2017年11月19日

琵琶湖へ

今日は米プラオフの日。
朝6時半くらいに家を出てデリを取りに行く。
そのまま内環状から花博通り、R1B.P〜京都外環状〜R1〜R161B.P。
内環で活きのいい生餌を見た(^_^;
P1000857_R_LI

真野I.Cを下りてR477で道の駅びわ湖大橋米プラザへ。
2時間ほどで到着した。
珍しく1番乗り。

P1000863_R_LI
とりあえずお土産のギガ団子を確保しに行き、琵琶湖の写真を押さえに行って戻ると、隣に大阪ナンバーのワークスが止まっていた。

P1000864_R_LI

その後Bさん、和囲さん、yuzuさんが到着。
P1000865_R_LI
P1000866_R_LI
P1000862_R_LI

Bさんと和囲さんがマボだったので、マボオフでマボが居ない事態は回避できた。

天気予報では曇りで30%/30%の降水確率だったものの、今日の琵琶湖は好天。

P1000858_R
P1000860_R
P1000861_R
とは言うものの蓬莱あたりの山は冠雪していて、ときおり虹も出ていた。
気温はかなり低くて寒かった。

昼食は米プラ内で摂って、その後2階に上がって歓談を。。。

BさんがCLUB HARIEに行くために離脱。
その後、yuzuさんも雪が心配なため離脱。
あとは16時半までしゃべりまっくって解散。

帰宅したのは20時50分くらい。
のんびり楽しんだ1日。


akatonbo_sasayaki at 22:52|PermalinkComments(2)clip!

2017年11月18日

冬が来る

今年は久しぶりに秋が長かった気がする。
ここ10年ほどは10月後半まで暑くて、秋になったなって思ったらすぐに冬だったのに。
今年は8月末に秋が始まり、10月末まで秋を満喫した気がする。
11月に入り、年賀状発売の話題と同時に来るのが喪中はがき。
今年もすでに4通来ている。
その中で13日(月)に届いたのが、パパとんぼさんが他界した直後に書いたM嶌さんのところから届いたはがき。
M嶌さんも入院生活を送っておられたんだが、当人から届いている。
もしかして奥さんが亡くなった?って思って文面を見て唖然とした。
6月に長男が他界と書いてあった。
赤とんぼと同い年で、子供の頃からよく遊び一緒に学んだ謂わば幼馴染。
あちらの家の事情などもあり長らく会っていなかった。
今年に入ってどうしてるかな?って思ってて、無性に会いたい衝動に駆られていたもののついには叶わぬ夢と終わってしまった。
夏は木津川や保津川にデイキャンプに行ったし、年3回ほどの研修も一緒だったし、秋には枚方や交野の山を歩いておやつにアケビを食べたり、栗を拾ったり。。。
まるで昨日のことのように思い出す。
子供がまだ12歳だそうだ。
近年は太り気味で血圧も高かったのだとか。
脳溢血でついに帰らぬ人に。
早すぎるという思いとともに、自分もそんなことを気にする年齢になったのかと実感する。

あと何年生きるかは神のみぞ知るだが、生きているうちは人生を謳歌したいと思う。
亡くなった友人・縁者の分まで。


akatonbo_sasayaki at 22:13|PermalinkComments(2)clip!プライベート 

2017年11月05日

秋の連休は。。。

11月3日(祝) 文化の日
朝、ほぼいつもの時間に目覚める。
休日であることを再確認してから布団の中でグダグダ。
8時過ぎに朝食して、9時過ぎからロドの散歩に出る。
いつものコースをまったり散歩してからいったん帰宅して、ピクニカ1号で長居公園自由広場へ。
毎年恒例のMBSラジオ秋祭。
開場は10時だったんだが、混んでるだろうと思ったので10分ほどずらしていったのに、、まだ混んでた(^_^;
入場ゲートの手前まで行ったところで聞き覚えのある声が聞こえてくる。
サブステージでラジオ営業のビッグムーンこと大月さんと、タレントの熊谷奈美さんのステージが始まった。
大月さんとは顔馴染みなので躊躇なくサブステージに行く。
日本盛の紹介コーナーのときにボトル缶数種の紹介があり、ジャンケン大会になったので参加してみた。
で。。。
新製品の燗酒をGET。

h291103 (2)_R
景品をいただくときに大月さんから
「いつもありがとうございます」と。。。
顔馴染みでもあるし、ちょっと拡散に加担してみる。
この燗酒は新しい酵母が使われてるらしくって、温めても味や香りが損なわれることなく、黄色っぽく変色することもないのだとか。
まだ飲んでないけど、ちょっと楽しみo(^-^)o
サブブースがはけてからすぐに日本盛のブースへ行って、ほかの製品をお買い上げ。

h291103 (3)_R
さらに徳島県のブース(?)へ行って鳴門金時を2袋お買い上げ。
昼過ぎまで長居に居て今回は早目に帰宅。
続きはラジオで。
ラジオを聴きながら、チャリのオーバーホール。
新しく入ってきたヤツがラチェットが掛からなくなったので後輪をばらして古くて固着してるグリスをパーツクリーナーで洗い流し、ベアリングも洗って新しいグリスを塗って組み上げたらメッチャ調子良くなった。
ついでにピクニカ2号のブレーキワイヤー交換と、MTBのサドル交換。

11月4日(土)
ちょっゆっくり目の朝。
朝から中辛まぼさんのところで譲ってもらったボンネットをマボに装着。
もっと早く交換したかったのだが、磐田へ赴いた日は台風21号が接近してたし、その次の週末は22号接近。
2週間寝かせてしまった(^_^;
その後いつも通りに整体へ。
たっぷりオーバーホールしてもらい、その足でホームセンターへ。
大量のコーキング材と、前日使い切ったための補充用パーツクリーナーを購入して帰宅。
14時くらいから屋根に上がってコーキング作業。
台風の大雨が降った時に、台所の天井から水がポタポタと。。。( ̄□ ̄;
このまま放置したらヤバイことになるのは目に見えている。
とりあえず屋根に上がってアヤシイところを片っ端からコーキング。
なんとか雨が降る前に屋根2面をコーキングし終えた。
さらに、1年以上前に買ってきて交換するように言ったもののそのまま放置されていた洗濯機の排水ホースを交換する。
コイツが破れてて洗濯の度に屋根に大量の水を吐くもんだから屋根も傷むってもんですわ。

11月5日(日)
朝7時前に起きた。
30分ほどグダグダしてロドの散歩。
帰宅してからは引きこもり。

もっと有意義に過ごせばよかったかと少し後悔(^_^;
でもゆっくり休めたから結果オーライってことで(^_^;


akatonbo_sasayaki at 20:53|PermalinkComments(2)clip!プライベート 

2017年10月09日

逢いたくて

土曜は整体行って、買い物行って、新しく入手したチャリを整備して終了。

日曜は秋オフに行こうと思っていたものの風邪気味で自重。
1日引きこもり。

月曜は、午前中に録画してたのとか世界体操見て、昼からお出掛け。
土曜日に整備したチャリで新大阪へ。
新大阪駅自体が目的ではなく、隣接する宮原車庫へ。
ここに居るのである。
103系POWER LOOPラッピングが。。。
とりあえず北側の新幹線高架下へ回ってみる。
居た。久しぶりに見るPOWER LOOP。
月に10日くらい目にしたこともある列車。
お久しぶり。
h291009 (1)_R

その横に居るのはサロンカーなにわじゃないですか!
テンション上がるぅ〜〜〜!!!!!
駅の方に戻り定番の跨線橋から車庫を見渡してみる。
h291009 (2)_R

そら色の103系もオレンジも居る。
しかもそら色比率高いし。
跨線橋を下りて南側へ。
スマホしか持って行ってないのがちょっと悔しい。
POWER LOOPの横に12系客車も居る。
気のせいか103系たちが疲れてるというかやつれてる感じがした。
h291009 (5)_R
h291009 (8)_R
h291009 (10)_R

さらに西に進んだら。。。えっ!宮原に転車台が残ってたんか!
知らんかった。。。
h291009 (12)_R

1時間くらい宮原車庫をウロウロして帰路に就いた。
帰り道にあるのは阪急京都線。
スマホしかないのが悲しいけど、通過本数が多いので10分ほど撮ってみる。

h291009 (13)_R
h291009 (16)_R
h291009 (19)_R

ステンレスのギンピカ車両が増えつつあるJRに比べ、阪急電鉄の塗装車の安心できること。
いままではあまり私鉄に食指が動かなかったんだが、最近は私鉄の方が面白くなってきている。
JR東海化しつつあるJR西日本、この路線で行くなら撮る対象が数年後にはなくなりそうだ。

往路の移動時間1時間、新大阪近辺で1時間ほど、帰路の移動1時間。
いい運動になったわ。


akatonbo_sasayaki at 21:58|PermalinkComments(2)clip! 

2017年10月01日

〇✖△退治

今日は環状線で103系は走らないということで、朝からママとんぼさんとおとうとんぼ1号・2号のお誘いに乗ってイオンモール高槻へ。
何をしに行ったかと言うと、高槻市と姉妹都市提携している福井県若狭市と島根県益田市の物産展があって、その一環として石見神楽の実演があるということで見に行くことに。
石見神楽は見に行きたいと思っていたものの、石見って遠くてなかなか行けなくて。
11時開演らしいんだが、ママとんぼさんが前の方で見たいと言うので、10時には現場に到着。
早すぎですけど。。。(^_^;
到着があまりに早かったのでイオンモールを探検してみたが、これと言って欲しいものもなく。。。
開演10分前に戻ったら、けっこう人が集まってた。
早目に行ってて正解だったな。

始まって少ししたら、後ろに座ってたオジサンが解説を始めたのだが、一緒に居たオバサマに「静かにしなさい」と言われて黙った。
ビバオバサマ!ナイスオバサマ!凄いぞオバサマ!

