鶏口となるも牛後となるなかれ

         by 赤井鶏太(黒幕@赤い携帯 ◆kHbmSZ3jA.) ( ・ω・)y─┛~~毎日新聞問題の情報集積wiki


毎日新聞waiwai問題を追及・考察しております。あなたは彼らを許せますか?m9(`・ω・´)y─┛~~

毎日新聞に要求します
1)恒久的なWAIWAI記事の訂正文の掲載
2)永続的な世界に広まったWAIWAI記事の訂正・削除運動。またその成果の発表
3)真摯な謝罪
4)厳粛なる関係者の処分
5)徹底なる真相の究明

2008/09/01 毎日新聞に対し公開質問状を出しました。毎日新聞の誠意ある回答を求めます


※ご連絡はakaikeita★ライブドア.コムまで(★を@に変えてください)

お詫び

【衆院解散】露国営テレビ「麻生氏は戦後最も不人気の首相」

産経新聞
 東京都議選での自民党惨敗を受け、21日の週の衆院解散を表明した麻生太郎首相について、ロシア国営テレビは13日、東京特派員との中継を交えながら「戦後最も人気のない首相として歴史に名を残すことになった」と伝えた。


 ろしあ〜〜〜〜! 消費税導入時の竹下、三本指の宇野、えひめ丸事故の森

 日本の首相の印象の薄さには笑わされる( ^ω^;)y─┛~~

人気ブログランキング
banner_11

8月30日衆議院 選挙

我を過ぐれば憂ひの都あり、
我を過ぐれば永遠の苦患あり、
我を過ぐれば滅亡の民あり

義は尊きわが造り主を動かし、
聖なる威力、比類なき智慧、
第一の愛我を造れり

永遠の物のほか物として我よりさきに
造られしはなし、しかしてわれ永遠に立つ、
汝等こゝに入るもの一切の望みを棄てよ
(Wikipediaより)


 さてさて地獄の門をくぐるのか? 実は門の向こう側から戻ってくるのか? 地獄の門なんて考え自体が幻想で、選挙後もさして世の中は変わらないのか? まずは投票する事が大事

人気ブログランキング
banner_11

デイリースポーツオンライン:立命大アメフト部員 ホモAV出て退部処分

 デイリースポーツによれば立命館大のアメフト部員が過去にホモAV出演歴が2ちゃんねるで見つけられ、同部を退部したと言うことを伝えている。朝の紙面をたまたま見てお茶を吹きそうになった

 これニュースバリューあるのか?

 6本も出演ということはたぶんガチな性向なのだろうが、人の
アルバイトでゲイビデオ出演というのはあまり感心できないし、大学当局なり、同部の考え方として退部させたとしても、その組織の判断だから他者がどうこう言うことはない。また世間は結構ゲイネタは笑いのネタとして話題にしがちだし、2ちゃんねるを含めインターネットは世間の延長線上にあるものだから、人の口に戸は立てられないのと同様、話のネタにはなってしまう

 スポーツ紙はしょうがねーなー、と思っていたがあに図らんや。一般紙もこの記事を伝えている。
読売新聞
朝日新聞
毎日新聞
産経関西
(読売のみ紙面にても確認。各紙はAV出演としてしか伝えていない)

 そりゃ、退学ではないのでさほど制裁(自主的とはいえ就職の内定の辞退というのはかなり厳しいが)を受けているわけではない。そもそも感心できることではないが、法律を犯したわけでもない。あたら前途ある学生を、特定はできないとはいえ報道する必要性があるのだろうか? 私などはデイリーの紙面を見るまでまったく知らなかったのだが、いったいこの事件(?)のニュースバリューがどこにあるのか、私にはさっぱり理解できない。小さく閉じられた世界だけでの問題として捕らえていればいいだけで、ベタ記事とは言え、全国的に報道して件の学生に社会的に制裁(?)をくわえる必要性は全くないと思うのだが。私みたいに「どこの板なんだ!!」探し出し始めるヤツが出てくるというのに(今一生懸命探索中。いや決してホモビデオに興味があるのではなくどの板で発覚したか気になるだけ…アッーーー)

人気ブログランキング
banner_11

朝日新聞:『便所飯』

8b31d54d.jpg 7/6付け朝日新聞夕刊一面トップで『友達いなくて便所飯?』と題し、孤独にトイレで食事をする大学生が増えていると伝えたが、これは根拠の乏しく、都市伝説を真に受けたのではないかと評判になっている
Serrchina:【日本の検索ワード】便所飯〜都市伝説から社会問題に
J-CAST:1人で食べる姿見られたくない 若者の「便所飯」あるのか?
ZAKZAK:朝日新聞が釣られた? 1面トップで「便所飯」報道!

