2007年10月18日

最近東芝さんの携帯でテレビ用に映像出力できるやつが出てますが、
携帯の外付け画面というのがずっと欲しくて。
だって小さくてめんどくさい。。
SDカードスロット経由で外部モニタに出力する、という力技もあるようですが、
動きは実用的ではないという風の噂。
VJ的には↓の発想がイイですよね。
簡易シアターくらいはできるかな?
Stefano Casanovaという人がデザインした
プロジェクション携帯だそうです。
VIVA!

Mobile phone projector 1Mobile phone projector 2








ソースはこちら↓
YANKO DESIGN


akaos at 23:51コメント(2)トラックバック(0)VJガジェット 

2007年10月11日

↓地団駄を踏んでみるテスト
DISCO-PANEL IS UNBREAKABLE!!!!!!!

Disco Designer社のDisco Panelという社名も製品名もまんまな商品です。
http://www.disco-panel.com/

DiscoPanel








この丸いパネルがRGBでいろんな色に変化して、
ナ◯シカのオ◯ムみたいで個人的に大好きです^^;

Discoといえばミラーボール!ですが、こういういろんな製品が肩をならべてくれると楽しいですよね。踊ってるまわりの壁の色がガンガン変わってくなんて想像しただけで楽しい。Dear Disco!

akaos at 22:05コメント(0)トラックバック(0) 

2007年10月10日

祝!中嶋一貴F1参戦!!こんなときには居ても立ってもいられない。音沙汰なかったブログも更新します!

さてさて久々の更新では、おすすめのフリーウェアをご紹介。
VJ素材の管理って、みなさんどうされてるんでしょうか?
最近はiTunesでも動画がよめますし、
「ムービー」リストではサムネイルが出ます。
でもプレイリストに登録するとサムネイルでないんですよね。。
サムネイルと言えばiPhoto!ですが、
サムネイルで登録できても今度は逆に動画が再生できない。。
(Quicktime Playerが開いちゃうんですよね。)

Finderのカラム表示でもいいけどいちいちひとつずつみるのはめんどくさい。。
といろいろ探していたらいいソフトをみつけました!

「Cocoa MovieBrowser」
というソフトです。

ダウンロードはこちらから→Cocoa MovieBrowser

このソフトを使えば、もちろん登録ファイルがサムネイルで閲覧できるうえ、iTunesでできなかったプレイリスト登録ができます。
さらにサムネイルをダブルクリックすれば映像を再生してくれて、
リストに戻るときもワンボタンで戻れます。
Quicktime Playerでいうところの「ムービーの情報」も、iCalみたいにサイドバーで表示できます。

さらに!僕の使っているVJソフトArKaos VJ」なら、
このCocoaMovieBrowserのサムネイルを直接ドラッグ&ドロップして
ムービーがアサインできるんです!
これはかなり重宝してます。

というわけでかなり愛用しているこのソフトですが、個人的にはサムネイルサイズでそのまま再生してくれるともっとうれしいです、実は。。というわけでバージョンアップに期待!あと中嶋一貴にも期待!!


Cocoa MovieBrowser 01
Cocoa MovieBrowser 02


akaos at 00:09コメント(0)トラックバック(0) 

2007年07月14日

音楽ネタといっていいものか、微妙なところですが。。
泣く子も黙るニルヴァーナ、ネヴァーマインドのあのジャケの子が、
なんと17才ですよ!
これってけっこう顔出しNGでは…?
でも世の中見れちゃうんですねーー↓

