未知の星・別館

「未知の星」のモバイル対応と位置づけ,公開された新作とリニューアルのみを書き込みます。
詳しくは右記サイトで、お確かめ下さい。 http://akahoshi.a.la9.jp/

狙われた弁護士

「狙われた弁護士」第1話 離婚訴訟 赤星直也:作

              「狙われた弁護士」

                            赤星直也:作
おことわり

  この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係があ
  りません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断
  転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」
  と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。

登場人物

   黒金泰三:宝飾店社長                羽賀健一:ホストクラブ経営
   〃 美佐:泰三の妻、弁護士             〃 恵美:美容師、健一の前妻
   達川一平:法律事務所所長、美沙の雇い主   〃 彩香:健一の妹

第1話 離婚訴訟

 都会の高級マンションの一室で、男女が抱き合っていた。
「美沙、ここのヘアが邪魔だよ。剃りたいな…」男性は女性の股間に顔を埋め、舌で淫裂をなめだした。

 「やめて。そんな事嫌いよ。普通でしましょう、普通で!」
「美沙のオ○ンコは綺麗だよ。これも、愛情表現なんだ」クリトリスを撫でだした。
「ダメ。声が出ちゃうから、やめて…」女性は、声を出すまいと堪えている。

 「美沙、声を出してもいいんだ。それがセックスだよ」今度は乳房を揉んでいく。
「だって、声を出すなんて異常よ。私には、そんな事はこと出来ない…」
「わかった。普通でやるよ」男性は胸と胸を合わせて抱き合い、淫裂に肉竿を押し込んでいく。
「これならいいわ。あなた!」目を閉じ、男性の頭を抱きかかえながら言うが、男性は不満そうな顔で、肉竿のピストンをしていた。

 翌朝、2人は何もなかったように振る舞い、朝食を摂っていた。
男性の名は黒金泰三と言い、銀座で宝飾店を経営しており、女性は妻の美沙で弁護士をしているが、2人の間には子供がいない。
朝食を済ますと、黒金は愛用車で銀座へと向い、それから暫くして、美沙も勤務先の法律事務所へと向かうのが日課だった。

 美沙が、いつものように事務所で仕事をしていると「美沙君、この件を頼めないかな?」所長の達川が、ファイルを手渡した。
それを開くなり「離婚訴訟ですか…」気合いが抜けた声をあげた。

 「何だ、そんな声出して。これも、仕事だから頼むからね」達川が肩を叩くと「わかりました。やってみます…」そう言い、じっくりとファイルを眺めた。
「名前は羽賀健一で、電話番号は…」早速、電話を掛けて直接会う事にした。

 「わかりました。これからお伺いします」受話器を置くと達川に報告する。
「わかった、頼むよ。領収書は忘れないでくれ」
「コーヒーぐらい、いいでしょう?」
「この不景気に、何言っているんだ。少しでも控除されないと…」達川が愚痴り始め「わかりました。行って来ます」うんざりと言った顔で、事務所から出ていく。

 美沙は地下鉄に乗り、指定された喫茶店に入ると「黒金美沙さんですね、私は羽賀健一と申します」いきなり、声を掛けられた。
「初めまして。この度は、私が担当する事になりまして…」

 「嬉しいですね。こんな、美人弁護士に担当して貰えるなんて。とにかく、こちらで」一番奥へと案内して「ここなら、気になりませんから」羽賀は椅子に座るなり、妻とのいきさつを話し出した。
その話に、ジッと耳を傾ける美沙だった。

 一通り、話を済ますと、羽賀は自分の仕事を話し始めた。
「まあ。ホストクラブを、経営なさっていらっしゃるのですか?」
「そうなんです。それが、妻は気に入らなくて…」
「そうでしょうね。夫が見知らぬ女性とお酒を飲むんだから、嫉妬もありますでしょうね」美沙も相手に会わせていた。

 (ホストクラブね。どんな、感じになるのかしら?)体験した事のない美沙は、想像するだけだ。
「今度、一度でいいから、おいで下さい。ここですから」羽賀は名刺を渡した。

 「あら。事務所から、あまり離れていないのね」
「そうです。仕事帰りにでも、おより下さい」
「はい、機会があったら伺います」その後、世間話をして美沙は喫茶店を出た。
「しかし、いい女だな。俺の女にしたくなったぜ」見送る羽賀の目が、異常に輝いていた。

 それから数日が経った日、急に夫の泰三が、パリに出かける事になった。
今度の出張は、買い付けで1週間を予定している。
「それじゃ、行ってくるからね」美沙の見送りを受けて自宅から出ていく。
「今日から1人だわ。のんびりするか!」後かたづけを済ますと事務所へと向かう。

 事務所では、羽賀の訴訟をまとめていくと「ホストクラブか、どんな感じなんだろうな?」気になってしまう。
「今夜、行ってみようかな?」貰った名刺を見ながら、ニヤニヤしていた。

