未知の星・別館

「未知の星」のモバイル対応と位置づけ,公開された新作とリニューアルのみを書き込みます。
詳しくは右記サイトで、お確かめ下さい。 http://akahoshi.a.la9.jp/

エスパー

「エスパー(超能力)」第1話 目覚め 赤星直也:作

おことわり

  この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係があ
  りません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断
  転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」
  と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。

登場人物

     柴田俊邦:会社員            安藤夏樹:歌手
     岡江綾子:俊邦の同僚         相原水貴:女優、タレント
     伊藤妙子:会社の同僚秘書課     松下誠子:歌手、元アイドル
                             川島トモ子:女優

第1話 目覚め 

 俊邦は、今日が久しぶりの会社だった。
脳に腫瘍ができ、無事に手術を終えて退院し、東京のビジネス街を歩いていた。
彼は会社の指示で、契約更新の為に取引先に向かっている。

 横断歩道を渡ろうとした時に、ダンプカーが俊邦のいる方に右折しようとしている。
「あれ、何か変だぞ!」俊邦はそのダンプカーの動きに異常を感じた。
(ダメだ、このままでは突っ込んでしまう。右だ、右に切るんだ!)俊邦は心の中で叫んだ。

 だが、ダンプは方向を変えたが、横滑りを始める。
「きゃー!」横断歩道で信号を待っていた歩行者も、異常に気づいた。
「今度は左だ、左に切るんだ!」俊邦は必死で、心で叫んだ。

 すると、ダンプのタイヤが右を向き、横滑りが停まって道路の中央で停まった。
「ふー、よかった。けが人がなくて!」それは俊邦だけではなかった。
「よかったわ。私、死ぬかと思った。こっちに向かってくるんだもん!」歩行者も話している。

 交差点の脇が派出所だったから、警官も異常に気づいて走ってきた。
「ダンプを左に寄せて!」警官は検証を始める。
「それにしても、よく横滑りから立て直したな。普通だったら右に切って、かえって横滑りするんだがな…」

 「私にも分からないんです。ぶつかると思ったら右に切れ、横滑りが始まったら、左に切れと聞こえたんです…」
「ふざけるな。聞こえる分けないだろう!」
「でも聞こえたんです。それに、ものすごく長く感じられ、余裕で言われたままやれました…」運転手は不思議な体験を警官に、そう話していた。

 俊邦はそれを聞きながら、脇を通って横断歩道を渡っていく。
(聞こえた…。きっと空耳だな)俊邦は歩きながら、契約のことを考えた。
(相手は値切ってくるな。5千万を切らないと、契約を更新しないつもりだ!)俊邦は会社に電話を掛けた。

 「5千万を切らないと、契約してもらえません。4千8百万が限度です」
「仕方ないか、4千8百万で契約しろ!」課長から指示がだされた。
俊邦は取引先のビルに入り、相手に価格を提示すると「あれ、4千8百万ですか?」相手が不思議な顔をしている。

 (どうして、分かったのか不思議に思っている。そうだよな、どうして俺にも分かったんだろう…)交渉相手は機嫌よく、契約更新に応じた。
「それにしても、よく価格が読めたね。我が社にスパイでも入ったのかね」
「実はそうなんです。苦労しましたよ。お宅はセキュリティが固くて!」
「あ、はははは!」笑い声が部屋に響いていた。

 俊邦が会社に戻ると(課長が呼んでる。俺を誉めているぞ!)ビルの入口で感じた。
「そうだよな…。どうして俺は分かるんだろう?」俊邦自身にも、全く分からなかった。

 そして、職場に戻ると課長に呼ばれて「ご苦労様、よく読めたね。取引先からも電話があって君のことを誉めていたよ」機嫌がよさそうだ。
「それでは、失礼します」話を聞いてから、席に戻っていく俊邦だが、席に戻ると書類が置いてある。

 目を通して書こうとするが「ボールペンがないな。ボールペン!」俊邦は心にそう言い聞かせた。
すると、右手にボールペンがある。
それは、隣の席に座っている事務員の岡江綾子のものだった。

