鶏口となるも牛後となるなかれ

         by 赤井鶏太(黒幕@赤い携帯 ◆kHbmSZ3jA.) ( ・ω・)y─┛~~毎日新聞問題の情報集積wiki


毎日新聞waiwai問題を追及・考察しております。あなたは彼らを許せますか?m9(`・ω・´)y─┛~~

毎日新聞に要求します
1)恒久的なWAIWAI記事の訂正文の掲載
2)永続的な世界に広まったWAIWAI記事の訂正・削除運動。またその成果の発表
3)真摯な謝罪
4)厳粛なる関係者の処分
5)徹底なる真相の究明

2008/09/01 毎日新聞に対し公開質問状を出しました。毎日新聞の誠意ある回答を求めます


※ご連絡はakaikeita★ライブドア.コムまで(★を@に変えてください)

お詫び

毎日新聞

FLASH 『幸満ちゃん事件「TBSスクープ美人記者」の“行きすぎ”取材』

 TBSは気は確かか?などで、東金市児童殺害事件について触れたが、週刊誌媒体があの取材について疑問を投げかけてる。久々に写々丸を買いましたw。写々丸によれば、NEWS23(放送は12/8)のカラオケシーンは「事件発生6日後の9月27日その後「事件発生4日後にさかのぼり、外でインタビュー」を行い、もう一度カラオケシーン。カラオケは1時間だという。また逮捕前夜、午前2時の電話もやはり非常識であると非難の声が上がっているという。某テレビ局ベテラン社会部記者曰く、「そんな時間に有力容疑者に電話をすれば、『逮捕が近いとのか』と勘づかれ、自殺や逃亡、証拠隠滅をするおそれがおおいにあります。信じられない行為です」続きを読む

今日笑ってしまったブログ

牧太郎の二代目・日本魁新聞社不況の日々(12/18)。誰これ? と思ったブログ主の牧太郎氏はプロフィールによると毎日新聞からサンデー毎日編集長、病気療養後、毎日新聞専門編集委員就任している。毎日新聞上層部の人間だ
 同僚(と言っても信頼できる「上司」)と柳橋のチャンコ鍋で、2人きりの忘年・激励会。「不況に勝つには信頼できる情報を的確に提供すること。その点、情報網は毎日新聞が業界ナンバーワン。不況はチャンスだ」で一致。意気軒高?
 誤報だらけで最も信頼置けない新聞と見なされているのに、まだこんな牽強付会をかます人がいるかと思うと、日本の将来は暗雲としている。まったく反省という文字は彼らの辞書にはないのであろう。直近では東金市女児殺害事件で、容疑者から女性記者に「1日10回以上、無言電話などをかけ」る取材方法をおかしいとは思わないのであろうか? そのような取材方法が「ナンバーワン」なのか?
参考:東金市 児童殺害事件に関して
  :毎日新聞当該記事
 またWikipedia誤報事件にしても同様である。
  サイゾー:社会 社説まで間違えた!? 大誤報連発の毎日新聞は大丈夫か
  :これはひどい 大誤報連発の毎日新聞
  :毎日新聞は正義

 好不況に関係なく、若者よ、新聞・雑誌を読め。(12/17)も片腹痛い
 若者はテレビ、ネットで馬鹿になっている。テレビで感情的になり、ネットで、事の重大性が分からなくなる。新聞なら、ことの大小が記事の扱いで分からせるが、ネットではそれが分からない。で、彼らはバランス感覚を失う。

 今時(嫌昔からか)のネットユーザーは、検索エンジンで複数のメディアの論説を調べ上げるし、2ちゃんねるなど掲示板では、怪しい記事には必ずソースを要求する。何らかの専門家のブログは理系・文系を問わず非常にレベルが高い。どっかの新聞みたいにろくに解説もできず、すぐに識者のコメントを掲載したりしない。わからないことはすぐに調べ上げてしまう

 だいたいこんなエントリーを出す人間が、ブログをやっていることが不思議だ。彼はGoogleなどちゃんと使いこなしているのだろうか? 上のエントリーはガード下でサラリーマンが仕事の愚痴をいっているのと何ら変わらないであろう。ブログというメディアにはふさわしい内容かも知れない

と言うことで、ブログネタが枯れているのを誤魔化すのであった( 'A`)y─┛~~

東金市児童殺害事件 毎日新聞の取材について

東金市 児童殺害事件に関してにおいて、各新聞の報道姿勢についての疑問を述べたが、その後TBSの信じられない報道に隠れてしまったが、毎日新聞にも不可解な点がある

毎日新聞:東金女児遺棄:逮捕の瞬間「うん」 女性つけ回しも 最後の部分
 直接取材していた毎日新聞の女性記者が、現場近くで取材をしていると、出会った勝木容疑者が後をつけてくることもあり、10月上旬には1日10回以上、無言電話などをかけてきた。


