透明な言葉

朝の散歩が日課。早朝の空気をいっぱい吸って、適度に汗をかく毎日。水をたたえた田園の中にいる幸せ。朝日が今日の一日を応援してくれるような。素敵な田舎に住んでいます。

家庭菜園 園芸

落葉樹を植えました。

DSCN3901ネットで購入したヤマボウシと山紅葉の苗。

雑木林風の庭に憧れて落葉樹を植えたいと思いネットで検索した。
ヤマボウシ、山紅葉、ひめシャラ、夏椿、イロハカエデなど綺麗な紅葉する木がたくさんある。

この中から、ヤマボウシ、山紅葉を注文したら、こんな感じでおくられてきた。
植えるには、穴を掘り、土を軟らかくし腐葉土や畑土などを混ぜ込み柔らかくした状態で根を張るように『みずぎめ』と言う作業をしなければならない。

ただ、植えたい場所は、もともと良い土があるわけではなく少し掘るとがれきやコンクリートが捨ててあったりして底はひどいことになっていることが判った。

なんとか中央を避けて端っこにスコップの刃が立つところを探して、柔らかくして、違う場所から土を盛り(客土)腐葉土を入れ込んだ。水を入れ、根が張るようにぐらぐら揺らせて定着を図る。
彩度周りに土を入れて足で踏み、水鉢をし、水をまた投入する。

ちょっと格好がつくように、周囲を折れた石の棒で囲った。これだけの作業をするのに骨が折れた。
紅葉とヤマボウシを植え、今から初夏を通り越して紅葉が楽しみ。
DSCN3905これが植えた後の状態。

石の棒は、すぐ後ろのさつきの根元にあったもので、以前この上に板塀の柱が乗っていたんだけど、なくなって、石だけが折れて残っていたもの。

有効利用をして、少しレイアウトを考えて縁どりにしてみた。

この中に玉竜を少し植えておしゃれな感じにしたいな。

後ろの皐月のそのまた後ろにある枝だけの樹木は山紅葉です。

ここも、土が良くなくて、痩せた土ですが、ツツジくらいは植えられる。
でも、モミジはどうかな?


秋になれば紅葉が綺麗だろうね〜。




ここには、夏椿を。
DSCN3965
20数年ほど前、ここにプレハブの小屋があって、撤去した後にいろいろな苗木を植えたものが今は成長してこんな風な素人の庭になっています。
その中に1本山紅葉があったのですが、立ち枯れ(暑さ?害虫?)したので、新しいものを植えました。
足もとのつつじも、違う場所に遭ったものですが、下水を通す関係で、移動したものです。

百日紅も、ひめシャラも、後ろにあるツゲも、小さな苗から、私が育てたもの。

以前はここは何もなかった空き地状態だったので。

本当は、土は段差があるのでもっと土を入れて、アプローチと植栽部分を分けたいし、大きくなったツゲの位置も変えたいけど、素人には出来ないんで、雑誌や、WEBサイトを見ては、イメージだけ膨らませている状態です。

土の威力なども興味があるし、もともと生ごみを活かすことや、腐葉土を作ったり、粘土質の畑の改良などにも興味があるので、早く春になって実践したい。
ボカシ肥料のことにも関心がある。
土の持つ威力って素晴らしいと思う。

私の菜園が、粘土質の土に変わってしまったので、いろいろな面で、これまでの土への愛情が無駄にならないようにがんばる。

二色空木が満開。

ガーディニングが趣味の私。四季の移り変わりに応じて様々な花木に芽が付き、膨らんで季節のおとづれを知らせてくれる。今の一番の楽しみは、二色空木が満開なこと。
白から赤になり落下するが、その間の見事なこと。1週間ほどしか楽しめないけれど、次々に開花させてくれて本当に綺麗。
その次は紫陽花が今か今かと開花を待っている。挿し芽や、鉢植えを畑に卸して増やし、今では20本くらいの株が大きく育ち、紫陽花の株がなだらかに畝を創っている。いっせいに開花したら見事。早く満開になってほしいな。毎日見ていても飽きない。
次は、鉄砲ユリ、カサブランカなどのユリ。こちらも3年目で10本程度が大きく育った。豪華なカサブランカの新種が今年は開花する予定。赤、オレンジ 白、ピンクのユリが次は私の番よとばかりに大きなつぼみを付けて待っている。
その次は百日紅や、デュランタ などもある。もちろんブーゲンビリアもたくさんあって、すごく綺麗。季節を通して花がいっぱい。DSCN0920ハコネウツギ
DSCN1094

