前回エントリーのコメント欄に質問がありまして、返答を書いていたら長くなってしまいましたから新規のエントリーとなりました

 まず、私はアクセス解析の専門家ではありません(w ライブドアブログのアクセス解析情報を元に、ブログにアクセスしたブラウザーがはき出す環境変数から、この人はどういった意図でアクセスしているのかを類推するだけです。だいたいライブドアブログのアクセス解析はへっぽこで、非常に使いづらいです。何らかのアプリを導入しないと分析は非常に面倒になります。もうエクセルもRDBも使い方を忘れているので、ほとんど手作業でやっている状態です(w それでもかなりのことが分かります
 ちなみに今、一番の訪問者はマスコミの方で…詳しくはまだ言えませんが、♪ぽ〜にょぽにょぽにょ魚の子〜♪とあったんですよね。なんだか「waiwai問題に関して、冷静な分析のブロガーが欲しかった」とか(ry

 個人情報の特定は現実世界でもインターネット上でも特定できます。ただ特定するためには多大な時間と労力が必要とするだけです。ただし、特定されるだけのそれ相応の行為−明らかな犯罪行為、もしくはその疑いのある行為−を行った人にしか、その追跡は許されないでしょう。闇雲に権力が特段の理由もなく個人の追跡・特定を行うようでしたならば、それは民主主義国家とは言えません。どこぞの国のように独裁専制国家と一緒です。それ相応の法に基づいた理由がなければ許されない行為です。確かに法があれば何でもできそうな気がしますが、これも違います。法の濫用を行う政府がある場合はやはり民主主義国家でありません。法を規制する規制が重要になります(自由言論における規制を規制する憲法論まで踏み込んでいいですが、長くなるのでまたの機会にしたいと思います)続きを読む