 「あれ、ボールペンがない!」綾子が捜している。
「悪い、借りているよ」俊邦は謝りながら、綾子にボールペンを渡した。
(それにしても、心に言い聞かせると、どうしてその通りになるんだろう。ダンプもそうだったよな…)俊邦はいろいろと考えていく。

 「もしかして、頭の手術で、もしや?」俊邦は週刊誌の事を思い出した。
脳の手術で、特殊能力を持った人がいたことを思い出した。
「一回、試してみるか…」

 俊邦は(隣の綾子のパンティが欲しい。ポケットに欲しい!)心に言い聞かせた。
その瞬間、隣の綾子がもぞもぞして、スカートを撫で、真っ赤な顔になっている。
「どうしの、岡江さん!」
「ちょと、トイレ!」スカートを押さえながら、岡江は席を立ってトイレに向かった。

 「もしかして?」俊邦はポケットに手をやって「なに!」驚きの声をあげた。
布が入っていて、そっと引き抜いて眺めると、ピンクのビキニパンティで、まだぬくもりがある。

パンティ
「どうしよう。戻すのも、なんだしな…」

 俊邦は紙袋に入れて、岡江の机の中にそっと入れた。
「俺にはこんな能力があるのか…」俊邦はこれからのことを考えていく。
「楽しまないと、損だな」独り言を言ってると、綾子が戻ってきた。
俊邦は何もなかったかのように、綾子を覗き見してると、机をあけ紙袋を見つけた。

 「何かしら?」そっと覗く綾子は、再び真っ赤な顔になって、慌ててしまい込んだ。
(今まで履いていたパンティが消えたり、ここにあったり、どうなってるのかしら?)綾子は俊邦の能力に、気が付いてはいない。

 「綾子をからかうか!」
(隣の綾子のブラジャーのホックが外れる!)「きゃー!」綾子は叫び声をあげて真っ赤になった。
「どうしたんだ?」
「な、何でもないわ!」胸を押さえている綾子は、急いで走っていく。
(ブラがはずれたな)自信を付ける俊邦だ。

 無事仕事を終えて、アパートに戻った俊邦は、うずうずしながらテレビを見ている。
「歌番組か。そうだ、芸能人で試してみるか!」俊邦は目を閉じて考えていく。
(これは、本番で、これは移動中で、これは今マンションにいるな。こいつにする!)

 俊邦は歌手の安藤夏樹に絞り込んだ。
「今までがまぐれだよな。今度は、きっと駄目だよなあ…」俊邦はそう思いながら(歌手の安藤夏樹が、この部屋に現れる!)俊邦は今までになく意思を集中させていく。


「エスパー(超能力)」第2話 犯された俊邦 赤星直也:作

第2話 犯された俊邦

 しかし、変化がなかった。
「やっぱり、ダメかな」これで最後にしようと再び、意思を高めると「きゃー!」小さな悲鳴と共に、俊邦の前に歌手の安藤夏樹が立っている。
夏樹は仕事を終えたせいか、リラックスした服装だ。

 (そうだ、ストリップさせてやるか。ビデオでも撮るぞ!)呆然と立っている夏樹にかまわずビデオカメラを向け(歌手の安藤夏樹が、ここでストリップをやる。ヘアーとオ○ンコの中まで見せる!)俊邦は意思を集中させていく。

 すると「い、いやーよ!」夏樹は、シャツのボタンを外しだす。
堪えようとするが、手が勝手に動き、ボタンが全て外されると、シャツを脱いでいく。
夏樹は上半身が、シースルーのブラジャーだけの姿になって、自慢のDサイズの乳房が透けて見える。

 「見ないで!」恥ずかしそうに言うが、夏樹の手はズボンに移った。
ボタンを外し、ファスナーも下げて右足をあげていく。
「やめて。お願いだから!」夏樹はビデオを持った俊邦を見ながら、恥ずかしそうに言うと、夏樹の意思に反して体が勝手に動き、ズボンを脱いで立った。

 やはり、ブラジャーとお揃いのシースルーのパンティを履き、股間の絨毛が透けて見える。
夏樹は泣き顔で、背中に両手を回しホックを外すと、カップが緩んで乳房が飛び出し、乳首は固く膨らんでいる。
その両手を下げると、ブラジャーが手首まで下がり、足元に落ちた。