久しぶりの農園日記

お友達のガーデンさんが結構毎日お庭便り(畑便り?→農作業便り?→野菜栽培のノウハウ)を色々書いている。実態を知っているだけにうなずける部分が多く、毎日読みに行っている。
結構まめに専門的な知識をちりばめて、しかも研究的な視野にも心配りがあり、なかなか。さすがっす〜です。

私の庭自慢。
今植えている野菜たち…きゅうり なす とまと ししとう レッドピーマン ツルムラサキ 玉ねぎ ゴーヤ ジャガイモ かぼちゃ 細ネギ ブロッコリー(3個)
でもなぜかあまり生育が良くない。友達の畑は、なにこれというほど生育が良く、茎も立派で太く、もう大きなキュウリもなっているというのに、まだ我が家は細くてひょろひょろ。虫が来たら怖くてすぐ食べられて根っこが腐りそう。茎のところにナメクジが出て、溶けてしまっているのもある位。

これは絶対土の差だと思う。
野菜を創る時は土がほぼ決めると思う。
腐葉土、藁とか落ち葉とか 牛フンや、鶏糞 油粕などなどの有機的な肥料を適度に与えて、土をふかふかにして、中和した土に植えなければいくら世話をしてもだめだと思う。

私の家はもともと畑をする材料も何もなく知恵もまずないのに、年数を重ねてここまで畑をするようになったものの、周りの方はさらにレベルが上で、立派な野菜を収穫しておられて、いつ見ても、何を肥料にしておられるのかな?とびっくりする。

計画的に栽培することも大事。肥料や中和剤を前もって施し、連作のこと、適度な肥料のしかたも大切。
これが私はキャリアが薄くあまりきちんとしていない事もあって、手当たり次第という感じが強いのね。
性格も、大雑把だからこれが収穫に出てくる。

今年は何が良いのかさっぱり想像がつかない。

こんな栽培をしていたら、もしかして本業なら赤字だね。

ちょっと遅い花だより。ユリ編

DSCN1453
DSCN1454
今年は珍しい色のユリやカサブランカが結構綺麗に咲きました
時期的には今ではありませんが、せっかくなのでUPします。
紫陽花が終わったころにユリが咲き暫く楽しんだ後、家ではブーゲンビリアと続きます。ブーゲンビリア、百日紅、が夏の庭を豊かにしてくれます。
その間は、畑の野菜も次々と実を付け園芸菜園の趣味の私は毎日が充実ていて楽しいです。ユリの球根はそのままにしていても毎年花を咲かせます。また来年も綺麗な花を咲かせてね。

朝の作業は10時までが限界です。

梅雨の合間の晴れ間を見つけては除草作業に精を出している。あまり手入れが出来ないので、全面をコンクリで塗り固めようかしらと思うほどで、今の庭の状態は凄いことになっている。

家の周りだけでも結構あるのに畑も一緒に草が一面に広がり、その中に野菜が育っている状態で、栄養をそちらに取られそう。
春前にある程度除草して、防草シートを敷き詰めていたけれど、その間を生命力の強い草が育っていいる。

暫くはこの草との悪戦苦闘が続く。嫌なら辞めたらいいんだけど、結構好きなので、ヤンマーのポチを使って耕したりしている。

その畑の一角にある紫陽花の季節が梅雨とともに終わった。
凄く広がって挿し芽もあり多種な紫陽花が元気よく育った。
写真に収めて、剪定をすることにしよう。
DSCN1019DSCN1018DSCN1451DSCN1088

