トップページ » パルフェ 〜ショコラsecond brew〜 感想

パルフェ 〜ショコラsecond brew〜 感想

よく映画の宣伝でありますよね。「アカデミー賞主要7部門ノミネート!」とか、「カンヌ映画祭パルムドール受賞!」とか。
映画知識素人の私でも「なんか凄そう・・・」と理解することはできます。
そう思うよね?ね?
結論から申しますと2005年度最優秀作品の最有力候補です。
台詞の引用程度のネタバレはありますが、それも嫌な方は注意してください。


・BGM
主題歌の「Leaf ticket」はかなり良い出来。
ゲーム中のBGMも感動する程ではないですが、かなりイイ線いってると思います。
また、BGMの使い方、挿入の仕方が巧みだと思います。
「手の届く距離に」「夢のその先。」はここぞという時にかかってくれるのでゲーム内の雰囲気の盛り上がりに大きく貢献してくれています。


・CG 
前作と同じく『ねこにゃん』氏が担当しています。
この方の描かれる立ち絵は表情により可愛さが全然違うのですが、一枚絵の出来は間違いなく業界トップクラス。
特に明日香の主人公に媚びるような上目遣いのCGは個人的にヒット。
前より上手になってるな〜と感心させられました。


・シナリオ
Fantastic!!

多分、今年はこれより面白いと感じる作品はきっとない・・・そう思わせてくれる素晴らしい出来でした。
そして、今後何度も再プレーするでしょう。
ほんとうに、ほんとうに面白かった。

こちらも前作と同じく『丸戸史明』氏(with企画屋)が担当。
軽妙なテキスト、細かいところの伏線の張り方などは非凡なモノが感じられます。
「おはよございま〜・・・した。」
「その洞察力に敬意を表してバトンタッチ!」
「あ〜もう我慢できないっ!店長のぉ、早く・・・早く食べさせてぇ」
などは笑いました。丸戸氏のテキストは本当に上手いです。
今回はショコラの破滅的なシステムではなく、じっくりとシナリオを読んでいくことが出来たのも非常に良かったですね。
両想いになった後のバカッップルぶりもニヤニヤしながら楽しめました。
特に今回のHシーンは互いが互いを求め合う気持ちが強烈に伝わってきて珠玉の出来かと。
こんな風に互いを求め合えたら幸せだろうな。


・主人公
『高村仁』20歳、名門八橋大学に所属する重度のシスコンと甘えたがり属性を持つが、家族を何よりも大切にし、行動力に関しては人並み外れたモノを持つ好青年。
前作の主人公『結城大介』とどっちがカッコイイかと言われると「どっちともカッコイイと思う」が私の結論。
まあ正直それはね〜だろと思う行動も無きにしもあらずですが、全体的に好感が持てました。
特に里伽子シナリオの彼は最低であり最高の男だと思います。

・キャラ別感想
風見由飛:表のメインヒロインにして桃色時空の継承者(笑)嫌いな人も多いだろ〜なと思いますが私は好きなので無問題。
かなりぶっ飛んだ性格をしてますが、まあソレはそれでありです。だって萌えたもん。
印象に残った台詞(引用)
「ここさえ乗り切ったら・・・私が治してあげるから。やさしく、舐めて、治してあげるからぁ」
どっかに落ちてないかなあこんな娘さん。

花鳥玲愛:ツンツンデレデレな金髪ツインテールヒロイン。ツンデレ属性を持っている方は要チェックや!
派手な外面と違い、努力家で真面目な性格をしていてまたそれも良いという方が大勢いそうです。
後半のデレデレっぷりは凄まじい。終始関わってくる親友の川端さんがいいキャラしてますな(笑)

雪乃明日香:とっても良い子だが、いたずら好きな小悪魔。主人公を「せんせ」「てんちょ」と呼んでくれるだけで萌える。
最初から主人公すきすきー光線を出しまくってくれるので、ひたすら鈍い主人公を少し殴りたくなりました。ごめん、少しじゃない。
学園祭の場面が一番好き。主人公が大人な対応をしたのも良かったし。
それにしても「せんせ」、「てんちょ」って呼び方って萌えるなあ。私だけ・・・?
印象に残った台詞(引用)
「ね? 頑張ったでしょ? ごほうび・・・ほしいなぁ」
あげる!あげる!

涼波かすり:ヒロインとしてより、サブキャラとしての方が映えるヒロイン。
んん・・・シナリオは全体的にイマイチかな。標準以上の出来だとは思いますが。
ショコラでいう真子やままらぶでいうクリスみたいな感じ。
悪くはないけどもうひと押し。

杉澤恵麻:シスコンの弟にしてこの姉あり。超ーーーーブラコンなおね〜さん。
まさかここまでとは思わなかったぐらいに凄い。・・・怖いくらい。
リンク貼ってる全姉連さんに推奨しようかしら(笑)
一番最初にクリアしたんですが、その凄まじさに圧倒されまくり。

夏海里伽子:裏のメインヒロイン。超現実主義者で容赦ないが、ちゃんと主人公を助けてくれる優しいコ。
前作をやった方ならピンとくると思いますが、あのヒロインと少々ダブりますね。
由飛と双璧を成すぐらいに萌えた。感動した。元気が出た!
このヒロインでの丸戸氏の伏線の使い方は「やられたー」と素直に脱帽。推測できる人なんているんでしょうか・・・?
印象に残った台詞(引用)
「もうしょうがないなぁ・・・仁はぁ」
この台詞が彼女の全てを表してますね。ほんとうに良いコだよ。