 実際問題としては、集団から外れて個食をする人はいる。トイレではなかったが私の職場にも頑なに別室で食事を取る者もいたし、部外者だが通常の人が入っていることができない鍵のかかった機械室で食事を取っているとおぼしき行動をする人も見かけたことがある。不特定多数の人出入りするはずの商業施設のトイレに弁当がらが放置されていたのを見かけたこともある(この場合ホームレスの人が弁当を食べた可能性が高いが)。少し例は違うかも知れないが、人づてに聞いた話でが一部上場企業の本社内で、特定の時間(午前中だったそうだが)に必ず女子トイレで缶酎ハイや缶ビールを呑んで、空き缶を放置されて困っていると聞かされたこともある。人が集団を形成したとき、必ずと言っていいほどはみ出してしまう人はいる。これはどんな社会にも不変なことだ。そしてその絶対数は非常に小さいであろう

 朝日新聞はそのどこの社会でも普遍的にある、孤独に食事を取る人がいることを増えていることとして大きく普遍化したいのだろう。その根底には社会から抑圧・阻害されている人が増えていることを訴え、読者の不安を共有・共感させたいのだろう。マスメディアは読者・視聴者が関心を持ちそうな問題を選び出し脚色して報道を行う。読者・視聴者が感情移入できなければ誰も見向きもしてくれない

 「便所飯」を行う学生が増えているとしている、その根拠は非常に貧しい。都市伝説的なたぐいを根拠にしているとしか思えない。ZAKZAKによれば2005年頃から広まったとしている。また1ドットの声にもギガバイトの魂などは
便所飯の話題は以前から2ちゃんねるでAA(アスキーアート)にもなっていましたほどです。
しかしあくまでも、孤独な学園生活を送る者のリアルな生活を描写していたのではなく、
「しまむらに行きたいが行く服もない」などの自虐ギャグとしてである。

と、分析している。実際こんな板があり、冗談化している

 メディアが都市伝説を蔓延させるというのは、もう常識化しているのではないだろうか。「都市伝説」という言葉を広めたブルンバンの著作にも指摘があったと思う。記憶にあるのは日経新聞が「痛みの単位としてhanageが国際単位となった」と伝えた事件があった。100%の記事を書くことは不可能かも知れないが、朝日新聞はもう少し記事の内容を精査するべきだっただろう。だいたい全国の大学でで同じ張り紙なされていることを記事に書いているのだから、「便所飯」を行う学生が増えていると考えるより、いたずら・ジョークが蔓延していると考えるのが筋なのではないだろうか? やはり朝日の記事は牽強付会だろう

 ところで朝日新聞さん。東京一面と名古屋版社会面で微妙に違うの何故?
便所飯2←慶応大学版バージョン(ネットで拾ったので本物かどうかは保証できません)


便所飯3
←名古屋版夕刊紙面。東京版と見出しが違い、名城ダイバージョンを載せ、「謎の張り紙」と大きく


人気ブログランキング
banner_11

掲示板にurlをカキコされたら書類送検

 読売新聞によると、
「インターネットの掲示板を開設し児童ポルノ動画サイトのアドレスを掲載させたとして、(略)私立大2年の男子学生(19)を児童買春・児童ポルノ禁止法違反(公然陳列ほう助)容疑で横浜地検小田原支部に書類送検」されたという

 この記事を読んでびっくり! 掲示板にどのような内容の書き込みされるのかは、開設者にわかるはずもなく、むちゃくちゃな捜査だと思った。違法なurlを書き込みされることは予感できても、それを防ぐ手立ては一切無い。手立てはただ一つ、掲示板の開設そのものの否定しかない。もうこれはインターネットの否定でしかない

 ただ一つ気になるのは、この学生が開設した掲示板の性格である。「児ポ動画・画像(へのリンクを)をがんがん張ろうぜ!」的性格ならば、掲示板開設そのものは違法かもしれない。いや、児ポ動画・画像のサイト自体は私も否定するから、そこへの誘導としてurlを書き込みするのは違法だろう。読売の記事だけでは何とも言えない。

 で、他紙を確認してみると、
毎日新聞
児童ポルノの動画の投稿を募り、アドレスを掲載させ、不特定多数に閲覧させた疑い。
産経新聞
 県警の調べによると、少年は昨年8月、不特定多数から児童ポルノサイトのアドレスが掲載されることを知りながら、同アドレスを掲載するネットの掲示板「関西○交」を開設した疑いが持たれている。

 県警によると、海外の児童ポルノサイトのアドレス掲載をめぐる同法違反の適用は全国で初めて。少年は容疑を認め、「児童ポルノが好きで画像を集めたかった。違法だとは思わなかった」と話しているという。


 ありゃりゃ、どうも開設された掲示板は収集目的のための掲示板のようだ。正確なところはわからないが、こりゃアウトかな。幇助疑いは濃いのではないだろうか?