紫陽花が雨にとてもよく似う。

DSCN1080DSCN1073DSCN1094紫陽花をたくさん挿し芽をしておいたのを移植して畑に植えた。それが3,4年で成長し今年は綺麗な花をつけこんもりとした群生に育った。
今畑には20株以上育っていて7,8種類がある。また今年はたくさんの枝を頂き、これも挿し芽にしたので、3年ぐらいしたら大きく育って、畑いっぱいに紫陽花畑が出来そう。種類はあまり詳しくないので調べないといけない。額紫陽花が私は好き。それも城ケ島、とか言うのかな?上のこれはそうなのかしら?
DSCN1075DSCN1072

にしき空木が満開です。

DSCN0920
この間から少しづつ開き始めたにしき空木が満開状態になりました。
近所のご婦人から頂いた枝を挿し木したものが大きくなったのですが、ちょっと枝ぶりが行儀が悪く、花が終わったら少し整枝しないとだめかも。

最近委員のお仕事である中学校へ見学に行きましたがとてもアジサイの多い学校で、前職のTOPがせっせと植えられたとか。
素晴らしい数と種類。満開になったらまたお邪魔したいほどです。

DSCN0909

ブーゲンビリアの今年の姿。だんだん勢力が衰えてちょっと心配。
前のブログを見て頂くとブーゲンがものすごく勢いが良いのが判ります。

梅雨には、こんな花が似合う。

2色空木






左 2色空木

ハコネウツギ












ヤブウツギ空木の花が咲き始めました。2色空木と言って赤と白の2色の色が出ます。
最初は白で出て、すぐ変わっていきます。
最後には赤になってしまい1色のようになります。


美容室の知り合いが「名前が判らないけど、たくさん頂いたからあげる」と下さった枝を調べてみたら、梅花空木という花だそうです。
さっそく挿し芽にして育てようと思います。
梅花空木もとてもかわいらしく真っ白の花弁(八重)が上品です。
挿し芽で増えるかな?空木だから難しくはないと思いますが。
梅花空木
梅花空木  だと思います。

草取りに悪戦苦闘・・・。

762e17c2.JPG

どこのうちでも同じでしょうが、この時期草取りの作業は大変。庭弄りは好きですが、かなり体にこたえます。

何しろ田舎の住宅は敷地だけは広いので、除草が大変です。家の周りをきれいにしたわと安心していたら、もう最初に草引きをしたところから、ぽつんぽつんと次の草が出ている。

梅雨が長く水分と栄養を充分に吸った畑は草だらけ。おまけに庭も背丈ほどの草が・・・。これを今年は私ひとりで草引きをし、もうこんな事をずっとするのは大変なんで、庭に何か対策をすることにし、調べています。

探すといろいろでてきます。

鎌いらず、と言う砂。・・・山本さんが販売しておられた水を掛けると固まる砂。

コンクリートで固める。

防草シートを敷いてその上に砂利を敷く。・・・これだと後落ち葉の処理が大変らしいので、これはパス。でもその上に山土とかを敷くと少しはましらしい。

この3つで検討中です。

何かを決めるととことん凝る方なので結構調べたり、考えたりして迷います。

ホームセンターに行ってもその部分ばかり見て思い巡らせます。

いいアイデアが浮かんでも、重労働なので、限度がありやはり専門家に任すより仕方がないのかなぁ。口出しをすると嫌がられるだろうしね。

★掲載の写真は今のものではありません。少し前のだけど、紫陽花があまり綺麗だったので。

 

芽が出ました。

?????遵シ???こんな風に芽が出ました。

ちょっと嬉しい。似顔絵つまみ菜シリーズで新しいネタを。

1週間ほど前の画像ですが、もうつまみ菜なので収穫して食卓に出してしまいました。

すぐ芽が出てきます。結構植えたとおりに出てきます。

 

 