初めて見た石見神楽、すごかった!
あらためて石見に見に行きたくなった。


h291001 (14)_R
h291001 (24)_R
h291001 (26)_R
h291001 (29)_R
h291001 (41)_R
h291001 (45)_R
h291001 (63)_R
h291001 (72)_R
h291001 (77)_R
h291001 (91)_R


akatonbo_sasayaki at 22:45|PermalinkComments(4)clip!プライベート 

2017年09月23日

撮り鉄

今日は朝から整体に。。。と思っていたのだが、土曜日と言えどさすがに祝日はお休みな訳で。
先週は台風の影響もありツライ状況。
やご2号がフィールドワークで長浜に行くので珍しく早起きしてた。

やご2号を見送って、朝ご飯を食べてからお出かけ。
目的地は堺市。阪和線の鳳駅。
阪和線と言えば水色の103系にステンレスボディーに青帯の205系に223系・225系。白塗装に青色スカートの281系はるか。283系くろしお(オーシャンアロー)。あとおまけで287系と289系のくろしお。
103系は7月で通常運行を終えてしまっているんだが、それは本線の話。
実はまだ通常運行をしている個体がある。
鳳駅から西へ延びる羽衣支線。
わずか3両編成ながら健在である。撮るなら今しかない気がして。
水色の103系は、大阪市内に出てきてしょっちゅう見ていた車両。特に阪和線沿線に住みだしてからおよそ30年、特別な思いはある。
地元駅から普通列車に乗り、ウトウトしてたら鳳に到着してて、もうちょっとで乗り越すとこだった。
本線から羽衣支線のプラットホームである5番線に直行し1時間ほど撮る。1編成がピストン輸送なので同じ列車しか来ない(^_^;

290923 (2)_R
けっこう天気が安定しなかったのでシャッターをクリックする瞬間まで気が抜けん。
プラットホームへの光の回り方がきれいだったので、久しぶりにドラマ性を意識して撮ってみる。

290923 (22)_R
290923 (24)_R
290923 (23)_R
290923 (42)_R

久しぶりの水色くんを満喫して癒されましたわ。

支線を満喫したら本線も行きたくなるのが人情と言うもの。
鳳駅は北側に支線や折り返し列車のためのポイント、南に車庫から出入するためのポイントが複雑に交差していてそれが面白い。

290923 (57)_R
阪和本線は205・223・225系がメイン。たまに281系や287系。
225系くらいまではまだ良いが、225系5100番台になるとちょっと食傷気味になってきてる。
あんまり撮る気にならん。それは287系・289系も同じ。
287系は近畿圏内の特急列車で共通化された感じがあり、ヘッドマークやヘッドのLEDも無いので撮ってて面白味がない。
289系は元が683系で北の方を走っているイメージが強いので、阪和線ではまだ違和感がある。
大胆にカラー変更でもしてほしいものである。

290923 (93)_R
290923 (53)_R
290923 (67)_R
290923 (71)_R
290923 (84)_R
290923 (85)_R
290923 (100)_R

鳳駅を後にし浅香駅へ行くために堺市駅で乗り換え。
しかし、うっかり快速に乗ってしまったため、天王寺駅に強制送還。。。( ̄□ ̄;
阪和線から天王寺駅に入る快速列車は二通りある。
まずは2〜5番線の阪和線ホームに入る天王寺駅発着の列車。
もう一つは環状線の直接乗り込む列車。
今回乗ったのは、堺市駅で乗り換えるまで乗っていたのが前者。
堺市駅から乗ったのが後者。
天王寺駅18番線に列車が滑り込んだ時に、環状線ホームに撮り鉄さんが集まっていたので、もしかしてって思って、内回り線で寺田町へ向かう。
いつもの外回りホームは割り込む余地がない。そこで条件的には不利になるが内回りのホームに陣取る。
すぐに103系はのオレンジくんが来た!

290923 (112)_R
行先表示が環状線になってたので、寺田町駅で撮ってそのまま内回り線に乗り森ノ宮駅へ。
阪和線だけのつもりだったので、レンズは50ミリと85ミリしか持って行ってない。ここは100ミリ以上が欲しいところだが、最善策として当然85ミリを使う。
カメラ本体のCCDがAPSサイズだから、フルサイズ換算でおよそ125ミリ程度なのが救いではあるんだが。。。
森ノ宮駅では早目に到着していたため割と良いポジションで撮れた。

290923 (123)_R
290923 (125)_R
でも、まだ終わらない。
寺田町駅へ折り返す。
外回り線のいつもの場所。
先客が一人居たため、ベストポジションではないにしても、その後ぞくぞくとやってきた人たちよりは良いポジションで撮れた。
290923 (157)_R
290923 (160)_R

103系三昧の半日。


akatonbo_sasayaki at 23:32|PermalinkComments(2)clip!

2017年09月17日

晴れの国 鉄道旅 〜後半〜

続き

規模は小さいものの、濃い鉄分の津山まなびの鉄道館をあとにし、来た道を津山駅方向に戻る。
時間は13時過ぎ。
そろそろお昼ご飯を食べたい。
岡山で駅弁を買いそびれた時点で、昼ご飯は津山のB級グルメ・ホルモンうどんに挑戦したいと考えていた。
ガイドブックに載っていた津山駅前のお店、東宝も場所を確認してあるし。
喜び勇んで東宝に行ってみたら。。。閉まってる。。。( ̄□ ̄;
昼の営業時間、11時〜13時って。。。ǁǁ(_ _;)ǁǁǁ
ホルモンうどん、なかなか縁がないなぁ〜。
周りを見回しても目に入ってくる飲食店はトマト&オニオンだけ。
ここまできてトマオニってのも。。。
かと言って市街地まで行ったら時間が気になるし。
結局駅前のファミマで飲み物と食べ物を買い込む。
それをどこで食べようかと考えながら、観光案内所で30〜40分で行けそうなとこを聞いてみるも、吉井川の堤防からお城を見るくらいだと言われる。
で、裏道から吉井川へ出る途中に、ホルモンうどんやってる店を発見(-“-;
堤防からのお城もN●Kと巨大なアンテナであまり良いロケーションじゃないし。
ま、ご飯を食べるだけならこれでもいいか。


時間が余ったので駅前に静態保存されたC11と整備された駅前ロータリーを散策。

h290909 (142)_R
h290909 (136)_R

ベタなダジャレポスターもあって、好きですわぁ〜〜〜(^o^)

h290909 (138)_R
h290909 (139)_R
h290909 (140)_R
h290909 (143)_R
h290909 (144)_R


少し早いけど駅に行ったら、乗車予定のキハ120が止まってたので乗車する。
14時38分に津山を発車し、3駅先の美作滝尾駅に到着したのが14時55分。
ここを訪れた目的はこの駅舎。
第二のメインディッシュ(^_^;
h290909 (153)_R

h290909 (66)_R

開業時から約90年間、ほぼ変わらない姿の駅。
雰囲気ありすぎで何回シャッターをクリックしたことか。
しかし、どんなに良い駅でも周りに何もないので次に乗車する16時5分発の列車が来るまで間が持たんわ。
乗ってきた車両の後続が1本来るんで、それを撮るか。
駅から南へ少し行ったところに加茂川があり、そこの橋の上から狙える。
しかも橋は車両通行止めになってるため、車を気にせずポジション取りができる。
でもローカル線の一発勝負。構図をどうするか、止めるか流すか、さらに古いデジイチだから露出をシビアに考えないと。
いろいろ試しながらその時を待った。出来はイマイチかな。

h290909 (70)_R
h290909 (76)_R
h290909 (78)_R


駅に戻って戻りの列車を待つ。
来るときに乗った車両が智頭駅まで行って戻ってきた(^_^;
h290909 (160)_R

東津山駅へ出て少しの待ち合わせで姫新線のキハ120に乗り換える。

h290909 (162)_R
h290909 (163)_R
h290909 (82)_R

作用駅でキハ122に乗り換え。さらに播磨新宮駅でもキハ122へ。

h290909 (164)_R


姫新線乗り換えなしの直通があればいいのにな。。。
18時42分に姫路駅に到着し、米原・長浜行の223系新快速に乗車。
大阪駅に19時58分に到着するもそのまま新大阪まで乗車する。
なんせ津山から何も食べてないのでさすがにお腹も減る。
ヨドバシの上とか大阪駅ビルでも食べるところはあるものの、一旦駅舎を出なければならないし、出たら出たでそのまま飲みに行ってしまいそうなもんで。。。
新大阪ならエキマルシェがあるから。
とは言うもののこれと言って食べたいものがあるわけでなく、ウロウロして行きついた先は浪花そば。
当たり障りのないところで、当たり障りのないカツ丼定食を食べてから帰宅。

久しぶりの乗り鉄&撮り鉄で鉄分補給をした1日。



akatonbo_sasayaki at 15:04|PermalinkComments(2)clip! 