Baby from Nirvana Nevermind CD Cover




akaos at 02:44コメント(0)トラックバック(0)音楽 

2007年07月13日

VJ全然関係ありませんが、、まあ映像にもいろいろありますね、ってことで。。
ちょっとおもしろいパーツがあったので貼ります。
生映像の力ですね。



akaos at 18:17コメント(0)トラックバック(0)映像関連その他 
いやはや、矢のごとしとはよくいったもの、月日の経つのははやい。。
前回のArKaosデモ告知エントリーからもう5ヶ月も経ってしまいました。。
その間にもちゃんとVJ研究は進行中ですよ!
というわけで久々エントリーはMIDIに着目。VJソフトというと、画面のデザインとか、ハデなエフェクトに目がいきがちで、もちろんarkaosもエフェクトあたりは売りにしていきたいところですが、やっぱり現場でいちばん重要なのはコントロールですよね。VJソフトはLIVIDやModul8など海外勢中心に、いろんなプレイヤー形態をとってるソフトがでてきてますが、なんとなくまだまだ、VJ≒2デッキのクロスフェード形式のイメージ、ありませんか?
というわけで下の画像をご覧ください。
言わずと知れた鍵盤ですね。キーボードです。
arkaosではここに画像をアサインしてプレイしていく訳です。
MIDIキーボード、お手軽サイズだと44鍵なんて多いですよね、
この時点で当然、44デッキなわけですよ。。
もちろん押して放してのコントロールだけじゃなく、VJに必要な細かなコントロールをMIDIがフォロー。次回からもう少し詳しく紹介していきまーす。

interface.jpg



akaos at 00:18コメント(0)トラックバック(0)ArKaos 

2007年02月21日

久しぶりの更新!ということはAppleデモです。
今晩19:00よりアップルストア銀座にて、
ArKaosVJ DMXのセミナーイベントを開催します!

↓Appleニュースより抜粋
--------------------------------
ArKaos VJ DMXによる映像プロジェクション
リアルタイム映像出力ソフトウェア、ArKaos VJ。DMXに対応し、HD素材も自在に扱えるその最新テクノロジーを紹介します。Final Cut ProやMotionによる素材作成、リアルタイムエフェクト、MIDIによる同期、マルチスクリーンでのLEDパネルやプロジェクターへの出力まで、すべてをMacで行うワークフローをご提案。舞台演出へのMac導入を検討されている方は必見です。 (Special Events)
--------------------------------
http://www.apple.com/jp/retail/ginza/week/20070218.html

今回はカッコイイ照明コンソールをステージに設置し、
そこから映像をオペレートします。
VJの文脈とはひと味ちがう、プロユースの手法をご紹介。
ご都合のつく皆様はぜひ足をお運びください!
ほかではなかなか、見られませんよーーーCongo

akaos at 14:28コメント(0)トラックバック(0) 

2007年01月08日

自分ってワルいなあと思う瞬間は、夜間押しボタン式の信号のボタンを押して、
青になる前に渡り、誰も渡らない青信号でタクシーを待たせている瞬間です。
皆様こんばんは。akaです。

本日渋谷においでくださった皆様、寒い中誠にありがとうございました。
「Macで始めるVJワークショップ#2」無事(?)終了いたしました。

本日のデモの主旨は、ArKaosVJ上で使える2つのエフェクトプラグイン形式である「FreeFrame」と「CoreImage」の特徴をご紹介しつつ対決させてしまおう、というものでした。(Core Imageのプラグイン形式は正確には「Image Unit」というようです。)

Core Image 陣営とFreeFrame陣営でそれぞれ1台ずつPowerbookG4を使用しました。
デモの性質上、コントロール画面をご覧にいれたかったので、今回はフルスクリーンの出力は使用せず、ミラーリングの状態でプロジェクタから投影したのですが、その分の負荷は差し引いても、CoreImageエフェクト適用時の映像のきれいさには驚かされました。

渦巻きや穴のような、エフェクト的にはかなり過激な変化を加えるものでも、適用による画面の歪み方がとてもきれいなので、過激な印象はうけず、むしろかわいらしい印象をうけるくらいです。(この辺りは好みなのでなんともいえませんが、、画質がきれいであることは確かです。。)

時間の関係上、各パラメータの細かい解説はできなかったのですが、OSやアプリケーションの描画に使用されるようなベーシックなエフェクトだけに、生かすも殺すも設定次第といいますか、

ボタンを押しておけばOKというようなエフェクトは少なくて、逆にキモとなるパラメータをリアルタイムコントロールしてやれば、画質が良いだけにかなり使える。Core Imageはそういうエフェクト群だと思います。

今回自分はCore Image陣営でしたので、FreeFrameについてはまだ研究途上なのですが、FreeFrameの利点は「拡張性」で、正直なところこれにつきると思います。