メッセージも書けば、出てくる。 あいらぶゆー・・とか。 

なんて、言ってる場合ではありません。

似顔絵つまみ菜

家庭菜園とは言えないかも知れないわ。

こんなことしてみました。

どんな風に芽が出るか、楽しみです。

もちろん、ここまでの経過にはとても苦労があります。

土を細かく砕いて、石を取り除き、土をさらさらにし、平らに均一化して、その植えに棒で似顔絵(私)を描き、大根の種を蒔きました。

どんな風に芽が出るか、たのしみ。

お隣のおばちゃん、「何植えてはるの?」って、聞かれて恥かしかったの。

だけど、芽が出だしたら、楽しいね。

似顔絵の摘み菜

2008.09.07 秋野菜を植えるぞぉ

602288a4.jpg

2008.09.07 丸2ヶ月も更新していない。この間、話題はたっぷりあったし書けなくはなかった訳ではない。

ただ、こんな事を広い世間に話すほどのことでもという羞恥心(!)があって、メモには残したまま更新するきっかけを失っていた。

7月から父の治療が始まったこと。畑の作物が順調に育って、収穫も楽しくて、これらを使った料理がみんなに好評なこと。上高地に絵を描きに言った事。市民病院で絵画展をしている事。同窓会の幹事をしたこと。父が高齢と老化が進んで、衰弱をしている事。いつも父のことを思って時間のある限り見に行ってお世話をしていること。お盆には親戚が来て久し振りに賑やかに泊まっていったこと。子供達の帰省。などなど8月は毎日行事も多くてまだまだ書ききれないほど。委員の仕事もあるし、女性センターのフェスタの実行委員長も受けているし、それなりに多忙に日が過ぎていく。これって幸せなこと。

そして、9月

我が家にと言うより、私に新しいペットがやってきた。

前から欲しいなと思っていたものだけど、ちょっと使いこなすには勇気が必要かなと。見ていると簡単に扱えるようにも思うんだけど、実際触ったこともないからもしダメなら・・・と二の足を踏んでいたんだ。

これは、ヤンマーのポチという耕運機なのです!何で私が耕運機を欲しいと思ったのかは、畑のブログを見た方は判るだろうけど、土を掘り返しても細かくならないし、結構広くて疲れるのです。で、これを使うと楽に掘り起こせるし、綺麗に砕ける。もうずっと前から、使えるかな?大丈夫だろう?を繰り返していて、思い切って購入しました。

試運転で、お店の人に教えてもらって、数回練習をして、何とか1人で使えるようになったのです。まだまだスムーズには出来ず時々『どうだっけ?』と考える事もありますが、なかなか言い調子で動きます。

新しく来たポチがかわいいのです。これからこれを使って、おいしい野菜を作ります。

ポチは4馬力で、耕運と移動(速い、遅い)と後進がついています。速い遅いは耕運せずに動く時のことで、亀とうさぎのマークが付いている!(おもしろい)深さも自由に調節できるし、エンジンも軽く始動するし、なかなかの力持ちだよ。

写真で耕運のビフォアーアフターをご覧下さい。

畑土ビフォー(耕運する前)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

畑土アフター

家庭菜園 この頃の野菜収穫

8f6c7c9f.JPG

2008.07.04 家庭菜園
毎日の収穫はこの頃日に日に凄くなってきている。
キューリ なす トマト セロリ しし唐 ピーマン 毎日少しづつだけど新鮮なものが出来る。
世話も楽しくて暑い日ざしが降り注いでいるのも忘れて、草取りに夢中になってします。
汗の顔や首筋にさっと吹く風の心地の良い事。
こんな心地よさは、経験したものでないとわからないだろうね。
日中に暑い中仕事をしている方はこの心地良さを自然に知っていた。

高齢の実母も暑い日中良く草取りをしている事があるが、本人はあまり大変とも思っていない。
それよりも、一瞬の風と、綺麗になった畑を眺める事にもっと多きな喜びを感じているんだわ。

普段はあまりしなかった草取りが今は楽しくて、畑は草もなくてピッカピカ。
草を取った後は新しく生えてこないように黒いビニールを覆って小石を載せておく。
何かを植えようと思ったら底に穴をあけて植え込む。
これだと葉っぱなどの場合、畠土が跳ね返らずきれいなものが取れる。

またトマトにはネットをかぶせると鳥害から守れる。
いろんなアイデアを駆使した私の手作りの畑がいまとっても熱いんだわ。

ジャガイモを掘り起こしてみた。

なんと。
赤ちゃんの顔ほどのお芋が出てきた。
片手で持つのがしんどいほど。なんて土や。
ものすごい「えもいわれん」土。

ねぎも芽が出てきた。
これはどうすれば収穫までに持ってイケるのかしら?