 そして、仕事を終え、自宅に戻ると、着替えていく。
「これが、いいかも…」大胆な黒の下着を選んだいる。
夫の泰三が、美沙にプレゼントしたが、あまり好きではないから着る機会がない。

 美沙は全裸になり、ブラジャーを着けた。
黒いレースからは、乳房の膨らみが見え、それに乳首も覗いていた。
「大胆だわ。オッパイが見えちゃうし…」悩んだ末に、それを選んだ。

 そして、同じようなパンティを履いた。
「いやだわ。お尻が見えるし、ヘアが透けている!」姿見に映った美沙の股間からはパンティ越しに絨毛が覗いている。
「今夜はいいか。でも、泰三さんには見られたくないわ、こんなの風俗が着るものだし…」独り言を言いながら、外出用のスーツを着込んでマンションを出た。

 外は、夕方の7時なので行き交う人も多い。
ホストクラブは、通い慣れた近くなので、迷うことなく羽賀の店へと入れた。

003

「いらっしゃいませ!」入るなりホストが出迎える。

 「社長さんいますか。私は黒金美沙と言って、弁護士なんですが…」
「少々お待ち下さい。取り合えず、こちらでお待ち下さい」若くてハンサムな男性が丁寧な言葉で美沙を案内していく。
(泰三さんとは、全然違うわ。それにいやらしさもないし…)ホストの後ろ姿を、泰三と重ね合わせて、見つめていた。

 暫くしてから「お待たせしました。羽賀です!」と声がする。
「あら、凄いわ。ホントに羽賀さんかしら?」現れた羽賀は、ホストが板に付いた感じで、この前とは全然違っていた。

 「忘れるなんて、酷いな。これからも、お付き合いしなければいけないのに…」
「ご免なさい。それにしても素敵だわ」
「これも仕事です。今日は楽しんでくださいよ」羽賀は美沙のグラスにウィスキーを注いでいき、それを飲み続ける美沙だ。

 美沙は、機嫌良くウィスキーを飲んで、酔いも回っていた。
「奥さん。大部酔っていますね、大丈夫ですか?」酔った美沙を抱きしめ、服の上から乳房を掴んだ。
「酔ってなんか、いませんよ~。もっと飲みましょうよ」乳房を触られても感じない。

 「困った、奥さんだな。でも、思ったよりも大きいな」ニヤリと笑い、グラスに白い粉を入れ、それをウィスキーで溶かしていく。
「はい、奥さん、お代わりですよ」口にあてがい飲ませ、美沙はそれを飲み込んでいく。

 「もっと頂戴、羽賀さん!」
「わかりました。奥さん、それでしたら、ここでは何ですから場所を変えましょう」羽賀に抱えられ歩いていく。
「社長、大丈夫でしょうか?」
「俺が送るよ。大事なお客様だからな」心配するホストを後目に、美沙を車に乗せて走りだした。

「狙われた弁護士」第2話 美沙への凌辱 赤星直也:作

第2話 美沙への凌辱

 車に乗せられた美沙は、もう意識がなく「グー、グー!」とイビキを掻いている。
「いい気なもんだ。何をされるかも知らずに、寝ていられて」ハンドルを握りながら携帯電話を掛けて「もうすぐだ。それから…」明らかに誰かに指示している。

 羽賀の運転する車は、やがて、ビルの前で停まった。
「奥さん、ここで休みましょうね」意識のない美沙の肩を抱き上げ、車から降りてビルへと向かう。
ビルの中は、夜が遅いせいか、静まりかえり「ヒタ、ヒタ!」足音が響いていく。

 20メートル程、歩くとドアが見えた。
「着きましたよ。奥さんの楽しい場所ですからね」中には女性がいる。
「だらしないわね。これでも、弁護士なの?」
「恵美、そう言うな。俺の手に掛かればこの通りさ。お前もそうだったろう?」

 「昔の事は言わなくていいの。それより始めましょう」女性はビデオを構えた。
「わかった、始めるよ」羽賀はストッキングを被り、服を着替えていく。
今までと違って、薄汚れた作業服を着込んでいる。

 「いいか、始めるぞ!」羽賀は、美沙を仰向けに寝かせてスーツのボタンを外し、その後、ブラウスのボタンも外した。
「参ったな、こんなの着けて。これでも弁護士かよ」乳房がレースの隙間から見えている。

 そのブラジャーのホックを外すと、Cカップの乳房が、勢いよくカップから飛び出し揺れていく。
「大きいや。それに形もいいぞ!」脱がすのをやめて、両手で乳房を揉みだした。

 「ん、ん、ん!」意識の無いはずの美沙が、呻き声を上げた。
「乳首が膨らんだ。顔に似合わず敏感かな?」その乳首を指で摘み転がした。
「何やっているのよ。遊びは後にして。素っ裸が先でしょう?」恵美と呼ばれた女性が怒鳴る。
その声で、再び美沙の服を脱がしに掛かり、美沙は上半身を露わにされた。

