未知の星・別館

「未知の星」のモバイル対応と位置づけ,公開された新作とリニューアルのみを書き込みます。
詳しくは右記サイトで、お確かめ下さい。 http://akahoshi.a.la9.jp/

嗚呼、家庭教師

「嗚呼、家庭教師」第1話 褒美の約束 赤星直也:作

家庭教師2
              「嗚呼、家庭教師」

                            赤星直也:作

登場人物 

     小野文恵:大学生           宮内良一:高校生
     〃 幸太:会社員             〃 宏明:会社社長
                            〃 好子:良一の母

第1話 褒美の約束

 「文恵、社長から家庭教師を頼まれてしまったよ」
「えっ、父さんが家庭教師するの?」
「俺じゃなく文恵だよ。ほら、高校生がいたろう。今度2年になるからって、頼まれたんだ。やって貰えるかな?」

 「私は構わないけど、勤まるかしら…」
「文恵なら大丈夫だよ。明日返事しておくからね」機嫌良くビールを飲んでいる。
男は小野幸太と言って、社長から娘の文恵を、息子の家庭教師にと頼まれた。
文恵は不安があるが、父の立場を考え承知した。

 それから数日後、文恵は父の幸太と一緒に、社長の宮内を訪ねた。
「小野君、申し訳ないね。それにしても大きくなったな」
「外観は大きいですが、中身は空ですから」笑いながら話しているが、文恵は良一の部屋で向き合っていた。

 「今日から一緒に勉強しようね」
「はい、先生!」
「先生は恥ずかしいな。これからは文恵と呼んで」
「わかりました。文恵さん」
「そうよ、それでいいの。早速だけど数学から行こうか…」文恵は良一と教科書を見ながら話し合った。

 翌日からは、文恵が1人で良一の家に出かけて教えている。
「今日は英語からよ」スケジュールを組んで教えていた。

 そして、1週間後の土曜日に文恵が訪ねると、良一が待っていた。
「文恵さん。母さんが出かけて、いなくて…」申し訳なさそうに、コーヒーとショートケーキを運んできた。
「何も、気を遣わなくていいのよ」
「僕は何もしてないよ。母さんがやったことだし…」良一はテーブルに置き、見上げると文恵の胸が見えた。

 (オッパイだ。どんな形をしているんだろう?)首と服の隙間から、白い膨らみが覗いている。
そんな事など知るよしもなく、文恵はコーヒーを飲んでいく。
良一も向かい合って座るが、文恵の太股の間が気になっている。

(あの奥にパンツがあるんだ…)良一には乳房を露わにし、股間丸出しの全裸になった文恵に見えている。
(ヘアはどうなっているんだろう…)ジッと太股の間を見ていた。
それは文恵も気づいて(スカートが気になっているんだ。高校生だから当然かも…)裾を伸ばして、露出部分を少なくすると、良一も目を反らす。

 「ごちそうさま。始めましょうか?」
「はい、文恵さん」2人は良一の部屋に入り、教科書を見ながら話を始めた。
しかし、良一はどうしても、文恵の胸が気になっていた。
(あの下にはオッパイがあるんだ…)また乳房を露わにし、教えている文恵を想像していた。

 文恵が家庭教師を初めてから1ヶ月が過ぎようとした頃、良一の学校では中間テストが行われることになった。
「参ったな。自信ないのにな…」
「そんな事言わないで。文恵さんが教えてくれているんでしょう?」母の好子も心配げだ。

 「それはそうだけど…。それより、母さん。平均で75点取ったら、ご褒美が欲しいな」
「あら、どんな褒美なの?」
「褒美なんだけど…」良一は言いにくそうだ。

 「何なのよ。平均で75点取ったら、何でもいいわよ」
「本当に、何でもいいんだね?」
「ええ、約束するわ。それで、褒美に何が欲しいの?」
「実は、文恵さんとのキスしたいんだ…」それには好子も驚いた。

 「無理よ。いくら何でも、文恵さんとは…」言いかけたが「いいわ、私から頼んでみる。その変わり、80点にアップよ」
「わかった。必ずキスできるように頑張るから」良一は笑顔で部屋に向かった。

 それから暫くして、文恵が訪ねてきた。
「待っていたわ、良一も張り切っているの」
「そうですか。それならやり甲斐もあります」何も知らない文恵は良一の部屋に向かった。

