未知の星・別館

「未知の星」のモバイル対応と位置づけ,公開された新作とリニューアルのみを書き込みます。
詳しくは右記サイトで、お確かめ下さい。 http://akahoshi.a.la9.jp/

満たされて

「満たされて」第1話 夢 赤星直也:作

おことわり

  この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係があ
  りません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断
  転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」
  と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。

登場人物
 
    岡本奈々:水島商事、営業部      松本清志:水島商事、営業部 
    相沢沙智:  〃 、営業部        〃 誠二:松本清志の父親
    長島友之;水島商事、課長        〃 雅美: 〃    母親
    相原好恵:  〃 、奈々と紗智の後輩
    相良直美:  〃 、   〃

第1話 夢

 「お疲れ様でした!」仕事を終え、制服を着た女性達が、男子社員に挨拶を済ませて更衣室に入って着替えている。
「奈々、今夜は一緒にどう?」
「いいわね。おごりでしょう?」
「残念だけど、割り勘ね。いいホストを見つけたのよ」

 「そのホストって、格好いいの?」
「勿論よ。だから割り勘なの」
「わかった。割り勘でもいいわ」2人は着替えを済ますと、夜の街に出た。

 女性の2人は岡本奈々と相沢沙智で、同じ年に入社し普段から仲が良く気が合っており、沙智の案内でホストバーに入った。
「いらっしゃいませ!」確かに会社の男性とはスタイル、顔立ちが勝っている。

 「お飲物は、何に致しましょうか?」
「水割りでいいわ」
「かしこまりました」ホストは注文した水割りを運んでくると、2人に話し掛けてくる。
それは、彼氏がいない奈々と沙智にとって、憩いの場所でもあり、つかの間の楽園を味わっていた。


 だが、アパートに戻ると現実が待っている。
「寂しいわ。1人で暮らすなんて…」呟くように言いながら、浴室のバルブをひねった。
蛇口から勢いよくお湯が噴き出し「これ位でいいわ」温度を調節すると、服を脱ぎだし次々と脱いで、淡いブルーの下着姿になっていく。

 奈々は両手を腰にやり、ゴムを引き下げていくと、下半身が露わになって付け根の絨毛が見えてくる。
奈美の絨毛は、団扇のように丸形に生い茂っている。

 なおもパンティを膝まで引き下げ、背中を丸めて脚を上げると、絨毛の中にある淫裂が一瞬覗いた。
別な片足も上げて、下半身を覆っていた布が両手に残され、温もりのある布を洗濯機に入れて、両手を背中に回した。

 ホックを外すと、ブラジャーが緩んで白い乳房が飛び出て揺れていく。
その後、肩に絡まった紐を引き下げ腕も下げ、乳房を覆っていたブラジャーが手首にり、その布も洗濯機に放り投げ、浴槽に入った。

 浴槽の中は、まだ半分しかお湯が貯まっていないが、体を折り曲げお湯に浸かる。
「フー」溜息を付き、お湯を乳房にかけて揉んでいく。
「もっと大きくならないかしら。沙智はCカップなのに…」

 両乳房を暫く揉むと、浴槽から上がって石鹸を泡立て体に塗っていく。
「ここは丁寧に…」石鹸の付いた手で股間を撫でていく。
指は肉襞も摘み、丁寧に膣の中も洗っていく。

 体を洗い終えると、シャワーで汚れを洗い落とし、再び浴槽に浸って体を温めてホストと話した事を思い出している。
「誰でもいいから、彼氏が欲しいな…」1人で暮らす寂しさに不満だ。

 やがて、体が温まると浴槽から出て、体を拭いていく。
白かった肌が桜色に染まっており、白い乳房も桜色をしている。
体を拭き終えると、全裸のまま浴室から出てきた。

 「明日は、どれにしようかな?」全裸のまま下着を選んでいる。
「これがいいわ。沙智には負けたくないし…」ピンクの下着を選んだ。
まず、ブラジャーを着けていくが、カップから乳房の膨らみがはみ出している。
「これだと、オッパイも大きく見えるし、いいわね」サイズが下のブラジャーを着け、同じ色のパンティを履いた。

 下着を着込むと、冷蔵庫から缶ビールを取りだし、一気に飲み干してベッドに横になったが、やがて、奈々の意識が次第に薄れていった。

 ⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔

 「やめて。いやです!」制服を着た奈々を男が襲っている。
「いや、いや!」いくら叫んでも、声にならず、男は奈々を押し倒して制服のボタンを次々と外していく。

 「やめて。お願いです!」突き放そうとするが、腕が動かない。
ボタンの全て外されると、胸が広げられた。
奈々は黒みを帯びたスケスケのブラジャーを着ており、乳首や乳輪が透けている。
更に男はスカートも脱がし、パンティもスケスケだから黒い絨毛が透けている。

