未知の星・別館

「未知の星」のモバイル対応と位置づけ,公開された新作とリニューアルのみを書き込みます。
詳しくは右記サイトで、お確かめ下さい。 http://akahoshi.a.la9.jp/

惠 一期一会

「惠 一期一会」第6話 国道176号線 Shyrock:作

第6話 国道176号線

 女性に泣かれると男は困ってしまうものです。
相手がお客さんであってもそれは変わりません。

 「あまり泣くと身体に毒ですよ。人生そんなに悪いことばかりじゃありませんよ。そのうちきっと良いこともあるはずです」
「そやったら、よろしおすんやけどなぁ……」

 「元気出さないと」
「そやねぇ……運転手はんのいわはるとおりかも知れまへんなぁ……元気出さんとあきまへんなぁ……」

 「そうですよ。涙ばかり流していると余計に不幸の神様がつきまとってきますよ」
「えぇ?そうなん?そんなんいやどすわぁ」
「はははははは」

 女性は私の笑い声に釣られてではありましたが、かすかな笑顔を取り戻してくれました。

 その頃、タクシーは宝塚インターを過ぎて国道176号線へと入っていました。
国道176号線は、京都府宮津市を起点として兵庫県を経由し、大阪市北区の「梅田新道」交差点に至る一般国道で、通称「イナロク」と呼ばれています。

 「この辺はもう宝塚どすか?」
「はい、そうですよ。夢とロマン溢れる街宝塚ですよ」
「へぇ~?夢とロマンどすか?うまいこといわはりますなぁ」
「いいえ、私が考えた言葉じゃなくて、昔からそのように言われてるんですよ」

 「へえ~、そうどすかぁ。聞くだけでなんか胸がキュ~ンとなってくる感じやわぁ~」
「はははははは~。そうですか?ロマンチストなんですね」
「そないなことあらしまへんけどなぁ、あはは」

 宝塚は花と歌劇が有名で、「すみれの花咲く頃……」と歌われた歌劇団の創立はかなり昔にさかのぼり、大正2年に宝塚市に生まれました。街は六甲山麓の北東に位置し、中央には武庫川が流れ、環境的にも大変恵まれた立地と言えます。

 都心には温泉リゾート旅館が軒を連ねていたのですが、阪神大震災でかなり減ってしまったようです。

 私は落ち着いた感じの和の佇まいの旅館に、その女性を案内することにしました。
心の傷を癒すには、その方が良いのではと思ったからです。

 旅館の前にクルマを止めて、女性は待ってもらって私だけ旅館に入っていきました。
飛び込みでも宿泊が可能かを確認するためです。

Y330591363

 すぐに和服姿の仲居さんが出てきました。
「おこしやす~。え~と、今日お泊りのお客さまですか?」
「いいえ、予約はしていないのですが、1泊できますか?」
「ありがとうございます。お部屋は空いてますよ。お泊りはお客様お1人ですか?」

 「いいえ、私じゃないんです。今、表で待っておられます」
「ああ、そうなんですか。それはそれは」
仲居が迎えに行くため表に出ようとしたが、それよりも早く私が出て行きました。

 「この旅館でよろしいですか?部屋は空いているそうです。タクシー料金を沢山いただき過ぎなので、今から計算して残りをお返ししますので、少しだけ待っててくださいね」

 私は女性にそう告げて電卓を叩き始めました。
すると、女性はじっと私を見つめ、

 「残りは返さんでもかまいまへん」
「いや、そういう訳には行かないですよ」
「それより、運転手はん」
「はい?」

 「すんまへんけど、もうちょっとうちに付きおうてくれまへんか?」
「えっ……?」
「あかしまへんか?」と真剣な表情で懇望してきました。
 
  この作品は 「愛と官能の美学」 Shyrock様から投稿していただきました。

banner_20040_01

「惠 一期一会」第5話 身の上話 Shyrock:作

第5話 身の上話

 タクシーは嵐山から保津峡へと進んでいましたが、ようやく行き先が宝塚温泉に決まったため、急遽進路を変更し京都南インターを目指すことになりました。

 その後名神高速で西宮インターに向かい、さらに阪神高速池田線から中国自動車道へと進み、宝塚インターを降りて国道176号線で宝塚へと向かうコースを描いたのです。

 いずれにしても行き先が決まったことで、私としてはホッと胸を撫で下ろした気持ちになりました。
だって目的地も決まらないまま走るのは、タクシードライバーにとってはかなり辛いものがありますからね。

