未知の星・別館

「未知の星」のモバイル対応と位置づけ,公開された新作とリニューアルのみを書き込みます。
詳しくは右記サイトで、お確かめ下さい。 http://akahoshi.a.la9.jp/

恵 快楽出張

「恵 快楽出張」第1話 Shyrock:作

             『惠 快楽出張』
                            Shyrock:作
おことわり

  この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係があ
  りません。また、この作品の著作権は「Shyrock」が所有してます。
  作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって
  「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。

登場人物

 花塚 惠(31才)
   独身。東京在住。一流商社のキュリアウーマン。
   抜群のスタイルとくっきりとした目元が、女優の『神田のの』によく似ている。
   この度、新商品の販売に伴って、レクチャーのため広島支店に赴くことになった。

第1話

 会議が終わった後も、惠は支店長たちから熱心なもてなしを受け、断りきれず、つい酒の量が進んでしまった。ホテルまでの帰り道は会社が用意してくれたタクシーには乗らず歩いて帰ることにした。酔いのせいか少し顔が火照るので、夜の凛とした冷気にさらされたかった。

「あぁ、少し飲みすぎちゃったかなぁ……」

 繁華街からいつしか八丁堀のビル街へと歩いていた。
 もう少し行けば今日宿泊するホテルが見えてくるはずだ。

 しかし惠の足取りは重かった。
 顔が火照るだけではなく、身体全体が何故かだるいのだ。酒のせいだろうか、それとも、久々に長時間列車に乗った疲れからだろうか。

「ほんとマジでだるいよ~。早く風呂でほぐさなきゃ」


 惠はホテルに戻るとすぐにバスタブの湯のコックをひねった。
 湯を張っている間に、冷蔵庫を開けてミネラルウォーターをぐいっと飲んだ。酒を飲んだ後は水が一番だ。

 部屋の電気を消した。そして窓のカーテンを開けて外の景色を眺めた。部屋は14階なので夜景もまずまずと言える。さすがに政令指定都市の広島市だけあって窓から見える灯りも賑やかだ。

「ふ~む、いい眺めだなぁ。ここに彼氏がいたらなおいいんだけどなぁ。あはは」

 惠には今付き合っている彼氏がいる。今日、1、2通のメールは交したがまだ声は聞いていない。

「寝る前に電話しよう~っと。ん?もうお湯が張れたかな?」

 風呂を覗くともう湯はほぼ張れている。
 惠はバッグを開けて着替えの下着を取り出した。黒のキャミソール、黒のブラジャー、そして黒のTバックのセットだ。明日着る洋服が黒っぽいので合うだろう。
 着替えの下着を一旦ベッドに置き、着ていたジャケットをクローゼットのハンガーにかけた。
ThisYearsModel_20170306_01

「出張用なのにちょっとセクシー過ぎたかな?でも私、黒のTバック好きなんだもの~。それにあの人も黒のT大好きだって言ってたしぃ。うっしっしぃ~。あ、でも、今日は関係ないか。あははははは~。こう言うのって場違いって言うのかな?」

 惠は後で着替える黒の下着を見て、ひとりつぶやいていた。

 
 風呂はバスタブとトイレとが一体になったユニット型だ。いささか狭いが、ビジネスなら贅沢も言えない。
 バスタブに身体を沈めると、潤沢に張った湯が溢れ出る。少し熱いめだが、疲れた身体にはちょうど良い。

「ふぅ~、気持ちいい~……」

 惠は明日のスケジュールを考えていた。午前中打合せを行って、昼には解放される。

「安芸の宮島に行こうかなぁ~?まだ行ったことないし。それとも早く新幹線に乗って帰ろうかな?」

 入浴にたっぷりと時間を掛けた惠は、その甲斐あって、酔いも冷めて少し気分がよくなっていた。
 しかし、身体のだるさがいっこうに抜けない。

「あぁ、腰がだるい……どうしたんだろう……生理でもないのになぁ……」

 惠は室内に置いてあったサービスプログラムを開いた。

『ボディ・リフレッシュ
不調個所を刺激することにより血行を促進し、お客様の抱えている様々なストレスや日常生活での疲れ(肩こり、腰痛など)を、改善へと導きます。
ゆったりとしたベッドにて、心地よい音楽を聴いていただきながら、お好みの力加減にて施術を行います。』
 