 その後、羽賀がスカートを脱がせると、黒のレースが大事な淫裂を覆っていた。
「ヘアまで見せているぞ。以外と淫乱かな?」そのレースを両手で掴み引き、下げて美沙の黒い絨毛が露わにされた。

 「いいね、オ○ンコもピンクじゃないか。それに、あまりやってないな…」絨毛の中には、ピンク色した淫裂が口を開いている。
「やりたい。早くやりたい!」興奮したのか、足首までパンティを一気に引き下げ美沙を全裸にした。

aomuke

 美沙は全裸にされ、ビデオで撮られているとも知らず寝ている。
「足を広げて!」恵美の声に、美沙の足を広げた。
すると、淫裂が開いて膣腔が覗くと、恵美はそんな淫裂を顔入りで撮っていく。

 「もういいだろう。充分撮ったし…」
「仕方ないわね。やりたいなら服を脱ぐのよ。いかにも、レイプしたように撮るからね」羽賀は着ている作業服を脱いでいく。
(これなら、俺がレイプしたとは思えないしな…)羽賀は全てを脱いで全裸になると、股間にはそそり立った肉竿がある。

 「お願い。レイプする前に、私にもオチンチンを下さい…」ビデオを撮っていた恵美が、肉竿を掴み口に含んだ。
「やめろ。これから弁護士さんと、オ○ンコするんだから!」
「それが、済んだらいいでしょう。手伝ったし…」

 「わかった、済んでからだぞ。それよりも、うまく撮るんだ!」羽賀は美沙を横にして、後ろから抱き付き、肉竿を淫裂に押し込んでいく。
「キツいな。締まりがいいぞ…」足を絡ませて持ち上げた。
淫裂深く、肉竿が食い込み、美沙は顔を歪めたが意識がない。

 羽賀は、ゆっくりと肉竿を動かしだした。
「最高だぞ。こんなオ○ンコなら、何時やってもいいな…」機嫌良く、乳房を掴み腰を振って行った。

 「それくらいで、次のやり方でしたら?」
「そうだよな。チンポの入ったのを撮らないとな」美沙を掴み、体を回転させた。
丁度、美沙が羽賀の上で仰向けになり、美沙の足が開いているから、結合部が丸見えになっている。

 「これはカメラがいいわね」恵美は、ビデオからデジカメに切り替えた。
「うまく撮れよ!」乳房を掴む。
「わかっているわよ」眠ったままの美沙は、犯されているのも気づかない。
恵美は数回スイッチを押して「もう充分撮ったわ。今度は、私としましょうよ」と切り出す。

 「まだだ。出すまでやるぞ!」今度は、正常位にして太股を抱えての結合だ。
「お願い。私もしたいのよ!」相変わらず、ねだる恵美だ。
「終わったら、やるから我慢しろ」羽賀は肉竿のピストンを始め、無意識の美沙は顔を歪めて、それに乳房が揺れ動く。

 「最高にいいよ。こんなオ○ンコなら、いくらでもやりたい!」そう叫び、動きを停めた。
「出したぞ。抜くから、うまく撮れよ」羽賀は美沙の足を開き体を退けた。
淫裂から肉竿が抜かれ、ドロドロした液体が流れ出し、それを恵美が、撮っていく。

 恵美は十数分間、美沙を撮るとビデオをしまい込み「今度は、私にしてね」萎縮した肉竿を口にすると、萎縮していた肉竿が再び堅くなった。
「やめろよ。そんなお前が、嫌いなんだよ!」

 「そんな事言わないで。私は、あなたの為を思って、やっているのよ」
「言っただろう。汚い事をする女は嫌いだと。とにかく、約束だからオ○ンコはしてあげるけど…」恵美を押し倒して、四つん這いにした。
「いや、こんなやり方いや。優しくして!」Gパンが引き下げられると、Tパックのパンティが尻に食い込んでいる。

 それも引き下げた。
「お前には、これが似合いだよ。ほらオ○ンコが丸出しだ」恵美の淫裂が剥き出しになっている。
その淫裂に肉竿を乱暴に押し込むと「あ、ああ~!」呻き声を上げる恵美だ。

 「どうだ。約束通りに、オ○ンコしたぞ!」
「いや、こんなのいや。優しくして!」
「そうは行くか。この、浮気女め!」更に動きを早めた。

 「いや、もっと優しくよ。それに、オッパイにも…」
「贅沢言うな。お前にはこれで十分だ」乱暴にして昇りきった。
「いやよ、行かないで。もっとして!」ねだる恵美だが、淫裂から白い液体が流れてきた。

 放出を終えた羽賀は、肉竿を抜いて服を着ていく。
「おい。弁護士さんに、服を着せてやれ!」
「わかったわよ。やれば、いいんでしょう」やや、ふて腐れ気味に振る舞いながらパンティとズボンを直すと、美沙に下着を着せていく。

