鶏口となるも牛後となるなかれ

         by 赤井鶏太(黒幕@赤い携帯 ◆kHbmSZ3jA.) ( ・ω・)y─┛~~毎日新聞問題の情報集積wiki


毎日新聞waiwai問題を追及・考察しております。あなたは彼らを許せますか?m9(`・ω・´)y─┛~~

毎日新聞に要求します
1)恒久的なWAIWAI記事の訂正文の掲載
2)永続的な世界に広まったWAIWAI記事の訂正・削除運動。またその成果の発表
3)真摯な謝罪
4)厳粛なる関係者の処分
5)徹底なる真相の究明

2008/09/01 毎日新聞に対し公開質問状を出しました。毎日新聞の誠意ある回答を求めます


※ご連絡はakaikeita★ライブドア.コムまで(★を@に変えてください)

お詫び

規制される自由言論

またまたコメントにお答えします

kakikomさんのコメントは私を刺激します。改めてエントリーを書き起こす気にさせます

 バビロンという単語単位の翻訳ソフトをご存じでしょうか?
バビロン

 これは1997年にイスラエルで設立された会社で、無料他言語翻訳ソフトをばらきました。WWW上で英単語上でctl+マウスの右クリックを行うと起動し、単語単位の翻訳(またある程度の熟語でも)してくれるソフトです。当時翻訳アプリケーションはバビロン発表時も多数ありましたが、機械翻訳がはき出す妙ちきりんな文章をさらに翻訳しなければならない煩わしさよりも、シンプルで邪魔にならないインターフェースや、いっそ紙の英和辞書片手に翻訳した方がよっぽど効率がいいというユーザーには好評でした(私も最終的にはバビロンに落ち着きました)。バビロンは優秀で画像上の英文まで翻訳するという機能までありました。Googleツールバーをブラウザーにアドオンすると英単語を自動翻訳してくれますので、大体想像がつくと思います。21世紀にネットに復活したときは、Googleが翻訳をまで担ってくれているので、バビロンの再導入はしませんでした

 とても便利なのですが、このバビロンは非常に不思議なソフトでした。何故バビロンは無料でバラかまれるのか? その意図が全くわからなかったことです。そして君たちどうやって稼いでいるの? と。とにかく便利なので20世紀中は使っていました。今はGoogleツールバーで単語翻訳していますけど

おことわり】実際にバビロンが以下に述べるように環境変数を拾っていたのかどうかは断言できません。あくまでも例えの一つです。バビロンをインターネット・エクスプローラやファイヤー・フォックスに置き換えてもこの例えは成立するでしょう。もしかしたら、あなたの使っている日本語IMEでも実装可能でしょう。もしバビロン関係者で「うちの会社はそんなことはしていない。変な風評を流すな(゚Д゚)ゴルァ!!」と仰るのでしたら、ご連絡下さい。すぐにレッシグの「ワームの例え」に直します
続きを読む

今回もコメントへの返信

前々回エントリーでのコメントに対する返信がまた長くなってしまいましたので、新規のエントリーとしました

まず@さんからの質問ですが、
>waiwai問題に関して取材の依頼があったと言う事ですか!?
 ま〜、ちょっと接触がありまして、今調整中です。近いうちに詳しいことを ( ^ω^;y─┛~~ゴニョゴニョ

kakikomiさんのコメントへの返信です
 まず、http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0811/13/news057.htmlの調査結果はサンプリング方法がよくわからないので、私はあまり信用していません。各サイバー空間の管理者でもリモートホストからどこから来たのかぐらいは把握できるでしょうが、「どんな」ユーザーかまで追跡できるのでしょうか? ネットレイテングスにはそれなりの技術があるのでしょうが、「誰が」までは把握していないと思います。「誰が」までやると個人情報保護法になどに引っかかるんじゃないでしょうか? あと、把握できていたとしても絶対に外部には漏らさないでしょう。それこそ違法なことになり、会社の信用は丸つぶれになります(これは下に別の例で説明を行いました)

私も2チャンネルは年齢層は高いと思います。やはり、立ち上げ当時のメンバーなど昔からのユーザーは生き残っているでしょうし、専門系の濃い板(非IT)はある程度社会経験や見識をふまないと書けないでしょう。ニコ動は逆に動画制作は結構手間暇がかかりますから、時間がある学生の方が多いのではないでしょうか? 根拠はまったくないですが続きを読む
このブログについて
人気ブログランキング
banner_11
↑ランキングに登録しました。ぽちっとな、してもらえるとうれしいな

当ブログはリンクフリーです
毎日新聞waiwai問題を中心に備忘録を兼ねてれづれなるままに書いていきたいと思います( ・ω・)y─┛~~
トラックバック&コメントは特に制限をかけていません
(ひどいのは削除しますけどね)

名刺


私はいかなる思想・政治・宗教団体にも属しておりません。全くの個人として活動いたしております。ただのサラリーマンです。あえて言うならば『毎日新聞から子供たちを守る会』のソールメイトです

 素人の戯言ですが、いろいろつっこみを入れてもらえるとありがたいです。最近ネタガレしてきて ( 'A`)y─┛~~

必読書

CODE VERSION 2.0
 ローレンス・レッシグ


●インターネットは民主主義の敵か
 キャス・サンスティーン


Republic.com 2.0

↑まだ読んでないけど読む暇がない orz


フラット革命
 佐々木俊尚







訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール

赤井鶏太

参考図書
●Free Culture


●クラウド化する世界


●コモンズ


●インターネットの法と慣習 かなり奇妙な法学入門


●ハイエク 知識社会の自由主義


●グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する


●ネット未来地図 ポスト・グーグル時代 20の論点


●電波利権


●ジャーナリズム崩壊


●新聞がなくなる日


●サイバージャーナリズム論 「それから」のマスメディア


●ネットは新聞を殺すのか


●新聞社―破綻したビジネスモデル


●インフォコモンズ







Recent Comments
Recent TrackBacks
毎日.JPからお詫びが消えた (毎滅記・・・滅び行く毎日新聞の記録)
毎日.JPからお詫びが消えた
Archives
Categories
QRコード
QRコード
記事検索
今読んでいる本とか
●「みんなの意見」は案外正しい




超おすすめ
◎中国経済がダメになる理由


◎ブログ論壇の誕生


◎「食糧危機を」あおってはいけない




最近読んだ本と、積ん読状態
積ん読状態
いつ読めるのやら orz

●死都ゴモラ






最近読んだ本

●と学会年間KIMIDORI


●新版 アメリカ横断TVガイド


●グーグルとウィキペディアとYouTubeに未来はあるのか?


●殺人大パニック!


●ネットはテレビをどう呑み込むのか?


●エコ・テロリズム


●フラット化する世界(上)


●フラット化する世界(下)


●グリーン革命(上)


●グリーン革命(下)



●ビーイング・デジタル


●アメリカは今日もステロイドを打つ


●テレコム・メルトダウン―アメリカの情報通信政策は失敗だったのか


●隷属への道


●クリエイティブ・コモンズ―デジタル時代の知的財産権


●憲法で読むアメリカ史(下)


●憲法で読むアメリカ史(上)


●クラウド・コンピューティング ウェブ2.0の先にくるもの


●反貧困


●"俺様国家"中国の大経済


●自由をいかに守るか−ハイエクを読み直す


●USAカニバケツ


●ウェブ国産力―日の丸ITが世界を制す


●精神鑑定の事件史


●情報革命バブルの崩壊


●キャプテン・アメリカはなぜ死んだか


●アメリカ人の半分はニューヨークの場所を知らない
  • ライブドアブログ