2017年09月10日

晴れの国 鉄道旅 〜前半〜

9月9日

青春18きっぷが1枚余っているとのことだったので、一人旅に出てみる。
いつもは適当に場所を決めて適当に行ってみるのだが、今回は京阪神エルマガジン社から出ている『大阪駅から行く青春18きっぷの旅』という雑誌を入手していて、その中で以前から行きたかった所の記事が気になっていたので、久しぶりにガイドブックを頼ってみた。

5時46分に地元駅から223系に乗車。
天王寺駅5時54分発の環状外回り323系に乗る。
順調に走行し、福島駅のプラットホームに滑り込んだ瞬間、急ブレーキが掛かった。
自動アナウンスの323系、急ブレーキのときに「急ブレーキです」と自動アナウンスが入ったのには笑った。
車掌からの「停止信号を確認しましたので停止しました。しばらくお待ちください。」とのアナウンスが入ったときに思ったことは、「6時25分の快速に間に合わないかもしれない。。。( ̄□ ̄;」
しばらくして続報が入る。
西九条駅で乗客が線路へ転落したらしい。
この時間だから歩きスマホだろうな。迷惑な話だ。
危険だと言われて久しい歩きスマホ。公共交通に影響を与えたヤツや自転車スマホなどは懲役5年以上、罰金30万円以上でもいいんじゃないかと言う気になる。
大阪駅から東海道山陽本線に乗り換え。快速電車で姫路駅へ。
姫路駅で快速を下りてダッシュ。
ここでモタモタしてたら岡山行での座席確保が難しくなるのは過去の18きっぷ旅で経験済み。
8時1分発、山陽本線岡山行の115系に乗り、9時29分に岡山駅に到着。
岡山駅は国鉄時代の車両もJR時代の車両も入り乱れる垂涎の駅。
到着した隣のホームには山陽カラーの117系が。。。好物です!!!
あ、乗ってきた山陽カラーの115系も撮っておかねば!

h290909 (2)_R
h290909 (4)_R

待機線にいたラ・マル・ド・ボァも撮りたいし、もうすぐ入線してくる381系やくもも撮りたいo(>_<)o
時間がほしいぃ〜〜〜〜〜!
後ろ髪を引かれる思いで津山線のホームに行き、キハ47快速ことぶきノスタルジーに乗り、席を確保してからノスタルジーを一通り撮る。
h290909 (8)_R
津山線のホームから見えるやくもやその他の列車を羨望の眼差しで見ていたため、駅弁を購入するのを忘れた。。。( ̄□ ̄;
痛恨のミス。

9時42分に岡山駅を出発したノスタルジー。気動車独特の唸りを上げてゆっくりとスタートし、力強く岡山駅を後にする。
10分と立たないうちにローカル線の車窓から見える景色は旅情そのもの。
ずっと外を見ていてもまったく飽きない。
ノスタルジーは定刻10時50分に津山駅に到着。

h290909 (16)_R
しばらく津山駅を満喫して駅を出た。
津山駅は駅前を通る国道53号を通過するだけだったんだが、そのときにみた感じではない。明らかにきれいになっている。
でもそっちは後回し。
今回のメインディッシュその1、津山まなびの鉄道館へ向かう。
ここは存在は知ってたし、何度も近くを通ってたんだが、寄る機会が無くて初来館。
途中に幟が立っているものの案内板は無いので、たぶんこっちだろうと歩く。
そして被写体を見つけては撮る。
h290909 (20)_R
h290909 (24)_R
h290909 (31) 2_R

鉄道館も隣の車庫も満喫。

h290909 (92)_R
h290909 (108)_R
h290909 (106)_R
h290909 (104)_R
h290909 (103)_R
h290909 (101)_R
h290909 (100)_R
h290909 (98)_R
h290909 (97)_R
h290909 (96)_R
h290909 (95)_R
h290909 (94)_R
h290909 (93)_R
h290909 (109)_R
h290909 (50)_R
h290909 (123)_R
h290909 (48)_R
h290909 (125)_R
さらに真横を走る津山線の本線。。。たまりませんわ。

後半へ続く


akatonbo_sasayaki at 23:39|PermalinkComments(2)clip!

2017年09月03日

回ってみた

日曜日だというのに朝はいつもの時間に目覚める悲しい習性。。。(-“-
10時くらいまでごろごろしてた。
朝ご飯を食べようと思ったが、ご飯がほとんどない。。。ǁǁ(_ _;)ǁǁǁ
とりあえずあるものを寄せ集めて食べる。
遅めの朝ごはんも食べたし、お出掛けするか。。。

環状線の103系が次のダイヤ改訂でなくなるらしいから撮っておこう。
基本的に葬式鉄は嫌いなんだが、103系は別格。
記憶のある中で常に走っていた103系。
転属になって、まだしばらくは残るだろうけど環状線では撮れなくなってしまうという焦り。
博物館に並ぶ個体ではなく環状線を走る103系を撮りたいのだ。
いつの間にか阪和線の水色くんも営業運転終わってたし。。。
とりあえず撮っておきたい。
POWER LOOPはちょくちょく撮っているものの、たった1編成残ってるオレンジくんは最近ご無沙汰なので撮りたいのである。
でも、その割にノープランなんだよな(^_^;

阪和線から環状線内回りに乗る。
寺田町駅へ。
225系と323系、あと221系も撮ったが気に入ったカットが無いので割愛。
h290903 (5)_R
h290903 (12)_R
h290903 (13)_R
h290903 (14)_R

続いて桃谷駅。
オレンジ色の機体に期待するも、すぐに201系だとわかる。
h290903 (21)_R
201系も近いうちに姿を消しそうだし、今のうちに撮っておかなくては。
221系も最近多いよな。
h290903 (24)_R


103系、来ませんわ。POWER LOOPも来ない。
森ノ宮駅へ。
もう1本201系が来たぁ〜〜〜o(^o^)o
h290903 (44)_R
201系の横に見える森ノ宮車庫。ん?もしかしてあれは。。。
内回り線で通過するときに確認した。
103系のオレンジくん、車庫に居るやん。待ってても来んはずやわ。

京橋駅でお昼ご飯を食べて、西九条駅へ向かう。
昼ご飯と言ってもどこかいい店へ行く訳でもなく、麺屋でいなり定食(^_^;
京橋から先、午後の光線状態を考えたら西九条がベストと思われる。
関空特急はるか、201系ハリー・ポッターラッピング、287系くろしおパンダラッピングなどなど。。。
h290903 (50)_R
h290903 (55)_R
h290903 (62)_R
パンダラッピング、パンダと言えばパンダだが、招き猫にも見える(^_^;

数年前までは381系も居たし、381系のパンダラッピングも居たし、もっといろいろ走ってたし。。。環状線がもっと楽しかったのにな。。。
この先、もっとつまらなくなりそうで怖いわ。

その後、阪和線に行くもののイマイチ。
気分は空振り三振。


akatonbo_sasayaki at 21:24|PermalinkComments(2)clip!

2017年08月28日

近鉄

今日は7時に起床するつもりが。。。5時半過ぎに目が覚めて(^_^;
昨日は会社の飲み会。まだアルコールが抜けきってませんが。。。

家を出たのは8時半過ぎ。
まずは地元駅でICOCAにチャージして、阪和線で天王寺に出る。
ちょっと寄り道とお菓子を買いに。
大阪環状線天王寺駅のプラットホームに下りたら、201系のUSJラッピングが居た。
h290827 (1)_R

h290827 (3)_R
h290827 (5)_R
これを撮るために、内回りを1本スルーした(^_^;

221系で鶴橋へ出る。
鶴橋からそのまま近鉄へ。
乗る列車は10時18分発の五十鈴川行急行。
列車が来るまで時間があるので撮ってみる。
今回も諸般の事情でカメラはお留守番。
白ロムのスマホで撮る。

h290827 (7)_R
h290827 (9)_R
h290827 (10)_R

近鉄大阪線を鶴橋から乗るのって20代前半に某近〇大学へ行ってた時以来のはず。
近鉄って意外と速度出してるんだな。。。
青山駅も10代後半に訪れて以来。
昼過ぎに伊勢中川駅に到着し、そこから名古屋線の名古屋行急行に乗り換え。
13時過ぎに桑名駅に到着。
メッチャ久しぶりの桑名駅。
電車で桑名へ行ったのは。。。小学生のときに祖母に連れて行ってもらって以来。
ってことは約〇十年ぶり。四〇年も近鉄に乗って桑名に行ってなかったんだ(^_^;
ついでにJR東海の車両も撮っておこう。
まず止まっていたのはキハ25。桑名って気動車も来るんだ。

h290827 (13)_R
よく考えたら関西本線だし、紀勢線も通るから当たり前か。。。
313系も通るし。
それにしてもJR東海は新幹線に頼ってるあまりに在来線の置いてけ堀感が半端じゃない。
ステンレス車両で、ラインは同じ。
もうちょっと変化がほしいわ。
そんな久しぶりの桑名駅なんでちょっと周囲を歩いてみる。
東口から北へ。
踏切のそばに昭和な風景を発見。
昔懐かしい感じのたばこ屋さん。
h290827 (16)_R
すごく昭和な感じ。

北踏切を渡り西口へ。
何もない。スイミングスクールが北踏切のあたりにあるくらい。
そのまま西口をスルーして自転車・歩行者専用の南踏切へ。
h290827 (22)_R
何の変哲もないように思える踏切なんだが、実は日本でここだけ(だったはず)の珍しい踏切。
まず西側から近鉄名古屋線の標準軌(新幹線と一緒の線路幅)。

h290827 (23)_R
h290827 (26)_R
h290827 (27)_R
次にJR東海関西本線の狭軌。
そして軽便鉄道・三岐鉄道北勢線の特殊狭軌(ナローゲージ)。
この3種類の軌道が一つの踏切に並んでいるのである。
これだけ回ってわずか20分ほど。
駅に到着してからでも30分くらい。
さて、ここからタクシーで。。。ん?タクシーが居らん。
仕方ない、歩くか。
キツイ日射しの中歩くこと1時間。
やっと目的地に着いた。
お盆に故障のため親戚に託したデリの修理が上がったので引き取りに。
ブレーキのマスターシリンダーの修理で自走できるようにはなったらしい。
6諭吉弱の修理費は痛手だが仕方ない。
車を引き取って、親戚の家に行く。
ママとんぼさんの指令で親戚の家の近くの瑞宝へしぐれを買いに。
先に親戚の家に行くのが筋なんだが、そうしたらしぐれを買い忘れてしまいそうだから、先にしぐれを買いに行った。
これで安心して親戚の家に行くことができる。
20〜30分話をしてから帰路につく。
一番近いインターは東名阪の桑名I.Cなんだが、テスト走行を兼ねて23号へ。
途中でTRIALで買い物をして、そのまま亀山まで走り亀山から名阪〜西名阪で帰宅。
楽しい1日だった。


akatonbo_sasayaki at 00:02|PermalinkComments(4)clip!