まとめ
音楽・シナリオ・原画・システム全てが高い次元で融合している名作。
特に丸戸氏の功績は大きいかと。今までの作品の中でもピカイチでした。
これから頑張っていこうという方にもオススメしたい。元気がでます。
私的評価 95/100 好きなキャラは風見由飛、夏海里伽子、雪乃明日香

トラックバックURL
トラックバック
1. 予想以上の高評価『パルフェ 〜ショコラ second brew〜』(戯画)  [ 全姉連 総本部 ]   2005年04月03日 01:40
『パルフェ 〜ショコラ second brew〜』(戯画) ギャルゲーとして、また姉ゲーとして、面白いという話はBBSの方などでも情報を 頂いていましたが、ErogameScapeさんでの評価を見たらすごいことに。 中央値90・平均値89 こんなに高い値をたたき出しているゲームはそうそうお目
『パルフェ ショコラ Second Brew』から 雪乃明日香のマジカルスポーツタオルです。 吸水性・給水量が綿の3倍、速乾性が綿の約7倍という優れた商品となっており実用性バッチリ!? ・サイズ:40×90cm 販売価格 : 3,675 円 (税込) 発売日 : 2005年6月24.
コメント
1. Posted by アカカゲ   2005年04月03日 00:31
すかさず返信!
それがアカカゲスタイル・・・

バルフェの観想読みました・・・・
アカカゲ恥ずかしい!
なにが恥ずかしいって、今ままでバルフェをパルフェと勘違いしていたくらい恥ずかしい!

・・・・ふむ、akatonboさんの丸戸氏好きを差し引いても・・・ってアカカゲも好きだから差し引く必要なし!
うむ、突撃していいんだね・・・ままらぶなんだね・・・

早速インストールするよ!
ありがとう〜
2. Posted by たろんなーど   2005年04月03日 00:35
パルフェですか〜。
いや、面白いのは面白いんでしょうけど、個人的には絵が苦手なモノでして……(汗
TITANS様のところで「FOLKLORE JAM」の感想かいてますけど、
個人的には丸戸史明氏のシナリオとキャラ造形も……あんまり……
はっ、今皆様を敵に回したような気がするっ!?
何と言うのか、伏線が全て無駄なく生きてしまう推理小説といえばよいのでしょうか、
(あくまで個人的にですが、)そういったところが、逆に少し構えて見てしまうというか、
もう少しシナリオ的な「無駄」やシナリオ展開とは関係ない「世界」を感じさせて欲しいと言うのが、
私のフィクションに求めるものなので、そういう意味で、丸戸氏は少し……。
とはいえ逆説的には、意図したシナリオの構成力と言う観点からすれば
エロゲー業界でも屈指のシナリオライターさんだとは思います。
テキストのセンスとかにも仰られているように非凡なものを感じますし。
3. Posted by たろんなーど   2005年04月03日 00:37
上の書き込みがやたら詰まっているのは字数制限に引っかかって
切るときにミスったからです……読みにくくて申し訳ない……。

上記の感想は「ショコラ」と「FOLKLORE JAM」の中での印象なので、
「パルフェ」や「V.G.Neo」、「ままらぶ」といった氏の作品でも
より評価の高い物はプレイしていない状態での感想ではあるのですが。
4. Posted by akatonbo   2005年04月03日 21:46
>すかさず返信!
>それがアカカゲスタイル・・・
おぅ。反応早いですね〜。

>今までバルフェをパルフェと勘違いしていたくらい恥ずかしい!
そ、そんな勘違いは駄目ですよ〜。
おっちょこちょいすぎます(笑)

>うむ、突撃していいんだね・・・ままらぶなんだね・・・
人によって程度の差はあれ、ままらぶクラスの出来は期待して良いと思います。
さあ、アカカゲさんの感想も待ってますよ。

>はっ、今皆様を敵に回したような気がするっ!?
ククク・・・ここは丸戸信者のパーティー会場なのさ。
異端者は排除してくれよう!
嫌なら「ままらぶ」エンドレスプレーの修行を行って貰いますぜぇぇ。

別に私も丸戸氏の作品を全て支持してるわけじゃないですけどね(笑)
5. Posted by akatonbo   2005年04月03日 21:50
字数制限なんてつけないでー>ライブドア

>もう少しシナリオ的な「無駄」やシナリオ展開とは関係ない「世界」を感じさせて欲しいと言うのが、
>私のフィクションに求めるものなので、そういう意味で、丸戸氏は少し……。
そこら辺は丸戸氏の長所とかぶってくるところ(日常のありふれたものを上手に調理する)なのでなかなか難しいですね。
ここら辺は個人の好みの問題が大きいかなーと思います。

>[パルフェ」や「V.G.Neo」、「ままらぶ」といった氏の作品でも
より評価の高い物はプレイしていない状態での感想ではあるのですが。
うむむむ・・・しかし基本的なシナリオのスタイルはショコラ以降ほぼ変わってないと思いますのでいきなりたろんなーどさんの高評価を得るのは難しいかもしれませんね。
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星