 そして、2時間ほど過ぎて、文恵が出てきた。
「文恵さん、コーヒーを用意しました」
「そんなに、気を遣わなくていいのに…」
「そうは行かないわ、大事な先生ですから」好子は応接室に案内した。

 文恵がソファーに座り、用意したコーヒーを飲むと「実は、お願いがありまして…」好子が切り出した。
「どんなことですか?」
「言いにくい事ですが、今度のテストで80点取ったら、良一とキスして欲しいのよ」
それには「キスですか、私が…」口を開いたままだ。

 「そうなの。良一もやる気を出したことだし、ぜひお願いしたいの。勿論、ただとは言わないわ。5万円お礼に支払います」
その言葉には(キスはイヤだけど、5万貰えるなら…。それに、お父さんの立場もあるし…)考え込んだ。

 「どうでしょう。何とかお願いできませんか?」
「わかりました。良一君がその気なら引き受けます。でも、その時は立ち会ってくださいよ」
「わかっています。これで一安心だわ」好子も笑顔になった。

 文恵が承知しすると「文恵さん、キスしてもいいって!」好子は良一に知らせた。
「そうか。それなら、本気でやらないと!」前よりも真剣に取り組んでいる。
(そういえば、良一も春期なんだ。性に目覚める頃だし…)文恵は思案している。

 それから良一は真剣に取り組み、その甲斐あってテストでは平均79点と高得点を取った。
「80点じゃなかったんだ…」落胆して帰宅すると「凄いじゃないの、79点だなんて。これなら、国立も夢じゃないわね」
「でも、80点取れなかったし」

「これくらいなら大丈夫よ。私から頼むから」
「約束だよ、今度はちゃんとやるから」
「期待しているわよ。それから、お母さんの前でやるのよ」
「文恵さんとキスできるなら、見られても平気さ」良一の顔が輝いている。

 それから暫くして、文恵が訪れた。
「文恵さん、早速だけど、キスをお願いね」
「良い点取ったのね。それなら私も頑張らないと」2人が良一の部屋に入るなり「文恵さん、約束を守ってよ」良一が抱きついた。

 それには「そんな事じゃダメよ、彼女だって嫌うわ。まずは、優しく顔を押さえるの」好子が注文を付ける。
「これで、良いんだね?」
「そう、その後は顔を横にして口を吸うのよ」良一は言われるまま、唇を押し付けた。
112148

(イヤだけど、我慢しないと…)文恵は目を閉じ、良一の唇を迎え入れたが、足がガクガク震えている。
「そうよ、それで良いの。それがキスよ」見ている好子のほうが興奮している。
キスした後、2人は何もなかったように教科書と向き合うが、良一はまだ興奮が収まってない。
(文恵さんとキスしたなんて、夢みたいだ…)チラリと文恵を見つめた。

「嗚呼、家庭教師」第2話 母の乳房 赤星直也:作

第2話 母の乳房

 2人は2時間ほど教科書と向き合い「今日はここまでよ」授業を終えた。
「文恵さん、今までキスしたことあるの?」
「ないわ、今回が初めてよ」
「そうか、僕が初めてなんだ。何だか文恵さんが好きになった…」
「そんな事より、勉強が大事よ!」そう言い残すと文恵は好子の待つリビングへと向かった。

 「文恵さん、無理言ってすみませんでした。これはお約束のお礼です」封筒を手渡し「それから、この事は誰にも言わないで下さいね」頼み込む。
「わかりました。秘密にします」文恵も秘密にすることにした。

 その後、2人は世間話をしているが、良一は「文恵さんのオッパイはどうなっているんだろう…」文恵の乳房を露わにした笑顔を想像しながら、肉竿を擦っていた。
「気持ちいい、オッパイを触らせて…」妄想しながら手の動きを速めると先端から噴き出す。
「出ちゃった!」肉竿を握りしめ、ティッシュで液体を拭き取った。
「それにしても、気持ちいいな。何としてオッパイを見たい…」考えている。

 1時間ほど良一は考えたが、いい案は出てこない。
「仕方ないな」諦めて週刊誌を開くとヌードが載っている。
「ここに割れ目があるんだ…」全裸で笑顔の写真を見ていると、文恵に見えてくる。
「文恵さんのオッパイとヘアが見える…」自然とズボンを引き下げ、肉竿を掴んだ。
「気持ちいいよ、文恵さんのヌードは…」想像しながら肉竿を擦りだす。

