男性の健康

正規品100%保障,お届け100%保障,秘密厳守でお買い物,最短3日間でお届け,消費税代行手数料が無料,入金確認即日発送! 狼1号 ビグレックス 媚薬カプセル d10催情 SEX DROPS

プラス思考

考えてることがある
やらなきゃって思うことが多い

明日でいい催淫カプセル
だいたいその言葉で
自分を甘やかし
いつも焦って
期限ギリギリに
机に向かいっきりになる

それで間に合うから
また調子に乗って
後回しにする

下から上がってくる
書類は催促するのにね

次は早めにやらなきゃと思いつつ

書類以外の仕事では
笑っていることが多い
楽しくて仕方ない

でも、真面目に
進めなくてはならない
ことがある

学生時代の友達は言う
あなたがね〜
そんな立場で仕事してるなんて
信じられないね
仕事をしてるのも不思議なのに


だいたいのことは
プラス思考で乗り切れる
いや
ほとんど乗り切れる

この何とも言えない世界はどうかな
プラス思考でd10媚薬考える

自分の都合のいいように


8月2日はパンツの日?

ツイッターで教えてもらったけど、8月2日はパンツの日だったんだね!?

そんな日あるの?…なんて思いながら、引越し荷物から山のように出てきた、昔の服とか、下着整理してました。

もう、ズロースというか、おへそまであるようなパンティはd10媚薬、寝るとき以外はかないから、処分。(欲しいひと、いる?あはは)

そういえば、ココで会った年下の子に、せがまれてパンティあげたっけ。会うたび、取られてた(笑)。
あ、エッチな事はしてないよ!
断り切れず、一度渡したら、それが毎回の暗黙の了解になっただけなの。


全く下着に興味ない、という人もいたけど、フェチな人は奥が深いですね。

私は、まったく興味ないという人より、それなりに興味ある人のほうがいいなぁ。
だって会うときは下着から必ず考えて選んでるんだから。

多少は女心が、あるというわけで(笑)。

P.S.
そだ、その下着取ってっちゃう子もココ見てるから、勘違いされないよう書くけど、
決して嫌いなわけではないの狼一号
むしろお友達としてなら、ずっとお話したいくらい。
そうでなきゃ、頼まれてもパンティなんて、とてもあげれない。そんな事したの、その子が初めてだし。
…言われた事も無かったけど(笑)。

ほんと、真面目な人に言い寄られると、弱いなぁ…。

特集

毎度ここでとりあげる特集

憧れの職業特集ってやつ〜

自営業や公務員、医者ってのが特集なんですが

ま〜ったくわたしは興味なく

なんでわたしの大好きな

憧れの職人特集してくれないのか

特に作業着とか現場監督とか

獲物が中々みつからないから

特集くんでほっし〜わ(笑)

作業着写メコンも同時開催してくれ〜(爆)(笑)

スーツに全く興味なし

超やる気が失せるのでありました〜

プレイステーションVR

なにやら会社の若者くんが騒いでいる。

パソコンの画面を覗いて見ると、バイオハザード7のプロモーション映像を観ていた。

「ヤバイっすよ!小力さん!バイオ7超怖いっすよ!こんなんをバーチャル体験できるんですよ!プレステVRは!巨根カプセル

たしかに怖い…

つーかだな、オレはそもそも怖いの無理なんだわ

昔、富士急の戦慄病棟?だが名前忘れたけど…
当時の彼女に泣いて入るのを断わったことがあるぐらい怖がりだ。
こんな恐ろしいバーチャル体験したくないわ

間違いなくオシッコちびりながら、ショック死する自信がある。

「えー、でもですよ。これ僕思うんですけど。間違いなくバーチャル体験できるAV付きオナホがいずれ発売されますよ。」

マジか?
コード付きの電動オナホかw
AVも遂にプレステVR対応商品がでてくるんだな。

そっちなら欲しいかも笑
ますます性は女要らずの世の中になっていくなw

「僕、女とか要らないですからwでもプレステVRは絶対買います!」

そうかwww
20代前半のおまえが女要らないと言いきっちゃうんだから、日本の未来はきっと超子供が少なくなってるんだろうな。

「僕、年金も払ってませんしwどうせ、貰えませんし。あの制度は崩壊してると思ってるんで笑」

oi払えよ…オレの為に
そして子供も沢山作れ
オレの未来の年金の為にw

「絶対にイヤですwww」

プレステVRかぁ〜
なんか凄い狼一号になりそうだな
夢があるよな。バーチャル体験ってw

「小力さん、買わないんですか?」

この子たちを母体に、母親が見ていた景色

私は30代後半。1970年代後半の生まれだが、1960年代後半の学生運動の嵐、高度成長期の日本の光と影、「今よりずっと晴れている日が多かった気がする」と語られる時代の光景、お茶の間まで浸透した数少ない海外スターだっただろうチャールズ・ブロンソンやアラン・ドロン、「ある愛の詩」「白い恋人たち」巨根カプセルなどフランシス・レイの旋律に、猛烈な郷愁を感じる。あの頃の映画や音楽に触れるごとに、故郷に帰ったような安堵感をおぼえる。

私が生まれた、物心つくころに、かろうじて余韻はあったとしてももう違った。小学校高学年のとき、自分の小遣いではじめてかったのも『レコード』ではなく『CD』だった。それでも60〜70年代への激しく動いた政治の季節が猛烈に懐かしいのは、私の親が全共闘などではなく(もうすでに高卒で公務員として働いていた)、いかに母親が映画や音楽などを愛していたか、ソフトをもっていなくても深く耳を傾けていたか、によると信じる。

脳科学者は、子供たちがまだ生まれていない時代を知っていたり、経験した話をするのは、生まれる前、母親の胎内にいるときから、母親が接するさまざまな情報を経験を蓄積しているから…と説明する。「連合赤軍のあさま山荘事件、朝から晩まで、あのニュース放送し続けていて、職場のテレビでも流されていたの。本当に私たち固唾を飲んで観続けていたのよ…」なにげなくテレビで、私が生まれる前のニュースに触れたとき、母親がそうつぶやいたこに、私とあの時代の深い結びつきの理由が改めてわかるようだった。

ビデオの扱い方を知らない子供たちが正体をつきとめるまで悪戦苦闘する様子は納得だが「なんだ、このクソ画像」「僕はオンデマンドで見る」というのはd10催情剤、悲しいがそこに親の姿が浮かんでいるのだろう。つまり、そこに眠るコンテンツなどはどうでもいい。いかに今にそった、今与えられる最上の最新の技術にひたれるか?今あることを追いかける両親の体内に宿り、そして生まれ、数年間成長してきたのだろう。普通の家庭とはそうなのかもしれない。目に見える、与えられるテクノロジーを疑問なく使い、古びたものは省みず処分し、利便性が条件においつかないものは切り捨てる。