「あぁ、あった、あった。これだわ……」

 プログラムの一番下に、マッサージサービスの記載があった。
 惠はフロントへ電話をかけた。

「もしもし……」
「はい、フロントでございます」

    この作品は 「愛と官能の美学」 Shyrock様から投稿していただきました。

banner_20040_01

「恵 快楽出張」第2話 Shyrock:作

第2話

 電話に出たのは女性のホテリヤであった。

「あのぅ……マッサージをお願いしたいんだけど」
「マッサージでございますか?はい、すぐに手配させていただきます。15分ほどお待ちいただくことになりますが、よろしゅうございますか?」

 まだ歳は若いようだが、丁寧で落ち着いた口調が惠に好印象を与えた。

「15分ね。分かったわ。じゃあ、お願いね」

(ガチャン……)

 15分と言うことは、マッサージ師はおそらく近所で待機しているのだろう。
 マッサージ師は男性だろうか?それとも女性?
 できれば女性の方がいい、惠は思った。
 それなりに名前の通ったホテルだし妙な間違いはないにしても、やはり個室に男性と二人きりになると言うのは緊張もあるし、不安がまったくないとは言い切れない。

「あれこれ考えたって仕方がないか。男か女かどっちかが来るんだし~。考え過ぎ~、考え過ぎ~。あははははは~」

 微かな不安が頭をかすめたものの、惠はすぐに思い直した。
 両手を上に伸ばし背中からベッドに寝転んだ。
 分厚いクッションが華奢な惠を跳ね返し小さくバウンドした。
 弾みでバスローブの裾がまくれあがり、太股があらわになった。
 カモシカを髣髴させるようなよく引締まった美脚は社内でも評判で、社員食堂で惠がテーブルの端に座っていると、つい見惚れる男性社員も少なくなかった。
 それもそのはず、惠はアマチュアながらモデルの依頼もあり、まれに撮影会へも顔を覗かせていた。
 
 惠はマッサージ師が来るまでの間、有線放送から流れる音楽を聴き時を過ごしていた。
 ポップスを少し聴いたあと、チャンネルをクラシックに合わせてみた。
 聴き慣れたとても美しいメロディが流れてきた。

「あ、ショパンのノクターン2番だわ……」

 惠はしばし甘美な旋律に耳を傾けていた。きら星のように輝くコーダの美しさは特に惠のお気に入りの部分であった。

「あぁ、うっとりするぅ……」


(ピンポン~)

 その時、玄関の方で来訪者を告げるチャイムが鳴った。

「あっ、マッサージ師さんだわ。は~~~い!ちょっと待ってね~!」
bathtowel_nude-20151118035-600

 惠は急ぎ足で玄関口まで行き、念のためドアスコープから外を覗いた。
 男性が立っている。歳は30代半ば位だろうか。

「は~い」
「おじゃまします。ボディリフレッシュにまいりました」
「はい、ちょっと待ってね。すぐに開けますから」

(ガチャッ)

 ドアを開けると男性はペコリとお辞儀をした。
 背が高くかなり痩せている。
 栗色の髪を長く伸ばし、驚くほどの美形であったため、惠は面くらってしまい思わず言葉を詰まらせてしまった。

「あのぅ……」
「はい……?」
「入らせていただいていいですか?」
「あ、ごめんなさい。どうぞどうぞ」

 惠は男性を中へ案内した。
 広めを借りたつもりでも、ホテルのシングルルームはやはり狭い。
 椅子も1つしかないため、椅子は男性に与え、惠自身はベッドに腰を掛けることにした。