 手の動きを速め、最後の噴射を迎えようとした時「良一、何やっているの!」好子の声がした。
「か、母さんどうしてここに…」肉竿を握りしめたが、噴射はすでに始まり、白い液体が肉竿の先端から噴き出ている。

 「良一、オチンチンを拭かないと。後で臭うから、綺麗にするのよ」言われるまま肉竿に着いた液体を拭き取ったが、何ともバツが悪い。
「母さん、見てたんだ…」
「見たくはないけど、見ちゃったわ」

 「怒らないの?」
「怒らないわよ、オナニーは自然だから。それより、こんな写真を見てオナニーだなんて…」
「写真では出したくないよ。本物を見て出したいんだ!」
「何とかしてあげたいけど、無理よね」
「そうなんだ。ヘアはともかく、オッパイだけでも見たいんだ…」

 それには、好子も困惑している。
(思春期だから、女のヌードを見たがるのは当然だわ。それで、変な事されたら困るし…)暫く間を置いて「わかった、オッパイが見たいなら見せてあげる」良一の前で胸のボタンを外しだした。

 「母さんが、見せてくれるの?」
「そうよ。でも、父さんには内緒よ。良一だけに見せるんだから…」ボタンを外し終え、前を広げると、黒いブラジャーが現れた。
「お母さんのは小さいけど、いいわよね?」背中のホックも外し、緩んだ布地を持ち上げると乳房が飛びだし、揺れている。

 「オッパイだ。これがオッパイだ!」目を輝かせ、両乳房を握りしめた。
05

「ダメ、そんなに強く掴むといたいのよ。撫でるようにしないと…」良一は掌で撫でながら優しく揉みだした。
「どう、気持ちいい?」
「気持ち良いわよ、凄く良い。吸っても良いのよ」良一は好子の乳首を吸った。

 「赤ちゃんの頃を思い出すわ。良一は噛む癖があったのよ」それを聞いて(噛んだらどうなるのかな?)乳首に歯を押し付けると「あ、あ、あ~」体を硬直させ声を上げた。
「母さん、痛かった?」
「少し痛かった。オッパイ、見たわよね?」

 「うん、こんなに柔らかいんだ…」
「そうなの。だから、丁寧に扱わないとダメなのよ」背中のホックを留めると乳房をカップに仕舞い込んで、ボタンも掛けていく。

 「文恵さんのオッパイも、そんな感じなの?」
「さあ、見たことないからわからない。でも、私よりは大きいと思うけど、変な事しちゃダメよ」
「わかっているよ、僕の先生だし」良一の言葉に安心顔の好子だが(何とかして、文恵さんのヌードを見たいな)よからぬ事を考えていた。

 それから暫く過ぎて、模擬テストが行われることになった。
「今度のテストは、組み分けに響くんだって!」
「そうなんだ。何とか頑張らないとね」
「お母さん、頑張ったら褒美が欲しいな」

 「褒美か、何が良いの?」
「文恵さんのオッパイが見たいんだ!」それには「無理言わないで、母さんのなら良いけど、文恵さんのは無理よ」呆れ顔だ。
「そうかな。何とかなると思うよ。だって、父さんの会社に勤めているんだよ」

 それには、好子も(そうだった。そこを突けば何とかなるわ。良一のためだし…)その気になっていく。
「母さんから頼んで欲しいんだ」
「わかったわ、その変わり、良い点取るのよ」
「勿論だよ、文恵さんのオッパイを見られるんだから」好子が承知すると部屋に入り、教科書と参考書を読み出した。

 そして、夕方になって文恵が来た。
文恵はいつものように良一と向き合い、それが終わるとリビングに来た。
「お疲れさまでした」好子はコーヒーを置くと文恵と向き合う。
「頂きます」文恵はそれを飲むと「今度のテストなんだけど、良一が褒美が欲しいというの」

 「褒美ですか、何が望みで?」
「それが、文恵さんのオッパイだって!」
「そんな、私のオッパイだなんて…!」信じられないと言った顔になった。
「そんなに驚かないで。私は何とかして、文恵さんのオッパイを見せてあげたいのよ」
「そんな事言われても、こっちの身にもなって下さい。恥ずかしくてできません…」

 「ただとは言わないわ。オッパイだったら20万出すわ。それに誰にも言わないし」
「お金じゃなくて、人前でオッパイを見せるのはイヤなんです…」
「こんな事言いたくないけど、今度会社では人事異動があるんだって。やってくれたら、私からも言っておくけど」好子は弱みにつけ込んだ。

