あげまん♀、さげまん♀、やらなくてもあげまん

ビアンなわたくしは超選ぶ(笑)

綺麗とかかわいいとかスタイルいいとかなんてのより

一緒にいてどうなのか〜なんで

エッチするんでも、やれりゃ〜いいんじゃないんで→たまにやれりゃ〜という♂になるときあり〜(爆)(笑)

まじで、一緒にいるとマイナスオーラだしまくっているのがいたりするんで

♂が仕事うまくいかないとか〜韓国痩身一号と話し聞いたりしてるとき

必ず、今遊んでる♀情報をもらう

意外といるんだダメ♂にするのが〜

で、♀ちゃんらにもいろんな話しを聞きまして

どんな♂と今までどんな感じなのか〜

いるいるあげまん、さげまん

で、社長さんや会長さんなんかにも話し聞いたりしてると楽しかったり〜→♀でいろんな失敗してるのいるから〜

で、なぜかそんな人らから私が言われるのが『やらないあげまん』(笑)

なんじゃそりゃ?ってな話しで聞いたら

電話で話しするだけでいいことがあるとか言われ→仕事で大きな金動くんだとか

ちなみに、あるサイトで♀ちゃんらにも言われたことがあるのが

電話で話した次の日にいいことがある…

なんじゃそりゃ〜?

それも、私の場合用事あってかけるんじゃなく

気まぐれ電話が多く、それもタイミングがいいらしく(笑)

で、笑ったのが病気が治るとか言われ→特に心の病関係

私と話ししてるといろんなこと悩んでるのがアホらしくなるそうで〜→なんせアホアホですからわたし〜(爆)(笑)

10年ぐらいの仲の当時セフレだった、今は体の関係なく遊んでる♂にはじめてあげまんてなこと言われたのがあり

わたしと絡むと超仕事が忙しくなる、デカい金動く→振り返ると、いいな〜縮陰膏と思う♂くんと遊んでると、仕事が超多忙になる展開が多かった(笑)

人に執着せずに生きる

この事件の発生からすでに10ヶ月近くたつとは信じ難い。単純に月日の流れの早さ以上に、この事件への複雑怪奇な思いが自分の中でめぐったこと、ゆえに自身が手掛ける新聞の編集後記にもこの件を話題に書いたことにも、いまだ鮮明な記憶として事件当時を振り返ることができる。

あまりに眼差し美しい育ちも裕福な、女優として羽ばたこうとする女子高生が、交際していた、様々にドロップアウトした(しかしやり直しがいくらでもきくはずの年齢なのだが消渇丸…)ハーフの若いチャールス被告にストーカーされ殺害された事件。
背景を知るごとに、男は女性以上に妬みと劣等感、尊敬を求めなくてはいきられない悲しい動物であることに身につまされる。

交際当時、ネットで知り合った二人は東と西、離ればなれながら若い性のパワーもあって情熱的な愛をはぐくむ。
自らの美しさをだれよりも意識し確信していたのだろう女子高生(様々にネットを通じて公開された自撮り写真からも明らかだろう)。それに対し、冴えない男として注目を浴びることのなかったチャールス被告。ネットを通じて知り合う二人には999皮炎平、残酷にも求めるものが一致していたのか?…チャールス被告は、芸能界で活躍しはじめるような美しい女性が自分とつながり、交際できるという事実が、どれほど自慢で誇りで全てになっていったか、男として劣等感にみちた青春時代を過ごした私には想像できる。

女子高生にとっては日本だけではない、異国の血も流れるチャールス被告は、これから世界に女優に限らずはばたこうとする、目先のテンポラリーな、異文化交流だったのだろうか?
しかし意識の違いがあったからといえ、相手に危害を加えることは絶対に許されない。