 …と、一瞬思ったが警察の判断は結構危険かもしれない。合法的ポルノを語る掲示板掲示板ですら、児ポ動画・画像へのurlを故意に書き込まれる可能性がある。ポルノ掲示板でなくてもいい。どんな性格の掲示板でも同じ事だ。掲示板でなくてもブログのコメント欄に書き込まれたらアウトかもしれない。開設者にはどのような内容の書き込みが起こりえるかなどわからない。裏返せば全ての掲示板は児童ポルノへのurlを張られる可能性がある。すべからく掲示板は違法であることになる。今回の件は
 捜査関係者によると、少年が掲示板を開設したサイトには、ほかにも海外の児童ポルノサイトに接続できる掲示板が約100あった。県警は同日、この掲示板設置サイトの管理者に警告したうえで、すべての掲示板を削除させた。
(上記読売新聞)

 管理者に削除させた「海外の児童ポルノサイトに接続できる掲示板」とはいったいどのような性格のものであったのだろうか? 全てが児童ポルノを求める掲示板なのであろうか? やはりどこかに疑問が残る


 2ちゃんねるにあったのだが、グーグルの画像検索はアウトなのであろうか? その検索結果のurlを引用したら、私は後ろに手が回ってしまうのだろうか?
8 名前: 名無しさん@十周年 投稿日: 2009/07/09(木) 10:37:48 ID:dxIjLNfe0
 Googleは逮捕されちゃうの?

 ttp://images.google.com/images?hl=ja&lr=lang_ja&safe=off&um=1&newwindow=1&sa=1&q=%E7%9C%9F%E6%80%A7%E5%A7%AA%E3%81%A3%E5%AD%90&btnG=%E7%94%BB%E5%83%8F%E6%A4%9C%E7%B4%A2
(http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1247101627/より。面倒くさいのでアンカータグで囲ってません。もろ出し児ポ画像なのでアドレスバーに直接ペーストしないように)

 はたして、私は書類送検されてしまうのだろうか? このようなデータを自動的に収集してしまうGoogle画像検索は?


 読売新聞の書き方ではかなり誤解を生む。少なくとも読売の記事で立てられた2ちゃんねるスレッドには誤解が蔓延していると思う

 児童ポルノは私も否定する。取り締まりを行っていい。だが、警察は個々の案件を十分に吟味する必要があるとともに、マスメディアも誤解を受けるような書き方をすべきではない

人気ブログランキング
banner_11
このブログについて
人気ブログランキング
banner_11
↑ランキングに登録しました。ぽちっとな、してもらえるとうれしいな

当ブログはリンクフリーです
毎日新聞waiwai問題を中心に備忘録を兼ねてれづれなるままに書いていきたいと思います( ・ω・)y─┛~~
トラックバック&コメントは特に制限をかけていません
(ひどいのは削除しますけどね)

名刺


私はいかなる思想・政治・宗教団体にも属しておりません。全くの個人として活動いたしております。ただのサラリーマンです。あえて言うならば『毎日新聞から子供たちを守る会』のソールメイトです

 素人の戯言ですが、いろいろつっこみを入れてもらえるとありがたいです。最近ネタガレしてきて ( 'A`)y─┛~~

必読書

CODE VERSION 2.0
 ローレンス・レッシグ


●インターネットは民主主義の敵か
 キャス・サンスティーン


Republic.com 2.0

↑まだ読んでないけど読む暇がない orz


フラット革命
 佐々木俊尚







訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール

赤井鶏太

参考図書
●Free Culture


●クラウド化する世界


●コモンズ


●インターネットの法と慣習 かなり奇妙な法学入門


●ハイエク 知識社会の自由主義


●グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する


●ネット未来地図 ポスト・グーグル時代 20の論点


●電波利権


●ジャーナリズム崩壊


●新聞がなくなる日


●サイバージャーナリズム論 「それから」のマスメディア


●ネットは新聞を殺すのか


●新聞社―破綻したビジネスモデル


●インフォコモンズ







Recent Comments
Recent TrackBacks
毎日.JPからお詫びが消えた (毎滅記・・・滅び行く毎日新聞の記録)
毎日.JPからお詫びが消えた
Archives
Categories
QRコード
QRコード
記事検索
今読んでいる本とか
●「みんなの意見」は案外正しい




超おすすめ
◎中国経済がダメになる理由


◎ブログ論壇の誕生


◎「食糧危機を」あおってはいけない




最近読んだ本と、積ん読状態
積ん読状態
いつ読めるのやら orz

●死都ゴモラ






最近読んだ本

●と学会年間KIMIDORI


●新版 アメリカ横断TVガイド


●グーグルとウィキペディアとYouTubeに未来はあるのか?


●殺人大パニック!


●ネットはテレビをどう呑み込むのか?


●エコ・テロリズム


●フラット化する世界(上)


●フラット化する世界(下)


●グリーン革命(上)


●グリーン革命(下)



●ビーイング・デジタル


●アメリカは今日もステロイドを打つ


●テレコム・メルトダウン―アメリカの情報通信政策は失敗だったのか


●隷属への道


●クリエイティブ・コモンズ―デジタル時代の知的財産権


●憲法で読むアメリカ史(下)


●憲法で読むアメリカ史(上)


●クラウド・コンピューティング ウェブ2.0の先にくるもの


●反貧困


●"俺様国家"中国の大経済


●自由をいかに守るか−ハイエクを読み直す


●USAカニバケツ


●ウェブ国産力―日の丸ITが世界を制す


●精神鑑定の事件史


●情報革命バブルの崩壊


●キャプテン・アメリカはなぜ死んだか


●アメリカ人の半分はニューヨークの場所を知らない
  • ライブドアブログ