 (そうよ。もし断ったら、お父さんの立場もなくなるし。でも、人前でヌードなんてイヤだし…)
迷っていると「私も立ち会うわ。文恵さんと同じくヌードになるわよ」と言い出した。

 「好子さんも、ヌーですか?」
「そうよ。だから文恵さんもやって欲しいの」
「わかりました。好子さんもヌードならやっても良いです…」
「ありがとう、助かるわ」文恵の手を握った。

「嗚呼、家庭教師」第3話 初ヌード 赤星直也:作

第3話 初ヌード

 文恵は好子と思わぬ約束をしたが「恥ずかしいな。いくら一緒でも、オッパイを見せるなんて…」上半身裸で、良一の前に立つ姿を思うと、身震いする。
「今更、断れないし。それに、父さんの人事もあるし」憂鬱を抱えたまま、家庭教師を行った。
(いい点を取って貰いたいけど、ヌードはイヤだし…。でも、20万貰えるし…)金銭面の苦労があるから、尚更混乱している。

 そして、3日後には模擬テストが行われた。
「良一、どうだったの?」
「まあ、まあかな。何とかできたみたいだし…」
「そう。良かったね」

 「それより、褒美はどうなってるの?」
「大丈夫よ。文恵さんも承知したし」
「良かった、文恵さんのヌードが見れるんだ。それなら、写真にも撮ろうかな?」
「それはダメよ。そんな事したら、もう相手にしてくれないわよ」

 「写真はダメか…。仕方ないな。ヌードを見るだけで諦めるよ」
「そうして。それから、ヌードはお父さんのいない日にやるからね」好子は自分もヌードになるとは言わなかった。

 その間も、文恵は良一の家庭教師を行っていたが「文恵さん、明日発表なんだ」と告げた。
「そう、明日なんだ…」
「そうだよ。テストが良かったら、土曜日にヌードを見せてね。土曜日は僕とお母さんしかいないし」
「わかったわ。土曜日ね…」複雑な思いの文恵だ。

 そして、土曜日が来た。
「行きたくない。ヌードになるなんていやだし…。でも、お金が貰えるし…」文恵は重い足どりで好子を訪ねた。
「待っていたわよ。文恵さんのおかげで、推薦も大丈夫みたいなの」

 「そう、良い点取ったんだ!」一瞬、笑顔になったが(と、言うことはヌードだ…)顔がすぐに曇った。
「あら、そんな顔しないで。良一だって頑張ったんだから、文恵さんも喜んであげないと…」
「そうですよね、喜ばないとね」作り笑顔をしている。

 2人が話していると「文恵さん、早く来てよ」良一が催促している。
「仕方ないわね。行きましょう」2人は良一の部屋へと向かった。
部屋に入ると「文恵さん、一緒に脱ぎましょう」好子は服に手を掛けた。
「わかりました…」それに倣って脱いでいく。

 好子はシャツを脱ぐと、紫のブラジャーを着けている。
文恵は(恥ずかしい。これを脱いだら…)顔を赤らめながらシャツを脱ぎ、水色のブラジャー姿になった。
「大きいな。文恵さんのほうが大きいよ!」

 「そんな事言わないで。母さんの立場がなくなるじゃないのよ」好子は背中に手を回してホックを外すと、文恵にも見えた。
(息子にヌードを見せているわ。これを脱いだら、私もヌードに…)膝がガクガク震え、指も震えてホックがなかなか外せない。

 それを見て「文恵さん、私がやるわよ」気を効かして好子が背中のホックを外した。
「待って、まだ…」心の整理が終わってないのに、乳房を押さえた布が緩み、白い膨らみが飛び出た。

 「オッパイだ。文恵さんのオッパイだ!」
「ダメ、まだダメ!」慌てて胸を両手で覆うと「そんな事しなくて良いわよ。私だって、ヌードよ」好子は平然と乳房を晒している。
「でも、恥ずかしくて…」
「大丈夫よ、私がいるから」好子は、胸を隠す手を掴んで引き下げた。

 手が下がると、乳房を押さえていた布も下がって上半身を隠す物は何もない。
「凄いや、これが文恵さんのオッパイか!」白い乳房は程良く脹らみ、ピンクの乳首も膨らみきっている。
(オッパイを見られているんだわ…)恥ずかしさに、震えているのがわかる。

 「良一。見て、これがオッパイよ」好子は文恵の肩を押さえ正面を向かせた。
「ここが、母さんのとは違うよ」良一は指で文恵の乳輪を触った。
「仕方ないのよ。文恵さんは若いからピンクだけど、年を取ると、こうなるのよ」好子も乳房を触った。