 「いいか。これで、最後だからな。後は、お前の好きなように生きるんだ!」
「どうしても、許して貰えないのね…」
「当たり前だ。浮気したあげく、妊娠までしやがって。そんな女を、許す俺じゃないぞ!」

 「わかったわよ。でも、手伝ったんだから、報酬は貰うわよ」
「わかっている。うまく行ったら、お前だって店を売らずに済む位、金が入るんだからな」
「ねえ。お節介だけど、その後は、この弁護士さんと一緒になるの?」

 「ああ、うまく行ったらな。いや、うまくやって、亭主とは別れさせてやるさ」
「そう、そうなんだ…」羽賀は得意げに話したが、恵美には美佐への、嫉妬があるのを感じていなかった。

 服を着させられた美沙は、羽賀と美沙によってマンションまで運ばれた。
「ここか。バックに鍵が入っているから、開けろ!」美沙のバックを開けると、マンションの鍵がある。

 「しかし、重いよな…」不満を言いながら、中に運び、ソファーに寝かせた。
「ねえ。この人に、子供を産ませる気なの?」
「バカ。そこまでは、考えていないよ」
「だったら、これを飲ませないと妊娠しちゃうわよ」

 「気が利くな。さすがに、体験者だな」恵美から渡された薬を、美沙の口に入れ水と一緒に飲ませる。
「これで安心だな。恵美、帰るぞ!」2人はグッスリ眠る美沙を置いて、マンションから去った。

「狙われた弁護士」第3話 全裸の指示 赤星直也:作

第3話 全裸の指示

 翌朝、美沙が目を覚ますと、ソファーの上で寝たのを知った。
「どうしてここで…。しかも、服を着たままだわ。どうして…」思い出そうとするが、羽賀と酒を飲んでいた所までしか覚えていない。

「とにかく、着替えないと」服を脱いで浴室に入り、コックをひねって、シャワーを浴びていく。

 ノズルから噴き出す温水が、心地よく美沙の体を叩いて、丁寧に体を洗っていく。
「うっ!」淫裂を触ると、少し痛い。
「変だわ。膣が痛いし、汚れているなんて…」丁寧にノズルを淫裂に当て、膣の中を洗っていくが、まだ。羽賀に犯されとは、気づいていない。
淫裂を洗い終えると他の部分も洗い、真新しい下着を着込み、そしてスーツを着込むと、いつものように法律事務所へと向かった。

 それから二日後、美沙が仕事から戻ると、郵便受けに封筒が入っていた。
「何かしら?」家に入り、早速開けると、数枚の写真とDVDが入っていた。
その写真を見るなり「そんなバカな…」顔から血の気が引いて真っ青になり、それに、全身がブルブル震えている。

 「そんな、そんな…」信じられない、と言った顔で写真を見ていく。

その写真には、全裸の美沙が写っている。
しかも、淫裂に肉竿を押し込まれ、乳房を握られている写真だ。
そればかりではなく、射精されたらしく、淫裂から液体を流した写真もあった。

 「一体誰が…」震えながら、同封されたDVDの再生を始めた。
再生すると、いきなりグッスリ眠った美沙が現れた。
その美沙は、ストッキングを被った男に服を脱がされていく。
「う、う、う!」信じられない事が起こり、泣きだしたが、男は誰だか知ろうと、見ている。

 やがて、美沙は全裸にされ、犯されていく。
「イヤ、イヤ。レイプされただなんて、イヤよ!」大粒の涙が流れ出ている。
そして、最後に射精された淫裂がアップで映し出された。
画面はそこで切れたが、美沙はプレーヤーを止める元気もなく、泣き続けた。

 「誰がレイプしたのよ。この私を…」相手がわからないのが、返って不安を増長させている。
美沙が暫く考えていると、電話が鳴った。

 「もしもし、黒金ですが…」
「黒金美沙さんね?」それは、女性からだ。
「はい。そうですが、どちら様で?」

 「そんなのは、どうでもいいわ。それより、封筒が届いたでしょう。面白い写真が入っていて、楽しいでしょう?」
「バカ言わないで。どうして私をレイプしたのよ。男は誰よ、それにあなたは何者よ」立て続けに問いつめた。

 「今は言えないわ。それより、連絡したいから、あなたの携帯を教えて!」
「イヤよ。見ず知らずになんか、教えないわ!」
「仕方ないわね。あれと同じなのを、旦那さんに見られてもいいのね?」
「やめて、教えるから。携帯は…」不安に思いながらも、メールアドレスと番号を教えるしかない。

 「これからは携帯に連絡する。取り合えず写真は破ってもいいわよ」
「言われなくたって、棄てるわよ!」
「気の強い奥さんね。まあ、後で泣かない事ね」そこで切れた。

 「送ったのは女だわ。誰か共犯がいるはずよ。男は誰かしら。もしかしたら羽賀さんでは?」最後の記憶だから、疑うのが当然かも知れない。
「でも、着ていた服が違うわ。薄汚れた作業服だったし…」考えれば考える程、自分が惨めになっていく。
「もう、やめた方がいいわ。なるようにしかならないし…」考えるのを止めて浴室に飛び込みんだ。