 「お願い、見ないで!」夏樹は、今まで男性にヌード姿を見られたことはなく、恥ずかしさに、顔は今にも泣き出しそうだが、俊邦はそれをビデオに撮っていく。
(次はパンティを脱ぐんだ!)夏樹は震える手でパンティを下げた。

 股間の絨毛が現れ「やめて!」そう言いながらも、右足をあげてパンティから抜いていくと、絨毛の中にピンクの割れ目が覗き、左足も抜くと夏樹の両手には縮こまったパンティが残されている。

パンティ

 (今度は、オ○ンコを両手で広げるんだ!)
「いや、いや!」と首を振りながら、パンテイを床に落として、両手の指を淫裂に入れて広げていく。
「ダメ、見ないで。撮らないで!」

 夏樹の指が入った淫裂は左右に広がり、ピンクの膣腔が見える。
(これがオ○ンコか。チンポコを入れる場所だな)俊邦はビデオで夏樹を撮していく。
「フェラもするのかな。試してみるか!」
(歌手の安藤夏樹が、僕のチンポをしゃぶる!)俊邦は意思を集中させた。

 「できない。いやよ、もう許して!」夏樹は俊邦のズボンのベルトを外して下げていく。
さらに、パンツも下げて下半身丸出しにして、勃起した肉竿を掴んで数回擦ると、口に入れて、首を前後に振っていく。

 「気持ちいい。これが清純歌手の安藤夏樹なんだ!」俊邦は夏樹のフェラに満足しているが、夏樹は涙を流しながら、首を前後に振っている。
「これだけじゃ、つまんないな。オ○ンコしてくれるかな」俊邦は夏樹にフェラをされながらも、上半身の着ている服を脱いでいく。

 「どうせなら、夏樹にやらせてみるか。その方がおもしろいかも」
(歌手の安藤夏樹が僕を犯す。そして中に精液をだされる!)邦宏は今までになく意思を集中させた。

 「いや、いやよ。そんなの絶対いや!」しかし、フェラをやめた夏樹は俊邦を抱きかかえてベッドに押し倒して、腹に馬乗りになった。
「やめて。絶対いや!」泣きながらも、俊邦の肉竿を掴んで自分の淫裂に押し込んだ。

 そして、腰を降ろして、根本まで肉竿を入れると「あれ、処女だったんだ!」夏樹の淫裂から真っ赤な喪失した印が流れ出た。
「う、う、う!」泣きながらも、夏樹は腰を上下に動かしていく。

 俊邦は、揺れる夏樹の乳房を両手で揉んでいく。
「これが、夏樹のオッパイか。柔らかいんだな」童貞を失った俊邦は味わうかのように揉んでいく。

 勃起している乳首をも摘んで「これじゃあ、ロボットとオ○ンコしてるみたいだ。もっと悶えてくれないと」
俊邦は(歌手の安藤夏樹は、悶えながら僕を犯す!)

 「いや、そんな、いや!」しかし、夏樹は騎上位になりながら、体を反らせて悶えていく。
淫裂からも淫汁が流れ出し、腰の動きも速まり、肉竿を吸い付くようになった。
「いや、いや!」首を振りながらも、淫汁がドンドン流れてていく。

 「出そうだ。出すぞ!」俊邦は両手を夏樹の乳房から腰に移して、淫裂と肉竿を密着させた。
「だめ、だめ!」夏樹も腰を密着させて、俊邦は肉竿から噴射した。
「いや、いや~!」夏樹の子宮深く俊邦の精液が噴射され、俊邦の肩に両手を掛けながら涙を流し、淫裂からも白い精液が流れていく。

 俊邦が射精を終えると、夏樹はベッドに倒れた。
「さてと、楽しんだし可愛そうだけど、夏樹には戻って貰うか!」
俊邦は(歌手の安藤夏樹が自分の家に戻る!)すると、夏樹が消え、床に脱いであった服も消えている。

 「夢かな?」俊邦は自分の股間を見ると、夏樹の処女喪失の印が付いていてシーツも真っ赤に汚っている。
「本当に、安藤夏樹とオ○ンコしたんだ…」改めて自分の能力に感心した。
 