2017年08月19日

○をたずねて。。。

〇をたずねて。。。と言っても三千里ではない。
イタリア人の少年も白いサルも出てこない。
出てくるのは黒光りするヤツだけである。

今日は昼から整体に。
しまなみで疲れた体のオーバーホールって感じで。

その足でシャーペンの芯を求めてお店巡り。
そう、たずね歩いたのはシャーペンの芯。
1軒目は住吉区の某小学校横にある文房具屋さん。
あまりに暇なのか、おっちゃん昼寝してたし。。。(^_^;
お目当ての物は。。。無し。
2軒目、長居公園近くの某量販店の文具コーナー。
ここも無し。
3軒目、駒川商店街の端っこにある文房具屋さん。
ここは、最近では珍しいメタル軸のシャーペンを売っていた奇特なお店。
もしかしたらあるかもしれんと思って行ったのだが。。。無い。
意外と盲点かもしれんと思い、駒川商店街の中にある百均を2軒回るが、やっぱり無い。
ここまで来たら半分意地で、阿倍野のLoftへ行ってみる。
お目当ての物を探す前に、Loftには駐輪場が無い。
駐輪場を探してたらHoopの駐輪場があったので、ここに止めさせてもらう。
ここに限らず駐輪場が無いってのは困る。
自転車はエコだとかなんとか言うのなら、商業施設や観光地には一定数の駐輪スペースを設置するよう義務付けてほしいものだ。
いよいよ期待を胸にLoftの文具売り場に突撃。
シャーペンコーナーをなめるように物色する。眼鏡を忘れたので見えにくくて。。。
そして、やっと見つけた!
硬度(濃度)Fのシャーペンの芯。
P1000681
Fと聞いても全く知らない人もいるかもしれない。
FはHBとHの間の硬度。
シャーペンや鉛筆としてこの硬度を使う人は超マイノリティーな人と言ってもいい。
Fと言う硬度があることすら知らない人が居るほどマイナーな硬度だ。
赤とんぼは筆圧が高いらしく、HBだとしょっちゅう芯が折れる。かと言ってHだと紙が破れることが。。。
だからこのFと言う硬度を愛用している。
初めて使うときは何とも言えない微妙な使い心地なのだが、慣れてくるとこの硬度でないと違和感があって気持ち悪いのである。
ちょっと前まではそこそこの規模の文房具屋さんなら置いていたのに、この頃はめっきり取扱店が減ってしまった。
それどころか、本来なら硬度のレンジが6Bから9Hまであるのに、文房具専門店でも2BからHまでしかお目にかからなくなった。
酷いところはHBしか置いていないようなところがあるくらい。
ちなみに6Bが一番柔らかくて濃く、9Hが一番硬くて薄いという特徴がある。
鉛筆やシャーペンを使う機会が少なくなってるため、メーカーも生産してないのかもしれないけど、せめて4Bから4Hくらいは苦労せずに買えるようにしてほしいものだと思う。

手書き自体がマイノリティになりつつある現代においてはなかなか難しいかもしれないことだが。。。


akatonbo_sasayaki at 17:57|PermalinkComments(2)clip!

2017年08月16日

修行と耐久○○ その2

8月13日
しまなみ海道サイクリング2日目。

顔を洗い身支度を整え、7時半過ぎにキャンプ場を引き上げる。
あらためて高い位置から見るが、良いキャンプ場だわ。

h290812_13 (64)_R
h290812_13 (65)_R

だから詳しい場所は教えません(^o^)

とりあえずローソンへ。
朝食と飲み物を調達して道の駅 伯方S・Cパークへ行く。
h290812_13 (66)_R
道の駅自体は営業前だが、テラス席は空いている。
そこで瀬戸内海の景色を堪能しながら朝食。
う〜ん、コンビニ飯とは言うものの、なんだかすごく優雅な気分だ。

朝食を済ませたら海水浴場周りを散歩。
ここに限らずしまなみ海道の海水浴場、めっちゃ良い感じの海水浴場が多い。
こんどは海水浴で来るのもいいかなって思った。
象のスライダー、なんか目付きが悪い気がするけど(^_^;
h290812_13 (68)_R

散歩が終わったら、道の駅の隣にあるドルフィンファームしまなみへ。
h290812_13 (69)_R
事前にコースを下調べした時に見つけた施設。
ふれあいコースとかスイムコースは時間も費用も体力も必要になるが、見学だけなら500円だとか。
ヤゴがふれあいなりスイムなりしたいと言ったら体験させようと思っていたんだが、見学だけでいいと言うので今回は見学コースのみ。
営業は9時からなんだが、8時40分くらいから見学の入場をさせてくれた。
おかげでのんびりたっぷりイルカを見れた。
h290812_13 (79)_R
290812_13DC (37)_R
290812_13DC (41)_R
イルカってなんでこんなに可愛くて癒されるんだろ?

ほっこりした気分でスタートする。
楽しかった伯方島を後にし大三島へ。

h290812_13 (84)_R
h290812_13 (85)_R

今回は初日に片道を走り切り大島、伯方島、大三島、因島で観光する予定だったのだが、大島の亀老山は心が折れたこともあるので残り3島の観光はしっかりしておきたい。

大三島に入り道の駅をスルーしてR317から県道51号へ。
長い上り坂を上る。ちょっとした峠になっているのだが、ここは車道とは別にサイクリングロードがあって、けっこう木陰が多く快適に走れる。
感じからしたら旧道を歩道にして、サイクリングロードを兼ねるようにしたのではないだろうか。
峠のトップからは車道側に出る。
前日の大島の峠より緩い感じだったのに、ここの下りで今回最高速度の54km/hが出た。
坂を下りきった辺りにあるのが大山祇神社(おおやまづみじんじゃ)。
h290812_13 (87)_R
h290812_13 (88)_R
伊予国一宮にして、全国の山祇神社の総本社とのこと。
山の神、海の神、戦の神として崇められていたこともあり、平安時代以降からの武具が奉納されていたりする。
ここはお参りしておかねばと言うことで、大三島のメインに据えていた。
立派な神社で心が落ち着く感じ。
宝物館はママとんぼさんとおとうとんぼ1号のオススメなので行ってみる。
奉納された武具などが展示されており、木曽義仲、巴御前、源頼朝、源義経、武蔵坊弁慶、山中鹿之助など歴史の教科書に名前を連ねる武将の奉納品がてんこ盛り。
その中で異彩を放っていた鎧が。。。それだけが江戸時代の作で奉納した人物が鳥羽一郎。
ん?そんな武将居たっけ?それともアノ鳥羽一郎?
ボランティアガイドのおっちゃんが居たので、「アノ鳥羽一郎?」って聞いたら、
「そや、歌のヒット祈願で奉納したんやけど、信心が足らんのかヒットしやらんかった。」
と教えてくれた。
併設の海事博物館も見学しておく。
こちらの方は葉山丸がメインの展示。

昼過ぎに大山祇神社を後にして来た道を戻る。
道の駅手前のコンビニでアイスタイム。
前日泊まる予定だったキャンプ場を見ながらアイスで体を冷やし、水分補給をしてからスタートする。
多々羅大橋を渡ると四国から本州へ戻る。
往路でもやったが、ここは復路でも記念撮影しておかないと(^_^;
290812_13DC (50)_R
290812_13DC (51)_R
290812_13DC (52)_R
290812_13DC (53)_R
290812_13DC (54)_R

生口島に渡り、往路のコースとは逆に周る。実はこっちの方が距離が短いのである。
R317で順調に生口島を進み、生口橋を渡ってコンビニ休憩。
そこから少しのところで因島水軍城の標識が出てきた。
この交差点を右折したら。。。ガッツリ上り坂が見える(-“-
ヤゴ2号に「どうする?」と投げてみたら、「ボクが行きたいって言ったとこやから頑張る」と。
少しは成長したなぁ〜(^_^;
上り坂、少し上ったところで押して上がることに決める。
この先もあるので無理はしない。
坂を上り切ったら青影トンネルが待っていた。
中は涼しい。赤影と白影はどこに行ったんだなどとアホなことを考えながらトンネルを出たら下り坂。
かいた汗が一気に冷える。
坂を下りきる手前に水軍城左の案内があり、左折したら。。。
とんでもない上り坂が。。。
はなから諦めて押したわ(^_^;
車回しみたいな広場があって、土産物店であろうと思われるシャッターが下りている小屋の前にチャリを置いてそこからは普通に徒歩で上がる。
これでもかってくらい登る。
h290812_13 (94)_R
「水軍の城やのになんでこんな山の上にあるねん」
と文句タラタラ。
あとで分かったのだが、昔はこの辺りは深い入江だったのだとか。
登りきったところに二の丸を模した資料館と天守に模した展望台がある。
h290812_13 (96)_R
h290812_13 (95)_R
資料館を見てから展望台に行く。
この展望台、あんましロケーションは良くない。
来ていたチャリダーさんが言っていたのだが、
「しまなみのコースで、ここが一番きつかった」