こんな事を毎日していると飽きない

朝の収穫が楽しみです。

2008.06.06
家庭菜園久し振りの更新です。
梅雨の合い間をぬって、家庭菜園の世話をするのが新しい日課になりました。
雑草で生茂っていた畑もここ数年は夏には夏の、春には春の野菜が少し育つようになり、その種類も増え、収穫らしきものもずいぶん増えてきました。

友人に一部をお貸ししているので、菜園で品評会なんぞをやったり、新しい菜園でのグッズを自慢しあったりして楽しんでいます。さながら野菜たちは子どものように「うちのは立派や」「うちのは実が早く着いた」なんてやってます。

こうして野菜を栽培する事ひとつとっても大変な苦労がある訳で、雑草、堆肥、水 日当たり、害虫などの管理が成長にとても影響します。また世話の掛からないようにいろんな世話のグッズがあります。

堆肥にしても化学肥料と有機肥料。雑草対策にも薬やら、草の生えないようにするシート類 また害虫の駆除のための薬、害虫から守るネット類、保温のためのカバー類。
これらは、きっと実践している人の知恵で生まれたのだと思うようなものが多く、虫の大きさによりネットの網目の大小があり、その大きさは蝶から、いのししや猿までの範囲!で売られています。もちろんはとやカラスから防鳥のもの。
レタスをひとつ栽培するだけでも大変な苦労が掛かっているのです。

中国野菜の薬漬けの問題があって、家庭菜園が見直されているとはいえ、毎日の野菜を全部家庭菜園で需用するわけにはいきません。でも、毎朝摘んだ野菜で弁当の中に入れるおかずの1品にして、冷凍野菜を使わなくなりました。

今毎日収穫しているのはサニーレタス。春菊もまだ取れます。大根の葉の新芽も使えます。そのうちブロッコリーも大きくなってきていますし、トマトやきゅうりナスといった夏の定番野菜も大きくなってきますし、とても楽しみ。

まだまだ今年は種類が多くて、今栽培しているものはトマト、きゅうり、ナス、ゴーヤ、レタス、キャベツ、春菊 三つ葉 セロリ、しし唐 ピーマン 大根 大葉、かぼちゃ ジャガイモ インゲン豆 ツルムラサキ、たまねぎ ねぎ ワケギ、ブロッコリーです。
これらの野菜の手をしてツルが巻く様にしたり、肥料を与えたり、草を採ったり、台所の野菜くずを土に埋めたりしています。今年はファマーだわ。

ブーゲンビリアもたくさん育てていますし、これが終わったりアジサイです。去年の挿し芽が花をつけてものすごくたくさんになりました。この畑を一部アジサイ園みたいに植えて楽しみたいと思って挿し芽を去年したのが花をつけて開きかけました。毎日畑に見に行くのがとても楽しみです。

2007.10.15 花の画像

2007.10.15 花の画像

アメジストセージ 金木犀 南天の実 ブーゲンビレア その他bu-gennbiria

 

 

 

鉢植えで買ったアメジストセージを地植えにしておいたら大きくなり今一番の見ごろです。
最近よく見る花で、自宅の庭にも欲しかった花です。手入れが簡単らしいので畑に植えて増やしたい。
『宿根サルビアの仲間で、メキシコのような乾燥した土と直射日光を好む大型種です。盛んに生長し大株になるうえ、鮮やかな花をつけるので、秋の花壇の主役として利用できます。
 丈夫なので、栽培する人が増え、見かける機会が多くなりました。』
ネットではこのように書かれていて、挿し木も簡単に出来るそうです。
今の所、アジサイも挿し芽で増やし中で、ブーゲンビリアも結構数が増えましたし、更にセージを増やすと手入れが大変そうです。
秋蒔きの野菜も沢山あるし、畑が満員になってしまってます。

メキシカンブッシュセージ

ブーゲンビリアホワイト

ブーゲンビレアをご紹介

大切に育てているブーゲンビリアたち

最近のブーゲン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだまだありますが、一部だけ。

ブーゲン3

 

