2008年08月27日

がんばるおとおさん DAHLの本

最近悩んでいるのが、絵の本から字の本への移行です。
だんだん、身の回りの手に入る本も手薄になってきて、字の本にうつれたら、もうすこし込み入ったストーリーできっと気に入るんじゃないかと思いますが、まだ、単語がちらほらわかる程度の息子には、絵のすくない絵本はちょっと手強いみたいです。 Dahlの本も比較的絵も多いんですが、まだ、絵が息子にはすくなすぎるみたいで、本読みの途中で、ふと横をみると自分のお気に入りの絵本をひらいて、眺めています、、、、
 そんななか、本屋で手に取って、みて、絵が多いことに気づいたのが、この本です。いまの息子の最低必要な基準:一ページに一枚の絵をみたしてくれました。

案の定長いですが、おとおさんのがんばりに手に汗握る展開に、いま息子は結構夢中に聞いています。一晩に3章ずつぐらいですが、絵の本から字の本への移行にはちょうどいいかもしれません。

2008年08月26日

おばけがすき!

再開一回目の今日は、最近、以外に息子の興味をひいた一連のおばけシリーズについて紹介します。
おばけものというと、以前に息子に読んであげた、

依頼、おばけ=こわすぎるもの、、、、
おばけきたーー>ねる
おばけにたべられるーー>こわい
、、、、、
と恐がりの息子がなぜかこの本たちを本屋さんでよんでからは、おばけ大好きになってしまいました。



じつはこどものころは、おばけものはこわくてほとんどよんでもらった記憶がなく、テレビで、ドリフの西遊記という人形劇のおばけもこわくてチャンネルをかえていた自分としては、息子の反応が信じられませんでした。しかし、いっしょによんであげていると、どちらかというと、おばけこわいよう、、というよりは、おばけファンタジーというたっちでユーモラスにかかれていて、実は楽しい絵本でした。
これをかきながらもうひとつ、おばけ本をおもいだしました。

この三冊の共通点は、どれも、インパクトのつよい決め台詞が、あって、よみおわるなり、むすこがそれをくりかえして唱えながらおもいを巡らすというところでしょうか。決め台詞は、それぞれ、よんでいただくことにして、夏もおわりですが、おばけばなしでおばけをたのしんでみてください。
あと、一冊英語の本も紹介しておきます。

このお話は、英語ですが、小さい頃に、暗闇がこわかったということを心温まるエピソードとユーモアを交えて、紹介してくれます。英語も平易なので、よるが怖すぎるというこどもさんにもいいかもしれません。





再開します 絵本ブログ

最近、ちょっと、違う絵本に興味を示すようになった4歳の息子のお気に入りを紹介していこうと思います。

相変わらず、図書館にいっては20冊ぐらいまとめかりしては一ヶ月かりての繰り返しですが、それと週一回の日本語のホン屋さんで一冊日本語の絵本も購入して、いまでは、小さな本棚一杯になってきました。

けっこう凝り性の用で気に入った本を何度も読む方なんですが、最近は、ちょっと、依然のFrog and Toadシリーズから、ちょっとかわって、現実社会に関連した本(たび、学校、冒険、消防車、、)に興味が集まっています。

それでは次回から紹介していきます。よろしくお願いします。






2008年05月02日

消防車もの

2歳のハローウィンの仮装で馬にのった(?)消防士でparadeに参加した長男です。いまのつぼは消防車です。ミニカーから、日米消防車、救急車、小さいのれる車から、すべてが消防車、ごっこ遊びも消防車です。

 そして、今一番お気に入りの絵本たちも、もちろん消防車ものということで、リストアップしてみます。ちょっとたいへんなのはこの本たちはとくに、一度に繰り返し(3−10回ぐらい)リクエストされることがおおく、ちょっと大変です。
それでは、まず、最初にかった消防車ものは、(日本語)

こわがる黒猫ちゃんをメイシーちゃんが助けにいくところがお気に入りです。

つぎは近所の図書館で気に入ってしまい、とうとうアマゾンで買ってしまったこの本。(英語)

結構渋い絵ですが、さあ、消防士たちがみんなで、ご飯をたべようとすると、、、、
繰り返しですが、それがとってもたのしいらしく、ごっこ遊びでもとくに好んでしています。