水軍城を出て少し行ったところにショッピングモールと言うか、商業施設が固まってる場所があったので寄り道。
考えたら昼ご飯食べてなかった(^_^;
食べれそうな店も無かったんだが。。。
スーパーマーケットで食料を買い込み、隣のしまむらで着替えを購入する。
そのまま海辺まで行きご飯を食べた。
食べ終わって時計を見たら17時前。そこからはとにかく頑張って漕いで一気に因島大橋を越え、向島を駆け抜け、約35分で向島の船着き場に到着した。
尾道へ戻り、お土産物を買いに商店街の方へ行ってみる。
地方でお盆で夕方と言えど、シャッターが下りてる店が多すぎる。
そんな中でも、なんとかお店を見つけて購入し、尾道の海側を港まで戻り、ここからは車を止めたところまで一人旅。
最後の最後にアノ坂を登る。
やっとのことでデリに辿り着き、夕景の尾道を下って港へ戻る。
夜の帳が下りるころに尾道を出てR2を東進。
福山のスーパー銭湯へ寄る。
それまで気にならなかったのに、いざお風呂となるとメッチャ汗臭い。
サイクルジャージを袋に入れてガッチリ口を閉めた。
お風呂に入り着替えてサッパリして東へ向かう。
途中で何度か仮眠をして、帰宅は午前4時。

8月14日
自転車絡みの諸々を置いて、ヤゴ1号とママとんぼさんを乗せてそのまま出発。
とにかく頑張って東へ走る。
四日市の渋滞には捕まりたくない。
御在所S.Aで朝食を摂ってさらに東へ走る。
東名阪桑名東I.Cで下りR258を北進し、多度のショッピングセンターに着いたのが9時くらい。
ショッピングセンターの開店は9時半になっていたのでそれまで休憩。
横の用水路をのぞいてみたらやたらと鯉が居て、崖の上のポニョのワンシーンを見てる感じだった。
h290814 (2)_R
ここでお供えのビールをケース買いして県道23号〜県道125号〜R155と走り稲沢市へ。
お墓参りして、親戚の家に寄ってからママとんぼさんのリクエストの清州城へ行く。
清洲城の入口、メッチャわかりにくい。
h290814 (8)_R
h290814 (9)_R
ここも因島の水軍城や尾道の尾道城と同じで再建された博物館になっている。
史実をスポーツ新聞っぽく書いてるボードが秀逸だった。

来た道を戻り、R258で桑名東まで行ったときにデリに異変が。。。
ブレーキを踏んだら右に流れる。
高速に入らずR258を少し走ったところのコンビニに飛び込んでみる。
鉄の焼ける臭いがするので一通り見てみたら、左前輪から煙が。。。( ̄□ ̄;
ジャッキアップしてみる。
タイヤが回らん。
右は。。。ちゃんと回る。
他の所なら騙しながらでも大阪まで車を回送するんだが、家族を乗せてブレーキ不良の車で大阪までは帰れん。
試行錯誤した結果、桑名の親戚を頼ってみることにした。
幸いに止める場所があったし、そっちの方の工場で修理してもらえそうだし、さらにおとうとんぼ2号が迎えに来てくれることに。
ちょうど桑名の海側は赤須賀神明社の石取祭りであり、堤防からは長島の花火も見える。
h290814 (24)_R
h290814 (27)_R
h290814 (28)_R
h290814 (29)_R

春日神社の石取祭りは国の無形重要文化財の指定を受け、ユネスコの世界文化遺産に登録されている天下の奇祭。
方や赤須賀明神社の石取祭りも桑名市の無形重要文化財に指定されている。
小学生のころに見たきりだヵら相当久しぶりに見たことになる。

車の故障はアンラッキーだったが、これが前日ならとんでもないところに置いてくることになったし、墓参りも行けないし帰宅手段もないし。
そう考えたらラッキーだったな。

帰宅は0時半。
こうして長い3日間が終了した。


akatonbo_sasayaki at 16:17|PermalinkComments(4)clip!

修行と耐久○○ 〜その1〜

8月11日は山の日。
祝日なんだが、今年は仕事。。。
いろいろと準備することなどがあったのだが。。。
帰宅して最終の準備を整え仮眠しようとするも暑くて眠れない。
これはヤバい。

8月12日
とりあえず23時40分までウトウトしたもののトータルで1時間も寝てない感じ。
起きて居間に行くとママとんぼさんとヤゴ2号がナイトスクープ見ていた。
熱闘甲子園の影響で遅れてたんだな。。。
0時出発予定が1時前出発に。
ヤゴ2号とデリまでチャリで行く。

とりあえず2台とも前輪を外してデリに積み込む。
両方ともクイックレリーズに改造したから外すのも楽。
1時半にスタートして、阪神高速三宅I.Cから乗る。
松原線〜環状線〜神戸線〜神戸山手線~北神戸線へ抜け、第二神明へ。
そこからひたすB.Pと国道2号を西進するいつものコース。

6時過ぎに予定していた尾道市郊外の運動公園に到着し、チャリを組み立ててから朝食。
ママとんぼさんがおにぎり作ってくれてて。
2人なのにおにぎり5個とばなな3本って。。。ステキすぎる計算(^_^;
h290812_13 (1)_R

7時5分に出発して山を下る。
疲れて帰ってきて、この坂を登るのかって思うとゾッとするが。。。
7時半くらいに尾道港から向島行の渡船に乗る。
人+自転車で110円って、なんとリーズナブルな。
h290812_13 (6)_R

向島に到着してからは青色のレーンマークがサイクリングコース沿いに引いてあるのでそれに沿って走るだけ。
普段は20〜25km/hを目安に走るんだが、市街地を抜けるころから景色が良すぎるので18〜20km/hくらいでゆっくり流し、写真撮りたくなったら停まり。
h290812_13 (16)_R
そんな感じで進む。
草ヒロもこっちに比べてまだまだ残ってるし。
h290812_13 (20)_R

自転車で渡れる最初の橋は因島大橋。
ここは橋の下に自転車・歩行者道がある。海の上を自転車で走るのってメッチャ気持ちいい!

h290812_13 (17)_R
橋はスポーツタイプのチャリなら乗車で登るには苦にならない程度のスロープ。
登って海の上を渡ったらあとは下る。
メッチャいい気分。
向島から因島に入る。
h290812_13 (21)_R
因島の次は生口橋を渡って生口島。
ちょこっとヤゴ2号に前を走らせてみて気付いた。
またタイヤの空気減ったままやん。そりゃあ追いて来れんわ。
チャリをチェンジしてしばらく走る。
お盆だからガソリンスタンドくらいしか開いていないだろうと思っていたら、なんとも奇特なことにバイク屋さんが開いていた。
ここでエアを入れさせてもらう。エアを入れてるときにおっちゃんが
「チェーンにも油振っておくな。」
と言ってスプレーグリスを振ってくれた。
そこまでしてもらったので幾ばくかでもお代を取ってもらおうと思ったのだが、要らないと。。。
人情が残ってるなぁ〜。
丁重にお礼を言ってスタートする。
乗っているときにさらに気付いたことが。。。それはリアディレーラーの変速レバーの動きが悪すぎる。
普段のメンテを全くしてない感じ。
途中でチャリを再チェンジして、自分のチャリに戻る。
その時に、コンビニがあったらアイスクリーム休憩しようということにした。
ただし、赤とんぼよりヤゴ2号の方が先にコンビニの駐車場に駆け込んだら休憩で、そうでなかったら休憩は無しって条件で。
しばらく走ったらローソンが見えた。
後ろを見たら影も形もないヤゴ2号。
しばらく待ったが来ない。まさか転倒したり車とぶつかったか?
5分待っても来ないのでUターンして戻ってみた。200mほど戻ったらヤゴ2号が来るのが見えたのでさらにUターンしようと思ったのだが、こんな時に限って車が来ていてUターンできん。
「どうしたん?」と言いつつもそのまま行くヤゴ2号。
車の切れ目でUターンしたが100mほど先行しているヤゴ。そしてローソンを発見して加速するのが見えた。
猛追して、33km/hまで速度を上げるも20〜30m差で逃げ切られてしまった。
h290812_13 (23)_R
h290812_13 (25)_R
h290812_13 (26)_R

生口島から次の島を結ぶのは多々羅大橋。
h290812_13 (27)_R
この橋は特別な橋。
何が特別かと言うと生口島は広島県で対岸の大三島は愛媛県。
県境の橋で、橋の中央に県境の表示がある。
県境に到着するとなぜかテンションが上がる。
思わず時間を取って記念撮影してしまった。

290812_13DC (13)_R
290812_13DC (15)_R
290812_13DC (16)_R

大三島に渡ったら道の駅へ。
サイクリストの聖地碑なんてのができてるので、とりあえず行っておかねば。
290812_13DC (19)_R
さらに、今夜の泊まり予定のキャンプ場を押さえようと。。。しかしキャンプ場はこの時点で予約いっぱいだとか。
ま、仕方ない。
h290812_13 (36)_R
h290812_13 (38)_R
とりあえず休憩も終わって次へ向かう。

h290812_13 (40)_R
大三島橋を渡ったら伯方島。有名なものと言えば伯方の塩。大三島に見学できる工場があるものの、伯方島が本家で島の東部にも工場がある。
そんな伯方島に入り、次の伯方・大島大橋が見える道の駅 伯方S・Cパークに入る。
ここで遅めの昼食。
来島鯛の刺身定食を食べたいと思ったんだが、一人分しか提供できないと。。。仕方ないのでそっちはヤゴに譲って、赤とんぼはザンギ定食にした。
h290812_13 (43)_R
h290812_13 (44)_R
と言うのも、ヤゴは小麦粉アレルギーであることが発覚したので、小麦を使っていないものはヤゴに譲らないと。。。
食後にお店の人にキャンプ場を聞いてみたら、レンタサイクルの受付ブースで受付をしてると。。。
行ってみたら近くのオートキャンプ場に1区画空きがあるとのこと。
料金表が出てないので不安に思いながらもその区画を押さえる。
2人+チャリで1600円らしい。
とってもリーズナブル。
泊まるところも押さえたので、次の大島に渡る。h290812_13 (46)_R
大島に入って少し行くと宮窪峠にさしかかる。ダラダラの上り坂が続く。
途中から押して歩く。
真夏の日射しと長い上り坂にかなりやられた。
h290812_13 (47)_R