 その翌日、早朝だというのに、携帯が鳴っている。
「何時だと、思っているのよ!」時計を見ながら携帯を取った。
「もしもし、黒金ですが?」
「奥さんね。グッスリ眠れたかしら?」

 「そんな事、どうでもいいでしょう。あなたとは、関係ないし…」
「それがあるのよ。今すぐヌードになるのよ。ヘアとオッパイ丸出しの、ヘアヌードにね!」
「バカ言わないで。何で、ヌードなのよ!」

 「あら、逆らう気ね。いいわ、あの写真を事務所の皆に送るから。それに、旦那にも送るからね」
「それは止めて、謝るから!」
「それならいいわ。今度反抗したら、ホントに送るからね。とにかくヌードよ、フルヌードになるのよ」

 「わかったわ。脱げばいいんでしょう!」自宅でのヌードだから、まだ余裕がある。
ネグリジェを脱ぎ捨て、パンティから脱ぐと、真っ黒な絨毛が淫裂を覆っている。
「こんな事させて、どうするつもりかしら?」独り言を言い、ブラジャーも脱いで美沙は文字通り、一糸まとわぬ全裸になった。

 「脱いだわよ。これでいいのね?」
「ホントかしら。確かめるから、外に出て!」
「イヤ。いくら朝でも、誰か、見ているかも知れないわ」
「当然よ。私が見ているわ。やらないと言うなら、あの写真が公になるわよ。それにDVDもね」

 「止めて。それだけは止めて!」
「だったら、外に出るのよ。フルヌードで、マンションの外にね」
「…」女性の声に、黙ったまま震えている。
「聞こえないの。早く外に出るのよ。遅れれば遅れる程、人目に付くわよ」電話の通りだった。

 (行くしかないわ。遅れれば人目に付くし…)
「わかりました。これから出ます…」泣き声で返事をして、ドアに向かう。
「誰にも、会いませんように…」祈る思いでドアを開け、勢いよく素足で走りだす。
「ヒタ、ヒタ、ヒタ!」誰もいない廊下を、乳房を揺らせながら、美沙は走った。

 美沙はエレベーターを使わず、階段を下っていく。
そのほうが、人目には付かないから安心でもあった。
長い階段を下りきると、外への出口がある。
(あそこを出たら、外からは丸見えになってしまう…)さすがに躊躇した。

 しかし、あの写真を公にされたら、破滅となってしまう。
(行くしかないわ。ヌードを見られても…)深呼吸をして走った。
入口のドアには鍵が掛かっておらず、ドアを押して外に出ると、夜明けの太陽が眩しい。

73a383c5

 美沙は携帯を耳に押し当て「これでいいのね。私のヌードを見たでしょう?」と告げる。
「ヌードなのはわかるけど、ヘアが見えないのよ。それにオッパイも。もう少し、右向いて。そう、そこで頭に手をやるの」電話の女性は、美沙にポーズを取らせた。

 (私の正面から撮っているんだわ。外でのフルヌードを…)見渡すが、見えるはずがない。
「もういいでしょう。やったし…」
「オッパイを、持ち上げて!」言われるまま、乳房を持ち上げた。

 「許して。もういいでしょう。見られたら死ぬしかないのよ」
「泣かなくていいわよ。それに、死ななくてもいいのよ。風俗やればいいし…」笑いながら言う。
それには「う、う、う!」と泣きだした。

 その声が聞こえたのか「いいわよ、戻っても…」言い終わらない内に走り出した。
(急がないと。ヌードを見られる訳には行かないし…)マンションに飛び込むと急いで階段を登りだした。
「ハア、ハア、ハア!」最初は良かったが、次第に息が荒くなってきた。
(もうすぐよ。もうすぐだわ…)全身から汗を流して、昇っていく。

 そして、幸いにも、誰にも全裸を見られずに、部屋に飛び込んだ。
「良かったわ。見られなくて…」緊張感が解け、淫裂から漏らしていたのに気づいた。
「そんな、ちびっていただなんて…。まさか、それまで見られたなんて…」不安が更に高まった。

「狙われた弁護士」第4話 トップレス 赤星直也:作

第4話 トップレス

 部屋に戻った美沙は、汗で濡れた体をシャワーで流していく。
「きっと、撮られたはずだわ…」怯えながら体を洗っていく。
汚れた淫裂も、丁寧に洗い落とし、体を洗い終え、部屋の戻るとベッドの上で、横になった。

 「もう少し、眠れそうだわ」事務所に行くには、まだ早すぎる。
ウトウトしていると、眠りについてしまったが、その眠りも目覚まし時計で破られた。
「うるさいわね。もう少し寝たいのに…」愚痴りながら起きた。