 やはりこの件も日テレNEWS24の記事が参考になるのではないだろうか?
  また、勝木容疑者は11月下旬に元同僚の女性に「メル友の彼女ができた」とメールを送っていたほか、逮捕前日の夜にはこの女性に電話をしていた。女性は電話に出られなかったが、着信記録があったという。女性は「普段は素直で明るい子だったので、信じられない」と話している。


 この女性記者は何故勝木容疑者に電話番号を教えたのであろうか? その電話番号とは彼女の携帯電話なのか? それとも勤務先なのか? 記事からはどちらなのかはっきりさせていない。社内の直通電話とも考えられなくもないが、個人所有・会社配布に関わらず携帯電話=彼女への直通電話と考えるのが妥当だろう

 また彼に接触は付近住人への取材と同じで偶然なのであろうか? 偶然なら前回エントリーで述べたように、何故彼に連絡先など伝えるのであろうか? やはり、今回の毎日新聞の取材もTBS同様、取材過程の間に勝木容疑者の名前が浮かんだ上での接触と考えるのが妥当だろう。この接触が『元同僚の女性に「メル友の彼女ができた」と』彼は勘違いをし、「1日10回以上、無言電話などをかけ」たのでは無いのだろうか? 前回エントリーのコメント欄7でも述べたが、
失礼な話ですが、彼のインタビューの受け答えを見る限りは、通常継続的に連絡を取りたいと思うのでしょうか? 彼は女友達ができたと勘違いし電話連絡し、結局何をしゃべったらいいかわからず、結果として無言電話になってしまったのではないでしょうか?
この通りだと思う。しかも記事には「無言電話などを」と書かれている。これはある程度の会話がなされていたことは十分伺える。物証が少ない中、毎日新聞も何らかの言質を得ようとしていたのだろう。失礼な書き方だが、頭の弱い容疑者に対して色仕掛け的に接触していたと考えていいのではないだろうか

 そしてなぜか
 捜査本部によると、勝木容疑者は、逮捕の瞬間「うん」とうなずいた。その後の調べで、遺棄を認め「(幸満ちゃんが)ぐったりしていて怖かった」と説明した。また、勝木容疑者の部屋には、女児向けアニメのポスターが壁に張られ、本棚にも「プリキュア」シリーズなどの少女漫画が並んでおり、部屋一面が漫画に囲まれた状態だった。
と、小児性愛者(ペドフィリア チャイルド・マレスター)的傾向を強調し、「無言電話など」とその異常さをさらに強調している。まだ捜査は始まったばかりだというのに。これは毎日新聞に限ったことではない、小児性愛者的傾向を強調するのはマスコミ全般に見られる。

 時事通信が伝える女児が好きなアニメ所持=勝木容疑者宅から押収−指紋を鑑定・千葉県警でもその傾向は伺える。捜査本部の話をそのまま伝えただけだといくらでも言い訳はできるであろう。この見出しだけでマスメディア全般における、考え方が想像できる。しかし容疑者の心は、幼いことは想像に難くない。漫画・アニメを好んでいても何ら不思議なことはない。彼も肉体的には十分大人である。異性に対して興味もあっただろう。その対象に実際の異性とアニメのキャラクターに違いを見いだせていたのだろうか? 何度も述べているが、彼自身に殺人や死の概念があるのだろうか? 被害者と遊びたかっただけなのではないだろうか? 体力的な違いにより、何らかの抵抗を示した被害者に対して気づかないうちに力を行使してしまったのではないだろうか? こういった一般的な想像は簡単なのに、マスメディアは被害者は女子児童→小児性愛者=漫画・アニメ愛好者的図式しか思い描いているようにしか伺えない。この記事は全国の地方紙やスポーツ新聞に配信され、多くの読者の目に触れたであろう。そこには偏見を蔓延させることなど考えないのであろうか?

 すべては憶測でしかない。だが私と同じように考えている人はやはりいる

ADON-K@戯れ言:【電凸】千葉県東金の小学生殺害事件+先週の「テクノバーンの報道への対応は?」について電凸しますた。
1ドットの声にもギガバイトの魂:毎日新聞・千葉県東金小学生殺害事件+テクノバーン報道記事に問い合わせした勇者

 前者は実際に毎日新聞読者室に対して、やはり「何故容疑者は女性記者の電話番号を知り得たのか」と問いただし、対応者はしどろもどろになっている。後半のWikipedia誤報事件の件に関して再度つっこまれ、さらに恥の上塗りをしている

 後者はそんな電凸を行った相良 宗介氏の質問に答える対応者の受け答えを分析している。そこから導き出される答えは、読者室とは都合の悪い記事を書いた編集局(この記事は社会部担当かな)=新聞社の顔を守るだけに汲汲としている(その対応はひどくお粗末だ)