 いつもは混み合っている名神高速も、その日は不思議なことに空いていて珍しく快適に飛ばせました。

 天王山トンネルを少し過ぎた辺りだったでしょうか。
女性は私が尋ねたわけでもないのに、突然ポツリと語り始めました。

 「運転手はん、うち……実は結婚してますねん……」
「え……?あ、そうなんですか……」

 その一言を耳にした時、私にかすかな落胆があったことは正直否めませんでした。
タクシーに乗車してきたお客が未婚者であろうが既婚者であろうが、そんなこと私には関係がないはずなのですが。

 「そないに見えます?」
「いいえ、お一人かと思っていました」
「やぁ、嬉しいこと言わはるわぁ。おおきにぃ。うち、結婚して3年目になるんどすえ」
「そうなんですか。でもまだお若いんでしょう?」

kimono3

 「今、25どす。うち一人娘やったさかい、婿養子もろたんどす。親が家の商売、どないしても絶やしたらあかんからゆうて」
「それはまた今時珍しいですね」
「ほんで、すぐ縁談、持ち上がって」
「で、好きでも無い人と結婚したと?」

 「その頃、うち、好きやった人と別れた直後やったんどす……。かなり落ち込んどりましたなぁ。そんな時、親の勧めるままに、よう知らん人とお見合いして。優しそうな人に見えたし『まぁ、ええわ。誰と結婚してもおんなじや』と軽う考えて、なんぼも日が経たんうちに結婚したんどす」

 「失恋の反動もあったんでしょうねえ」
「あとで考えてみたらそのとおりどしたなぁ」
「優しい人ではなかったのですか?」
「いいえ、優しいことは優しいんどすけど……」
「どんな不満があるのですか」

 私は普段なら立場上お客に決して聞かないことを、その時はつい尋ねてしまったのです。
どうしても聞きたい、と言う衝動が私の中にあったことは確かでした。

 「浮気どす……」
「え……?」
「あの人、この数ヵ月ずっと浮気したはるんどす……」
「……」

 「一晩帰ってきいひんこともしょっちゅうあるし……そやそや、この前、スーツのポケットにラブホテルのライター入ってたんどす」
「それはまた……」

 私はどう返事をすれば良いものか、言葉に窮しました。
そこまで証拠を押さえていれば、慰めの言葉も通じないでしょうし。
「うち、情けのうて……毎日が辛ろうて辛ろうて……」
女性はシクシクと泣き出しました。

 
  この作品は 「愛と官能の美学」 Shyrock様から投稿していただきました。

banner_20040_01

「惠 一期一会」第4話 タクシー料金 Shyrock:作

第4話 タクシー料金

 「料金どすか?そんなん心配せんでもよろしおす……」
女性はそうつぶやくとハンドルを握る私の肩をトントンと叩きました。

 運転中だったこともあってほんの一瞬だけ振り返りましたが、女性は金を差し出している様子が窺えました。

 私はさりげなく、
「料金は後払いで結構ですよ」と述べると、女性はもう一度私の肩を叩きました。
仕方なく私はクルマを道路わきに寄せて、ゆっくりと後部座席を振り返りました。

 女性は1万円札を数枚差し出してきました。
「そないにゆわんと、とにかくこんだけ取っといて。足らんかったらあとで払いますよってに」

 預かり金と言うことにして私は一旦受取ることにし、札を数えてみました。
驚いたことに札は5枚もありました。
あまりの金額の多さに私は戸惑いながら、

 「お客さん、5万円もあるじゃないですか。多すぎますよ。仮にこのタクシーを1日貸切ってもまだお釣りがきますよ。多過ぎるのでお返しします」

 私はそう伝えると、1枚だけ預かることにして残りの4枚を返そうとしました。
ところが、「よろしおすがな。うち、さっきから、わがままばっかりゆうてるしぃ。それにまだあっちやこっち振り回すかも知れへんし」などといい、出した金を受け取ってくれませんでした。

 私はやむを得ず5万円を預かることにして、降車時に清算し残りを返そうと思いました。
(それにしてもこれほど気風のよい女性も珍しい。よほどの大金持ちなのだろう)と思いました。

 度肝は抜かれたものの、自身は、今日1日の水揚げの心配もなくなり、正直なところ、大変ありがたかったことを記憶しています。
それにしても、女性は一体どのような理由で、このタクシーに乗ってきたのでしょうか。

img_0

 そしてどのような所へ行きたかったのでしょうか。
やはり目的地などはどうでもよくて、とても辛いことがあって気を紛らわしたかっただけなのでしょうか。

 不可解な謎めいた女性を乗せてしまったわけですが、その謎はその後次第に解けていきました。

 「運転手はん……」
「はい?何か?」
「どこか、温泉あらへんやろか?」

 ポロリと女性がつぶやいた言葉に私は驚きを隠しきれませんでした。
「えっ?温泉ですか……?」
「なんや急に、温泉行きとうなんったんどすぅ……」
「京都で温泉ですか・・・。え~と、この辺りだったら亀岡に湯の花温泉がありますけど」