 「イヤ。やめて!」足を動かそうとしても動かず、男は笑いながらパンティを掴んで引き下げていく。
「イヤ。脱がさないで~!」手も足も動かず、パンティは足から抜かれ下半身を剥き出しにされた。

 男は、露わになった淫裂を見ながら笑い、ブラジャーも脱がせて全裸にした。
「イヤ。レイプはイヤ~!」首を振ろうにも動かない。
男は奈々を全裸にすると、自分の服を脱ぎだし、胸は筋肉が盛り上がり、胸毛が生えている。

 ズボン、パンツも脱いで全裸になると、股間には勃起した肉竿がそそり立っている。
男は奈々の足を広げ、膝を付けると肉竿が淫裂に当たっている。
「ダメ、入れないで。イヤ~!」叫んでも、淫裂深く肉竿が入り込み、ゆっくり腰を振りながら乳房を揉み出した。

 「やめて。レイプしないで~!」叫んでも聞き入れられず、肉竿は動きを早めた。
男は両乳房をリズミカルに揉み、時折、乳首を摘んでいく。
(気持ちいいわ。もっとして…)男に犯されているのに、淫裂からは汁を流している。

27

 「吸って。オッパイを吸って…」奈々が小さな声で言うが、男は笑ってピストンしているだけだ。
「お願い。オッパイを吸って!」叫んでも笑うだけだ。

 やがて、男は動きを停め密着した。
「イヤ、射精はイヤ~!」叫んでも、淫裂から精液が淫汁が流れ出ていき「こんなの、いや~!」大きな声で叫んだ。

 ⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔

  そこで目が覚めた。
「夢だったんだ。でも、気持ちよかった。レイプされているのに、あんなに感じたなんて…」パンティを引き下げ、淫裂を確かめていく。

 「濡れている。気持ちよかったんだ…」指が濡れた淫裂を撫でだす。
指はゆっくりクリトリスを撫でてから、膣の中に入っていく。
「私をレイプして…」妄想しながら、ブラジャーも捲り上げ乳房も揉んでいる。

 「セックスしたい。レイプされてもいいから、セックスしたい…」夢を思い出しながら指を動かしていくと「ヌチャ、ヌチャ!」音が鳴って、淫汁が更に流れてきた。
「行きそうだわ。オチンチンでされたいのに…」指の動きを早めると「行く、行く!」背中を浮かせ動きを止めた。
「ハア、ハア!」露わになった乳房が波打っている。
 

「満たされて」第2話 射精 赤星直也:作

第2話 射精

  翌日、奈々が何もなかったように仕事をしていると、課長の長島が新入社員を連れてきた。
「皆、集まってくれ。今度配属された松本清志君だ…」長島は皆を集めると紹介し「松本清志です。よろしくお願いします」松本も皆に頭を下げて挨拶している。

 「仲良く頼むからな」挨拶が済むと、皆散っていく。
「奈々、可愛い顔ね。エッチしたくない?」
「勿論よ。でも、年下だしね」
「そこがいいのよ。うまく騙してエッチ相手にするの」

 「結婚相手じゃないの?」
「違うわよ。あんな年下だったら生活なんて無理よ。遊ぶだけにしないと」
「遊ぶだけか…」
「そうよ、結婚とエッチは次元が違うの」奈々は沙智の言うことが理解できなかったが、その言葉通りに沙智は長島にモーションを掛け「私も負けられないし…」奈々も沙智と同じようなことをしていた。

 それから数日後、職場では松本の歓迎会が行われた。
酒には強い松本だが、大勢に飲まされては一溜まりもなく、アッという間に酔いつぶれてしまった。

 やがて、解散となったが松本は1人フラフラしながら歩いていく。
「危ないわねね。送ってあげる」
「私も送っていく」2人が名乗り出て、松本をアパートまで送ることにした。

 アパートは、そんなに離れておらず、電車で二つ目の駅だ。
沙智と奈々は両脇を抱えて、アパートまで連れて行く。
「奈々、このままではダメだよね」
「そうよ。寝かせないと…」松本のポケットから鍵を捜しだし、中に連れ込んだが、乱雑に物が置かれている。

 「汚いわね。男って、どうしてこうなのかしら?」2人は整理しながら布団を敷き、松本を寝かせると「奈々、服を脱がせた方がいいわよね?」思案する。
「当然よ。寝るときは、裸で寝るんじゃないの?」
「そうだよね。男って裸で寝るんだよね。だったら脱がせないと…」2人はスーツ、ワイシャツ、ズボンと脱がしていく。