「三谷です。どうぞよろしく」
「花塚です。こちらこそよろしくお願いします」
「どちらから来られたのですか?」
「東京からです」
「お仕事で?」
「はい、今日明日仕事で」
「それはお疲れでしょう。で、どんな症状ですか?」


    この作品は 「愛と官能の美学」 Shyrock様から投稿していただきました。

banner_20040_01



「恵 快楽出張」第3話 Shyrock:作

第3話

 自ら名前を名乗ってきた潔い態度には好感が持てる。
 惠もつい仕事と同じように挨拶を返してしまっていた。
 三谷と名乗るマッサージ師は物静かな口調で早速惠の症状を聞いてきた。

「腰がすごくだるいんです。それと、肩も凝ってるんです」
「そうですか。分かりました。では、先ずバスローブを脱いで、バスタオルを身体に巻きつけた姿になってもらえますか」
「は、はい」

 三谷の目前で着替えるわけにも行かず、惠は風呂場に行きバスローブを脱ぎ下着姿になって、バスタオルで胸と腰を覆った。

(これでいいかなあ?)
 
 鏡の中を覗き込み自分を確かめる。

「なんか緊張するなあ……」

 惠はそっとつぶやいた。

 バスタオルを巻きつけた惠はベッドへと戻った。
 ベッドの傍らには三谷が行儀よく椅子に座って待ってくれている。

「お待たせしました。じゃあ、お願いします」

 惠は自らの緊張を解きほぐすかのように、わざと明るい声で三谷に語りかけた。

「じゃあ、ベッドにうつむけに寝てもらえますか」
「はい」

 惠は枕に肘を乗せ、三谷の指示どおり仰向けに寝転んだ。

「では始めます。先ず部屋を少し暗くして、音楽を流します」
「はい……」

 音楽はいいとして、部屋の灯りを暗くすることにはかすかな抵抗があった。
 だが断るわけにも行かず、惠は三谷に任せることにした。

 しばらくすると部屋が薄暗くなり、川のせせらぎのような音が聴こえてきた。

「水の音は人にリラックスを与えてくれます。部屋を暗くするとさらに効果が上がります」
「そうなんですか……」

「では今からマッサージをします」
「はい……」

 三谷が最初に触れた箇所は首筋であった。
 
600d90b1bc7609fb3ff15aaf4b468cd1

「はじめに、緊張を和らげるマッサージを行います」
「はい……」

 三谷の指は温かだった。
 そして華奢な感じがした。

 首筋に指が宛がわれ、軽い指圧が始まった。
 
(あぁ、気持ちいい……)

「かなり凝ってますね」
「やはりそうですか」
「はい、かなり硬いです」

 首筋に指圧が施された後、次に上腕部へと移った。
 気持ちがよくて、疲れがす~っと引いていくように感じられた。
 指圧はあくまで緩めだが、ツボを心得ている者が行うと力など要らないのかも知れない、と惠は思った。

 指は背中へと移動した。
 背中から脇にかけて、外から内に、内から外へと円を描くように手のひら全体を使って軽く撫でられた。

(うわぁ……すごく気持ちいい~……)

 同じ動作が2分ほど繰り返された頃、全身の力が抜けていき、眠っていた何かがかすかに目を覚まし始めていた。
 ただ今の惠にはそれが疲労回復の兆しであると言う認識しかなかった。

(あぁ……でも何かへん……身体が熱くなっていく感じ……)


 指は背骨の両側へと移動し始めていた。

「いかがですか?この辺りに腰のツボがあるんですよ」
「うううっ、そこ、すごくいいですぅ……」
「この辺りに指圧を加えると腰の疲れが取れるだけではなく他にも効果があるんですよ」
「うっ、うっ、どんな効果ですか?」