 「いや、京都以外の方がええんどすぅ。遠てもかましまへん。どこぞええ温泉連れて行っておくれやすなぁ」
「はい、分かりました……」

 しばらくは困惑した私でしたが、ふと兵庫県にある宝塚温泉が頭に浮かびました。
宝塚温泉は関西のお膝元にある温泉で、阪急宝塚駅の南、武庫川沿いに多くの宿が並んでいます。

 開湯は奈良時代といわれていて、かなり歴史のある温泉です。
一度タクシー会社の慰安旅行で行ったことを、ふと思い出したのでした。

 「宝塚どすか?」
「はい、宝塚です」
「歌劇団で有名どすなぁ。温泉あるん知りまへんどしたぁ」
「とても良い温泉があるんですよ」

 「こっから遠いんどすか?」
「少し時間がかかりますけど」
「かかってもかましまへん。そこ行きとおす」
「分かりました。じゃあ」
 
  この作品は 「愛と官能の美学」 Shyrock様から投稿していただきました。

banner_20040_01

「惠 一期一会」第3話 悩める京女 Shyrock:作

第3話 悩める京女

 今日初めて乗せたお客さんから、突然『実は』と切り出された時、私は驚いてブレーキを踏みそうになりました。
そして、思わずバックミラーに写った女性の顔を覗き込んでしまったのです。

 女性もこちらを見ていたので偶然目が合ってしまい、きまりが悪くなった私はこちらから先に目を逸らしてしまいました。
目を逸らしはしましたが、はっとするようなその優美な顔立ちが脳裏から離れませんでした。

 透き通るように色が白く目鼻立ちがよく整っていて、まるで日本画から抜け出したような美女と言っても過言ではなかったと思います。

 「うち……困ってますねん……」
「え?どのようなことで?」

 本来なら触れてはならないお客さんの私的なことに、つい首を突っ込みたくなりました。
「せやけどぉ…こないなこと、見ず知らずのお人に話してもええもんやろかぁ…」

 おっとりとした京都特有の口調は、関東出身の私には少々焦れったくもありましたが、それよりも色っぽい言葉遣いの京女と会話が出来ることを愉しんでいたように思います。

 「無理に話さなくてもいいですよ。誰でもそっとしておいて欲しいことってありますからね」
「う~ん、そうやねぇ…運転手はんにもしゃべりたないことあるんどすやろなぁ…」

 「ははははは、そりゃあ少しはねえ。はははははは~」
「そうなんどすか?あははは……」

 女性は笑顔に変わりました。
ところが笑顔はほんの一瞬だけで、すぐに元の憂い顔に戻ってしまいました。

 「せやけど生きていくのんて、ほんまに難しいもんどすなぁ……」
「そうですねえ。なかなか思うようにはいかないものだし」
「時々、死んでしまいとうなることあるんどす・・・」

kimono1

 「え……?」
思いがけない言葉に私は驚きを隠しきれず、しばらくの間沈黙してしまいました。
(これはきっと何か深い訳があるんだ……)

 「でも死んだらおしまいですよ」
「そのとおりどすなぁ……」
「せっかく授かった命なんだから、粗末にしてはいけないと思いますよ」
「うん、そやねぇ……」

 ちょうどその頃、クルマは嵐山に差し掛かっていました。
土日は人出の多いところですが、さすがに平日は空いています。
観光客もまばらです。

 「この辺りでどこか行きたいお寺などはありますか?」
「いいえ……特に……」
「そうですか。それじゃ、どうでしょうか?趣を変えて、保津峡へいってみましょうか?」

 「保津峡どすかぁ……」
「はい、保津峡は駅舎のある場所が亀岡市と京都市にまたがっていて、周囲には民家が一軒もなくて、山に囲まれて秘境めいたところが素晴らしい。いかがですか?」

 「へぇ、駅が二つの市にまたがってるんどすかぁ、珍しおすなぁ。そやねぇ……なんとのぅ京都から離れとおすんや……」
「え……?京都から離れたいって?そうですか……」

 風光明媚な嵐山や保津峡に行っても女性の浮かない表情に変わりはなく、私ははたと困り果ててしまいました。
(それにしてもわがままな人だなあ。料金メーターもどんどんと上がっていくばかりだし……)

