はばたけ!赤い羽根

丹波市共同募金委員会がおおくりする、丹波市内の共同募金情報です。

平成22年度第3回募金推進委員会を開催しました

 平成22年3月28日(月)、みだし委員会を開催しましたので報告します。
 
◎報告事項
・募金推進委員の交代について
・平成22年度共同募金実績報告について

◎審議事項
・平成22年度寄付金特別会計補正予算(第1号)について
・平成23年度事業計画(案)について(画像をクリックすると拡大表示します)
・平成23年度一般会計予算(案)及び寄付金特別会計予算(案)について

◎協議事項
・平成22年度剰余金の取り扱い(案)について

いずれも承認されました。

共同募金委員会事業計画

平成22年度赤い羽根共同募金運動報告

共同募金運動報告 平成22年度赤い羽根共同募金運動による募金総額は、15,977,223円となりました。詳しくは、左の画像をご覧下さい。
(クリックすると拡大表示します)

啓発活動として街頭募金を実施

s-CIMG0940 10月3日(日)、午前10時30分から正午まで、ゆめタウンとコモーレ丹波の森、TSUTAYA柏原店の出入口付近で場所をお借りして街頭募金活動を行いました。
 市内の高校生や共同募金配分金受配団体の利用者・職員などたくさんの方に街頭募金ボランティアとして参加していただきました。総勢40名で募金活動し、総額58,478円の協力を訪れた皆様から得ることができました。
 この募金は、平成23年度の地域福祉事業配分金として、丹波市の地域福祉活動を行うために活用させていただきます。
 街頭募金の実施にご協力いただきました関係者の皆様、そして、募金にご協力をいただきました皆様、本当にありがとうございました。
s-P1060802-1  s-P1060796




※街頭募金ボランティア
 柏原高等学校、氷上高等学校、氷上西高等学校、社会福祉法人みつみ福祉会春日育成苑、NPO法人友愛こぶし、社会福祉法人恩鳥福祉会たんば園、NPO法人ひかみボルゴベネッセレワークホームもあ、NPO法人かたくり希望の家・きらめきワーク、NPO法人Tプラス・ファミリーサポート

「赤い羽根共同募金運動」が全国一斉に始まりました

s-ポスター2010_B3横_20100712 本年も厚生労働省の告示を受けて、10月1日から12月31日まで「地域の福祉、みんなで参加」をスローガンとして全国一斉に赤い羽根共同募金運動を展開します。
 共同募金は、国民総参加のたすけあい運動として、地域福祉を推進する運動です。
 詳しい使いみちについては、下記のとおりです。(クリックすると拡大になります)
 今年も市民みなさまのあたたかいご協力をお願いします。
s-実施 s-計画

兵庫県共同募金会会長表彰を伝達しました

s-被表彰団体 赤い羽根共同募金運動に長年貢献されております学校・団体の功績が認められ、兵庫県共同募金会会長より表彰させていただくこととなりましたので、平成22年9月1日(水)、募金推進委員会の席上で、表彰伝達式を行いました。
受賞されました学校・団体は次のとおりです。

・丹波市立 崇広小学校
・丹波市立 氷上中学校
・丹波市立 神楽小学校
・丹波市立 春日中学校
・丹波市立 上久下小学校
・丹波市立 市島中学校
・丹波市氷上民生委員児童委員協議会

平成22年度第2回募金推進委員会を開催しました

 平成22年9月1日(水)、みだし委員会を開催しましたので報告します。
 
◎報告事項
・平成22年度共同募金(平成21年度剰余金)受配決定について

◎審議事項
・平成22年度丹波市共同募金委員会共同募金運動実施要綱(案)について
・平成23年度丹波市共同募金委員会共同募金配分計画(案)について
・平成22年度丹波市共同募金委員会一斉街頭募金実施要領(案)について

いずれも承認されました。

◇ 平成22年度共同募金(平成21年度剰余金)受配決定については、8月20日に開催した配分委員会の結果を報告しました。慎重に審議された結果、次の施設・団体に配分されることになりました。内容等については、事業完了の取りまとめ後に広報紙「はばたけ!赤い羽根」等を通じて報告します。
・社会福祉法人みつみ福祉会春日育成苑
・NPO法人友愛こぶし
・社会福祉法人恩鳥福祉会たんば園
・NPO法人ひかみボルゴベネッセレワークホームもあ
・NPO法人かたくり 希望の家
・NPO法人Tプラス・ファミリーサポート

