鑑定をした方々とはご縁が続けば、現在でもメールでご連絡はさせて頂くことが多いのですが、今回とある方からツイン同士の分離が起こる原因と長引く原因について、見解を寄せて頂きましてそれが的を射ているなと思ったので引用させて頂きます。



いわゆる分離期間が起きる原因なんですが、チェイサーの覚醒と、エゴなどの浄化のためですよね️。

で、この目覚めが起きて覚醒してくると、エゴってすごく出てくると思うのですよね。

ちょっと話はそれますが、うちの仕事場に不真面目でいい加減な(でも、可愛いげがあるので許されてた)人がいたのですが、その人が周囲の人の辛抱強い見守りの中で、仕事における姿勢や勤務態度に目覚めたのか、最近すごく人が変わったように真面目になったんです。

真面目になったのは喜ばしいけど、そうすると周りの人のいい加減なところが目につき出したらしく、自分はできてる者、あいつはできてない者っていう区分けが強烈に始まってしまって、その子の持ってたおおらかさとか、いい加減な反面、緩くて優しくて癒される雰囲気がなくなってきたのです本人もストレスを感じてます。

多分今後は周りの人も、こいつ真面目になったからって常に見張るみたいな態度やし、自分はできてるみたいな上から目線で付き合いにくいな…ってなっていきそうなんです。


ランナーというのは、それに似たところがあるのかなと思います。


覚醒したチェイサーの非難の目や、伝わってくる重苦しいエネルギーというか、あなたも早く気付いてとか、そういう得手勝手な思いから逃げたいのではないかなと思いました。

チェイサーは母親が子供を思うようにランナーを愛する一心で細かいチェックをしてしまって、言わないにしろ心でダメだしをしてしまうところってあると思うのです。

そもそもツインも気付きのツールのひとつだと思うのですが、チェイサーの自己の覚醒が進んで、宇宙の仕組みがわかるにつれて、それをわかってないかに見えるランナーに教えたい、伝えたい思いがわき出てくるから避けることは出来ない道かもこれはツインに限らず、修行で悟りを得たと思ってる人や、宗教で洗礼を受けた人も同じです。。

一緒にするとややこしいので、話をツイン用語に戻すと、これってチェイサーのエゴと傲慢で、自分は真理(真実)に気付いた者、相手は気付いてない者っていう、幻想を産み出すので、その見えない思いに嫌悪感や不快感を感じてランナーになるのじゃないのかな。。

だから、巷で言われるような、チェイサーを愛しすぎて離れるとか、怖くて離れるとか、一番痛いところをついてくる相手だから離れるとかは、無意識レベルはそうとも言えるけど、顕在意識では、鬱陶しい、上からで何か嫌、という認識になるのではないかなと思います。

それは言い換えたら、チェイサーの覚醒の後に沸き出てくるエゴの浄化の進むのをランナーは待ってるともいえるなって思いました。

だから、私のいってるのは結局ツインの段階に一般に言われてる通り同じで間違いはないけど、無意識レベルと顕在意識では少しニュアンスが違う気がするのです。

チェイサーのエゴの浄化が進むと、ランナーを自分が目覚めさせようとしたり、どうこうしなくても、ランナーにはそれに気づく力が備わってると信じてコントロールせずに放置できるようになっていくと思いました。そしたら、ランナーも顕在意識でそもそも相性の良いチェイサーの元は心地好くて戻りやすいのでは?
続きを読む