 

 

 

 

 

ブーゲンビリア シンガポールホワイト

 

 

 

 

 

 

ブーゲンビリア ティンマ

 

 

 

 

 

 

 

マイガーデンの新しい仲間

2007.07.12 マイガーデンの新しい仲間

アジサイのりうつぎ

 

 

 

 

 

ノリウツギ(糊空木):ミナヅキ 4.5号ポット樹高25cm

石楠花 薄青ブルーシャクナゲ:クレーターレイク3.5号ポット

 

 

 

 

 

 

 

 

Enngeinet http://www.engei.net/index.asp
ネットショップの中で、たくさんの品種を扱っている苗木屋さんを見つけて、とても綺麗なアジサイと石楠花の苗を買いました。
マイガーデンの中で、アジサイはブームなのです。
いろんな種類の挿し芽をしていますが、アジサイの種類は際限なくあり、集めるのは無理だとしても、綺麗なものは庭で咲かせてみたい。
お友達に八重の十二単と言う種類を頂いたのですが、まだ小さな鉢で、早く大きくならないかな。
その他にも5,6種類枝を頂いて挿し芽をしています。首を長くしている状態。

前にも書きましたが、ブーゲンビリアは少し自慢の鉢で、滋賀では越冬が手間がかかり、大きく育ちにくいのですが、我が家では2メートル近いのが挿し芽で育てて5,6鉢あります。^_^
今年はお気に入りがアジサイの挿し芽になり、たくさん挿しました。
もし変わったものをお持ちなら教えてね。

一度植えると枯らすのがかわいそうで、小さな芽でもまだ生き残っていると世話をしていますので、へんな鉢もたくさんあります。
立派なものも多いけどできぞこない(方言?)も多いのがマイガーデン。

そうそう、さる有名な(○国神社)で購入した桜苗は実母の庭で、戦死した実の兄の代わりと言って大切に育てています。
まだ3年目なのに大きく育ち、3メートルくらいになって、母は、毎朝見ておはようと言っているとか…。
なんだか、子どもの小学校の国語の教科書に載っていた「太郎の桜?」みたいな。

花木は、毎年忘れずに花を付けて、手間をかけずに楽しめる。
苗から育てた多くのマイガーデンの花木にとても愛おしい気持ちがある。
動物を育てる事が苦手なので、こちらは私向き。

都会のオアシス 贅沢な趣味「野菜農園」

2007.07.12 都会のオアシス 贅沢な趣味「野菜農園」

ガーデンイラスト

東京の住宅地一等地にこのような施設が出来、とても人気があるそう。
http://www.agris-seijo.jp/ 「アグリス成城」

いわゆる貸し農園だけど、立地場所が東京のど真ん中。
人間もこんな場所にそうおいそれとは住めないのに、この農園の中で
なす、きゅうりが植えられている。
休閑地の利用で、本来ならコンクリートの空き地らしいが、そこに土を40〜50センチ敷き詰め
野菜の栽培が可能になった。そうだ。

成城学園前駅西口に総面積5,000m2、300区画の会員制貸菜園「AGRIS(アグリス) SEIJO(成城)」。
「アグリス成城」は、複々線化および連続立体交差事業により成城学園前駅ホームを地下に移設したことで生まれた敷地内における自
然との共生と環境に配慮した会員制貸菜園です。成城学園前駅西口徒歩1分に位置し、花や緑あふれる5,000m2の敷地には300区画の菜園と、眺望豊かなラウンジを有するクラブハウスを設けます。
「約5,000m2・全300区画、行政から緑地として認定された緑豊かなガーデン。手ぶらで気軽に立ち寄って、野菜づくりをお楽しみい
ただけます。会員様ごとに分けられた専用の区画で、素敵な菜園生活をぜひ体感してください。環境にやさしい肥料を使用しているため、広々としたスペースの中で安心して自然とふれあうことができます。」

 

ただただ、すごいな。銀座にあってもこれからは驚かないぞ。

5,000平方メートルと言えば約1500坪と言えば田んぼで言えば5反分。
坪100万円(なのかは知らないけど)としても、15億円! ふーー。
なんぼ高い野菜が出来る事でしょう!