 「奈々。見て、膨らんでいるわよ!」パンツ姿になった松本は、股間を大きく膨らませており、その膨らみが2人は気になっている。
「ちょっとだけなら、いいよね?」
「うん。ちょっとだけならいいわよ」勝手に決め込み、パンツを引き下げていく。

 引き下げられると、股間の絨毛が露わになってきた。
「男って、毛深いのね」
「そうみたいよ」そう言いながらなおも引き下げ「ゴクン!」2人は生唾を飲んだ。
肉竿は血管を浮かばせ、大きく膨らみ、先端の包皮がめくれて今にも爆発しそうだ。

 その肉竿を、暫く見つめていたが沙智が掴んだ。
「熱いわ。それに堅いわ!」興奮気味に肉竿を擦り出す。
無意識の松本だが、肉竿は勝手に反応して、堅い肉竿が更に堅くなっていく。

tekoki2

 「沙智、私にも触らせて!」今度は奈々が触った。
「ホントだ。こんなのが膣に入ったら、痛いだろうね…」
「大丈夫よ、膣はゴムみたく伸びるから。それより、擦ってみてよ」奈々も肉竿を軽く握りしめ、手を動かしだした。

 すると「あ、あ~!」気持ちいいのか、声が上がる。
「奈々の手で、行かせてみようよ」
「行かせるって、こうしてるだけでいいの?」
「そう。もっと早くするの。ほら、セックスみたくリズミカルに…」

 「出来ないわよ。沙智がやって!」
「仕方ないわね。こうやるのよ」奈々に代わり、沙智の手が肉竿を擦り出す。
「ほら、ネバネバしたのがでてきたわ。もうすぐ射精よ」沙智はポルノビデオを見ているから、よく知っている。
その沙智の手により、先端から勢いよく白い液体が噴き出し「見て。これが射精よ…」2人は噴き出す様子をジッと見ていた。

 そして、噴射が終わると指先に精液を付けてなめた。
「臭いわ。これが精液なんだ。よくも、飲む人がいるわね…」
「沙智。ポルノビデオばかり見ているんでしょう?」
「仕方ないでしょう。エッチする相手もいないから、ビデオでオナニーするしかないのよ」そう言いながらパンツを戻し、布団を被せてアパートから出た。

 奈々は、真っ直ぐアパートに戻ったが、まだ興奮が収まっていない。
ベッドの中に入っても寝付けず「あんな、太いのが入るんだ…」パンティを引き下げ淫裂を触りだす。

 「あのオチンチンで、ここをされたいのに…」指が膣の中に入り「あ、あ~。松本君、入れて、早く!」妄想しながら指を動かしていく。
同じように、沙智も下半身を剥き出しにして指で淫裂を触っており「入れて、オチンチンでして…」興奮がなかなか治まらなかった。

 それから数日後、奈々と沙智は松本から話し掛けられた。
「今度の休みだけど、一緒に遊びに来て貰えませんか?」と誘われた。
「構わないけど、2人一緒なの?」
「はい。その方が都合がいいと思いまして…」

 「わかった。日曜日に行くわ」
「良かった。2人には是非見て貰いたいのがありまして」笑顔になっているが(見せたい物って何かしら?)喜ぶ松本に首をひねる2人だ。

 そして、日曜日になると、2人は松本のアパートを訪ねた。
「散らばっていますが、上がって下さい」言われるまま中に入ると、前とは違って綺麗に整理されている。

 「綺麗になっているのね」
「そりゃ、そうですよ。綺麗な二人に汚いのをお見せする訳には行きませんから」
「あら、お世辞も上手になったわね」
「そんなお世辞だなんて。本気で思っていますよ」笑顔でコーヒーを注いでいく。

 「ところで松本君。見せたい物って何なのよ」
「気になりますか?」
「気になるわよ。わざわざ呼ばれたんだから!」
「それでしたら、お見せします。これです」松本は引き出しからビデオを取りだした。

 「まさか、エロビデオでは?」
「そんなのじゃありません。とにかく見て下さい」テープを再生した。
砂嵐の状態が暫く続くと、松本が映し出され、それに沙智や奈々も映っている。

 「そ、そんな!」「どうして!」その画面を見て、2人が声を上げ体を震わせている。
「最後までみましょうよ。面白いですから」不敵にも笑顔で見上げているが、再生が進むと、松本は服を脱がされていく。

 「止めて。お願いです!」奈々は泣き出した。
「泣かないで下さい。何も怖いことをしようとは思っていませんから」そう言いながら泣いている奈々を見つめた。

 再生されているのは、沙智と奈々が松本を送り届けたときのビデオで、松本は防犯の為に、ビデオをセットしておいた。
やがて、画面には肉竿を掴んだ沙智や奈々が映し出され「う、う、う!」と2人は泣くだけだ。