「エスパー(超能力)」第3話 いたずら 赤星直也:作

第3話 いたずら

 翌朝、俊邦は昨日と同じ時間にアパートを出て会社に向かった。
「どこ向いてんのよ!」若い女性と体がぶつかったので怒られたのだ。
「まったく、若いくせにだらしがないわ!」
俊邦は「すみません。気を付けます」平謝りをする。
「ドジね!」行き交う女性が俊邦をバカにしたように笑っていく。

 「この野郎!」俊邦は怒って(俺を笑った女のスカートは、パンティが見えるまで捲れる!)意思を集中した。
すかさず「いやー」「きゃー!」あちこちから悲鳴が上がった。

 俊邦を笑った女性のスカートが捲れて、パンティが丸見えになり必死で押さえているが、前を押さえると後、前と後を押さえると両脇といううようにパンテイが見えている。
「おー!黒だ」「これはピンクだ!」通りすがりの男性は足を止めてパンティを見比べている。

 「み、見ないで!」女性たちはこの姿に思わず叫んでいる。
「もう、いいか。バツだ!」俊邦は笑い顔になっているが、パンティを見られた多くの女性は、泣きべそをかいて小走りに走り去った。

 俊邦は電車に乗って会社に向かう。
「あいつは確か、俺をバカにしていた秘書課の伊藤妙子じゃないか!」俊邦は妙子を見つけた。

 妙子は27才でまだ独身だ。
人を見下す癖があり、恋人もいなく、それで婚期を遅らせていた。
「伊藤さんじゃないですか!」

 「あら、柴田さん。体はよくなったの。頭を手術したって聞いたんだけど…」
「ええ、無事に直りました」
「それでどう、前よりも冴えるようになった。前はバカばっかりしてたけど!」見下して言う。

 俊邦は「ええ、よくなりました」と答えて(俺と歩いている伊藤妙子のパンティが足元まで脱げる!)
「あー!」妙子が止まった。
「あれ!妙子さんのパンティが!」俊邦は足元に落ちている妙子のパンティを拾った。

 「はい、妙子さん!」それは真っ黒なレースのパンティで、しかもスケスケだ。
「わ、私のじゃないわよ!」
「でも、まだ、暖かいよ」俊邦は広げて見せた。
やめて。言わないで!」真っ赤な顔で妙子が走っていく。

 仕事が始まり、俊邦は書類を整理していく。
夢中で整理していると「柴田さん、昼休みに時間を取って欲しいの」それは先ほどの伊藤妙子だ。

 「ああ、いいですよ」俊邦は軽く返事をした。
(ははん、朝のことを黙って欲しいのか)俊邦は妙子の心を見抜き、そう言い残して出て行った。
(よし、妙子のオ○ンコを見せてもらうかな)ニヤリと笑って再び仕事を始めていく。

 そして、昼休みになり、俊邦が部屋から出て行くと妙子が廊下で待っていた。
「俊邦さん、ちょっと!」俊邦は妙子の後を付いていく。
妙子は昼休みには使われない会議室に入り、俊邦も続いて入っていく。

 妙子はドアを締めてから「お願い。今朝のこと誰にも言わないで欲しいの!」
「じゃ、あれ、妙子のなんだ」
「ち、違います」真っ赤な顔で言う。
「だったら、言ってもいいでしょう?」

 「お願い、言わないで。本当は私のパンティなの…」俯いて言う。
「言いませんよ。そのかわり、スカートを捲って見せて下さい。ノーパン姿を!」
「約束して、誰にも言わないと!」
「勿論です。言いません!」

 俊邦の言葉を信用して、妙子はスカートを捲った。
「もっとあげて!」妙子の真っ黒な絨毛に包まれた股間が見えてきた。

kuratamao_141105a015as

「妙子さん、少し、手入れをした方が良いですよ。横にのびてますよ」
「いや、言わないで!」妙子の太股が震えている。

 俊邦は絨毛をかき分けて、淫裂を触ると「ダメ。見るだけにして!」恥ずかしさに上擦った声だ。
俊邦は無視して、指で淫裂上部の突起を撫でていく。
「あっ。そ、こ、は…」そう言うと、黙って荒い息づかいになっていく。

