P1010974
P1010969
元旦の朝、6時半氏子は、氏神様(大宮神社、若宮神社)に参詣します。
夫は10年間は氏子として毎年元旦の朝参拝しますが、今年は初めて、大雪が降ったため、例年紋付の羽織はかまの正装でしたが、洋装での参拝になりました。
境内の中にある本殿、13か所の小宮さん、そのほかの多くの分社に参詣して廻ります。
氏子たちがそれぞれにすべての社に回るために雪道には細く踏みしめた筋が付きます。
夫がこの役をすることになってから知った大晦日と元旦の式です。
おごそかで、恭しい町の行事です。

我が家ではその間元旦のおせちを食卓に準備して、家じゅうにある神棚に参拝をして回り、夫の帰りを待ちます。
家族がそろってお神酒を祝い、梅干しを焼き熱いお茶で浸したものを頂きます。その後お神酒。肴は3種の肴。
これを頂いた後、お雑煮を頂きます。
簡略にしてやりたいけれど、年を経るごとに簡略にしたら何かありそうで、ずっと続けています。