時の激痛は、本当に耐えられるものではないのです。
03

 その日は、4度も5度も、続けざまに噛まされては外され、外されては噛まされたのです。
私はタオルで塞がれた口から、くぐもった悲鳴を上げ続け、やっと許して頂けた時には、私の乳首は真っ赤に腫れ上がっていたのです。


 そしてあの日――いつものように、ベッドに縛り付けられるのではなく、後ろ手に拘束されただけで――私は、気を付けの姿勢を取らされていました。

 ご主人様は隠し持っていた洗濯バサミを見せて下さいました。
それはご主人様によって、実に残忍な責め具に変身していたのです。

 まず私の小さな乳首を挟む、あのワニ口の部分に、何重にも輪ゴムが巻き付けられていました。
更に握り拳ほどの大きさの石が、糸で洗濯バサミに取り付けられていたのです。

 そのままでも、あれほどの激痛を与えるバネなのです。
それを何倍にも強力にする仕掛けを施されて、あれで挟まれたらきっと潰れてしまいます。
その上、あの石の重さで引張られるのです。

 私は想像するだけで、ガタガタと震えだしてしまいました。

 アラ、まどか・・嬉しそうネ・・・
そんなに喜んで貰えるなんて、今日ズット考えてた甲斐があったわ・・・
そんなに催促しないの・・直ぐに付けてあげるから・・・

 違うのです。
怖くて震えているのです。
でもそんなことは、ご主人様は見通しておられるのです。

 ご主人様は焦らすように、私の乳首を撫でたり擽ったりしながら、遊んでおられるばかりでした。

 何時、あれが使われるのだろう・・何時、私に噛みつくのだろう・・

 私は不安と、そしてホンの少し期待の入り混じった気持ちで、机に置かれた洗濯バサミを見つめるばかりでした。

 フフフ・・欲しいんでしょ・・早く苛めて欲しいんでしょ・・・
だったら、チャンとおねだりしなさい・・・
「まどかは、悪い子です。お仕置きして下さい」って・・・
言わないと、このまま帰るから・・・

  この作品は、”ひとみの内緒話”管理人様から投稿していただきました。

「哀奴まどか」第1章 堕る(2) イネの十四郎:作

第1章 堕 る (2)

 意地悪なご主人様のお言葉です。
私は、喉まで出かかった台詞が、それでもなかなか言えないのです。

 死ぬほどの苦痛に身悶えすることになるのか・・
このままモノ足らぬ気持ちで終わるのか・・
どちらも私には、選ぶことができないのです。

 いいのよ・・黙っているなら、もう二度と来ないから・・・
まどかは、一人で生きて行きなさい・・・

 あぁっ、そんなのイヤです。
私は思い切って、お願いすることにしました。

 そうしなければならないのです。
もう私には、ご主人様のいない生活なんて、考えられないのです。

 まどかにご主人様のお作りになられた、その新しい・・のを、飾って下さい・・

 私の耳に聞こえたのは、掠れて震えながらおねだりする、哀れな奴隷の声でした。
言い終わってご主人様に目を向けると、ご主人様は嬉しそうに微笑まれていたのです。

 きっと激痛に咽ぶ私を想像して、楽しんでおられるのでしょう。
私も、胸の奥からこみ上げてくるものがありました。

 でも、実際に起こったことは、想像以上のことだったのです。

 いいわね・・絶対に声を出さないのよ・・・
みんなが起きてきて、こんな姿を見られたくないでしょ・・・

 コクッと頷いた私に、ご主人様は二つの石を左手で持ち上げます。
石から垂れた糸の先端で、洗濯バサミが揺れています。

 ゆっくりと近づいたご主人様は、洗濯バサミを一つ取り上げると、指に力を入れて
それを開きました。
指が白くなるほど力を入れておられます。
それ程閉じる力が強力なのです。
04

 私はこみ上げる恐怖に思わず顔を背け、固く目を閉じてしまったのです。

 ・・ックククゥゥッッッ・・・

 想像を絶する激痛が、私の乳首を襲いました。
私は何も考えられず、目を開いても霞んで見える部屋の中が、ゆらゆらと廻っている
だけなのです。

 感じるのは、確かに存在するのは乳首の痛みだけ・・それ以外に何もない・・・
地獄、まさに地獄の底に突き落とされたと思ったのです。
しかし、これが入口にすぎなかったとは・・・

 ククク・・クワアァァァッッッッ・・・

 もう一方の乳首からの激痛が、全身を駆けめぐります。
不思議なことに、両方の乳首の痛みを、同時に感じることができないのです。
一方の乳首からの、引き千切られるような痛みが私を苛むと、次の瞬間には反対の乳
首が、この世にあるとは思えない痛みを訴えるのです。
痛みは交互に、切れ目なく続き、そしてどんどん酷くなるのです。

 とても耐えられない・・・もう、とても我慢できない・・・

 許しを願おうと目を開けた時、私の涙に霞む目にぼんやりと映ったご主人様は、ち
ょうどあの錘の石を、乳首の高さに持ち上げておられて・・それをパッと放されたの
です。


 気が付いた時、私はベッドに寝かされておりました。

 後で聞いたことでは、石が落下した衝撃であの強力な洗濯バサミが、私の胸から弾
け飛んだのです。
さすがに大きな悲鳴を上げようとした私に、ご主人様は手で口を塞ぐように飛びつか
れたのだそうです。
そのままベッドに倒れ込んだ私は、失神してしまったのです。