 「妙子さん。セックスしたことありますか?」
「ありません…」目を閉じてとろんとした顔になっている。
「どうでしょう。処女を喪失しませんか、僕とで!」俊邦は妙子のクリトリスを撫でながら言った。

 「だめよ。結婚する人でないと、だめ!」
「だったら、ヌードを見せて下さい。オ○ンコまで見せたんだから、いいでしょう?」
「ここじゃいや。私の部屋でならばいいけど…」

 「それなら、会社が終わったら、一緒に帰りましょうよ」
「いいわよ、一緒に帰るわ」妙子は捲ったスカートを降ろし、クリトリスを触るのをやめた。

 仕事が終わると俊邦はビルから出て、その先には妙子が歩いている。
2人はカモフラージュし、お互いに知らない振りをしていた。
妙子は時々俊邦が付いてくるか、確認している。

 電車を乗り継いで、妙子はやっと俊邦に話しかけた。
「もうすぐよ。アソコなの!」そこはワンルームマンションだ。
「とにかく、行こう!」妙子と一緒に俊邦はマンションに入っていく。
そして、エレベータに乗って「伊藤妙子」とかかれた部屋の前に立った。

 妙子は鍵を外し、ドアを開けて中に入り俊邦も続いていく。
「お願い、絶対にレ○プしないと約束してくれる?」
「大丈夫です。僕だって刑務所には行きたくありませんから」
「それに、誰にも言わないと約束してね」

 「勿論です。妙子さんの事は絶対に言いませんから」
「安心したわ」妙子はドアに鍵を掛けてから衣服を脱ぎだし、スーツ、スカートと脱いでいく。
その後、ニットシャツを脱ぐと、真っ黒なミニスリップ姿だ。

 妙子は両肩から紐を外すと、スリップが音もなく落ちていく。
妙子の乳房が露になり、その後に股間も露わになった。
「妙子さん、ノーブラ主義ですか?」
「そう。でもはずかしいわ」妙子は両手で乳房を隠そうとした。

「綺麗です。隠さないで下さい」俊邦が妙子の乳房を撫でると「あ、あ、あー!」喘ぎ声をあげだす。
俊邦は乳房を揉みながら乳首も吸った。
「だめー。感じちゃう!」妙子は俊邦の頭を両手で押さえている。

 俊邦は口を乳首からクリトリスへと移動していく。
「あ、あん!」舌が妙子のクリトリスをしっかり捕らえていた。
「ダメ、それ以上ダメ!」俊邦は乳房を揉みながら、クリトリスを舌で撫でていく。
(そうだ。レ○プはだめだけど、フェラはいいかも知れない!)

「エスパー(超能力)」第4話 オナニー 赤星直也:作

第4話 オナニー 

 「妙子さん、僕のチンポを擦ってもらえませんか?」
「恥ずかしいわ。それに、やったこともないし…」
「大丈夫ですよ」俊邦は妙子の乳房を揉みながら言うと「少しだけよ」妙子は俊邦のファスナーを下げ、肉竿を引き出した。

 (あら、可愛いのね!)萎縮している肉竿を擦りだすと(か、堅いわ!)肉竿が一瞬にして膨張し爆発寸前だ。
「これが、僕のチンポです。妙子さん、オ○ンコがだめだから、口に入れて下さい」

 妙子は生まれて初めて、勃起した肉竿を見たうえ、それを口に含んだ。
俊邦は乳房を触っている両手を移動させ、妙子の頭を押さえて腰を動かす。
「う、うー!」(やめて、苦しいの。チンチンが咽にささるの!)妙子はやめさせたかったが、俊邦はピッチをあげていく。
そして「気持ちいい。出しますよ!」「う。うー!」妙子は左右に頭を振って拒んだが