 「ところで、文恵さんのオッパイも柔らかいの?」良一が乳房を優しく撫でだす。

「見るだけよ。それ以上されたら…」
「それ以上されたらどうなるの。文恵さん」良一の指が乳首を摘んで頃がしていく。
「ダメ。それはダメ!」声が上擦っている。

 「どうしてダメなの。教えて!」今度は乳首を吸い出した。
nipple_5544-007s

「ダメ。それは、ダメ!」口をパクパクさせ、やっと立っている。
「文恵さん、気持ちいいんでしょう。女だったら、吸われるとそうなるのよ」良一の愛撫に好子は満足そうだ。

 「変になっちゃう、もうやめて…」文恵が言い終わると同時に「痛い、オチンチンが痛い~!」乳首を吸っていた良一が、突然股間を押さえて呻きだした。
「良一、どうしたの?」
「オチンチンが痛いんだ…」

 「見せて、どこが痛いのよ!」好子がズボンを引き下げると、肉竿はカチカチに固まり、そそり立っていた。
「お、オチンチンが膨らんでいる!」初めて見る大人の肉竿に、声を上げたが「文恵さん、良一は、あなたが気に入ったようよ。見て、こんなになってるし」好子は平然としている。

 「母さん、変な感じなんだ。オナニーしたくてどうしようもないんだ…」
「大人になったんだね。文恵さん、お願いだから、良一にオッパイを吸わせて」
「オッパイだけですよ。それ以上は、イヤですからね」好子に言われ、良一に乳房を掴まれ、乳首を吸われていく。

 (ダメ、そんな事されたら、私が変になっちゃう…)目を閉じ、されるがままにしていると「文恵さん、触ってみて、これがオチンチンよ」好子に手を掴まれ、膨らみきった肉竿を握らされた。
(熱いわ、オチンチンって、こんなに熱いんだ…)初めての体験に鼓動が速まり「ドキン、ドキン!」全身に響き、顔も真っ赤に染まった。

 そんな文恵に「夫婦になったら、こうもするのよ!」握らせたまま手を動かせた。

(これって、オナニーのお手伝いだわ。こんな事までしないといけないんだ…)言われるまま動かすと、良一も気持ちいいのか、乳首に歯を立てた。
「ダメ、それはダメ!」声を出すのを堪えて、手を動かしていくと「でる、でる!」良一が叫んだ。

 「でるって、何がでるの?」意味がわからない文恵に向かって、肉竿から噴射した。
「イヤ~。汚いのがでた~!」初めて見る射精に悲鳴を上げた。
「驚かなくて良いのよ。男は皆こうなの。出ない方が異常なのよ」平然とスカートに付いた精液を拭き取った。

 「もういいわ。服を着ましょう」2人は脱いだ服を着込むとリビングに戻る。
「分かっていると思うけど、今日のことは秘密よ」約束した20万を渡す。
「勿論、言いません…」文恵も、ヌードになったとは、言えるはずなどない。

「嗚呼、家庭教師」第4話 別荘 赤星直也:作

第4話 別荘

 その夜、文恵はなかなか寝付かれなかった。
「オッパイを吸われると、気持ちいいなんて…」良一に乳首を吸われた感触が脳裏から離れない。
それに、膨らみきった肉竿も鮮明に焼き付いている。

 「あれが膣に入ったら、どうなるのかしら?」手がパンティの中に入り込み、淫裂を撫でていく。
「ここに入るんだ…」指先で膣腔を撫で、もう片手が乳房を撫でていく。
「私だって、オナニーしてもおかしくないわよね…」自分を正当化しながら乳首を摘み、膣の中に指も入れた。

 「感じる、今までとは違う…」乳首を吸われ、肉竿を触ったことで興奮が高まっているのをまだ理解してない。
「淫乱じゃないわ…。私は淫乱なんかじゃない…」自分に言い聞かせながらも、指の動きを速め、指で乳首を潰した。
一瞬「うっ!」呻き声を上げそうになったが堪えてまた指を動かしていく。
「オチンチンでされたい…」膣の中に入った指はヌルヌルになっている。