来島海峡大橋に辿り着いたころにはヘトヘト。
h290812_13 (49)_R
予定では戻るときに亀老山展望公園に寄る予定なのだが、微妙に心が折れかけている。
290812_13DC (27)_R
とりあえずしまなみ海道最後の橋、来島海峡大橋を渡ってサンライズ糸山/今治市サイクリングターミナルに入る。
空調のきいた休憩スペースで少し体を休める。
あらためて地図を見たら今治港から伯方島の木浦港へ行ける高速船が出ているらしい。
インフォメーションで聞いたら自転車も乗せれるが、5台ほどで先着順だという。
大島の宮窪峠でヘトヘトになり、峠の四国側の吉海町側は惰力で40km/h以上出るような坂。
疲れ切ってるので、できれば戻りたくない。
一か八かで今治港を目指す。
そして、第一桟橋から無事に乗ることができた。
h290812_13 (53)_R
高速船を待つ間、夕食を調達しようと商店街に行ってみるものの何もない(^_^;
スーパーマーケットはおろかコンビニすら無い。
高速船の時間もあるので桟橋に戻る。
高速船に乗ったら、今治港から木浦港へは大島の友浦港を経由して約40分の快適な海の旅。
h290812_13 (58)_R
木浦港からキャンプ場へ向かうのだが、地理に不安のある土地。伯方警察署へ駈け込んで道を聞く。
婦警さんと「あなた絶対にマル暴でしょ?」って言いたくなる人が対応してくれ、丁寧に道を教えてくれた。
途中のスーパーで夕飯を仕入れて迷うことなくキャンプ場に到着した。
良いキャンプ場で、船折瀬戸と呼ばれる海峡が目前にある。
h290812_13 (63)_R
流れの速い海峡で潮の流れに逆らうとジェットスキーがアクセル全開でも前に進まないような潮流。
なかなかすごいところだ。
h290812_13 (62)_R
早く寝るも、途中から暑くなったので道の駅の斜め向かいにあったローソンまで飲み物と氷を買い出しに行く。
氷のおかげかそのあとはグッスリ。夜明け前は寒かった。
朝6時過ぎに目覚める。

後半に続く



akatonbo_sasayaki at 01:10|PermalinkComments(2)clip!

2017年07月17日

7月前半

9日(日)
朝からデリを取りに行って、ママとんぼさん、おとうとんぼ1号、やご2号とお出かけ。
目的地は奈良県吉野郡川上村。
その途中に寄ったのは吉野口駅近くの柳屋。
吉野口駅構内の売店やその他で駅弁を販売しているお店なんだが、吉野口駅から少し行ったところに製造・販売している店舗がある。
以前、おとうとんぼ1号に鮎ずしの話をしてたら、吉野口駅に駅弁があることすら知らなかった。
今回、そちら方面に行くので食べたいと思っていたらしい。
赤とんぼも久しく食べていなかったし、意気揚々と柳屋さんへ。
9時半くらいに着いたのだが、残念なことに仕込み中だとか。。。(ToT)
仕方ないので今回は諦めた。
169号を進んで、大迫ダムを左折し数キロ走ったところに目的地の入之波(しおのは)温泉・元湯山鳩湯がある。

h290709 (2)_R

数年前に行ったときは臨時休業で入れなかったので、実に十年ぶりくらいの訪問になる(たぶん)。
内湯と露天風呂の小さな温泉ではあるものの含炭酸重曹泉という珍しい泉質であるのと、ダム湖を望むロケーションで割と人気の温泉。

h290709 (5)_R

h290709 (3)_R


人気の温泉とはいえ場所が場所だけに、つい最近まで秘湯のジャンルに名を連ねていたような温泉である。
温泉は湧き出したときは無色透明なのだか、空気に触れたら茶褐色になる。
お湯は熱くもなくぬるくもなくちょうど良い感じ。
たっぷり2時間ほど滞在して温泉を堪能した。
そこから山好きのおとうとんぼ1号のリクエストでダム湖周りを奥地へ進み、大台ケ原の登山口まで行ってみる。
途中に草ハイゼットを発見。久しぶりに草ヒロらしい草ヒロを見た気がする。

h290709 (6)_R

暗くなる前に帰宅。


16日(日)
毎年恒例の琵琶湖BBQオフ。
6月3日から近畿圏の一部高速道路が、固定料金制から距離料金制に代わり、事実上の大幅値上げになっている。
例えば阪神高速の場合、最大料金\930だったのが¥1300。実に3割以上の値上げになっている。
場合によっては渋滞で一般道を通行するほうが早い場合がある道路である。必要外は使わなくなった。
第二京阪も然りである。
ちょっと警戒して交野北から上がったのだが、阪神京都線と合わせて\1200。
前回利用した時が\850くらいだったから、こちらも大幅値上げ。
京都・滋賀方面に行くのに高速道路の使用は極力やめようと思った。
京都東先を先頭に国道1号は渋滞。嫌な予感がするものの、西大津B.Pはまだ動いている。
B.P入口の信号と上り坂の渋滞と見て西大津B.Pに突撃。
予想通り藤尾ランプを越えたあたりからは空いていた。
調子よく走ったものの、坂本ランプから先(湖西道路区間)が大渋滞しているのが見えたので坂本ランプで下りる。
坂本北から161号に抜け、飲み物を冷やすための氷を購入し、混んでる161号本線を避けて裏道から米プラへ抜ける。
普段なら米プラをスルーするのだが、ちょっと前のザ・鉄腕!DASH!!の0円食堂で米プラが出ていて、その時に見たあるものを買いに寄る。

h290716n (1)_R

h290716n (4)_R

これは家へのお土産。


琵琶湖大橋を渡り、さざなみ街道を北上しマイアミランドへ到着したのは10時半くらい。
すでにAKILLAさん、Bさん、和囲さん親子が到着していた。
とにかく日射しがきついのでタープを立てて、日陰で準備を進める。
ロドは相変わらず真っ先に琵琶湖へ突撃。
なんせこれが楽しみな訳だし。。。(^_^;

火を起こそうとして、火起こしを持って来ていないことに気づく。。。
久しぶりに紙を燃やして着火。
そのうちkazuさん到着。
なんとか昼前までに火も起きて、あとは稀代の雨男・白忍者さんの到着待ちなんだが、白さんのことだから湖西渋滞に突っ込んだななどと話していると、白さんとシヴァが昼前に到着。
やはり湖西渋滞に突っ込んでいた。
白さん到着後、すこし日がかげることも多くなった気が。。。
今年のBBQは初めてスペアリブがいい感じに焼けたり、焦げ焦げになってのロスも少なかったり、いい感じにできた。

h290716 (2)_R


今回、肉類は6kgちょっと用意してたし、野菜類も和囲さんの差し入れを含めて結構な量だったのだが、ほぼ片付いた感じ。

年齢を感じさせない食いっぷり(^_^;

h290716 (4)_R
kazuさんが持って来てくれたホッケも美味!


食べた後はカヤックを下してちょこっと遊ぶ。
今回は波も高くて、ターンするときに横波を食らって1回転覆した(^_^;
ロドは犬かきでガンガンついてくるし。。。

14時半過ぎから。。。雨がぁぁぁああああ〜〜〜〜!
午前中あんなに晴れてたのに。。。
最近弱っていた白忍者さんの神通力が復活したか?!
さらに雷も鳴ったりして。。。
雨は強くなったり弱くなったりを繰り返し、16時過ぎに小康状態に。
わずか6時間のうちに天気の見本市みたいにいろんな天候がやって来た(^_^;

小康状態になったのを幸いに、とりあえず全員で撤収準備をする。

16時半過ぎに撤収。
琵琶湖大橋を渡り、湖西道路真野I.Cへ向かうものの、湖西道路が大渋滞しているのが見えたのでUターン。
琵琶湖大橋向きも渋滞していたが、湖西道路よりもマシ。
途中から裏道に抜け、坂本ランプから西大津B.Pに入るも眠気に勝てず駐車帯で仮眠。
気付いたら1時間も寝ていた(^_^;
祇園祭の宵宮を見に行きたいとも思ったが、帰りのことを考えて断念。
京都外環状が空いていたこともあり、20時過ぎに帰宅。