 俊邦は気にも留めずに、肉竿を密着させて、動きを止めた。
「う、う、うー!」妙子は(苦いわ。これきっと、精液よ。いやー!)妙子の口の中に広がっていく。

 放出を済ますと「気持ちよかった!」萎縮している肉竿が抜かれ、妙子の口からは涎のように垂れており「おえー!」精液全てをティッシュに吐いた。

 「妙子さん、僕は秘密を守ります。でも、綺麗ですよ妙子さんのヌード。このオッパイが僕は好きです」
「ありがとう。でも、セックスは絶対に駄目だからね!」
「わかってますよ」俊邦は妙子の乳房を撫でてから「それじゃあ、帰ります」「まって、お茶でも入れる!」妙子は乳房を揺らせながら立った。

 「いいです。今度の時にご馳走になりますから。でも、妙子さん、アンダーヘア手入れした方がいいですよ」
「いや、見ないで!」慌てて両手で股間を隠す妙子だ。

 妙子のマンションを後に、俊邦は自分のアパートに戻ってきた。
テレビを見ながら水割りを飲んでいると「お、安藤夏樹だ。この前、オ○ンコしたっけな。隣は相原水貴だ」そして頭の中に思いこんでいく。

 「水貴は風呂から上がってタオルで拭いてる。オ○ンコを指で弄ってるぞ」俊邦はジッと黙ったままだ。
「オナニーをしたいのか。よし、今夜は相原水貴とオ○ンコするか!」

 (オナニーしている女優の相原水貴が、俺のベッドの上に現れる!)
いつものように意思を集中させると「あ、あん、あん!」声と共に、ベッドの上でオナニーをしている相原水貴が現れた。

onani2

 目を閉じて、指がクリトリスを撫で捲り、もう片手が乳首を摘んでいる。
「いいわ、いいわ!」譫言のように言う。
やがて、クリトリスを弄っていた指が膣の中に入った。

 「あん、あん!」体を反らせながら指を動かしているが、俊邦は黙って見ながら衣服を脱いで全裸になると、水貴のクリトリスを弄っていく。
「そこ、そこよ!」俊邦が触っているとも知らず悶えて、淫裂からは淫汁が流れている。

 (スケベだな。こんなことして!)俊邦がクリトリスの包皮を捲ると「あんー!」腰を持ち上げる水貴だ。
俊邦は「よし、オ○ンコやるぞ!」水貴の膣を弄ってる手を退けて一気に被さり、肉竿を入れていく。

 この時、水貴は始めて俊邦に気が付いた。
「だれ。何をするの?」俊邦は無視して、肉竿を根本まで入れてピストンを始めた。
「あ、あんー!」水貴はたまらず、悶え声をあげだし、俊邦は両乳房を掴んだ。

 「乱暴にしないで。やさしく!」しかし、わざと爪を立てて揉むと「ひー!」悲鳴をあげながら体を反らせる。
俊邦は肉竿の動きを速めると、水貴の目は潤んで「だめよ、もう。いく、いく!」絶頂間近だ。

 一方、俊邦も「でる、でる!」水貴の体深くに精液を送り込み「暖かい。気持ちいいわ!」水貴は荒い息づかいだ。
「ねえ、どこから入ってきたの?」
「ちがうよ。あんたが飛び込んできたんだよ!」
「そんな、バカな!」水貴には信じられなかった。

 しかし、今いる部屋がいつもと違うし、何よりも狭く唖然としている。
「水貴さん、オ○ンコよかったよ。女優とやったのは初めてなんだ」俊邦は水貴の乳房を揉みながら言う。
「まさか。信じられない…」まだ、信じられない顔をしていた。

 「水貴さんのオナニー、凄いですね」
「いや、言わないで!」顔を両手で隠した。
「僕、射精しましたけど、大丈夫ですか?」
「安心日だから、大丈夫だと思うけど…」

 「また、オ○ンコさせてもらえませんか?」
「いやよ。それよりも、どうして、ここにいるの?」
「僕にも、わかりません。でも綺麗なヌードですね。記念に撮りましょうよ」俊邦はビデオを水貴に向ける。

 「いや。撮らないで!」両手で胸と股間を隠しなが、蹲った。
(水貴がヌードになってポーズを取る!)すると、水貴は立ち上がって乳房、淫裂と惜しげもなく俊邦に見せつける。
「見ないで!」しかし、いろいろとポーズを取り、淫裂からは精液が垂れている。

