透明な言葉

朝の散歩が日課。早朝の空気をいっぱい吸って、適度に汗をかく毎日。水をたたえた田園の中にいる幸せ。朝日が今日の一日を応援してくれるような。素敵な田舎に住んでいます。

熟女 女性社長 叡智

2011 動くことで変わろう。

年末に、私への大役の依頼があった。

とんでもなく大役である。ひょっとして人生が変わるかも知れない、いや変わるだろうと思った。
興味があっても自分のことは自分が一番良く知っているつもりだし、途中で重荷すぎる、重圧になると思った。

転機と考えるか、器に合わせた生き方をするべきと考えるのが良いのか。興味はある。関心もあると自負はしているが、そのことと、実際に自分が当事者になることは想定できない。
自分の生き方を考えるきっかけになった。

『自分のやりたいことで一生懸命にすれば、それに代わることが可能だ。大役を受ける事でなくても出来ることはある。』ある方がアドバイスを下さった。

検索をしてみた。こんな事態に人はどう動いているのだろうか?
自信?度胸?興味?軽率?期待?後悔?意欲?年齢?性別?
どのキーワードも答えを出してはいない。

現在の立場も自分から意思表明をしたものではないが、自覚、意識、行動、が評価に繋がるのではないかと思うしそうして来た。
ただ、今回は総てが自分の意思に基づかなければならないし、責任でもあり、周りへの配慮を必要とする。

知人のブログに
  
  たくさん動いた分だけ、評価されていきます。
  人間とまったら死ぬ。 
  動いた分だけ何かが見える。

と書かれてあって とても素敵な考えだと思った。

人の言葉、視線、思い、評価、などにばかり気にしていては動けない。
動くことで、言葉も、視線も、思いも、評価も付いてくるのだから。

それでも、この大役への依頼は自分から辞退した。

「祖母力 祖父力」四字熟語に力を付ける。

6c938aaa.jpg

2007.01.20「祖母力 祖父力」

友人と話していた時のこと。
「祖母力って、ありだね。」
「考えた人が凄いと思うよね。でも私達はまだこれにはねぇ」
「熟女力?かなぁ」

今度、A町に来られる樋口恵子さんの講演題が「祖母力」なのだ。
これからは地域は団塊の世代が戻ってきて地域の仲間入りをする。そのためにこれらを受け入れるための施策がいろいろ準備されて
いる。親父の世代への関心が最も持たれている。

私の住む町は農家も多く、農地を全部預かって組合化して営農組合を運営しておられる。運営されている方々は団塊の世代の方々で、地域としては戻ってこられるのを待っている程だ。もちろんこれから何をしようと思案にくれている人はいないと言っていいほどで、それぞれの役が、定年を待っている。

古くから、この地域だけの掟を持ち、慣習や、しきたりに合わせて生活をしてきた村の歴史。これが地域力を発揮していくのだろう

そういえば昔私が子育て真っ最中の頃「母親力」なんていう言葉があって、結構プレッシャーだった。
思考力 判断力、なんてのは普通だけど、何にでも力という言葉をつけると、その言葉が持っている奥行きの深さが測れるような。

そんな時にこんな本を見つけました。
これは結構面白い。
四字熟語をに「力」という字を付けて見直せば、四字熟語が自分自身の生き方を見直すヒントになる! と書いてあった。
ほんとにそうだ。

「力」をつけるという事を思いついたことが凄くて、「ひらめき力」とでもしておこう。

四字熟語力(頭がよくなる四字熟語力  斎藤 孝 )
http://astore.amazon.co.jp/sanabocom-22/detail/4048839535/250-9350437-9567409
「自画自賛力」「四面楚歌力」「捲土重来力」…。「力」という字を付けて見直せば、
四字熟語が自分自身の生き方を見直すヒントになる!
日本語力の根幹「漢字四文字」の面白さを、独自の切り口で面白く読み解く。

四字熟語を名刺にデザインします。お名刺.com

こんにちは
Fumiko
「透明な言葉」
滋賀・琵琶湖を望む田舎に住んでいます。四季の変化に合わせた植物・風景の美しさに心から、ここに住んで良かったと感じています。空気や水の香をお伝えできれば素敵ね。
また、IT/教育/地域活動などいろんな話題も頑張ってお話したいと思います。ヨロシク!!
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