Promised Land

hitomiの日々

腐女子の生き方

例の小説だけど...

下の三番目の記事で言ったあのBL小説。

今日はMonthly Vampsを買うことができなかったから、一気にあれの中国編を読んだ。

...うん、面白かったよ。ある意味で、特に中国人の私にとってね。
あの時代の設定は漢の時代で、物語が展開しているところはちょうど昔の西安である長安だったから、余計に面白くなった。日本人が書いた中国風の小説は初めて読んだからね。
だけど、面白い上に切ない物語だなぁと読み終わったらそう思った。
悲劇だとはもう承知の上だけど、やっぱり切ないなぁ〜
でもこの中国編って、実は悲劇でなくてもいいのに、と個人的に思った。
あの恋人たちはもうすでに幸せを手に入れたのに、一番平凡だから捕まえにくい幸せを。
それでも運命の悪戯みたいに罰を与えてその幸せを奪ってしまうのはあまりにも残酷すぎるじゃないのか。
しかも、一人だけは幸せの残影の中で微笑んで死んだという設定はなおさらだ。
鳥肌が立つぐらい二人の恋の結末を痛惜した。
やっぱり幸せを手に入れる前に悲劇を与えるより幸せを手に入れたあと悲劇を与えるのほうがずっと切ないと感じるなぁ〜

では、これからはローマ編だ。
かなり評判のいい物語みたいで、どんなストーリか実に楽しみ〜><

SASRA 1 (1) (B-BOY NOVELS)
SASRA 1 (1) (B-BOY NOVELS)

小説に夢中・・・><

BL系だけど...(笑)

でも、やっぱ結構面白いわ〜


運命に翻弄され、罪を犯した恋人たち、生まれ変わるたびに巡り合って恋に落ちる。けれど、いくら巡り合ってもその恋の結末は死の悲劇にたどる。それは神様から与えられた罰なのだ。

と、いうような物語だよね。

さすがにこれは夢中するんだよ!(笑)

だっていろんな時代の設定があるんだもん。エジプトの王と神官から日本のヤクザまで。爆〜><
どんな恋をするのも興味深いことだ。
悲劇の結末だってわかっていてもやっぱその恋の行方を見届けたい。
それなりに小説が面白いってことだよね。BLに限らず。><

今日は一応エジプト編を読み終わった。これからは中国編に突入。
楽しみだなぁ〜中国編って。><

お金がないっ!

待ちに待ったこのアニメがようやく昨日見られちゃった。XD

うぅ〜ん、どう言えるかな、感想は。


正直に言うと、実は画面のほうが自分の期待ほどそんなによくないと思ったから、ちょっと残念。

けどよ、声優さんの演技はなかなかのもんですね。
特に福山潤さんっすよ〜♡
本来彼が演じたキャラクタの綾瀬はドラマ版で石田さま(XD)が演じたのだ。
もう多くのファンに認められた石田さまの綾瀬のあとで、この仕事を受け取るのは期待される一方、きっと大きなプレシャーにもなると思ったよ。
だから、キャラクタ変更とのことを知って以来、ちょっと心配してたんっすよ。

でも、昨日アニメを見た後、こういう心配はほんとに必要のないものだって感じ。
潤さんはとても可愛くていとしい綾瀬を演じたんだ。せりふが少なかったけれど、彼が綾瀬をちゃんと演じたいがんばってるのは分かったよ。可愛いね〜><
潤さん、次のご演出にもがんばってくださいね。
私は応援しますから。><

ほかの声優さんの演技も見事ですよね。自分は飛田さんの演じたおかまさんの染矢が好き。面白いキャラですね。XD

それに、期待してるHシーン(何が期待してるのよ?アホ!汗)はね、あまりないじゃない?これもまたすこし残念...アセ〜

三千世界の鴉を殺し

最近、津守時生先生が書いたこの本を読んでいる。

この本めっちゃ面白いっすよ!
こんなに面白いとは思わなかった。読む前にね!

BLというより、むしろミリタリーコメディと言ったほうが適当だよね!
第一巻を読んだだけで自分はもう津守先生に敬服しちゃった!><
どうやってこんなに面白い作品が書けるんだよ?

超絶美形の毒舌の有能な宇宙官将校、誰でも迷われる美しい変態な外科先生(笑)、ヤオイの悪趣味をもっている女性兵士たち、それにいつもその悪趣味を持っている女性兵士たちにいじめられる筋肉の男性兵士たち...
以上のようなネタで組み合わせて書き上げた小説はどんなに面白いのか、もう言うまでもないでしょう!XD

ちなみに、小説を読んだら、ようやく分かったけど、この本の名前は高杉晋作が作った都都逸からのだそうだ。

♪三千世界のカラスを殺し〜♪ぬしと朝寝がしてみたい〜♪

なんだか切なくて悲しい感じでね。
ウェブカレ
コメントありがとう♪
訪問者数

プロフィール

赤い瞳