チョットなんだか…

気持ち、しんどい感がある(-ω-;)
元カノとメル友になってから…特に…。
元嫁のイザコザな時は『お前が嫌!っていうなら?連絡もせん、お前の嫌がる事はせーへん』とかいうてくれてた。
好き過ぎた元カノともなると?決別してきた!お別れしてきました!!なんていうてたのに?昨夜も『たまに!LINEしてる(*´ー`*)とりあえず籍を入れた事も伝えた』だけ……(´-ω-`)イラッ

その上…

『まぁ?さ?流れというかノリで婚姻届は書いたからなー』(;゚д゚)ナンデスト!!!

分からない事もないんだな。元嫁、元カノ、旦那妹に聞くとお金使ってもらって自分の為だけには動くけれど家事とか面倒くさがりで外食メインやった…。
だから?結婚して落ち着きたい…とほんの一瞬思った時に出逢った私は…もってこぃ!…なとこもあったやろうし(…手抜きで普通に家事してただけですがね…)
なので…知り合いの人にあうとやたら『こいつ、家のことを良くしてくれんねん。』て言葉を…実際は適当手抜きなので恥ずかしいくらぃ耳に入ってきてた。( ノω-、)反省

『結婚した事、後悔してるん?』携帯ゲームタイムになんとなく(元カノの話してきてたから…)言ってしまった…ま?これがあかんよねー。
『……………不思議な事に今になって……なんで?結婚したんかなー?って思うなぁ。』
(;゚д゚)ゲッ!!
……でも?分からない事もない。入籍したてですがそんなの関係ない。好きで好きで…何度も(男作って)去っては連絡→元サヤ→また(男作って)去る…
今まさに…結婚しなければ?…元サヤに戻れたはず…というとこなのでソワソワフワフワしとりますね。
男って…アンポンタン…懲りないねー。

あたしは職安の絡みも色んな手続きも終わり、来月より本格的に仕事さがーーす
こんな事ばーっかり悶々してるのもアホくさぃ…
四十路女清く!正しく!たくましくっっ!!

D5原液:http://www.hellokanpo.com/view/FLYD5yuan.html
蒼蝿水:http://www.hellokanpo.com/view/FLY-D5.html

キャハハ(*≧∀≦*)(笑)

怒られてやんの(*≧∀≦*)

曲美
精力剤比較


高2の娘の部屋に父が勝手に入ってきて、ベッドで横になったらしい(笑)


加齢臭付くからやめてと(爆)


マジでウケるわ( ^∀^)


娘カンカンに怒ってる(笑)

飲んでも飲まれるな

帰り道に

何かが道路の真ん中に

自転車がなぜ??

と思ったら人も一緒に倒れてる

声かけたら一応返事したので生きてる

でもかなり酒臭い

自転車をおこして、

人を立たせて

痛いところはないと言うが

かなり、危険

直ぐ近くですと言って、アパートに入っていった

とおもったら、1分後

後ろから男宝
魔根

今にも吐きそうな声をしながら歩いてきた

通り道なので、家の近くまで自転車押しますよって言ったけど

よたよたと

一応心配だったから、少し離れた所から家に入るの確認したから

あとは家の人がなんとか、してくれるであろう

車の通りが少ない道で良かったけど大通りとかだったら

引かれてる

人生は、ぶっつけ本番

「人生とは稽古する時間もなしに、我々が役割を
威哥王
演じなければならない芝居だ」

バシル・ホール・チェンバレン(注)が言った言葉。



だいたい生まれ落ちた時からそうだ。

女役をやりたかったの、親不孝の役をやりたかったの、

つべこべ注文するわけにはいかない。

いきなり「ハイ本番」だ。

年頃になれば初恋だ。いつどうやってキスをするのか

わからない。またキスされたらどうしたものかもわからない。

小粋なフランス映画などを頭に浮かべて見るが、あれはちゃんと

初めから演出が行き届いているんだ。

素人はああうまくはいかない。それから、就職、結婚、出産ーー

重大な事件はすべてぶっつけ本番なのだ。

(注)イギリスの日本学者。明治初期に来日し、日本

文化に親しみ、海外に紹介すると同時に欧米の

言語学を紹介した。
D10催情剤

どれも正解であり不正解だ

カキフライと一口に言っても千差万別。
D10催情剤
すなわち、
定食屋で食べる揚げたて熱々のもの、
ファミレスなどの再加熱のもの、
レンジでチンするだけのもの、
べんとうなどの冷たいもの、
で味は違うし、
それぞれに適した味付けになっている。

同様にソースも最適の温度がある。

カキフライを作る際、予め味を
衣に、
牡蠣に、
つける事もある。

つまり、合う合わないは、千差万別。

味覚センサーに頼ろうとも、温度による違いや調理法による違いは読みきれまい。

もっともカキフライを和食として捉えるなら、ソースではなく柚子塩や醤油も、或いは何もかけないもありだろう。
洋食ならタルタルソースや所謂ソースもありだろう。
人肌に温めたオイスターソースが最適と言う者もいるだろう。

結局、評論家や研究家の見解は見解として、食べる人が一番美味いと思うソースなどが一番合うものだろう。

因みに、揚げ物と言うと、すぐにレモンを絞りたがる者がいるが、これにしても
レモン汁を別に作り、そこに漬ける。
カキフライの温度に合わせる。
熱々のレモン汁とする。
などあるだろう。

合う合わないは、食文化や食生活で変わる。

つまり、全てが正解であり、全てが不正解だ。
三体牛鞭
  • ライブドアブログ