そして、おなじみおさるのジョージの消防署版のこれ。(英語)

(日本語はこちら)

 いつも悪気はないのだけど、ただCurious なためにおこしてしまう事件のかずかず。いつみてもたのしいシリーズです。

日本語の本でいちばんのお気に入りは、こちら

定番ですが、じぶんもなりきっていますが、なぜか主人公のじぷたでなく「のっぽ」くんになっています。

とにかく消防車が大好きで、そういえば、バイオリンの練習をするときも、消防車にきかせてあげるといって、ミニカーをお客さんにみたててひいていたり。




2008年04月30日

ご無沙汰しています 絵本ブログ再開します

ご無沙汰しております。ながらく、更新しておりませんでした。
長男がpreschool幼稚園にいきだしたこともあり、また、微妙に長男のほんの好みもかわってきたので、お休みしていました。

 相変わらず、朝は早起きで、本好きは代わりありませんが、最近は乗り物関係にもっぱらです。

 バイクにのっても、おもちゃの車にのっても、スクーターにのっても、いつでも自分はfire engineにのったfire fighterでうんうんうなっています。

 そうかと思えば、バイオリンも綺麗な先生のおかげもあり、ようやく Minuet 1まではきました。

 これからすこしずつまた、カリフォルニアから本を紹介していこうと思います。どうぞ、よろしくお願いします。

2008年01月26日

おもしろいのはいいけど、本よみすぎじゃない 432ページ一日って、、、 Curious George

 今日は、朝からひどい嵐で、アイススケート教室も休み、幼稚園も停電する??とのことで、ずっと家のなかにいたようです。最近絵本がすきというのは何度か書いていますが、とくに最近のお気に入りが日本だとおさるのジョージことCurious George シリーズ。絵本で英語子育て:絵本 ジョージ大好き!! 愛蔵版でも触れられているCurious Georgeシリーズ。
この、パリでの暮らしの中で、2人は始めての子供向け絵本を書きます。「きりんのセシリーと9ひきのさるたち」です。
この9匹のさるの中に知りたがり屋のこざるがいました。これがジョージです。2人ともこのジョージがとても気に入ったので、彼を主人公にした絵本を書くことに。
これがおさるのジョージの始まりです。

3歳11ヶ月(もうすぐ4歳!!)の息子もいまGeorgeに夢中です。

先週アマゾンで頼んでいた、CDが5枚ついてGeorge のおなじみのシリーズ7冊分が一冊になったハードカバーのホンが届いて、朝から読んでいたようですが、夕方帰宅すると布団で、寝転びながら、200ページ目をよんでいるのでたずねると、そう、あさからずっと読んでたとのこと。それから1時間半ぐらいかかって、最後まで432ページ読んでしまったようです。読んだといっても、ままがよんでいるのを延々と聴いていたみたいですが。
 ホン好きなんはいいけど、1日432ページって、いくら絵本でも、なんか速読法ですか??とびっくりしてしまいました。それがおわってねるんかなとおもってると、さらによこの本棚から5、6冊もってきてはよんでよんでの嵐。そとも嵐。
 息子だけでなく、それを読んでくれてる妻に感謝です。
英語も平易で、たのしいCurious Georgeシリーズです。英語の勉強にもおもしろいおはなしと絵がついているので、きっとみなさん気に入るんじゃないかと思います。

聴くと、今日はバイオリンで弾いている、『子ギツネこんこん山の中。。。』の曲にちなんで、妻がそれ以外にもお昼にごんぎつね(これはお話だけ)をお話ししていると、ごんが死んじゃうシーンが悲しくて、昨日は泣きそうになりながら、『Funnyなお話だね』とはじめいっていて、そのあとお風呂で「かなしいね」といっていたようですが、今日は、話しを途中からつくりかえて、勝手にハッピーエンドにしていたようです。
ごんぎつね懐かしいです。Curious George the Complete Adventures Deluxe Book and Cd Gift Set
ごんぎつね (おはなし名作絵本 1)