「満たされて」第3話 初ヌード 赤星直也:作

第3話 初ヌード

 テープは、なおも再生され、松本が射精していくシーンが映された。
「これでいいかな。面白いでしょう?」だが、2人は泣いているだけで黙ったままだ。
暫く沈黙が続いて「何が望なの?」沙智が口を開くと「僕の大事な物を見られたんですよ。ですから、お二人の大事な物を見せて下さい」松本が言う。

 「ヌードが見たいの?」
「そうです。それに、撮らせて貰います!」
「写真はイヤ。ヌードを見るだけにして」
「それはダメです。イヤというなら、これを会社に持っていきますよ」

 「脅すの、この私達を…」
「どう解釈されても構いません。お二人のヘアヌードが撮れるなら!」
松本の言葉に、奈々の奥歯がガチガチ鳴っている。

 「奈々、やるしかないわ」紗智の今にも泣きそうな声に「脱ぐわ。だから誰にも言わないと誓って…」奈々も泣き声だ。
「誰にも見せません。2人のヌードは僕の宝にしますから」
「約束よ。守らなかったら、死んでやるからね!」
「約束します。誰にも見せません」そう言うとカメラを構えた。

 沙智と奈々は頷き合い、服を脱ぎだすと、それを松本が撮っていく。
カメラの前でシャツ、スカートと脱いで下着姿になると、ブラジャーから脱ぎだし「いいですね。オッパイがいいですよ」興奮しながら撮っている。

 露わになった乳房は、沙智の方がやや大きいが、形は奈々の方が整っている。
ブラジャーを脱ぎ終えると、パンティに手を掛けた。
「お願い。レイプはしないでよ!」
「わかっています。でも『セックスして!』と言われたら、やりますからね」

 (そんな事、絶対に言わないわよ)黙って引き下げていくと「見えます。ヘアが見えます」(言わなくていいわよ。脱いだら、見えて当然でしょう)唇を噛み、足を上げて小さな布が手に残された。
「これで、いいでしょう?」泣きそうな顔をしながら立った。

nu-do

 奈々の絨毛は団扇のように丸いが、沙智はT型に近い生え方をしている。
「手を後ろに組んで下さい」言われた通りにポーズを作り、それを撮っていく。
「今度は、足を上げて下さい」
「そんな事をしたら、あそこが…」

 「そうです、隅々まで撮ります。やりますよね?」2人は渋々片足を持ち上げたが、付け根の絨毛からは、ピンクの割れ目が覗いている。
「いいですね、そのポーズが。顔は背けないで、こっちを向いてください」淫裂を晒す姿も撮った。

 「次は両手で広げて下さい」淫裂も広げさせられ(どうしてこんな事に…)作り笑顔をしながらカメラに収まった。
松本は数十枚撮ると、ズボンを脱いで下半身丸出しにして「安心して。レイプはしませんよ。沙智さん、手か口でやって下さい」仰向けになった。

 「僕に、見えるようにやって下さい」沙智は背中を向けて馬乗りになり、肉竿を掴むと擦りだす。
「気持ちいいです。奈々さんはオッパイを下さい…」差しだした奈々の乳房が触られ、時折、乳首を指で挟み潰して「あっ!」体を硬直させて声を上げていた。

 やがて、松本がクライマックスを迎え「飲んで。飲んで!」渋々、沙智が口を付けると同時に放出が始まった。
(イヤよ、口の中に射精だなんて…)ビデオで知ってはいたが、出されたのは初めてだ。
「ゴクン!」不快感を味わいながら飲み込んだ。

 「気持ちよかった。沙智さんのオッパイも…」豊満な乳房を揉み、乳首を吸うと「あ、あ~!」呻き声を上げ、初めて乳首を吸われて息を荒くしている。
それに、指が淫裂を撫でて「だめ。そこは…」乳首を吸われながら淫裂の手を押さえた。

 「そうですよね。奈々さんのオッパイにしないとね」奈々は乳首を吸われ「う~!」やはり呻き声を上げている。
手が淫裂を撫でていくと、奈々もそれを押さえている。
暫くしてから、松本は満足したのか「服を着てもいいです」やっと、言った。

 2人は脱いだ服を着て、松本もズボンを履き、服を着込むとまた話しを始めた。
「松本君。写真なんだけど、約束してよね」
「勿論です。それから、2人は僕のお姉さんでもあり、恋人でもありますから、浮気は絶対ダメですよ」松本の言葉に2人は顔を見合わせた。