 水貴の顔は恥ずかしそうに真っ赤になっているが、四つん這いにして後ろからも犯すが「いや、いや!」ピストンされている間も、泣き続けた水貴だ。

 「どうします。警察に訴えますか。水貴さんが、素っ裸で飛び込んできたんですからね!」それには黙ったままの水貴だ。
(そろそろ、戻すか!)俊邦は水貴が帰るように意思を集中させると、夏樹と同じく、一瞬に水貴が消えた。

 その後、俊邦は水貴がオナニーしたベッドで、ぐっすり寝込んでいる。
面白い夢を見ているようで、顔が笑っている。

「エスパー(超能力)」第5話 全裸の女性達 赤星直也:作

第5話 全裸の女性達

 それから、数日がたった。
会社では、俊邦をあれほど見下していた妙子が優しくなった。
しかし、俊邦は妙子をいくら誘っても、膣でのセックスだけは決して許してくれない。

 俊邦はその溜まった精力を、芸能人にぶつけていた。
「いや、いや!」叫びながらも、勃起している肉竿を自ら掴んで、淫裂に迎えていく。
そして、腰を上下に振り、泣きながら騎上位で淫裂深く、肉竿を迎え入れて淫汁を流していた。

 しかし、俊邦は満たされていない。
「なんか、面白いことをしたいな…」そして、とんでもないことを思いついた。
「素っ裸で、町を歩いたらどうなんだろう?」そう考えると、いても立ってもいられなくなった。

 朝起きると、いつもより早くアパートをから出た。
今日は日曜日ということで、あまり人通りがない。
そんな中を、1人の若い女性が歩いてる。
「いた、いた。からかってやるか…」俊邦はその女性に的を絞った。

 (俺の見ているミニスカートの女が素っ裸になる!)一心に集中すると、一瞬にして、若い女性が全裸になってしまった。
乳房、股間の絨毛が丸出しで、通りすがりの人が口を開いたまま、指をさしている。

 それで、本人がやっと全裸に気づき「いやー!」女性は屈んでうずくまったが、服はどこにもない。
女は泣きながら胸と股間を隠し、急いで近くのビルの影に隠れていく。

 「こりゃあ、面白い。もっと、近くで見るか!」泣きじゃくる女に近づく。
「こりゃあ、りっぱなオッパイだ。道理で素っ裸になりたいわけだ」
「違うわ。消えたのよ、服が!」両手で胸と股間を押さえながら言う。

 「可愛そうにな。これがあるけどな」紙袋から安物のワンピースを取り出した。
「お願いです。それを貸して下さい!」
「いいけど、タダじゃいやだね」
「いくらですか?」女性は泣きそうな顔で言う。

 「オッパイを揉ませること。それに、股間を見せてくれること!」
「そ、そんな!」
「いやなら、いいんだよ」
「いいです。早く見て下さい」全裸の女性は目を閉じて両手を下げた。

tekakushi_5566-082s

 「こりゃあ、いい乳だ!」味わうように揉んでいく。
そして、体を下げて両手で股間を開くと、女性は恥ずかしさで、泣いていた。
ピンクの淫裂は、まだ処女のようだった。
たっぷり乳房と淫裂で楽しむと、2人は小さな衣料店に入って、服を買って別れた。

 そのあと、また大通りに戻って、獲物をねらった。
時間も経ってきたせいか、人も多くなっている。
「どすん!」後ろから6人ずれの子ギャルが、俊邦にぶつかり「気を付けろよ、このじじい!」吐き捨てるように言う。

 「この野郎!」怒りがこみ上げて、俊邦は意思を集中した。
(俺にぶつかった6人連れが素っ裸になる!)一瞬に6人が全裸になって、連れ添っている。
「あ、あー!」皆が6人を指さす。

 「いやー!」「きゃー!」全裸に気が付いた6人だ。
胸は未発達で、小さいが股間は大人並みに真っ黒な絨毛が覆っている。
6人は泣きながら、両手で胸と股間を隠している。
それを取り巻くように人垣ができ「ざまあ見ろ」俊邦はいつしか、テレビ局前にきた。