恒例行事も無事に済んで良かった。



akatonbo_sasayaki at 22:52|PermalinkComments(3)clip!スポーツ | 美味しいもの

2017年07月15日

非常線の中のデリ

いよいよ明日は琵琶湖BBQオフ。
今年は人数も少ない感じなのでこじんまりと。。。
と言っても、買い出しは多目にしてるので飛び入りも大丈夫ですよ〜。

今日は朝からデリを取りに行ってから整体でボキバキ。
スッキリしたその足で明日の買い出しに。
食品類は炎天下の車に残すわけにいかないので家に持って入り、代わりに道具を積み込む。
その後給油に行き近くのコインパーキングにデリを止めた。
その1時間後、警察が来た。。。
で、デリを止めているコインパーキングへ行くと。。。パトカー2台に消防車2台が止まっていて、警察と消防に囲まれた。
しかも非常線が張られてるし。。。
何事?って感じなんだが、要はガソリンが漏れてると通報があったのだとか。。。
確かに漏れてた。
給油口とタンクをつなぐ耐油ホースのタンク側からポタポタと。。。
接合部が劣化してるな。。。
オロオロしてる警察と消防。
整備工場かディーラーに持ち込めないか?って言うけど、
3連休の初日の夕方、普通に考えて無理でしょ。
ディーラーも整備工場も普通に終わってる時間だし。
部品だって休日は出ないし。
JAFは修理してくれないだろうか?って言うけど、
JAFはそんなマニアックな修理をしてくれないし、代替部品とかも持ってないし。
JAFを魔法使いか何かと勘違いしているフシがある。
いくら優秀なRS隊だって部品が無いものは直せない。
とりあえず今の状況がどうかってことを説明して、とりあえず漏れを止めることにした。
ピコピコポンプが無いか?と消防が聞くので、今は灯油も電動ポンプ全盛の時代だからそんな物は持ってないと言ってみる。
消防の困った顔を一通り見たあと、
「ま、何とかしましょう。」
と言っていったん帰宅。
携行缶と2mほど切った散水ホースを持って現場に戻る。
おもむろに給油口にホースを突っ込む。
「何するんやろ?」
と言ってる消防を尻目に、二息ほど吸ったらガソリンが上がってきたので、携行缶に5Lほど抜く。
耐油ホースの内径と長さを考えたら5Lも抜けば充分。
ガソリンのもれが止まってるのを確認して、
「気化ガスが漏れたとしても、通常のガス抜きと変わらないんで特に危険はないですよ。」
と説明して納得してもらう。
この一連の動作で25分。
全部で10人くらい居た消防と警察に納得していただき退散してもらった。
年配の消防さんが「ガソリン飲んでないですか?だいじょうぶですか?」と言うので、「少しくらいなら死なないです。慣れてるし、ガッツリ飲み込んだことあるんで、これくらいなら大丈夫です。」
若い消防さんが「詳しいですね」って言うので、「場数を踏んでますから」と答えておく。
旧い車やバイクと付き合ったり、高速道路の上で長らく仕事をしてきたら場数も踏むし、いろんなことを経験する。
今日はそれが役に立ったな。
これくらいしか役に立つ知識を持っていないのが悲しいが。。。(^_^;


akatonbo_sasayaki at 22:24|PermalinkComments(3)clip!

2017年07月08日

肩書

さっきテレビを見ていたら、情熱大陸のCMで

『怪談家 稲川淳二』

って稲川淳二に妙な肩書が付いていた。
怪談家って。。。(^_^;

稲川淳二ってタレントとしてあのキャラで出てるけど、本業は結構有名な工業デザイナーなのに。

ミッツとかマツコが女装家って肩書つけてから訳の分からん肩書が付き始めてるのか?


akatonbo_sasayaki at 14:37|PermalinkComments(2)clip!

2017年06月25日

久々のネタ

1ヶ月ほど前から家の裏の方から仔猫の鳴き声が。。。
そこから1週間ちょっと経った大雨の日に、家の中から仔猫の鳴き声が。。。
探し回ったら、冷蔵庫の裏に仔猫が。。。
その1週間後には、クラさんと一緒にゴハン食べてるし。。。
取りあえずチャトラと名付ける。。。ヲイ!
明るい茶色のトラ。男の子。
去年、中辛さんのところにオムコに行ったニャゴロータの兄弟と同じような感じ。
なんだかチャトラが生き返ったような感じ。
クラさんもいろいろかまってやってて、親子みたいな感じになってた。
でも、いつまでもうちに置いておく訳にもいかず、里親を探してたらあっと言う間に縁談が纏まって、23日にオムコに行きましたわ。
こんどは家からチャリで15分くらいのおうち。
ママとんぼさんが連れて行きましたわ。
シアワセにね。

6月24日
朝から二度寝(^_^;
起きてから整体でスッキリ。
そこからBBQオフの買い出しの下見で数件の店舗巡り。
帰宅してからは。。。何をしてたか記憶にない(^_^;

6月25日
10時くらいにおとうとんぼ1号から電話が入る。
結構疲れてるから温泉に行こうと。。。
デリを取りに行って、11時過ぎに出発。
久しぶりに和歌山の花山温泉へ。
源泉が18℃、加熱泉が38℃と40℃。
温かい方と冷たい方を交互に3時間ほど入った。
その後、京奈和から371号〜170号〜309号経由で帰宅。

これくらいしかネタがない(^_^;


akatonbo_sasayaki at 22:21|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2017年05月16日

飛鳥美人に会いに行く

5月14日

10時半くらいに家を出てデリを取りに行く。
車庫の最寄り駅でママとんぼさんをピックアップして、今日は用事があるといってたやご2号を拉致して東へ向かう。

金曜日の某N○Kの番組を見ていたママとんぼさん。
この週末はヤバイなって思ってたんだが、やっぱり。。。

目的地は奈良県明日香村。
国営飛鳥歴史公園館で高松塚古墳の壁画修復作業質の公開。
飛鳥美人を見に。。。
事前申し込みとか必要じゃなかったっけ?
 
途中で昼ご飯を食べて歴史公園館へ。
h290514 (2)_R
 
駐車場入り口に居る警備員、最悪。
田舎の警備員にも程があるってほどヘボい。
中に居たもう一人も最悪。
この連中、絶対に新任教育も現認教育も受けてないだろうな。。。

受付に行ってみたら、案の定事前予約が必要。
h290514 (17)_R
 
当日受付なら空きは16時半。。。
時間は3時間ほどある。
高松塚を見たいと言うので散策することに。
たしか目の前の丘を越えたあたりだったはず。
とりあえず道路に出て少し北の方へ。
次の交差点を曲がって丘を回り込んでみた。
1時間以上歩いてやっと高松塚古墳に着いた。
h290514 (6)_R
 
2キロ以上は歩いたはずなんだけど、高松塚に立ってる案内板には歴史公園館への近道・570mって。。。
めっちゃ近いやん!
そんな看板、歴史公園館の方にはなかったが。。。
この辺りが、観光で奈良が京都にかなわないところだな。
 
3時半くらいに歴史公園館に戻って、そこからはやご2号と散策。
近くに鬼の俎・鬼の雪隠があるんで久しぶりに行ってみる。
h290514 (10)_R
 h290514 (14)_R
さらに時間もあるんで亀石も。
そこから戻って4時15分。
良い時間配分。
ちょっとした注意事項があって、修理作業質へ移動するんだが、途中にピカピカなセドバンが。。。
h290514 (20)_R
 久しぶりに見ましたわ。

修理室は撮影禁止なんで、パンフレットを撮影してみた。
h290514 (22)_R



今回の公開は19日まで。


akatonbo_sasayaki at 00:09|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2017年05月04日

アワイチ

5月3日

5時に家を出る。
デリにチャリを積んで出発。
三宅から松原線に乗ろうかと思っていたんだが、燃料が少ない。
普段ならそのまま行くものの、GW後半初日ともなるとどこで渋滞してるかわからんので給油してから行くことにする。
これでもかってくらいカツカツまで燃料を入れ出発。

駒川から松原線に乗って、環状線〜大阪港線へ。
阿波座分岐で情報板を見たらすでに生田川〜魚崎で渋滞が発生している。
ここは阿波座で3〜5kmの渋滞でも、現地に着くころには7〜10kmに伸びてることもザラ。
ならば湾岸線経由の方がマシ。
大阪港線から天保山JCTを経て湾岸線。住吉浜から麻耶へ乗り継ぐ。麻耶〜生田川間で1km弱の渋滞に遭ったものの京橋P.Aまでは家を出てから1時間ちょうど。
さらに神戸線を西進したら、情報板に垂水〜若宮渋滞7kmの文字が。。。
ヤバイ。見たところ若宮までは伸びてないから最後尾は月見山カーブと見た。
月見山カーブ内が渋滞の最後尾なら若宮で下りて回り込むより渋滞にかかる方がマシ。
で、そのまま突撃。
月見山カーブのなかばまで行ったら渋滞の最後尾。
月見山で下りて県道21号を通り、桃山台から神戸明石鳴門自動車道の垂水I.Cへ。
本線との合流まで行くと、なんじゃこの渋滞は!
まさか淡路S.Aから伸びてるのか?
ん、待てよ。阪神の情報板は垂水からになってたな。勝手に垂水JCTからだと思い込んでたがもしかしてここからの渋滞?
渋滞の中を進むとその謎が解けた。
2車線あるETCレーンが2車線とも閉鎖されてる。
夜中に故障して間もなく復旧見込みだとか。
明石海峡大橋は渋滞なく走行したが、淡路S.Aが渋滞中。トイレ休憩は京橋P.Aで済ませてるので、今回はS.Aをスキップ。

淡路I.Cを出て西へ。
前回の淡路島ツーリングのときに見つけておいた穴場の駐車場にデリを止めてチャリでスタート。
7時半の淡路島、清々しい。
岩屋港に出て旅の始まり。
h290503 (2)_R

去年の夏はビワイチを達成したので、今回はアワイチに朝鮮ニダ・・・(゚o゜)╲(- -)バキッ

コースは淡路島ツーリングと同じ一周コース。
順調に走り、普段止まれない東浦の世界平和大観音像やデロリアンとマボが置いてある竹田モータースで止まってみる。

世界平和大観音像はかなりヤバイ状況になっているし、隣の塔はもっとヤバイ。
マボはエンジン乗ってなかったし、デロリアンは相当放置してるらしくタイヤはペチャンコだった。
隣のカプチが気になる。
h290503 (9)_R

h290503 (5)_R
 


28号を進み、途中から県道76号へ。
由良からは山間部。

h290503 (11)_R
h290503 (13)_R


いきなりキツイ。
マウンテンバイク改造のクロスモドキ。
3×7のギヤであっても重量が嵩むのは否めない。
がんばっても限界がある。
その点ロードバイクはアクセクしながらも登っていける。
やっぱり重量差で2〜3倍ってのはハンディ大きすぎる。
後で知ったんだが、獲得標高ってのが1200mらしい。
とにかく上りがキツイ。
いつもは車で走ってるから、キツイなって思いながらも体へのダメージは少ない。しかしチャリの場合はモロにくる。
あぁ、エンジンってありがたいとつくづく思った。
このコース、失敗したかな?って思いながらも戻る気にはなれず。
この先のことを考えて坂を見てキツイと思ったら早目に押すことにした。
灘までの山間部、上りの2/3以上は押したわ(^_^;
下りは重量が味方して最高時速56km。
風が心地よく感じスピード感満点なんだが、タイトなコーナーを高速で下るチャリ。
迫力ありすぎ(^_^;