 ご主人様は、私の縛めを解き、そして乳首に薬を塗って手当をして下さっていまし
た。
ズキズキと疼く乳首に目をやると、薄く血を滲ませた何本もの擦傷ができていました。
そして、いつもの倍ほどにも腫れ上がっていたのです。

 ご主人様が、優しく手当をして下さる度に、乳首に触れられる度に、とても耐えら
れないようなヒリヒリとした痛みが湧き起こるのです。
それでも、私はとても嬉しかったのです。


 私はどこまで堕ちて行くのでしょうか・・でも、それが私の幸せなのです・・・


  この作品は、”ひとみの内緒話”管理人様から投稿していただきました。

「哀奴まどか」第2章 氷 雨 (1) イネの十四郎:作

第2章 氷 雨 (1)

 もう、クリスマスも近い頃でした。
その日の朝、私は妹と二人で、2日間の旅行に行く父と母を見送ったのです。
父と母を乗せた車が、交差点を曲がって見えなくなると、妹と私は顔を見合わせたの
です。

 そうなのです。
ホンの一瞬の目配せで、私達にはその意味が通じるのです。
二人の素晴らしい、誰にも邪魔されることのない、2日間が始まるのです。


 明日まで、まどかは何も着なくていいのよ・・
下着も、洋服も、なにも要らないでしょ・・

 早速ご主人様の命令です。
大急ぎで私が脱いだ服を、ご主人様は持っていってしまいました。

 もう、大分前から、私の部屋の洋服タンスの鍵は、ご主人様が持っているのです。
私はご主人様のお許しがないと、洋服はもちろん、下着一枚すら身に付けることがで
きないのです。


 何一つ纏わぬ生まれたままの姿で、ジッと立っている私の周りを歩きながら、ご主
人様が呟くように言われます。

 まどかは、私の奴隷なのよね・・
奴隷は・・・何も持ってはいけないし、何も着てはいけないのよ・・
でも、まどかは奴隷のくせに、身に着けているモノがあるわ・・
今日は綺麗にして、本当の奴隷の姿になりなさいね・・

 暫くの間、私にはご主人様の言われている意味が、判らなかったのです。
そんな私に構うことなく、ご主人様も服を脱がれると、さっさとシャワーを浴びに行
ってしまいました。
私はぼんやりと立ちつくしていたのです。

 まどかっ!!・・何をしているのっ!!・・早く来なさいっ!!!

 突然、ご主人様の大声です。
私は慌てて、浴室まで走ったのです。


 ご主人様はシャワーを浴びて、上気した身体をバスタオルで拭いているところでし
た。

 まどかも、シャワーを浴びて、綺麗になっておきなさい・・
特にアソコは丁寧に洗っておくのよ・・

 私は、命令された通りに身体を清めます。
言われたままに、特に念入りに石鹸を泡立たせていた時です。
剃刀を手にして、ご主人様が戻って来られたのです。

 全身を、泡にまみれた私を見て、ご主人様が満足そうに頷きます。

 いい子ね、まどか・・ご褒美に、今日は私がサービスしてあげる・・
その浴槽の縁に腰を掛けて、足を開きなさい・・

 あぁ、ご主人様は私の若草を剃ってしまおうとしているのです。
恥ずかしい・・

 でも私は、言われたとおりに足を拡げたまま、ジッとしていたのです。
剃刀の刃が、私の微妙な辺りでしきりに動いています。
サワサワとした感触が、次第に無くなって行きました。
05

 私はそんなに濃い方ではなかったのです。
でもご主人様は丁寧に、時間を掛けて処理をして下さいます。

 剃刀が私を刺激し続けている内に、何か切ない気持ちがこみ上げてきて、それで濡
れてしまったみたいでした。

 ほんとにまどかって、いけない子ね・・
濡らした罰として、今日はうんと恥ずかしい思いをさせてあげる・・

 さっ、できたわよ・・ご覧なさい・・・

 ご主人様は、私にシャワーを掛けると、鏡を指さしたのです。

 あぁ、私のそこは、まるで幼女のようでした。
とても綺麗・・そう、私の望んでいた姿はこれだったのです。
もう後戻りはできないのです。

 私は、恥ずかしさの余り両手で顔を覆って、動けなかったのです。
でも時々指の隙間から、翳りを失った可愛いふくらみを見つめていたのです。


 午後の4時頃、私はご主人様の命令で買い物に出かけました。
買ってくるものは犬の首輪なのです。
私を繋いでおくためのものだと、ご主人様は言っておられました。

  この作品は、”ひとみの内緒話” 管理人様から投稿していただきました。
未知の星・別館



「愛と官能の美学」様より
いただきました。

ここは、赤星直也が管理している「未知の星・別館」です
本館へは、下記サイトで、
お確かめ下さい。

  「未知の星」

おことわり

この作品は全て空想で書かれており、実在の個人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は小説作者が所有してますので作品の無断転用もかたくお断りし ます。違反した場合は著作権法によって刑事罰と民事罰が与えられますのでご承知下さい。
リンク
アクセスランキング


ブログ村(恋愛)ランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

更新専用掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。


メッセージ

名前
メール
本文