まだありました…彼との過去世。
流石にもう大丈夫だと思っていましたが、高次の存在から
「まだあるのよ!」
と言われて渋々マフラー編みながら繋がってみました。

一度前に思い出していたので、助けを借りなくても思い出せました。
どちらかというと私側の記憶ですね。




もう1つ思い出した過去世があります。

私は沖縄で聞得大君(きこえのおおきみ)をしていたことがあったみたいです。
その時の兄(当時沖縄を統治していた王様)がどうやら彼のようでした。

沖縄の歴史はあまりよく知らないのですが、降りてくるイメージだけを元に検索をかけていくと↓のような写真に辿り着き、

_20180104_161710

この写真はどういう人なんだろうと辿ると、その聞得大君という巫女の情報に辿り着きました。

この時代、彼は奄美大島も統治下にしたみたいなのですが、その時に反発した人間がいてその人間が私の祖母だったと。。

実際母方は奄美大島出身の人間です。

そしてここからが重要で、以前の過去世で私を連れ戻しに来た陰陽師達が今の私の家族であったこと。。。
父親は微妙なのですが(別の繋がりである感じがします)。

つまり過去世の因縁を形を変えて現在でも繰り返していて、彼の決断によって過去を繰り返したまま終わるのか、新しい未来を築くのかの分岐点にいるようです。


こんなゲームあったなぁ(^_^;)
10代の頃どハマりしたゲームがあってそれにとてもよく似ています。
まさか自分もそのゲームの渦中にいたとは。
信じられません(苦笑)

家族まで関わっていたなんて、それが一番びっくりしています。
何故連れ戻されたのか、家族の波動レベルが全く合わないのもようやく腑に落ちました。
ここまでシナリオ通りだったなんて…。
頑張っても1人暮らしの生計が成り立たない訳ですね。

彼は沖縄が好きなようでずっと行ってみたいと思っていたそうです。

彼に諦められると自分の命が危うい感覚がしているのも、これらの過去世の繰り返しによってそう思い込んでいるのですよね。

私自身がいくら1人で解決しようと色んな事を試してもこれ以上進まないのはそういう魂のシナリオにしたから。
決めたのは私と彼自身ですよね。
これで今世イージーモードだなんて考えられないです…(数多の転生の中で一番イージーモードだと上から言われたことがあります)。

確かに死んでいないだけマシなのでしょうね。
5年程前にお付き合いしていて現在友人として交流のある男性とその男性が最近飼い始めたワンちゃんも、平安時代の過去世で死ぬ間際まで傍にいてくれた存在であったのに私はその人達まで考えている余裕が当時はなかった。

私はずっと色んな人に支えられて護られていたのに知らなかったとは言え、全く気付けなかった。

人との関わりの分だけ過去世はあります。
でもこれだけ周りを巻き込んでいる過去世の繋がりを私は初めて知りました。
壮大にそして綿密に計画されているのですね。

後は彼の決断のみ。
無意識下での決断ではあると思いますが、私側が知っただけできっと大丈夫な気がしています。
私は待っていればいいだけですよね。


過去世のことを必ず知らなければならない訳ではないと思います。
でも自分がやるだけのことはやってそれでも何か引っ掛かる、進まない状況であるなら知る必要のある過去世があるのではないかと思います。
知ったとしても今世での活かし方がはっきりしないうちはそれはただの記憶に過ぎません。

体調も回復してきたので週明けからでも少しずつ鑑定作業をしていきたいと思っています。

[画像:49c7f2ae.jpg]




【愛歌音の個人セッション】
セッションのお気持ち制について


 【主な活動領域】
無料メルマガ Energy Voice♪

Twitter

Youtubeチャンネル



【お申し込み・その他お問い合わせはこちら】
スポンサードリンク