    この作品は 「愛と官能の美学」 Shyrock様から投稿していただきました。

banner_20040_01


「恵 快楽出張」第4話 Shyrock:作

第4話

「はい、実は子宮の働きを促進させる効果があるんです」
「え……?子宮の働きを……?」
「はい」

 そう言われれば確かに、背骨の両側に潜む腰のツボを指圧されることで、刺激が下半身に伝わり、下半身自体がだんだん熱くなっていくような感じがする、惠は思った。
 だが、惠としてはその感覚を言葉にするにはためらいがあった。

「いかがですか?」
「は、はい……気持ちいいです……」
「そうですか」


 背骨の両側へのマッサージが終わると、指圧は足先へと移った。
 三谷は惠の足首を持って、足指の間に指を一本ずついれて入念にマッサージを施した。

「あぁ~……」
「いいですか?」
「はい……すごくいいですぅ……」

 次に、指圧は土踏まずへと移った。
 三谷は土踏まずを中心に足裏を親指で入念に指圧しながら、ふくらはぎを膝裏まで揉み始めた。
shutterstock_119142055

「い、いたっ……」
「痛いですか?」
「ええ、でも、痛いけど気持ちいいような……」

 その動作が10分ほど続いた。
 初めのうちは、時折顔をしかめていた惠であったが、身体がほぐれていくに連れ、次第にうっとりとした表情へと変わっていった。
 惠は身体が癒されていく快感とともに、別の快感が芽生え始めていることをすでに気づいていた。

「どうしたのですか?顔が少し紅いようですが?」
「え?そうですか・・・?身体が温もってきたからじゃないかしら……?」
「もしかして、感じてきたとか?」
「そ、そんなこと……」
「感じてきたとしても全然恥ずかしいことじゃないですよ。」
「いやだわぁ……あはは……」

 女性はバストやヴァギナといった超敏感ポイントでは、性感度が容易に高まるものだが、手足などのパーツ部はなかなか高まらない。
 ところが、そんな高まらない遅い先端部分をゆっくりと揉みほぐし性感度を先に高めることが、実は、より激しい性感度を求めるための隠し技であったが、当然、惠がそれに気づくはずもなかった。
 また、遠い先端部分からの指圧はまことしやかであり、相手に安心感を与える効果もあった。

 三谷は足指と同様に、腕や手の指も一本ずつ丁寧にほぐした後、付け根から二の腕まで爪をやさしくあてて撫で上げていった。

「あぁ……」

 撫で下ろす時は、腕の裏側や側面を指使いを変えて刺激した。
 三谷はその延長で、意外な行動に移った。
 突然、揉んでいた指を自分の口に咥え、一本ずつしゃぶり始めたのだ。
 これには惠も驚き、思わず声を荒げてしまった。

「きゃっ!いやっ!そんなこと!」
「驚かせてすみません。でも、だいじょうぶですよ。これも指圧の一環ですので」

 三谷はそういうと、悪びれることなく、再度惠の指を口に咥えた。
(ちゅっ……ちゅっ……)

「あぁ……」
(ちゅっ……ちゅっ……)

「いかがですか?満更でもないでしょう?」
「……」

 まるで愛撫とも言える指へのマッサージは終了した。
 その頃、ショーツの中はぐっしょりと湿ってしまっていた。

「どうも失礼しました。では次はローションを使ってマッサージをしましょう」

 三谷はそうつぶやくと、惠の肩や膝といった丸みの有る部分にはローションを塗り始めた。

    この作品は 「愛と官能の美学」 Shyrock様から投稿していただきました。

banner_20040_01

「恵 快楽出張」第5話 Shyrock:作

第5話

(な~んか性感マッサージみたい……いや、でも、そんなことはあり得ないわ。ここはちゃんとしたホテルなんだし、まさか、そんな変なマッサージ師を呼ぶことはないはずだわ……変なことをしたらホテルの信用問題になるんだもの……)

 惠はふとマッサージ師が指に施した意外な技に、いささかの疑念を抱いた。
 だが、メジャーなホテルがそんないかがわしいマッサージ師を呼ぶはずは無い、と一笑に付してしまった。