 ベッドから降り、顔を洗っていると携帯が鳴った。
携帯を取り上げ、よく見るとメールが送られている。
「写真も送ってきた…」不安げにその写真を開くと、マンションの外で撮られた全裸写真も送られている。

 「そんな~。こんなに、撮れているなんて…」それを見るなり、黙り込んだ。
望遠カメラで撮った写真を、パソコンで画像処理して送られた写真だ。
「こんなに、ヘアやオッパイもハッキリ写っている…」持つ手が震えていた。

 美沙が呆然としていると、また携帯が鳴った。
「もしもし、黒金ですが?」
「奥さん、気に入ってもらえたかしら。良く撮れているでしょう?」
「何のつもりなのよ。私のヌードまで撮って!」

 「別に、考えはないわ。ただ、私の言う事を聞いて貰う為に、撮ったの」
「言う事を聞く?」
「そうよ。取り合えず、今日は下着無しでいてね」
「イヤよ。そんな、破廉恥な事出来ないわ」

 「あら、そんな事、言っていいのかしら。今朝、お漏らしした人がね」
「そんな事、していません!」美沙はもう泣き声だ。
「そうよね。認めたくないわよね、弁護士だもの。でも、証拠もあるよ、性器から漏らした写真が。とにかく言う事を聞くのよ!」
「わかりました…」美沙は、泣きながら返事をした。

 「いい、必ず調べるから、手抜きはダメだからね」そこで切れた。
「下着を、着るなだなんて…」泣きながら、下着を脱いでからブラウスを着ていく。
うっすらと、乳房が透けて見えるが、その上にスーツを着て事務所へと向かった。

 事務所で、羽賀の離婚手続きをまとめていると電話が鳴った。
「もしもし、達川法律事務所ですが…」相手は羽賀からだ。
「丁度良かったわ。実印と印鑑証明が必要なんですが…」
「はい、わかりました。お待ちしています…」羽賀も、美沙に話があるらしく、電話を掛けてきた。

 「所長。訴訟人が、11時にお見えになるそうです…」
「わかった。黒金君にまかせるから」
「わかりました」報告をすますと、漏れや間違いがないか書類のチェックを行った。
そして、約束の11時に羽賀が訪れ、小さな事務室へと羽賀を案内し「お茶をお持ちしますから」と一旦外に出た。

 その時、携帯が鳴った。
「もしもし、黒金ですが…」相手は例の女性からだ。
「奥さん。これから、人と会うでしょう。その人に、オッパイを見せてあげなさいよ」

 「な、何言っているのよ。バカ言わないで!」
「あら、逆らう気なの。だったら、これから送るわよ」
「やめて。それだけは…」
「だったら、やるのよ。証拠に、あなたの携帯でオッパイを撮って送るのよ。顔も入れてね」

 「そんな事、できない。写真だなんて…」美沙は涙声だ。
「世間から笑い者になるのと、オッパイを見られるのとでは、どっちがいいか、考えなさい!」それだけ言うと、電話が切れた。

 「そんな、人前でオッパイを出すなんて…」お茶を入れながら、乳房を露わにした自分を想像した。
「出来ないわ。でも、やらないと…」悩みながら、入れたお茶を羽賀の元へと運んでいく。

 「お待たせしました…」机にお茶を置いて、美沙も座った。
「早速ですが、羽賀さんのお話は?」
「妻の事です。いくら慰謝料を取れるか、お聞きしたくて参りました…」
「そうですね…。奥さんが浮気をしたあげく、妊娠までしたんですから、4、5百万は請求できますが…」そう言うと、上着のボタンを外していく。

 「そうですか、それ位ですか…」美沙の指先が気になり、ジッと見つめた。
(見られてしまう…。泰三さん以外の人に…)眼を赤くしながら、ブラウスのボタンを外していくと、上から開いて胸の膨らみが見えてきた。
「お、奥さん!」それには、羽賀も驚いた。

851821_1526181795

 「お願い。静かに見てて…」なおもボタンを外して、前を広げると、美沙の白い乳房が羽賀の前にある。
(見られている。オッパイを…)顔を背けるが、白い乳房が恥ずかしさに震えている。

 「綺麗です。奥さん!」羽賀は手を伸ばして、乳房を掴んだ。
「待って。それはダメ。それより、これで、撮って下さい」自分の携帯を差し出す。
「ヌードを撮るんですか…。わかりました。それなら、もっと脱がないと」美沙の上着とブラウスを、肩から肘まで引き下げ、上半身が剥き出しになり乳房が丸見えだ。

 (あなた、許して。これも仕方ないのよ…)夫に詫びながらも、羽賀に乳房を見られている。
「いいですか。撮りますから、笑顔で…」羽賀は携帯で美沙のヌードを撮った。

 「これで、いいですか?」撮った写真を見せると、乳房を露わにした美沙が写っている。
「け、結構です。これで…」美沙は携帯をしまい込むが「奥さん。撮ったお礼が欲しいです」羽賀は乳房を揉みながら、乳首を吸う。