◇平成23年度丹波市共同募金委員会共同募金配分計画については、次のとおりです。(クリックすると拡大になります)
配分計画







◇街頭募金については、10月3日(日)午前10時30分より、「ゆめタウン」と「コモーレ丹波の森」、「TSUTAYA柏原店」で実施します。

平成22年度共同募金(平成21年度剰余金)受配要望について

 丹波市共同募金委員会では、剰余金を活用してさらに地域福祉の推進を図るために、配分を行います。
 主な内容は下記のとおりです。受配要望される施設等は要件等をご確認のうえ、ご応募ください。
 なお、詳細については、丹波市共同募金委員会(社会福祉法人 丹波市社会福祉協議会内)電話82-4631までお問い合わせください。

【配分対象施設等】
―∀継続支援B型
(雇用されることが困難で18歳以上の障害者が日常生活自立のための訓練を受けるとともに、職業訓練等を受ける施設)
地域活動支援センター
(日中活動や社会交流の促進のため、対象者が通所して創作活動や生産活動に従事する施設)
上記以外の特定非営利活動法人
(特定非営利活動促進法に基づき、法の定めるボランティア活動などの市民活動の健全な発展を促進し、公益の増進を図ることを目的として活動する、法人格を付与された非営利活動を行う団体)

【受配の要件】
・民間による運営であること
・介護保険法による介護サービスを提供しない施設であること
・当該年度に他の民間団体から10万円以上の助成及び補助を受けていないこと
※民間とは、財団法人等が行う助成(補助)事業及び共同募金会が行うA配分の事業をいいます。

【配分対象事業の内容・受配要望額】
…樟楮邏箸忙藩僂垢覽ヾ錙θ品等の整備、車両購入に要する事業(40万円以内)
活動スペースの環境整備(25万円以内)
5鐓貊蠅鼎りのための必需品の購入(15万円以内)
せ務処理のためのOA機器の購入(10万円以内)
※要望件数が多数の場合は、ご希望にそえないことがあります。また、1割以上は自己負担となります。

【提出書類】
・平成22年度共同募金受配要望書
・関係資料
※受配要望書は、所定の様式がありますのでお問い合わせください(下記をクリックして印刷することも可能です)。

【提出期限】
 平成22年8月13日(金)必着

【提出先】
 丹波市共同募金委員会
 〒669-3602 丹波市氷上町常楽209-1 (社会福祉法人 丹波市社会福祉協議会内)
s-20100720101345009_0001 s-20100720101345009_0002

平成22年度第1回募金推進委員会を開催しました

 平成22年5月27日(木)、みだし委員会を開催しましたので報告します。
 
◎報告事項
・平成21年度 事業報告について
・平成21年度 寄附金特別会計専決補正について
・平成21年度 一般会計報告について
・平成21年度 寄附金特別会計決算報告について

◎協議事項
・剰余金を活用した新たな制度について

 いずれも承認されました。
 剰余金については、平成21年度の地域福祉活動費として丹波市社会福祉協議会へ配分された配分金が、予算内で事業が執行されたことにより本会へ返還され、剰余金として本年度に繰り越したものです。
 この剰余金についてどのように活用するのかということを審議いただきました。
 その結果、公的な補助を受けることが難しい社会福祉施設や特定非営利活動法人等を対象に地域福祉の推進を図るため、剰余金を配分することになりました。
 詳細については、募集時期が近づきましたらお知らせします。

平成22年度ボランティア・NPO支援事業のご案内

兵庫県共同募金会からのお知らせです。
平成22年度ボランティア・NPO支援事業の受配要望受付が開始されました。
対象は、活動実績が1年以上あり、県域又は複数市区町をエリアとするボランティア団体・NPO(法人格の有無は問わない)の平成22年9月〜23年3月に実施する事業です。
申込締切日は、平成22年5月14日(金)当日消印有効です。
総額350万円(1件上限40万円で、申請事業の実施に関わる経費の4/5以内)
詳細については、兵庫県共同募金会(TEL 078-242-4624)に直接お問い合わせ下さい。
HPアドレス(http://www.akaihane-hyogo.or.jp)

平成21年度赤い羽根共同募金運動実績報告

1cfc5462.JPG(画像をクリックして下さい)
プロフィール

akaihanetamba

Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