 翌日、いつものように文恵は家庭教師に出かけた。
良一は顔を見るなり「文恵さん。昨日のことだけど、僕のオチンチンどう思う?」いきなり言う。

 「そんな事言われても、わからないわ、今まで見たことないし…」思い出したのか、文恵の顔が赤くなっていく。
「そうか、女の人に聞いても無駄だね」
「そうかもね。それより、今日からタップリしごくわよ」2人は教科書に向かった。

 文恵が教え始めて3ヶ月が過ぎ、期末テストが行われた。
「今回はイマイチね、前が良すぎたのかしら?」
「だって、今度は褒美がなかったし…」

 「褒美か、どんなのが良いの?」
「ヘアヌードを見たいんだ。それに写真も!」
「そんな無理言わないで。いくら何でも、ヘアは無理よ」
「そこを何とかするのが母さんの仕事だよ」

 「困ったわね。何か、良い考えないかしら?」思案していたが「そうだわ、夏休みになったら、合宿なんてどうかしら。それなら、邪魔が入らないし…」
「別荘でやるんだね?」
「そうよ。そこでヌードにさせるのよ!」

 「セックスも、して良いよね?」
「それは絶対ダメ。大人になるまでダメよ!」
「ダメか。でも、文恵さんのヘアヌードが見られるなら我慢する…」
「そうと決まれば、準備しないと…」好子は、カレンダー片手に電話を掛けた。

 「あなた。悪いけど、良一と合宿する事になって…」宏明に掛けたが、期末がイマイチだったので許可した。
「これで良しと。後は文恵さんね」文恵が断れないように逃げ道を潰していった。

 その計画は綿密で「文恵。社長から、良一の合宿をやってくれと頼まれてな」宏明と幸太も利用した。
「お父さんにも、頼んだんだ…」
「そうなんだ。文恵が断るんじゃないかって、心配してな」

 「私はイヤなんだけど、父さんが頼まれたら断れないしね…」
「そうなんだ、謝礼も弾むそうだ。それに、奥さんも一緒だそうだよ」
「断りにくいわね。理由がないし…」渋々承知するしかなかった。
それを聞いて「うまく行ったわ。後は、どうやってヌードにさせるかだ…」笑顔で思案していた。

 そんな計画があるとは知らず、3人は好子が運転する車に乗って、伊豆の別荘へと向かった。
車を走らせて、3時間ほどすると海が見えてくる。
「もうすぐよ。あの入り江がそうなの」車がそこに向かって走っていくと、建物が見えてきた。

 「着いたわ。荷物を手伝って!」3人は車から荷物を降ろすと、別荘に運び、中を掃除していく。
「これで良いわ。でも、埃で大部汚れたね。この際だから、泳ごうか!」
「良いね。着替えてくる!」

 「それじゃ、文恵さん。私達も」2人は部屋に入ったが、女同士と言うことで同じ部屋だ。
「恥ずかしいわ。いくら女同士でも…」
「そんな気にしちゃダメよ。大学だって、合宿は一緒でしょう?」
「それはそうですが…」文恵は顔を赤らめながら、脱ぎだした。

 同じように、好子も次々と脱いでいき、パンティを脱いだ。
好子の股間には、ビッシリと絨毛が生い茂り、腹には妊娠した証拠がある。
しかし、中年特有の腹のたるみもなく、乳房は乳首の色こそ、くすんでいるが見劣りはしない。
jyukujyo117004

 「脱いだわよ、文恵さんも脱がないと」全裸を文恵に見せて言う。
「わかりました…」文恵はブラジャーから脱いで、乳房を露わにした。
その後、パンティを掴んで下げていくと、その様子を好子が見ている。
(もうすぐヘアが見られるわ、どんな感じかしら?)文恵の絨毛が気になっている。

 そんな事など、知るよしもない文恵はパンティを膝まで下げると、背中を丸め手足を上げた。
(綺麗だわ。綺麗な色した性器だ…)絨毛の中からピンクの淫裂が覗いた。
見られているとは知らず、別な片足も上げると、小さな布が両手に残され全裸になった。

 それを見て「文恵さん、ヘアの手入れは良いの?」露わになった絨毛を、好子が撫でていく。
「そんな、ヘアの手入れだなんて…」当然慌てている。
「だって、ここまで生えているでしょう。見えたら大変だし。私が入れしてあげるから…」半ば強引に絨毛にムースを吹き掛け、カミソリを当てる。

 「そこは良いです。隠れますから…」
「遠慮しなくて良いのよ、見たら困るし」カミソリは三角形に生えた絨毛を帯状にし、淫裂の周りも剃った。

 「恥ずかしいわ。性器が見えるし…」
「平気よ、水着で隠すし。それより、私を文恵さんがやらないと…」
「わかりました…」文恵も、好子がしたように、絨毛にムースを吹き掛け剃っていく。