 「ダメ、そんなのだめ!」拒むが、乳首を吸われて、衝撃が走っていく。
(凄くいいわ。こんなに感じるのは、初めてだわ…)美沙は羽賀の頭を撫でだした。
「奥さん。好きです!」今度は乳房を揉みながら、唇を重ねてきた。

 「ダメ、私には夫がいますから」それ以上は許さなかった。
肘まで下げられた服を戻し、ボタンを掛けていくと、当然、乳房も隠された。
「それにしても、綺麗ですね。僕の妻にしたいです…」

 「あら、お世辞なの。でも残念ね、その気はないから」素っ気なく返事した。
(いずれは、私の物になりますよ。その時は素っ裸になって…)全裸で泣いている美沙を想像している。

 そんな事とは知らず、美沙は「奥さんの事ですが、詳しくお聞かせ貰えませんか?」と離婚を有利に運ぼうとしている。
羽賀は、妻の恵美との事を、詳しく説明していると、その最中に携帯が鳴った。

 「失礼します…」美沙は部屋から出て、携帯に出た。
「どうなっているのよ。まだ、届かないわよ!」
「これから送ります…」

 「奥さん、私をなめているのね。だったら、素っ裸も送ってもらうわ。急いで撮って貰うのよ」
「それは許して。そんな事、できません…」
「イヤでもやるのよ。そうね、ビルの屋上で素っ裸になって。それに、あなたのオ○ンコも撮って貰いなさいよ」

 「許して下さい。そんな事…」
「ダメよ、1時まで送らなかったら覚悟してね」そこで切れた。
「性器を撮れだ何て…」美沙の顔が青ざめていた。

「狙われた弁護士」第5話 初めてのフェラ 赤星直也:作

第5話 初めてのフェラ

 美沙は、羽賀の元に戻ると「どうでしょう。一緒にお食事でも…」と誘う。
「そうですよね。まだ、恵美の愚痴もありますしね」
「あら、まだ何かありまして?」
「そりゃあ、そうですよ。こっちは裏切られたんですからね」

 「そうですよね、裏切られたんですよね…」自分がこれからしようとする事が、黒金への裏切りだから、美沙も辛かった。
(私も同じ事をするかも…)項垂れたままだ。
「奥さん。食事なら、いい店がありますよ」
「それでしたら、お任せしますわ」美沙は達川に断りを入れてから事務所を出た。

 事務所を出て、少し歩くと人気のないビルが目に止まった。
(そうだわ。ここは、倒産したビルだわ。それに内が管財人だし…)思い出したのか「羽賀さん、寄り道していきませんか。2人きりになれる場所があるんですよ」
「それでしたら、遠慮無く」羽賀をうまく丸め込み、ビルの中に入った。

 2人は、階段を登って屋上に出た。
「奥さん、ホントにいい景色ですね。奥さんのヌードなら、この景色に似合うでしょうね」先程の事を思い出し、美沙に抱き付いた。
「ダメ。そんな事ダメ。私には、夫がいます!」

 「でも、オッパイを見せてくれたじゃありませんか。どうせなら、もっと見せて下さいよ。誰もいないし…」服の上から、乳房を撫でだした。
「誰にも、言わないと誓えますか。それに、レイプもしないと?」
「勿論です。奥さんのヌードが見られるなら、それで充分です」

 「わかりました、ヌードになります」美沙にとっては渡りに船で、羽賀からヌードを見たいと言われれば、ヌードになり易い。
美沙は、羽賀が見ている前で上着を脱ぎ、ブラウスのボタンを外していく。
すると、乳房の膨らみが見えてきた。

 ボタンを外し終えると脱いだ。
「羽賀さん、見るだけです。レイプしたら訴えますからね」目を真っ赤にして、スカートのファスナーを、引き下げていく。
(性器まで、見られてしまうわ…。泰三さん、許して下さい…)目を閉じて、スカートを掴む指を放した。

 一瞬にして、美沙は生まれたままの姿になり、絨毛に覆われた股間が、露わになってしまった。
「き、綺麗だ。ビーナスだ!」羽賀は、全裸を晒す美沙に声を上げ、近寄った。
「見るだけです。約束したでしょう?」恥ずかしくて、羽賀の顔をまともに見られない。

ヌード1

 「わかっています。腰のくびれも、恥丘の盛り上がりも最高ですよ!」興奮気味に見つめている。
(見られている…。性器を見られている…)両手を、後ろにしたまま立っているが、太股がブルブル震えていた。

 「奥さん。このヌードを撮りたいです…」
「それでしたら、これで撮って下さい。後で、処理して送りますから」
「約束ですよ、奥さん!」渡された携帯で美沙の全裸を撮った。

 (性器も、撮れって言っていたわ。何て、言い出したらいいのよ…)項垂れたまま、足を広げた。
「いいんですね。性器を撮っても?」羽賀の問いに、黙って頷いた。
「そうですか。それでしたら、両手でここを広げて下さい!」羽賀の手が淫裂を触った。