2008年01月19日

Twinkle Twinkle やっとおわりました

3歳11ヶ月の息子がようやく、バイオリンのTwinkle Twinkleを終わることができました。

継続することはすごい。

というのが実感です。

自分で音が出せて、しかも、好きな知っている曲を演奏できるというのがうれしいみたいで、一生懸命がんばっています。

はじめは30分のレッスンも自分の希望ではじめたにも関わらず、2分ぐらいしかバイオリンをもたないレッスンが数ヶ月続いて、大丈夫かなとおもっていました。

本人にきくと、(先生がきれいすぎて)恥ずかしくなっちゃう
とのこと。、、、、

美人も数ヶ月でというわけでもないでしょうが、気がつくと、30分まるまるレッスンするようになっていて、家出も、宿題を熱心にがんばっています。

といっても、ままが家で工夫しているからですが、原則、練習はどうやら毎回ミニコンサートになっているようで、聴衆は『電車たち』(トーマスをはじめ20台)がままの伴奏するキーボードの横にならんで、それにむかって息子がバイオリンを弾いているすがたは一種大丈夫かなともおもいますが、息子はいたってまじめのようです。

最近は、「○○先生といっしょだと、ふざけないの!??」
とのことで、まあがんばってくださいというところです。

昨日から、ちょうちょの練習をはじめました。曲がかわったから、左手を覚えるのに時間がかかるかなとおもっていたら、もう、二日目にして、それっぽく弾いていて、毎日つづけるって凄いねとおもいました。

すきなことがつづけられるといいねとおもいました。

2008年01月18日

はてな ハイク 続報 読んだことある本ですきな絵本はなんですか?

いぜんもちょっと紹介したはてなハイクに自分が読んだ本でおもしろかったものをあげてもらいました。
すこし、たまってきたようなので、見てみてください。
http://h.hatena.ne.jp/keyword/昔読んだ大好きだった絵本
あ、こんなんわすれてたっていう本もみつかるかもしれません。
はてなハイク恐るべし。

2008年01月13日

おさるのジョージ Curious Georgeなお年頃 本好きはいいですが、、、

皆さんご存知のCurious Georgeシリーズ、最近どうやら3歳10ヶ月にしてちょうどいいお年頃になってきたようです。以前は、意外と反応乏しく、いくつかの本にだけ、興味をもって、そのほんの中の1、2場面のみを楽しそうに、まねっこしているだけでしたが、いまは、はじからはじまで、どきどきしながら、一生懸命聴いています。どうやら、Georgeは結構息子にはむつかしかったんだろうなと、思いました。その分、じつは単純だけど、複雑な深みがあるんだろうなとおもい、それがわかるようになって、よかったねと思ったりしました。

昨日も近くの日本の本屋さんに(紀○○屋)さんにいって、おさるのジョージシリーズを含め、のべ20冊ぐらい妻がよみきかせていました。のべというのは、同じ本を◆■害麁匹爐海箸發△襪らで、聴いている息子も、読んでいる妻にも脱帽です。私はのべ3回だけよみました。でもそれで満足して、息子は帰りぎはには本いらないということで何も買わずにお店をあとにしました(本屋さんごめんなさい。)
 実はそれだけでなく、そのまえに、午前中は近所の図書館にいって、これまた、15冊ぐらいだと思うんですが、本読みをしていて、あと、自分で、AudiobookのCDを聴きながらThomasシリーズを多分5冊分ぐらい、、君は何冊ほんよむねんというかんじで、感心半分、驚き半分で、それから、寝る前に2冊よんでいましたが、とちゅうから怖いお話になってきて、、、、、これこわいおはなしだからいいと、ばたんと本をとじてしまったり、、そんなところはなかなかかわいいです。
 でも、その本の中でも、今日の一番のおきにいりはCurious Georgeのこの本でした。きっと、自分がGeorgeになって、いろいろしてるところを想像してよんでるんだろうねとおもって、微笑ましく思った一日でした。

でもまだ、自分では文字はわかりますが、文章はよめません。自分でよめるようになったらたのしいだろうね。
今朝も、本は読んでもらうものとおもっているようだったので、
「自分で字がよめるようになったら、いつでもすきなときにトーマスの本が読めるよ」
というと目をキラキラ輝かせていました。
Curious George and the Firefighters (Curious George)
おさるのジョージ しょうぼうしゃにのる


2008年01月12日

続報 はてなに質問してみました いい絵本を復活させたい 絶版の本の 再版ってどうしたらいいんでしょう

http://q.hatena.ne.jp/1200150166
はてなに質問してみました。

Recent Comments
楽天市場
Amazonライブリンク