2017年04月18日

2匹の子熊とユリ熊(夢ではないです) 損したくないって気持ち

世界の昔話とかいう、昔っぽい(一世代くらい前?)アニメが始まりました。
欲張りな二匹の子熊とかいう話がありました。
夢の国を追われるっていうアダムとイブっぽい要素(&初めての争い)と、
キツネに騙されるって要素があり、私は後半だけ知っていました。

夢の国から外へ旅に出て、お腹を空かせた兄弟がチーズを見つけます。
"ケンカをしてはいけません"と、物語の冒頭でいわれてるってことは、100%ケンカしちゃいます。
ケンカしたら、夢の国に帰れない約束です。
ああ。

そこにキツネが来て、平等にわけてあげようといいます。
このくだりです、記憶にあったのは。
(平等にわけるといいながら、"おや、こっちが多い、そっちが多い"と微調整しつつキツネがほぼ食べます)

(あれ? なんか、クマとキツネじゃないパターンでも聞いたことがあるぞ… わりと最近… 100分で名著か?
悪魔がケーキの取り合いをする話で、ミソなのは、"たくさん食べたい"ではなく、"損をしたくない"ってとこに
比重がいってるところ。 "ひもじくても平等なら我慢できるんです!”みたいな。ああ… 諷刺だ)

(現代社会で、格差に不満がある…とかいう話も思いつくけれど、それよりも、
私が子ども時代に、弟と同じだけほしくて、要らないオモチャやアイスやジュースを
無理してでももらっていたことを、まず思います…)

ググったんだけど、同じ話でも、元いたところを"夢の国"とはされていない例がある(というか今んとこそれしか見つけられていない)

けど、私が見た番組での話をするね。
夢の国はガラスの山や森があって綺麗で、
食べ物に困らないから、ジャパリパークみたいに草食も肉食も仲良くしてるの(魚は食われるけどw)

けど、それって、退屈だよ。
欲張りじゃなくたって、退屈になって外に行きたくなるの、当たり前だよ。

ユリ熊(アニメ)を思い出したの。

もしかして、もしかだけど、ユリ熊の着想だったりしたらおもしろいなぁと思った。

カップリングの裸の王様といい、耳が痛い回でした。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/akaru8/52101084