 「でもお客さん、あちこち行ってたら料金がかなり嵩みますよ。いいのですか?」目的地がはっきりしないまま長距離を走行し、メーターが見る見るうちに加算していくことを心苦しく感じた私は思わず尋ねてしまいました。

 
  この作品は 「愛と官能の美学」 Shyrock様から投稿していただきました。

banner_20040_01

「惠 一期一会」第2話 行き先不明 Shyrock:作

第2話 行き先不明

 「困ったなあ……」
行先を確認するまでは、むやみに交差点を曲がる訳にも行かなかったので、四条烏丸の交差点は取り合えず直進し、四条堀川へと向かいました。

 道路は相変らずの混雑でのろのろ運転は依然変わりません。
「お客さん、どこに行くのか言ってくれないと困るんですけどねえ」
なかなか行先を告げてくれないお客さんに困り果てた私は、少々つっけんどんな言葉遣いになってしまいました。

 「そやねぇ……あぁ、そや、どっか景色のええとこ走ってくれはりますぅ?」
「景色のいいところと言ってもいっぱいあるからねえ……具体的にどこか場所を行ってくれませんかねえ」

 「うち、あんまりよう知らへんから、運転手はんにお任せしますわぁ」
「う~ん、それじゃ、嵐山はどうですか?」
「せやなぁ……ほな嵐山へ行っておくれやす」

 私は思いつくがままに、よく知っている京都の景勝地の名前を出すと、女性は案外簡単に了解をしてくれました。

 やっと目的地が決まったクルマは西へ向かいました。
(それにしてもこの和服の女性、いったいどうしたと言うのだろうか?何か訳ありのようだが……。)

 タクシーに乗車する客はふつう目的地が決まっているものです。
それなのに「どこでも良いから走ってくれ」と言うのは、きっと深い訳があるに違いないと私は考えました。

 嵐山に向かう途中、和服の女性はずっと黙ったままでした。
いつもならお客さんとの雰囲気を和らげるために、こちらから世間話をすることも多いのですが、この時はとてもしゃべりにくい感じがしたので私自身も沈黙していました。

img3378083-640x480

 嵐山に近づいた頃、和服の女性はぽつりと話しかけてきました。

 「運転手はんはなんちゅうお名前どすか?」
「え?私の名前ですか?辻峰 裕太です」
「そうどすか。うちは中小路 惠(なかのこうじ めぐみ)と申しますぅ」

 お客さんとお互いに名前を教え合ったのは初めてのことでした。
ふつうは聞かれもしないし、教えてもらえることなんてないですからね。
名前を尋ねられ、相手も自ら名乗ってくれたことで、少し親近感が湧いた私は語りかけてみたくなりました。

 「お客さんのお住いは京都ですか?」
「そうどすぇ。タクシーに乗ったあの近所どす」
「へえ~、四条河原町にお家があるとはすごいなあ。便利なところにお住いなんですね」
「そうどすなぁ、確かに便利なことは便利どすなぁ」

 「あの辺でご商売でも?」
「親が和菓子屋をやってるんどすぅ」
「ほう~、あの辺で和菓子屋と言うことはかなりの老舗では?」
「そんなことあらしまへんけど」

 四条河原町で老舗の和菓子屋の娘……
しかも高価な和服を身にした麗人……
私とは掛け離れた世界に住む美女に、ふつふつと興味が湧き始めていたことは隠しようもない事実でした。

 「ところで、こんなこと聞いていいのかどうか分からないですが」
「どないなことどすかぁ?」
「もしかして何か悩んでおられるんじゃないですか……?」

 私が何気に尋ねてみると、和服の女性は急に憂いを含んだ表情に変わりました。
差し出がましいことをしてしまったと後悔し、すぐに丁重に詫びました。

 「かまへん。そんな謝らんでも。せやけど、やっぱり顔に出るもんなんやなぁ…」
「……」

  この作品は 「愛と官能の美学」 Shyrock様から投稿していただきました。

banner_20040_01
未知の星・別館



「愛と官能の美学」様より
いただきました。

ここは、赤星直也が管理している「未知の星・別館」です
本館へは、下記サイトで、
お確かめ下さい。

  「未知の星」

おことわり

この作品は全て空想で書かれており、実在の個人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は小説作者が所有してますので作品の無断転用もかたくお断りし ます。違反した場合は著作権法によって刑事罰と民事罰が与えられますのでご承知下さい。
リンク
 小説名一覧
アクセスランキング


ブログランキング

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

更新専用掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。


メッセージ

名前
メール
本文