FreeFrameは、ArKaos上ではGPU併用処理も適用されませんし、実際、640x480の素材に普通にエフェクトをかけるだけでもカクカクしちゃいます。MIDIによるパラメータコントロールのレスポンス具合もあまり良くなく、CoreImageのレスポンスの良さにくらべるとかなり見劣りすると思います。

しかしこれは私の試したFreeFrameプラグインにのみ言えることであって、ものによってはすごくスムーズに再生できてMIDIのレスポンスも抜群!というものもあるかもしれませんし、能力さえあればそんなエフェクトを自分でプログラミングすることもできるわけです。

そうは言っても、オープンソースの拡張プラグインという位置づけ上、やはり基本的なエフェクトの処理能力では、ネイティブのエフェクトにかなわないと思いますし、そういう意味では飛び道具的にならざるを得ないと思います。

今後HD素材によるVJなども実用的になってきますと、エフェクトをかけることで画像が荒れる、という現象には今以上にシビアにNGが出てしまう。そうした状況の中では、無数のプラグインの中から、かなり厳選して使う必要が出てきます。

もちろん画像がきれいだからといって、「使いたい・使える」かどうかは別問題なので
(現状ではかなり≒かもしれません、、)

そういう意味ではCoreImageにしてもかなりセンスに片寄りはみられると思いますし、
(何となく全体的にかわいらしいですよね。ザ・MacOSなので仕方ないとは思いますが・・・)
両立は難しいところかもしれません。

プレイヤーとしては、数多くのエフェクトよりも、ひとつのエフェクトを様々に変化させて使う方が好みなのですが、デモンストレータとしては飛び道具も欲しいところ(^^;
うーん・・・情報求ム<(_ _)>;;

akaos at 01:17コメント(0)トラックバック(0)VJVJ 

2007年01月06日

昨年の暮れに引越をした関係で部屋にネット環境がなく、近くのマックでこれを書いています。

斜め前の席の三人の少年の一人が「うわっ、血が出た!」と小さく叫んだので何事かと思って見たら、流血の様子はまったくなくて、三人ともPSPを凝視していました。ノートとテキストを広げて勉強中の女子大生は、Lのポテトを箱ごと逆手に持って、そのまま直接口に運び手を汚さずに食べていました。皆様明けましておめでとうございます。akaです。

こうして文章を書こうとすると意図的になにか見つけようとするので、それはDSとかよりよっぽど脳トレーニングになるのでは。コーヒー1杯では申し訳ないので帰りにビッグマックを1年分買ってペットのシャム猫のおやつにします。

脳トレーニングという意味では、僕はどうやら右脳の活動が左脳にくらべてとても鈍いようなので、なんとかしなければいけないと思っていました。右脳はものごとを映像的に、グラフィックでとらえます。

そんな右脳くんを鍛えるのに最適な脳トレーニングソフトがありますよ、皆さん。
「ArKaosVJ」というソフトです。

ArKaosVJを起動して毎日数分いじくるだけで右脳が日々若返っていきます。
今なら月々たったの・・・おっと。。
使い方は明日1/7(日)、アップルストア渋谷にて、私と上司が皆様にお伝えいたします。

------------------------------------------------------------------------------

「Macで始めるVJワークショップ#2」

1月7日(日) 20:00〜21:00 Apple Store 渋谷

出演:otona VJ etc

都内のクラブなどで活動中のVJチーム「otona VJ」によるVJワークショップの第2弾。
今回は「プラグイン対決! Core Image VS FreeFrame」をテーマに、最新VJエフェクトの仕組みを実演を交えてご紹介します。Apple Core ImageとFreeFrame、両方のシステムの特徴を理解できるワークショップ。お気軽にご参加ください。

------------------------------------------------------------------------------

3人の少年たちは2:1で向かい合わせに座っていて、1人の方の少年はテーブル越しの距離が孤独らしく、向かいの2人の間に割り込もうとしてとてもuzaがられていました。彼らはTNTでソ連兵を爆破するといっています。まったく描写というのはむずかしいものですね。

それでは皆様、明日渋谷にてお会いしましょう。

akaos at 17:01コメント(0)トラックバック(0)VJ