 (性器を触られた!)「ピクリ!」と硬直したが、冷静を装い「こうですね?」震える手で、淫裂を広げる。
「そうです。それにしても、綺麗なオ○ンコだ。僕の妻にしたいです…」
「イヤ。オ○ンコだなんて、卑猥です!」
「そうですよね。性器ですよね」羽賀は美沙の淫裂も撮った。

 「奥さん。撮るのはこれくらいにしましょう!」撮り終えると、美沙の口を吸いながら、淫裂を撫でだすと「見るだけです。触るのはダメです…」美沙は首を振った。
「それでしたら、奥さんがしてください。それならいいでしょう?」チャックを引き下げ肉竿を露わにすると、赤黒い肉竿は、血管が浮かび上がっている。

 「これを、どうしろと?」
「口ですよ。奥さんの口で、仕上げるんです!」
「そんな、口で何て、した事がありません…」
「あれ、旦那とは、ないんですか?」
「はい。普通でしか、やっていません…」

 「それでしたら、是非してください。ヌードの事も黙っていますから」羽賀は再び淫裂を撫でだした。
(このままでは、レイプされてしまうわ。自分からヌードになったから、訴えられないし…)悩んだ末、肉竿を掴み「手ではダメですか?」と尋ねた。

 「言ったでしょう。口です、口でして下さいよ!」羽賀の目が異常に輝いている。
「わ、わかりました…」美沙は震えながら、羽賀の正面に膝を付いて、肉竿を口に入れた。
(イヤよ。こんな、汚いのをなめるなんて…)目を閉じ、ゆっくり顔を動かしていく。
「そうです。奥さん、それでいいんです!」美沙の頭を押さえ、上擦った声を上げた。

 美沙は動きを早めた。いや、早めさせられたと、言った方がいい。
押さえられた頭を、羽賀が動かしているからだ。
(止めて。喉にオチンチンが刺さる…)吐き気を覚えるが、停める訳には行かず「ウグ、ウグ!」呻き声を上げていく。

 そして、突然に羽賀の手が止まり、顔を密着させられた。
(苦しい、息が詰まる…)肉竿が、咽奥まで押し込まれて、その肉竿が放出した。
先端から噴き出す液体が、美沙もわかり(イヤ。汚いから出さないで!)「ウグ、ウグ!」首を振るしかできない。

 羽賀は、お構いなしに「うー!」と最後の一滴まで絞り上げ、肉竿を抜くと、美沙の口からは、白い液体が糸を引いている。
「オェ~!」不快感に襲われ、一気に吐きだした。
「気持ち悪いわ。何よ、これ?」

 「ザーメンですよ。精液とも言いますが…」
「イヤよ、私の口に出すなんて。こんな事、もうしないでよ」幾度も吐いた。
「奥さんだって、いずれ、やらないといけないんですよ」羽賀は悪びれる様子など全くない。

 (私はやらないわ。こんな事は、変態のすることよ)黙ったまま服を着込んでいく。
「奥さん。これからも、仲良くしましょうよ、ヌードを撮った仲ですし」
(そうよ、ヌードを送らないと…)急いで服を着込むと、携帯で撮ったばかりの写真を送った。

 (これでいいのかしら。もっと酷い事に、ならないといいけど…)考えても、今は方法が何も無く、電話に従うしかない。
美沙が服を着込むと「奥さん、今日はおごりますからね」羽賀の行きつけの店へと向かった。

 食事を終え、事務所に戻った美沙は、裁判所に訴状を提出した。
「これで、よしと…」肩の荷が下りた美沙だが、また携帯が鳴った。
「黒金ですが…」小さな声になっている。

 「奥さん元気ないわね。写真届いたわよ。それにしても、いい体ね。ソープで働いてみない?」
「バカ言わないで。私は弁護士です!」
「でも、弁護士が昼間から素っ裸になっていいのかしら。それに、オ○ンコ迄広げちゃって!」

 「それは、あなたがやれと言ったからよ。好きでやったんじゃないわよ!」涙声になっている。
「あら、泣いているんだ。だったら、今日はこれで許してあげる。それから、プレゼントもあげるわ」携帯が切れた。
「これから、どうなるのかしら?」重い足取りだった。
未知の星・別館



「愛と官能の美学」様より
いただきました。

ここは、赤星直也が管理している「未知の星・別館」です
本館へは、下記サイトで、
お確かめ下さい。

  「未知の星」

おことわり

この作品は全て空想で書かれており、実在の個人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は小説作者が所有してますので作品の無断転用もかたくお断りし ます。違反した場合は著作権法によって刑事罰と民事罰が与えられますのでご承知下さい。
リンク
 小説名一覧
アクセスランキング






アクセスランキング
ブログランキング

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

更新専用掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。


メッセージ

名前
メール
本文