2017年09月11日

愛してる…。 っぎゃぴぃっ!!

☆ごめん、愛してる
誰が誰に、「ごめん、愛してる」なんだろう。
律が母にだとずっと思ってた。
"ごめん"は卑屈すぎる。悲しすぎる。
…でも今回、リンカに対してかなと。
リンカは母性の象徴みたいなとこがある。
律は昔、弟分を庇って怪我をしたという。
そして今度は本当の弟に心臓をあげる。
(脳死してから、という話だけど、
こんな約束って実際できるのかな?)
投影と繰り返しみたいな。

主題歌がまた。

☆Forever more
いつまでもいつまでもいつまでも…。
ゴシックっぽい?
数珠を繰ってるような刻みつけてるような。
私がメモ用紙にびっしり書いたり呟いたりする
呪いのような願いにも似てるような。

でも、サビは気持ちいい。
揺すってあやされてるみたい。
"愛してる"は気持ちいい。

でも、私は、"愛してる"なんていえない…。

ドラマのエンディングでフルバージョンが流れた。
ドラマの台詞がわからないくらい歌詞に集中した。
最後のほうに"それ以外は余談の域よ"とある。
余談!
(あまり歌詞で見ないような言葉だし、
"おおっ"ってなった)

許せないのも憎いのも、受け止めてもらえないことも、
受け入れられないことも、会えないことも、
責任を持ちたくないことも、
余談でいいでしょうか?
そのような矛盾とたたかわなくていいでしょうか。

それなら、"許す"より、うんと楽だよ。
というか、まったく苦痛がないよ。
それでいて依存もなくなる。
これは写経(経?)するといいかもしれない。

※個人的な感想です