 「恋人なの?」
「そうです。いずれは僕とセックスしますから、それまで浮気は絶対ダメです」
「そんな、恋人だなんて…」
「そうよ。二股はダメよ」

 「イヤなら、この写真がどうなっても知りませんよ」
「わかった。恋人になります…」
「それでいいんです。それから下着ですが、黒いのを着て貰えませんか?」2人の胸を撫でながら唇を吸う。
こうして、奈々と沙智は3時近く迄過ごし、アパートから出た。

 「奈々、松本君にオッパイを吸われたとき気持ちよくなかった?」沙智が歩きながら言う。
「そうなのよ。何と言ったらいいか、背中を電気が走った感じがして…」
「私もよ。でも、これからどうすればいいのかしら?」

 「なるようになるわよ。悪い子じゃなさそうだし…」
「でも、セックスもされるわよね?」
「仕方ないわよ。いずれはしなければならないんだから。でも、年下が相手だなんてね」2人が話ながら歩いていると、ランジェリーショップが目に入る。

 「行こう。買って置いた方がいいわよ」中に入るとカラフルな下着が飾られている。
「奈々。あれなど、どうかしら?」
「でも娼婦みたいよ。ガーターベルトだなんて…」
「私はいいと思うけどな…」
「そうかしら?」2人は眺めていたが「これ下さい!」と買い込んだ。

 翌日、奈々と沙智は買い込んだ黒い下着を着ている。
そんな事など知らない松本は「奈々さん、これどうしたらいいの?」甘えるかのように聞いてくる。
「ここは、こうやるの」資料を指差しながら話し、同じように「沙智さん、教えて!」と言った具合に甘えていた。

 それには「全く、今時の子は、なってないな…」長島の愚痴が響き渡った。
(そう怒らなくてもいいのに…)ヌードを見せた2人は、松本に親近感を覚えている。
そんな2人を察したかのように「あれ、着けている?」そっと尋ねた。

 それには黙ったまま頷く。
「休み時間に見せて!」それには驚き(いくら何でも、会社では無理よ)そう思うが頷いた。
「よかった!」安心したのか、松本は笑顔で席に戻って仕事をしていく。

 そして、昼休みになり、職場の同僚達は蜘蛛の巣を散らすように、ビルから外に出ていく。
「誰もいないよ。いいでしょう?」松本は2人を会議室に連れ込むと鍵を掛け「撮りたいんだ、下着姿を…」カメラを構える。

 「そんな、今からだなんて…」顔が強ばった。
「急いで。時間がないよ」そう言われれば脱ぐしかなく、急いで制服のボタンを外して下着姿になると、全てが黒尽くめだ。
松本はそれを撮っていくが、会議室の外からは、時折声が聞こえる。

 「脱いで。ヘアヌードだよ」
「待って。ヌードにはなれないわよ」
「ダメだ。脱ぐんだ!」拒む松本に、急いで脱ぎだし、パンティ、ブラジャーも脱いでガーターベルトとストッキングだけを身に着けている。

 (こんな、ヌードを撮るなんて…)乳房と絨毛を晒し太股をブルブル震わせている。
(見られたらどうしよう…)外から聞こえる声に、顔を強ばらせてポーズを作っていくが「いいよ。セクシーだよ」ポーズを作らせて数枚撮った。

 「もういいよ。終わったから!」その言葉に急いで着込んで行くが、着込むのは5分で済んだ。
「お願い。もう会社では撮らないで」服の乱れを直しながら言う。

 「ダメ、もっと撮るんだ。それより、お腹が空いたでしょう?」松本は職場に戻り、朝買い込んだパンを持ってきた。
(以外に優しいのね。松本君とならセックスしていいわ)2人は渡されたパンを食べた。

「満たされて」第4話 剃毛 赤星直也:作

第4話 剃毛

 その日、3人が一緒に会社を出ると「奈々さんの部屋を見たいな」松本が言う。
「いいわよ。沙智も一緒ならだけど…」
「勿論だよ。3人一緒がいいし」こうして奈々のアパートに向かった。

 松本は部屋に入るなり「奈々さん、部屋は綺麗だね」言う。
「そんな事ないわよ」奈々は、お茶を入れていく。
「奈々さん、また抜きたくなった。今度は奈々さんにやって欲しいな」
「わかったわ。私がやるのね?」

 「そう。ヌードだよ、昼間と同じくね。沙智さんもヌードで、オッパイだよ」
「恥ずかしいけど我慢するわ」2人は服を脱ぎ、昼間のようにストッキングとガーターベルト姿になると、奈々は松本に尻を向けて馬乗りになり、肉竿を掴んだ。