 「もっと、剃っても良いのよ。性器が見えないと」
「こうですね…」肉襞に生えた絨毛も剃って、剥き出しになった。
(これが好子さんの性器なんだ…)自分のとは少し形が違っている。

 「気が付いたでしょう。夫とセックスしてるから、ヒラヒラがこんなになって」肉襞を摘んだ。
「セックスで、そうなるんですか?」
「そうよ。それに、子供を生んだから、ここも」両手で淫裂を広げると、膣が見える。
(性器を見せるなんて、恥ずかしくないのかしら?)思わず顔を背ける文恵だ。

 絨毛の手入れを済ませた2人は、水着を着込んでいく。
好子はワンピースだが、文恵はセパレーツのビキニを着ている。
「どう、見えないでしょう?」確かに、ヘアを剃ったから脇からはみ出る心配はない。

「はい、これなら安心です」確認して部屋から出ると「遅いよ、早くしないと」良一が待っていた。
「ごめんなさい、女は色々と手入れが大変なのよ」好子が言い訳をする。
「それより、行こうよ」良一に急かされ別荘から浜辺へと向かった。

「嗚呼、家庭教師」第5話 全裸 赤星直也:作

第5話 全裸

 3人は、昼近くまで浜辺で遊び、別荘に戻ってきた。
「さてと、これからは勉強よ!」
「わかっているよ。文恵さん行こう」昼食を済ますと、2人はリビングのテーブルを机代わりにして問題集と向き合う。

 しかし、なかなか気合いが入らない良一に「ほら、しっかりやらないとダメでしょう!」好子も檄を飛ばす。
「そんなこと言っても、気が乗らないんだ。目的がないから…」
「目的ね…。そうだわ、問題を正解するたびに、服を脱ぐなんてどうかしら?」好子の提案に「まさか、私が脱ぐんじゃないでしょうね?」顔が強ばっている。

 「勿論よ。私も脱ぐわ。間違ったら、良一が脱ぐなんてどうかしら?」
「そんな、ヌードだなんてイヤです。この前やったばかりだし…」
「やらないとは、言わせないわよ。あなたのお父さんは、いつでも首にできるのよ。それに、昇進も簡単にね」半ば脅しに近い。

 文恵は断れない状態に「ヌードはやります…ですからお父さんだけは…」涙声で承知した。
「それなら頑張らないと。文恵さんのヘアヌードが見たいし!」良一は今まで見せたことのない、真剣顔で問題に取り組んだ。

 好子の提案したヌードの効果は絶大で、すでに2人はブラジャーとパンティだけになっていた。
そんな2人を後目に「合ってたよ、これで3問連続正解だよ」
「そうね、連続だわね。何を脱げばいいの?」

 「文恵さんのオッパイが見たいな。次は母さんのオッパイだよ」
「わかったわ。文恵さん、脱いでね」好恵に言われ、泣き顔になりながら背中のホックを外して乳房を露わにしていく。
「手で隠しちゃダメだよ。ちゃんと見せないと…」震える手で胸を覆うが、良一に退けさせられた。

 「これで良しと。次はこの問題だな」有名大学の入試問題集に取り組んだ。
その間、2人はそれを見守るしかない。
(どうしてよ。どうしてこんな事しなければいけないのよ…)乳房を揺らせながら、良一を見守る文恵だが(若いって良いわ。あの乳房が欲しくなってきた…)好子は妖しい目つきで乳房を見ていた。

 そんな中で、良一は次々と正解を出し「脱いで、今度はお母さんの番だよ」催促する。
「これを脱いだら、脱ぐのがないけど…」言われるまま、乳房を揺らせながらパンティを脱いだ。

 「ヘアだ。それに、母さんのオ○ンコが丸見えだ!」全裸になった好子に、歓声を
上げた。
「オ○ンコだなんて、言っちゃダメ。女を侮辱する言葉なのよ。だから、性器というのよ」脱いだパンティを片付けながら言う。

 「わかった、性器だね。もう少し見せて!」足を開かせ、下から見上げた。
「恥ずかしいわよ、そんな近くで見られたら。それより、次があるでしょう?」
「そうだね。今度は文恵さんだからね」また、問題集に向かうが(もういいわ、これ以上正解しなくて良いわよ…)祈る思いで見守っていた。