精神の美

枝桜です。

正月頃、雪の中にある桜木の枝を頂きました。

数ヶ月後。

木から離れた枝なのに。

バケツの中に入れられただけなのに。

玄関の階段に置いていただけなのに。

桜の花が沢山咲きました。

綺麗なきれいな枝桜がビッシリです。

本当に素晴らしいD10媚薬です。

人もいずれは親から離れます。

最初は、何もわからないかも知れません。

最初は、何もできないかも知れません。

それが人間なんです。

なのに、わかるふりをしていたり。

なのに、できるふりをしていたり。

そうしながら頑張っているのに。

辛くなってしまいます。

苦しくなってしまいます。

本当は、周りの人に聞いて良いんです。

「どうするんですか?」って聞いて良いんです。

わかるふりしなくたって。

できるふりしなくたって。

恥かしくも、かっこ悪くもないから。

「どうするんですか?」紅蜘蛛って聞いて良いんです。

聞いて、覚えて、出来るようになる。

それが人間なんです、

それが、みんななんです。

桜の花言葉は、「精神の美」「優美な女性」です。

あなたの精神も「美」ですよ。

「自然な流れ」を作ること

あれやこれやと策を練って婚約を早めることも,出来るとは思います。

でも,本当に必要なのは,結婚後の生活の安定性。
2人の関係の安定性も,経済的安定性も,生活環境の安定性も,親との関係の安定性も。

この辺りが「恋愛」と「結婚」で要求されるものの違い三体牛鞭,なのでしょう。

どんなにラブラブなカップルだったとしても,では,結婚度の2人の生活が思い描けますか?と言われた時,どうかんがえるでしょう?環境の変化,人間関係の変化などに耐えながら,死ぬまで付き合うのです。
それに,毎日デートして食事して楽しい,と言う生活ではなく,もっと,平凡な,でも優しさや絆のしっかりした関係を「恋愛期間」よりもはるかに長い子と,維持しなくてはいけない。
しかも,夫婦2人だけの人間関係だけでは済まされないことも,必ず出てくる。

そうした,さまざまな「結婚」までのハード,結婚後に待っているハードルルを見て,「この子トなら,これから先も一緒にやっていける」と思えれば,結婚は急速に現実味を帯びてきます。
そうでない場合は……楽しく恋愛できるけど,それっきり……

つまり,彼に結婚を意識させないのなら,結婚に必要な条件を固め,彼がプロポーズを言わざるを得なくなるくらい,条件を煮詰めてしまうと,かなり確実。

私もそうでした。
気がついた時は,どっちが結婚の話を言い出してもいいくらいに,周囲の条件が整っていました。

そうなったら,どっちからプロポーズしてもいいんですけど,そこは,私に花を持たせてもらい,その代わり,彼女は一生に一度の「ヒロイン」体験をした,と言うことでした。

恋愛の対象としては,すごくいい人なのに,結婚の対象としてはダメダメ,と言う相手もいると思います。どんなに楽しい恋愛をしても,結婚に踏み切れない場合もあるでしょう。
無理に結婚を早まるのも良いD10媚薬とは思えません。

結婚して,結婚後の生活までの「流れ」が見えているでしょうか。
その流れを作り,流れに乗ってゆくことが出来れば,そんなに苦労しないと思いますけど。

「独身疲れ」するなら,「結婚疲れ」もしますよ。

……このシリーズ,共感出来る人,いるのかなぁ……
つい,「そんなに言い訳したいなら,ずっと独身でいなさい!」とツッコミを入れたくなってしまう。

また新しい単語が出来ましたね。「独身疲れ」

独身でいることに疲れるんだったら,結婚したら,今度は結婚していることに疲れるのでは?

「結婚したい」=「1人で居たくない」ではないのです。

恋愛にしても結婚にしても,相手のあることなのです。そう簡単に,自分の都合ばかり主張されても,実は全然,結婚に前向きでない。むしろ遠ざけている。

この記事は,結婚に関して書いているようでありながら,結婚相手のことには何も考慮の無い自己主張を繰り返すだけなのです。

言うなれば,「結婚したい」のではなく「結婚している自分が欲しい」夜夜堅と言っているのです。

確かに,恋愛や婚約は,就職試験に比べると重くて,エネルギーも食うでしょう。

でも,ちょっと待て。「婚活」と「就活」を同じ土俵で考えていないかな?

結婚は,誰かに「お嫁さん」として「採用」してもらうための活動ではない。
その辺りの基本が,すっかり忘れ去られているようです。

そりゃ,狙った男性に,「私をお嫁さんとして採用して欲しい!」とアピールするだけじゃ,男としてはドン引きです。パッと見,良さげに見えて,騙されて結婚する男もいるかも知れないけど,その結婚,長続きする保証,ありますか?

「これからの人生を,ともに生きる」

言葉にしてしまうと簡単ですが,重大,かつ奥の深い決断をしなければならないのです。

それを就活と比較されてしまったら……

とは言っても,なかなか決まらない就活のように,何度もトライ&エラーの恋愛をする人もいるでしょう。
私もそう言う五便宝,何人か知っています。

そして,そんな人を見ていると,共通した特徴も,なんとなく見えてきます。

結論から言えば,「恋愛は回数じゃない」この一言です。
  • ライブドアブログ