≪高校時代≫

2000年夏、ラブひな他赤松健作品に嵌る。

この年の週刊少年マガジン27号で、ラブひなの存在を知りました。

2001年春、ラブひな春スペシャルの特集記事にて、水樹奈々さんの存在を知る。

高校時代、萌えアニメではサクラ大戦、ギャラクシーエンジェル、天使のしっぽ、フルーツバスケット、シスタープリンセス、コメットさん、ココロ図書館、魔法少女猫たると、Kanon、ちっちゃな雪使いシュガー、まほろまてぃっく、プリンセスチュチュ、おねがい☆ティーチャー、七人のナナ、東京ミュウミュウ、ぴたテン、ちょびっツ、あずまんが大王、りぜるまいんなども流行っていたが、それらのアニメを見る気は起こらず赤松健の作品の方が圧倒的に面白いと感じていました。

2003年2月26日、大学受験の翌日、高校の卒業式の前日が、赤松健先生の新連載『魔法先生ネギま!』が掲載される週刊少年マガジン公式発売日だった。

≪浪人時代≫

2004年2月25日、大学受験のあと、人生初アニメイト訪問。(当時はポッポ街商店街にあったアニメイト徳島店)『魔法先生ネギま! 声のクラスメイトシリーズ5月:近衛木乃香』を購入した思い出があります。

≪大学時代≫

2004年4月、一浪の末、大学入学。

2004年10月10日、STARCHILDDREAM in KOBE2ndを観覧。堀江由衣さん、金田朋子さん、能登麻美子さんなどなど、生の声優を初めて目にする。

2005年6月25日、徳島にて、こやまきみこさんのイベントを観覧。この時戴いたサイン色紙は今も大切に保管しています。

2006年12月10日、南海ブックス2号店主催、minoriの[ef - the firsttale.]体験版配布会&何か&トーク的小イベントを観覧。

 

大学時代に特に嵌った漫画・アニメ

【魔法先生ネギま、ARIA、ひだまりスケッチ】

 

初めてリアルタイムで試聴した深夜アニメ

【美鳥の日々】

MBSABC朝日、関テレ、読売、TVO、サンテレビに加え、四国放送とテレビ和歌山も映ったため、深夜アニメの試聴環境には恵まれていた。

 

大学時代の特に印象に残っているアニメ界の出来事

1.マリア様がみてる~春~放送枠のマツケンサンバのCM

2.ほっちゃーん! ほ、ほーっ、ホアアーッ!! ホアーッ!!

3.ネコミミモード

4.うおっまぶしっ

5.ハッピーマテリアルオリコン1位運動

6.いぬかみっ! 18話ED

7.nice boat

8.涼宮ハルヒの憂鬱とらき☆すたのブーム