(吾一農園さんのスケールは、こう見るとすごすぎる!http://www.goichi.jp/

■滋賀でも、花やさんや花苗などを売るお店でも、カフェコーナーや、テラスハウスを併設するといいかも。
良く良く花屋さんで、いつも置いてあるだけで、買いにいく人だけでなく眺める事も利用すれば良いのにと思っているから。

早朝、いい気持ち。

2007.06.24  ブートキャンププログラム・・・って。
朝散歩の風景

こんなにブームになる前、深夜放送でやたらのりのいいダイエットエクササイズをやっているなと、目にしたことはあった。何も予備知識がなくても、先入観がなくても、結構見入ってしまうような雰囲気だった。
これがすごい人気なのだそう。
こんなに運動とは縁のない生活をしている私でさえ、「ひょっとしてこれなら痩せるかも?」と期待させるようないい感じのCMなのだわ。
やはり年齢を重ねると、人並みに皮下脂肪は増え健康的ではなくなる。運動はいいと解ってはいても長続きはしない。短時間で、どこでも、簡単に、安く、が人気の秘密だ。わざわざジムなんかに出かける時間のあるような一般人(特に女性)は限られるから。
でも、これはきっと半永久的に継続しないと効果がでないのだろうな。

ダイエットより、健康維持のほうに力点を置くほうが良い年齢に達している私にとっては朝の散歩がまだいいのかも。【写真は朝の散歩ルートの途中】
健康の本質は無理しないで、続ける。
日常的に出来る事を永く続ける。
・・・だろうな。

同じ姉妹でも、日常的な生活習慣が違うとこんなにも違うのと言う体型になっているもん

ガーデニングは癒し。畑ingに夢中です。

2007.06.24 ガーデニングは癒し。畑ingに夢中です。

朝の散歩道 いい気持ち田舎のど真ん中にある我が家は周りは畑、田圃に囲まれている。
おまけに我が家の裏は、民家がなく、畑があってその後ろはずーーーと田園が広がっている。
朝の散歩も誰にも会わずに1時間くらい歩ける。(人影をかすかに見るのはあるけど)
周囲が全て田圃と言う中に立って、半径500メートルほどの円(田圃)
の中に立っているという状態になれる。
で、今日の朝は昨夜の雨がすっかり上がり、風も心地良く、遠くに比良山系がくっきり見え、本当に素敵な朝だった。

散歩の行き帰りに我が家の畑にチョッと様子を見るのだが、少しづつ成長してくる夏野菜がとても愛おしい。
大変な思いをして耕して、苗を勝ってきて植えて、雑草を取り、ツルに手を立て脇芽をとり肥料をやり、土をかける。
手を掛けた分だけちゃんと成長してくれる。

今年は、ナス、きゅうり、ゴーヤ、しし唐、ピーマン、トマト、プチトマト、スイカ、サツマイモ、かぼちゃ、まくわを植えた。
それぞれ、5本とかづつで規模は少ないがこれでも家族では多すぎるかもしれないけど。
毎日朝一番に野菜たちを見に行って、草があったら取って、ツルが巻いていなかったら、紐でちゃんと結んであげて。
なんだか、幼い子供たちを育てていた時の思いが蘇る。

農家のおばあさんは、高齢になっても元気なのはこういった畑仕事をずっとしているからかもしれないなぁ。
母も、いつも畑にいて、近所の高齢の方とおしゃべりをしながら手入れをしている。
元気の素なのだと思う。

『ガーデニング療法』と言うのがあるんだそうな。この辺のおばあさんはこれなんだろうな。

 

ひこにゃんの名刺を作ります。 【お名刺.com】

こんにちは
Fumiko
「透明な言葉」
滋賀・琵琶湖を望む田舎に住んでいます。四季の変化に合わせた植物・風景の美しさに心から、ここに住んで良かったと感じています。空気や水の香をお伝えできれば素敵ね。
また、IT/教育/地域活動などいろんな話題も頑張ってお話したいと思います。ヨロシク!!
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