 三谷は惠にロ-ションを塗り込めた後、五本の指先を立て、わざと爪の表面を肌に当てながら、じんわりと開いたり閉じたりする。
 これだけの動きで、女性はくすぐったいような新快感を得られ、惠の性感はじんわりと高まり始めていた。

(あぁぁ……やだわぁ……なんか感じてくるわ……)

 実は愛撫のハイテクニックに、女性の肌に触れる際、指先や手のひらだけだけではなく、爪と手の甲をうまく織り交ぜる技があることを、素人女性の惠が知るはずもなかった。
 ところが、三谷にまったく不自然さがなく、流れるように指圧が加えられていったため、惠はその心地よさに自然と和んでいった。

 三谷のローションを使ったマッサージは1区切り終わり、惠は仰向けになるよう促された。
 惠はバスタオルが肌蹴ないよう指で押えながら、ゆっくりと仰向けになった。
 部屋が明るければ、三谷と目を合わせ少し罰が悪いところだが、幸い部屋の照明が落とされていたため、仰向けになることに惠にためらいはなかった。

(次はどこをマッサージされるんだろう……何か恥ずかしいなぁ……)

 三谷が惠の横に寄り添うように近づいて来た。
 惠の心拍が高まる。
 
 三谷が次に宛がった箇所は臍の辺りであった。

(うわぁ……ドキドキするわぁ……)
waist

 親指から小指まで、五本の指を巧みに小さく円状に動かしながら、手は移動した。
 三谷は下腹部に手のひらを当て軽くバイブをかけながら、五本の指の腹部分が、臍・脇腹・あばら骨下に当たるように調節しながら、それぞれ独立した動きがなされた。

(あぁぁ~、これは効くわぁ~……)

 三谷はしばらく同じ指圧を続けた後、いよいよバストへと移動させた。
 バスタオルの下はブラジャーなしの素肌なので、三谷はおそらく指で乳房の形状を感じ取るだろう、などと惠はふと想像してしまい、恥ずかしさに顔を染めた。

 バストへの指圧は下から揉みあげるように手のひらを裾野にあて、乳首周辺や脇のラインなどに小刻みなタッチで施された。
 指圧とは言っても、愛撫とほとんど差別がつかないくらいだったが、それはさして長い時間ではなかった。

 次に指は脇腹と腰のほうへ移った。
 三谷は5本の指をそろえて、指の腹を肌に軽く当て、下から上へとハケで払うようにさっと愛撫した。

 しかも三谷の指は単調ではない。
 場所によって、速度に強弱がつけられ、いく通りもの刺激となって惠の性感を目覚めさせていく。

(あっ、あっ、あっ……やだわぁ~……感じちゃうわぁ……あぁん……)

「どうですか?気持ちいいですか?」
「あぁぁ~……すごくいい……」
「だいぶ解れてきたようですね。それじゃ、すみませんがもう一度うつ伏せになってもらえますか?」
「はい……」

 惠は言われるままに、再度、うつ伏せになった。

「次は太股とお尻を指圧します」
「は、はい……」

 うつぶせに寝た惠の太股が今までとは打って変わって豪快に揉み解された。
 5本の指は内股から徐々に股間へと移動していく。
 惠の胸の鼓動が同時に高まっていった。

    この作品は 「愛と官能の美学」 Shyrock様から投稿していただきました。

banner_20040_01

未知の星・別館



「愛と官能の美学」様より
いただきました。

ここは、赤星直也が管理している「未知の星・別館」です
本館へは、下記サイトで、
お確かめ下さい。

  「未知の星」

おことわり

この作品は全て空想で書かれており、実在の個人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は小説作者が所有してますので作品の無断転用もかたくお断りし ます。違反した場合は著作権法によって刑事罰と民事罰が与えられますのでご承知下さい。
リンク
 小説名一覧
アクセスランキング


ブログランキング

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

更新専用掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。


メッセージ

名前
メール
本文