2008年11月15日

真木よう子のでき婚とホテルのパンフの仕事の思い出

真木よう子もでき婚したというニュースをさっきネットで見て初めて知った(最近お気に入りの女優さんなのです)。

今年になってからもダルビッシュと結婚したサエコだのリア・ディゾンだのでき婚する芸能人は多い。スポーツ新聞なんかの一面を飾ったりはするが今や特別なことではないような気がする。

昔はアイドルは結婚するというということは即引退みたいなところがあった。CMなんかでも起用していた芸能人が妊娠→結婚などというと、企業側がイメージダウンを嫌って契約継続しないとかそういうケースがあった。少なくても僕が広告の世界にはいってすぐくらいの頃はそんなのがザラだったような気がする。

おそらく松田聖子あたりから芸能人の結婚、出産そして離婚のイメージって変わっていったのだと思う。むしろ「ママ」としての活動とか、「女性としての生き方」とかそういう面で特に女性には好意的にうけとめられていると思う。安室奈美恵、広末涼子、竹内結子しかりである。

昔某ホテルの仕事でこういった「おめでた婚」(さすがホテルはでき婚とはいわない)特別プランのパンフとか作ったことがある。その頃はまだ珍しかったこともあり「Wdeハッピープラン」とかそういうベタなネーミングのプランも割と訴求力のある所品だったのが、時代とともにでき婚が普通のものになっていき、今はどこのホテルもそういうプラン自体やってないみたいだ。だいたい今は結婚するカップルの4組に1組はでき婚だという話を聞いたことがある。

真木よう子はリプトンほか何本かの広告に起用されているが、別にCMは継続されるだろうしイメージがそんなに変わることはないだろう。(リア・ディゾンだってCMは継続らしい。ショックを受けてるアイドルオタの人はいるだろうけど)結婚したら結婚したで若いミセス向きのターゲットの商品のCMが増えていくだろうし、広告というのはイメージの作り方ひとつでどうにでもなるのだ。映画の出演作ももちろんだが、今後どういうCMに出演していくのかけっこう楽しみでもある。

akasaka_ouji at 23:54│Comments(0)TrackBack(0)広告のお話 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
uniqlo calendar
Recent Comments
twitter
リンクシェア
アフィリエイトならリンクシェア
itunesのweekly chartです
気にいったらダウンロード
 iTunes Store(Japan)  iTunes Store(Japan)
アマゾン
HMV
HMVジャパン
livedoor Books
本を売るなら〜♪
ブックオフオンライン
BOOK STATION
ブックサービス
ブックサービス
雑誌の購読は
セブン&アイ
 セブンネットショッピング
H.I.S
旅の宿の予約なら