 「やるわよ!」掴んだ肉竿を擦り出すと「松本君。オッパイ、吸ってもいいわよ」沙智が顔の上で四つん這いになり、乳房を吸わせる。
沙智は「いいわ。あ、あ~!」呻き声を上げ、その声で松本も登り詰めて「飲んで。奈々さん、飲んで!」奈々も口を押しつけ、咽奥に液体が噴射していく。

 「ゴクン!」一気に飲むと「松本君、私のオッパイも吸って!」催促すると、奈々も乳首が吸われた。
吸い終わると「今度はチンポをここに入れたいな」淫裂を触りだす。
「許して。セックスは、待って。いずれは…」淫裂を触る手を乳房に持っていくと「沙智さんはいいよね?」「今はダメだけど、いずれは…」そう返事するしかない。

 それから数日がすぎ、松本は研修で会社を離れている。
奈々は夜になると、松本の顔が浮かんでしまい「今頃、どうしているのかな?」パンティを引き下げ、淫裂を触りだす。

 「入れて。オチンチンを入れて…」指を膣に入れて動かし「オッパイも吸って…」乳首を指で引っ張った。
「したいの…。ホントにセックスしたいのよ…」松本の顔を思い浮かべながら、指を動かし、同じように、沙智も淫裂と乳房を触っていた。
「松本君。して、奥まで入れていいから、して…」淫裂がベトベトに濡れている。

 そして、3日後に松本は研修を終え、職場に戻ると「これからも頑張ってくれよ」課長に言われている。
勿論(お帰りなさい、松本君…)笑顔で迎える2人だ。

 だが「松本。今日から残業だぞ!」長島が残業を命じた。
「はい、喜んで引き受けます」と返事する松本に(やらなくていいのよ。まだ新人だから…)と長島を恨めしく思う沙智と奈々だ。

 松本の残業は暫く続き、なかなか3人だけになる機会がない。
「奈々、明日は休みだから行こうよ」
「そうよね。久しぶりだしね」日曜日に出かけることにした。

 2人が10時頃松本のアパートに着くと、松本と若い女性がドアの前で話している。
「誰かしら?」不安に思いながら近付くと、松本も気づいてこちらを向き「後で話そうな」その言葉に女性が帰っていく。
「とにかく、上がって!」2人は中に入ったが「あの子は誰?」沙智が気になるのか聞いた。

 「学校時代の友人だよ」
「エッチしたの?」
「やったよ。でも、彼女は体験済みだったんだ。僕の童貞が欲しかったんだって!」
「そう、エッチしたんだ…」奈々と沙智は、呟くような声に変わっていた。

 「それより、久しぶりだね。また見せてよ」松本は沙智の服を脱がしていくが、それを拒もうとはしない。
沙智は下着も脱がされ全裸にされ、その後、奈々も脱がされ全裸にされると「撮らせて。いいよね?」また撮られた。

 暫く全裸を撮ってから「今度、1ヶ月社外間実習をするんだって!」と言いだす。
「社外実習?」
「そうなんだ。寮に入って、しごかれるらしいんだ!」
「また、会えなくなるんだね…」

 「暫くの間だけだけどね」
「寂しいわ。松本君と会えないなんて」
「僕だって寂しいよ。そうだ、この際だから2人のヘアが欲しいな。それを持っていくから」

 「ヘアが欲しい?」
「そう、ここのヘアだよ。これを見ながらオナニーするんだ!」松本の話に顔を見合わせている。
(ヘアは生えるからいいけど、性器が丸見えになるし…)
(でも、松本君が欲しいなら…)

 ちょっと間をおいて「いいわ、上げる。欲しいなら上げる!」「私も上げる!」と承知した。
「ありがとう。今すぐやるね」ハサミをで絨毛を根元から切り、ビニール袋に詰めていくと2人の股間は無惨な姿に変わった。

 「これは沙智さんで、これが奈々さんのだよ」袋に入った絨毛を見せている。
「恥ずかしいわ。誰にも見せないでね」
「勿論だよ、それより手入れしないとね」短い絨毛に石鹸液を塗り、カミソリで剃っていくと、ピンクの地肌が露わになってきた。

teimou

 「このまま撮ろうよ」無毛の淫裂が撮られていく。
「恥ずかしいわ。子供みたいで」顔を背けた。
「ダメだよ、こっちを見ないと」顔を赤らめながら、剥き出しになった淫裂が撮られた。

 「これくらいでいいかな。それにしても綺麗だね。こんなにピンクなんだ」指が割れ目を撫でて言う。
「ダメよ、そんな事しちゃ…」手を押さえるが「沙智さんに奈々さん。入れたいよ。ここに!」

 「ちょっとだけよ。破らないように、先っぽだけならいいけど…」
「ちょっとだけでもいいよ。入れさせて!」松本も服を脱いで行くと(痛いだろうな、あんなに太いし…)2人は肉竿が気になっている。
堅く勃起した肉竿は、限界まで膨らんでいた。

