100pbaba今年も2日は母が来てくれた。

父がいなくなってからもう3年目になり、さみしい日々を送っていると思いきや、自分を持って過ごしていてくれてうれしい。
姉や、姪はしっかりと優しくケアしてあげてくれていて感謝感謝。
この老母は本当は3姉妹の末っ子で、まだ姉様達が現存されておられて、88歳と95歳のお姉さま達が揃われると、その並びがとってもかわいい。腰を丸く曲げて歩かれる3姉妹。ほんとに人形見たくて抱きしめたいほど。
長女の方は木目込み人形、次女の方は短歌、末っ子の母は俳句を趣味として、時々であってはその話に余念がないそう。
みんな昔の真面目な女学生がそのまま年を老いたみたいな感じで、小さなノートにびっしりと俳句が書かれている。俳句であったり、短歌であったり、人形作りであったり、頭を動かして少しでも元気で長生きをしてくれたら嬉しい。
今日も母が来て孫たちと過ごし近所の佐々木神社へ初もうでに出かけ、『良かった、良かった。嬉しいわ』と言って帰って行った。
ブログをたどると父は2005年に来てくれた記録がある。2008年10月にはいなくなって、早いなと思う。
高齢者になったら、優しく、温かい気持ちをもって接すること。
決してごちそうや、旅行やなどではなく温かい心で接すること。
孫たちがみんな優しくしてくれるので、私もうれしいわ。

来年もこんなブログが書けるように。
100p3musume優しくしてあげてくれてありがとう。
みんなも幸せになってね。