 毎日新聞&TBSそしてその他多くのマスメディアには想像力というものはないのであろうか? その貧困な想像力に、人権などという言葉は思いつきもしない姿が伺える

wikipedia誤報問題で電凸をかました人がいた

470 名前: 名前をあたえないでください [sage] 投稿日: 2008/12/04(木) 23:29:58 ID:sEA6YaFq

 相良さんの電凸キタ(・∀・)


 290 名前:相良 宗介@東亜より出張 ◆jNdzkheJ/. [祝日?そんなの関係ねぇ!] 投稿日:2008/12/04(木) 23:20:18   ID:tDNwKF5b0
  皆様こんばんは。東亜板出身の電凸テロリスト・ウルズ7でございます。

  変態新聞社が、厚生省事務次官連続殺傷事件においてウィキペディアの記述を勘違いした結果、
  大誤報を垂れ流した件について…書き込みをした人を恫喝した模様です。
ソレに対して電凸を仕掛けたのですが…酷い応対でした。

  http://adon-k.seesaa.net/article/110600518.html


  >>278の件についても、電凸を敢行する予定でおります。


 いや驚いたのが、毎日新聞の読者室ってこんなにレベルひどいのでしょうか?
読:侮辱しないでいただきたいですね。ところで、日本ユニセフ協会ってなんですか?
 これ本気で言っているの? わざととぼけているの? 自社の動きも把握していないの?

まぁ、私が7月に電凸したときも、レベルの低い対応でしたからね〜、その時は読者室ではなかったですけど
このブログについて
人気ブログランキング
banner_11
↑ランキングに登録しました。ぽちっとな、してもらえるとうれしいな

当ブログはリンクフリーです
毎日新聞waiwai問題を中心に備忘録を兼ねてれづれなるままに書いていきたいと思います( ・ω・)y─┛~~
トラックバック&コメントは特に制限をかけていません
(ひどいのは削除しますけどね)

名刺


私はいかなる思想・政治・宗教団体にも属しておりません。全くの個人として活動いたしております。ただのサラリーマンです。あえて言うならば『毎日新聞から子供たちを守る会』のソールメイトです

 素人の戯言ですが、いろいろつっこみを入れてもらえるとありがたいです。最近ネタガレしてきて ( 'A`)y─┛~~

必読書

CODE VERSION 2.0
 ローレンス・レッシグ


●インターネットは民主主義の敵か
 キャス・サンスティーン


Republic.com 2.0

↑まだ読んでないけど読む暇がない orz


フラット革命
 佐々木俊尚







訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール

赤井鶏太

参考図書
●Free Culture


●クラウド化する世界


●コモンズ


●インターネットの法と慣習 かなり奇妙な法学入門


●ハイエク 知識社会の自由主義


●グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する


●ネット未来地図 ポスト・グーグル時代 20の論点


●電波利権


●ジャーナリズム崩壊


●新聞がなくなる日


●サイバージャーナリズム論 「それから」のマスメディア


●ネットは新聞を殺すのか


●新聞社―破綻したビジネスモデル


●インフォコモンズ







Recent Comments
Recent TrackBacks
毎日.JPからお詫びが消えた (毎滅記・・・滅び行く毎日新聞の記録)
毎日.JPからお詫びが消えた
Archives
Categories
QRコード
QRコード
記事検索
今読んでいる本とか
●「みんなの意見」は案外正しい




超おすすめ
◎中国経済がダメになる理由


◎ブログ論壇の誕生


◎「食糧危機を」あおってはいけない




最近読んだ本と、積ん読状態
積ん読状態
いつ読めるのやら orz

●死都ゴモラ






最近読んだ本

●と学会年間KIMIDORI


●新版 アメリカ横断TVガイド


●グーグルとウィキペディアとYouTubeに未来はあるのか?


●殺人大パニック!


●ネットはテレビをどう呑み込むのか?


●エコ・テロリズム


●フラット化する世界(上)


●フラット化する世界(下)


●グリーン革命(上)


●グリーン革命(下)



●ビーイング・デジタル


●アメリカは今日もステロイドを打つ


●テレコム・メルトダウン―アメリカの情報通信政策は失敗だったのか


●隷属への道


●クリエイティブ・コモンズ―デジタル時代の知的財産権


●憲法で読むアメリカ史(下)


●憲法で読むアメリカ史(上)


●クラウド・コンピューティング ウェブ2.0の先にくるもの


●反貧困


●"俺様国家"中国の大経済


●自由をいかに守るか−ハイエクを読み直す


●USAカニバケツ


●ウェブ国産力―日の丸ITが世界を制す


●精神鑑定の事件史


●情報革命バブルの崩壊


●キャプテン・アメリカはなぜ死んだか


●アメリカ人の半分はニューヨークの場所を知らない
  • ライブドアブログ