 「まずは、沙智さんからでいいよ」沙智に覆い被さり乳房を揉んでいく。
「優しくして。それに破らないで…」松本を抱きしめ足を広げた。
「行くよ」肉竿が淫裂に入り「うっ!」呻き声を上げるが、思った程痛くは感じられず、先端が入るとピストンが始まる。

 「気持ちいい、チンポが締められて…」
「松本君、私も欲しい…」奈々も待ちきれないのか、松本の尻を撫で始める。
「わかっています。次は奈々さんです」5分程ピストンしてから奈々に抱き付いた。

 「いいわ、痛くない。それに暖かい…」奈々も痛みは感じず、心地よい感触が伝わってくる。
(もっと、奥まで入れて欲しい。でも、怖い…)喪失する勇気がなかった。
それは沙智も同じで(喪失したいけど、怖いし…)ジッと淫裂をピストンするのを眺めている。

 その数日後、松本は社外実習で、会社に来なくなった。
沙智と奈々はいつもの明るさが消えて、元気なく仕事をしていた。
そんな2人に「やる気あるのか!」長島の罵声が飛んでいく。

「満たされて」第5話 ビルの屋上 赤星直也:作

第5話 ビルの屋上

 松本がいないと、沙智と奈々は寂しさを紛らす為に、2人で暮らすように考えた。
「奈々。アパート代、勿体ないわよね」
「そうね、どうせなら2人で暮らせばいいのよ。それに松本君が来てもいいように…」
「そうよ、そうすればいいのよ。アパートを捜そうよ」早速、一緒に暮らせるアパートを探し回った。

 あちこちの不動産屋を当たっていくと、松本の近くのアパートが目に留まる。
「ここは広そうよ。それに、2人で割れば3割安いわ」
「そうね。ここにしようか…」不動産屋と交渉して、2週間後に引っ越すことにした。

 アパートが決まると、2人は準備を始め、契約した通りに2週間後に引っ越した。
「これで一緒だね」
「そうよ。これで一緒になれるわよ」2人は片付けを済ませ、ビールを飲んでいく。

 やがて、酔いが回ってきた。
「今頃、どうしているかな?」
「浮気はしていないわよね」寂しさで、松本のことが頭に浮かんでいる。

 「奈々、寂しくない?」
「寂しいわよ。一緒でいい?」2人は寂しさを紛らわす為、ベッドで抱き合いだす。
「吸って、オッパイを…」沙智はブラジャーを外して、乳房を剥き出しにした。
「いいわよ。沙智も吸うのよ」
「勿論よ。あ、あ~!」心地よい感触に声を上げている。

 「今度は、沙智がして」奈々もブラジャーを外し、乳房を露わにすると、その乳首が吸われた。
「いいわ、松本君。あそこにもして…」不自由な姿勢でパンティを引き下げていくと、やっと生えた絨毛が露わになっている。

「ここもしていいの?」
「されたいの…。沙智になら、されてもいい…」
「わかった。やるね」沙智の指が、奈々の淫裂を撫でだすと「気持ちいい。オナニーより感じる…」奈々も手を伸ばして、沙智の乳房を掴み撫でていく。
(いいわよ。私も気持ちいい…)こうして、2人は全裸のまま、深夜まで淫裂を触り合った。

 それから2週間後、松本が社外実習を終えて、戻ると「ほう、大部鍛えられたようだな」引き締まった顔つきに長島も満足そうだ。
「はい、かなりやれましたよ」笑顔で答え、松本は仕事を精力的にこなし、皆からも信頼されるようになってきた。
だが、その分、沙智と奈々は不満だったが、我慢するしかない。

 そして、日曜日に2人は松本をアパートに呼んだ。
「そうか。一緒に暮らしているんだ。だったら、僕も住みたいな…」
「それは嬉しいけど、今は無理よ。まだ、新人の身だし」
「そうよ、それに2人の美人と一緒はまずいわよ」

 「そうだよね。アパートでなく、マンションや一戸建てなら平気だね。それに独立してからなら…」松本の考えが、2人には理解できなかった。 

 「そんな事より、寂しかったのよ。今日もして欲しいの」
「わかっているよ。僕もやりたかったし」3人は全裸になって抱き合い、昼近くにアパートを出た。

 3人は、ファミリーレストランで昼食を摂り、町の中を歩くとランジェリーショップが目に入る。
「欲しいな。かなりエッチなのが…」
「見たいの。エッチな姿が?」
「うん、見たい。それに、撮りたいよ」