 だが、願いは叶わず「正解だよ、ほら!」また正解した。
(イヤよ、ヘアと性器だけは、見られたくないわよ!)文恵の目からは、涙が流れていくが「文恵さん、わかっているわよね。ここまで来たんだから、やらないと…」容赦なかった。

 (これを脱いだら、見られてしまう…)体を震わせながら、両手でパンティを掴み、引き下げた。
(もうすぐだ。もうすぐ、文恵さんのオ○ンコが見られるぞ…)良一の股間が膨らんでいくが、それは好子も気づいている。
(良一のオチンチンが膨らんでいく。もう立派な大人なんだ。何とかしてやりたいけど、文恵さんは処女だし…)ジッと持ている中、文恵は背中を丸めて足を上げた。

 「お、オ○ンコだ!」露わになった淫裂に声を上げた。
「また言って。違うでしょう、性器よ!」
「そう。文恵さんのヘアと性器が見える!」叫ぶ良一だが(言わないでいいわ、黙って見てて…)足を上げて、好子と同じく全裸になった。
ヌード1

 「文恵さんも、見せてよ!」
「す、少しだけよ。ここは恥ずかしいから…」足を開いた。
「綺麗だね。ここが母さんとはちがうよ」
「ダメ、触らないで。見るだけにして!」肉襞が掴まれ、悲鳴を上げると「良一、触っちゃダメ、そんな事したら、もうヌードは終わりよ」好子も注意する。
「わかった。見るだけにする」手を退け、問題集に向かった。

 しかし、2人が全裸になったので、気が緩んだのか正解がでない。
「また違ってる。どうして、間違えてばかりいるんだろう?」良一も脱いだ。
「焦らなくて良いわよ。じっくりやれば、できるから…」
「そうよ、文恵さんの言う通りよ」2人が励ましても正解は出てこず、良一も全裸になってしまった。

「ここらで、一息入れましょう」文恵は言いながらパンティに手を伸ばすと「服はダメよ、このままなの」脱いだ服を奪われる。
「そんな、ヌードのままだなんて…」
「我慢して、良一のためだから。それに、お礼も弾むし」
「でも、万が一があります。良一君は、男ですから…」

 「その時は、責任取らせてお嫁にする。だから我慢して」好子言われれば我慢するしかない。
(恥ずかしい。性器を見られている…)手で隠すことが許されないから、3人は全裸のままで休憩し、再び問題集に向かい、終えた時は周りが薄暗くなっている。

 「もうこんな時間か、この際だからお風呂は一緒に入ろう」好子の提案で浴室に入った。
「文恵さん、ここは家族用だから広いのよ」その言葉通りで3人が浴槽に浸っても、充分余裕がある。

 3人は体を洗っていくが「母さん、背中を流すね」良一が好子の背中を流していく。
「悪いわね。でも、私が先では失礼よ。先生を先に洗わないと」
「そうだね、文恵さんから洗うよ」良一は文恵の背中を洗い出した。

 時折、手が伸びて、乳房の膨らみを触っていく。
(やめて。そこはいいわよ…)拒むことができず、洗われていく。
「どうせなら、全部洗うね」良一が前に回ると「前は自分でするから…」慌てて、両手で股間を押さえる。

 「ダメだよ、全部洗うんだ!」手を退けさせ、首筋から洗い出した。
勿論、乳房も洗っていく。
(ダメ、そこはダメ~!)乳首も掴まれ洗われ、さらに「ここもだよ」掌が淫裂に伸びた。

 それには「性器は良いわ、自分でするから!」慌ててが「せっかくの、好意だから甘えないと」好子も言い出す。
「そうだよ、僕が綺麗にするんだ!」向き合い、足を広げさせ淫裂を洗いだした。
(恥ずかしい。性器の中まで触られている…)良一の肉竿が、膨らみきっているのを見て、顔を背けた。
未知の星・別館



「愛と官能の美学」様より
いただきました。

ここは、赤星直也が管理している「未知の星・別館」です
本館へは、下記サイトで、
お確かめ下さい。

  「未知の星」

おことわり

この作品は全て空想で書かれており、実在の個人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は小説作者が所有してますので作品の無断転用もかたくお断りし ます。違反した場合は著作権法によって刑事罰と民事罰が与えられますのでご承知下さい。
リンク
 小説名一覧
アクセスランキング


ブログランキング

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

更新専用掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。


メッセージ

名前
メール
本文