 「テレビか。全国放送だよな」ニヤリと笑って中に入った。
「見学だったら、向こうから入って下さい」俊邦は警備員に言われて見学コースに入ってく。

 中では、いろいろなバラエティが収録されている。
「おや、あれは?」ニュースを報道する部局だ。
中には、この局の顔である女子アナウンサーがいる。
「もし、ヘアヌードが生放送されたら、おもしろいだろうな」ニヤニヤしながらよからぬ事を思いついた。

 俊邦はなおも見回っていくと、ガラス越しに中の様子がよく見える。
「この番組はたしか、生放送だよな」そこには女性歌手やタレントが5、6人いた。
その中に、あの松下誠子がいた。

 「あれ、松下誠子だ。あいつのヘアヌードを生放送で流してやるか!」俊邦はタイミングを見計らった。
(歌手の松下誠子が素っ裸になる!)意思を集中させると、モニターには誠子の全身が写っていたが、一瞬にして誠子が全裸になった。

 貧弱な乳房、手入れされた股間が写し出された。
「いやー!」誠子は両手で股間を隠した。
それは、わずか数秒だが、生放送なので全国に放送されてしまった。

 「いやー!」床に腰を付けて泣き出す誠子に、マネージャーが慌てて、自分の上着を被せていく。
豊満と言われていた誠子の乳房は貧乳だったのも発覚した。
パットを入れて大きく見せていたのがテレビを見ていた視聴者も理解ができた。

 誠子は全身を震わせ、テレビ局はあの松下誠子のヘアヌードが流されたのだから大慌てだ。
今は誰でも臆することなく、ヘアヌード写真集を出しているが、テレビではヘアは絶対に放送してはいけない決まりになっているから、大騒ぎになっている。

 俊邦は愉快だった。
「明日からどんな顔で町を歩くのかな。歌手も続けるのかな」満足して、テレビ局の見学コースを歩いていくと「ちょっと!」いきなり、声を掛けられた。

 それは、俊邦が処女を奪った安藤夏樹だ。
「失礼ですが、なにかようですか?」
「ちょっと、こっちにきて!」夏樹は俊邦を強引に、控え室に連れ込んでいく。
「困ったぞ。心を読んでみるか…」意思を集中していく。

 (何、結婚してくれだって。バカいえ。バージンを奪ったくらいで、結婚なんかできるか!)なおも、集中していく。
(本気だな。困ったぞ…)俊邦は「普通の子になって、料理とか家事ができて、貧乏に耐えられるなら、結婚してもいいですよ」夏樹は驚いた顔をした。

 「どうして、分かるんですか?」
「顔に書いてありますよ。でも。どうして僕なんですか?」
「私のバージンを奪ったからです。普通の子になりますから!」必死に説得する夏樹は俊邦の住所と、会社までメモした。

 「後で、連絡をします」夏樹は収録でスタジオに入り、俊邦も出たが憂鬱だった。
町を歩いていても、気が晴れない。
町中は、先ほどの松下誠子のヘアヌードが流されたことで、持ちきりだ。

 「もう一回ヘアヌードを流すか」俊邦は別なテレビ局に入り、見学コースから生放送を見ている。
「よし。アナウンサーのヘアヌードといくか!」意思を集中させた。

 テレビに全身姿が写し出された瞬間、アナウンサーのヘアヌード姿に変わった。
乳房は結構大きく、絨毛は結構薄く、淫裂がうっすらと見えている。
「いやー!」自分のヘアヌード姿に、泣きながら乳房と股間を隠していく。
ヘアヌードは数秒だったが、全国に流されてしまった。
未知の星・別館



「愛と官能の美学」様より
いただきました。

ここは、赤星直也が管理している「未知の星・別館」です
本館へは、下記サイトで、
お確かめ下さい。

  「未知の星」

おことわり

この作品は全て空想で書かれており、実在の個人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は小説作者が所有してますので作品の無断転用もかたくお断りし ます。違反した場合は著作権法によって刑事罰と民事罰が与えられますのでご承知下さい。
リンク
 小説名一覧
アクセスランキング


ブログランキング

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

更新専用掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。


メッセージ

名前
メール
本文