 「わかった。買ってくるから待ってて!」2人は店の中に入り、暫くしてから恥ずかしそうな顔で戻って来た。
「買ってきたわよ。かなりエッチなのを!」
「だったら見せて、今すぐに…」松本は繁華街から外れた裏通りに向かう。

 そこは、行き交う人も少ない。
「あそこで見せて!」指さす先にはビルがあり、休日なのか人気が感じられない。
ビルに入り、屋上まで登って見渡せば、回りには誰もいないし、遠く山並みが見える。

 「いい眺めだ。ここなら、ヌードもいいぞ!」
「まさか、ここで脱げとでも?」
「そうだよ、脱いで。それに、下着姿も撮りたいし」
「ここでは許して。見られたら困るの」

 「わからないよ。見て、あのビルの人が見えるかい?」言われればその通りで、正面にあるビルの屋上の人影はわかるが、何をしているかはわからない。
「わかったわ。脱ぐけど秘密にしてね」覚悟を決め、2人は脱ぎだした。

 ニット、スカート脱いで下着姿になり、その下着も脱いでいく。
「ヘアが伸びたね。また剃りたいな」カメラを構えて言う。
「ヘアの無い方が好きなの?」
「どっちかというと、無い方が好きだな。綺麗に見えるから…」

 (そうなんだ。松本君はヘアのない性器が好きなんだ!)2人はブラジャーも脱いで全裸になった。
「いいよ、凄くいい!」2人は肩を寄せ、カメラに収まっていく。

屋上

 「オッパイを、吸い合って!」
「恥ずかしいわよ。いくら松本君でも…」
「やってよ。撮りたいし」そう言われれば拒めず、2人は乳房を吸い合い、淫裂も触り合う。
「いいよ。まるで、レズみたいだ」松本の肉竿が膨らんでいる。

 「松本君、抜きたくない?」
「抜きたい。2人にされたいよ」
「わかった。してあげる!」松本のズボンを引き下げ、肉竿を露わにした。

 「カチカチよ。こんなに堅くなっている…」
「そうなんだ。2人のヌードに興奮しているんだ」2人の乳房を握りしめる。
「待って。今やるから」松本の前に膝を付け、2人は舌で肉竿をなめだすと「いいよ。凄くいいよ…」上擦った声をあげながら頭を撫でていく。 

 (喜んで貰えるなら、飲んでもいいわよ)そう思いながら、交代で肉竿を口の中に入れていくと、松本も登り詰めた。
「だすよ、だすからね」2人の口に交代で噴射し「ゴクン!」それを飲み込んでいく。

 その後、2人は買い込んだ下着を着たが、生地が薄く、乳房や股間がスケスケとなっている。
「撮るからね」下着を着込んだ姿が撮られた。

 下着姿を撮り撮り終えると3人は服を着てアパートに戻った。
「剃りたいよ。今すぐ、ここで…」
「わかった。準備するから待って!」奈々と沙智はカミソリなどを準備して、下半身を剥き出しにしていく。

 「いいわよ。剃っても」その合図で、石鹸液が塗られていく。
「松本君、浮気はしないでね。私と奈々以外はエッチはしないで」絨毛を撫でられる沙智が言う。
「勿論さ。僕は2人が好きだから浮気はしないよ」撫で終えるとカミソリで剃りだす。

 生えかけた絨毛は、また消されてピンクの割れ目が剥き出しになっている。
「今度は、奈々さんだよ」奈々も絨毛を剃られていく。
「今度の連休には、いいでしょう?」松本は剃りながら尋ねた。

 「奥まで入れて、セックスしたいの?」
「うん。責任は取るから2人としたいんだ!」その言葉に2人は顔を見合わせた。
(奈々どうする、私は喪失してもいいけど…)
(私もいいわ。でも怖いの、喪失した後が…)暫く沈黙が続いた。

 その沈黙を破り「わかった、バージンを上げる。でも、出来ちゃったら産んでもいいよね?」
「産んでもいいよ」その言葉で、沙智と奈々は不安が吹っ切れた。
「それなら、夏休みがいいわね。1週間あるから、どこかの別荘でも借りて…」
「いいね。それだったら、僕が探すよ」松本も笑顔になっている。


未知の星・別館



「愛と官能の美学」様より
いただきました。

ここは、赤星直也が管理している「未知の星・別館」です
本館へは、下記サイトで、
お確かめ下さい。

  「未知の星」

おことわり

この作品は全て空想で書かれており、実在の個人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は小説作者が所有してますので作品の無断転用もかたくお断りし ます。違反した場合は著作権法によって刑事罰と民事罰が与えられますのでご承知下さい。
リンク
 小説名一覧
アクセスランキング






アクセスランキング
ブログランキング

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

更新専用掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。


メッセージ

名前
メール
本文