本当は寄りたかったのだが、今回はモンキーセンターをスルー。崩落防止ネットの支柱の上に居た2頭のサルが「今日は寄らへんの?」と言わんばかりにこっちを見ていた。


沼島がはっきり見えるあたりで休憩。
津名ゴールドウェイのローソンで朝ご飯を食べてから3時間、お腹もすいてきたし。
そう言えば土生港のあたりに何か看板が出ていたような。。。
自販機で甘いものを買ってエネルギー補給。
土生港まで行くも、お店に行くには坂を上らなくては。。。
平坦なところを走ってきたので今は上りなんて嫌だ。
空腹感よりも坂を上るのを拒否する気持ちが勝ってしまった。

h290503 (21)_R

そこからしばらく走って、軽いアップダウン。

コンビニはおろか自販機もない。あるのは玉ねぎ畑ばっかり(^_^;
県道76号から県道25号へ。
しばらくは走りやすかったんだが、またもや山が。。。
登りたくないけど戻りたくもない。登れるだけ登って限界ちょっと前で押すを繰り返しなんとか山を越える。


なんとか福良にたどり着いた。
チャリダーさんの後を着いていくと、道の駅福良に到着。

h290503 (23)_R

レストランは。。。席数が少なくてかなり並んでいる。
外の海鮮系のお店もいっぱい。
少し経てば空くかなと思って、足湯で時間をつぶす。

h290503 (22)_R

足の疲れが消えるような至福の時。30分近く足湯に居たんでそろそろ空いてるだろうと思いきや、ほぼ変わらん状態。
空腹も相まって普通に昼食を摂ることをあきらめる。ローソンで食物を買い込んで、港で遅めの昼食。
この先はコンビニのある場所も町の規模もだいたい分かってるが、午前中に教訓を得たのでデイパックにパンを入れておくのは忘れない(^_^;


県道25号に復帰した途端、山へ。。。(ToT)


分かっていたもののやっぱりキツイ。
ほぼ同時に登り始めた年配のチャリダーさんも押して歩く。
淡路島は30年ぶりだとか。。。
鳴門岬の道の駅へ。

h290503 (28)_R

とにかく最南端には行っておかないと。


県道25号に戻り、淡路島の西側に回る。

h290503 (29)_R

阿那賀の丸山地区で以前から気になる場所があったので寄ってみる。
太鼓橋みたいなので繋がってる島。
行ってみたら海釣り公園みたいになってた。

h290503 (31)_R

 

県道25号と31号が合流するところが湊。
かなり疲れが。。。
川のところにちょうどいい場所があったのでうつ伏せに寝転んで休憩。
心地よくてずっとこのまま居たいと思うほど。
遠くで「あそこ、死んでるんちゃう?」「ほんまや、動けへんし。」という声が聞こえたので、「ん?もしかしてワタクシですか。。。」とばかりに足を軽く動かしてみる。
「あ、動いた。生きてはるわ。」
やっぱりワタクシだったんですね(^_^;
もう少し休憩したいものの、「人が死んでます。」と通報されても困るんで出発することに。


ここからはほぼ平坦な道。山手へ入るバイパスも市街の旧道へ行けばフラットな道を走れる。
慶野松原はいつも通過ばかりなので寄ってみる。

h290503 (35)_R
チャイナドレスは居なかった(←ローカルネタ)。


多賀の浜海水浴場に着いたのは17時半くらい。
20〜30分休憩。ベンチに座れるのがうれしい。


室津の手前で日没を迎える。

h290503 (37)_R
ここからは夜間走行。
当初は夜間走行せずに日没時点でキャンプの予定だったんだが、ここまできたら一気に進もうという気になる。
明石の灯りが見え、その後明石海峡大橋が見えてくる。

h290503 (41)_R

帰ってきたと実感がわく。
デリを置いている駐車場に到着したのは20時10分。
12時間40分をかけて淡路島一周150kmを完走した。

帰りは垂水I.Cで下りてひたすら一般道で帰る。
高速で目を開けている自信がない。
一般道なら休憩するのもたやすい。
43号を戻ってきて、ハルカスが見えたころ大阪に帰ってきたと実感。
家に不急の荷物を置いてデリを置きに行く。
デリからチャリを下して最後のサイクリング。
長い一日が終わった。



akatonbo_sasayaki at 23:51|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!スポーツ 

山陰弾丸ツアー

4月29日 
会社のレクレーションでソフトボール&BBQの予定が。。。 
グランドの使用規定の都合で軟式野球に。 
いやぁ〜、久しぶりの軟球、小さいなぁ〜(^_^; 
普段、ソフトボールの大きさで慣れてるんで。。。見えん(^_^; 

帰宅して、夜は久しぶりのバレーボール。 
楽しかったわぁ〜. 


4月30日 
朝4時半過ぎに起きて、おとうとんぼ2号の車に乗ってお出かけ。 
おとうとんぼ1号を拾って、赤とんぼ、ママとんぼ、おとうとんぼ1・2号の4人で久しぶりの親子旅。 
まず目指したのは鳥取の白兎海岸。 
今回の目的は二つあって、そのうちの一つは日本海側で魚貝を食すこと。 

白兎神社の隣にある、道の駅神話の里白うさぎへ。 
h290430 (16)_R

h290430 (1)_R

そこに車を止めて、白兎神社へ参拝。 
h290430 (7)_R

あのぉ〜〜〜、ハートが割れてるように見えるんですけど。。。(^_^; 
h290430 (9)_R
 
階段横にある白兎観光物産センターからは、耳につくアヤシイ歌が流れてて、CD売ってたら買ってみるかと思い物産センターへ。 
h290430 (10)_R

 どんな物産があるのかにも興味津々。 
ほぉ〜〜〜、この辺の観光物産って、自動販売機なんや。。。 
h290430 (11)_R


白兎神社の横道を少し行くと、山陰本線の見える丘の上に出る。 
しばらく粘ったものの列車が来る気配がない。 
元々列車本数の少ない山陰本線。諦めて神社へ戻った途端、鉄路を走る列車の音が。。。 
しかもかなりの長編成。特急列車に違いない。 
でも後の祭り。 

11時におさかなダイニングぎんりんの営業が始まったので昼ご飯を食べに行く。 
やっぱり日本海側の魚貝は美味。 
h290430 (20)_R
h290430 (19)_R

白兎海岸を後にして若桜町に向かう。 
第二の目的、不動院岩屋堂へ。 
その前に、若桜鉄道も見たい! 
h290430 (52)_R

 
運転疲れのおとうとんぼ2号と、ママとんぼさんはお昼寝タイム。 
入構券を購入して駅構内を散策。 
木製車庫内にはピンクのC12 167が鎮座。 
h290430 (27)_R
 

DD16 7や転車台もあったり。 
h290430 (25)_R
h290430 (30)_R

300円で堪能できますわ。 
WT3001も入線するし。 
h290430 (29)_R

h290430 (42)_R

若桜の街並みも堪能。。。と言っても小さな町。あっと言う間に周ってしまったが。。。 


いよいよ本命の不動院岩屋堂。 
投入堂方式の建造物で、三徳山三仏寺の投入堂より手軽に行けるということだったので、もう少し低い山なのかそれともガチの登山をしなくてよい山なのかと思いを馳せて行ったら。。。 
国道29号から吉川川沿いを右折して100m行くか行かないか。 
吉川川を挟んですぐのところに鎮座ましましていた。 
h290430 (57)_R
 

本家(?)三徳山三仏寺の投入堂はもう少し楽に行けないものかと思ったのだが、こちらはこちらで有難味が薄い(^_^; 
三徳山の方が昨年の地震の影響で閉鎖されている分、こちらは人が多いのかと思いきやそれほどでもない。 
穴場的なスポット。 
さらにドローンで撮影してみた。 
h290430 (62)_R

ウソです。 
休憩所があって、その中に模型が置いてある。 
h290430 (63)_R
 

本物がすぐそこにあるのに、なぜここに模型が? 
謎だが笑えた。 

29号を南へ走り兵庫県側に入るとそこは宍粟市。たぶん兵庫県民じゃないと。。。兵庫県民でも読めないかもしれないので付け加えておくが、「しそうし」と読む。 
ここにあった小さな道の駅。 
近畿第一号らしい。
h290430 (69)_R
 

そこからさらに南進して、山崎町に入り温泉に寄る。 
何気に泉質とか体に良さそうな温泉で、その名も『しそう よい温泉』。 
温泉名だけに惹かれて行ってしまった感じではあるものの、久しぶりの温泉を堪能。 
h290430 (71)_R
h290430 (70)_R
 
 

29号に復帰して、山崎町の市街地に千年藤ってのがあるらしいので寄ってみた。 
駐車場に入ったのが17時半くらい。 
有料駐車場になっていたが、誰も居らん。 
おとうとんぼ2号は車で仮眠するということなので、3人で行く。 
駐車場から千年藤のあるダサい神社。。。じゃなきて大歳神社(ださいじんじゃ)までは。。。遠い。。。ǁǁ(_ _;)ǁǁǁ 
今回の旅の中で一番歩いた。1km以上あったんやないだろうか? 
藤の花は二分咲きと言ったところかな? 
h290430 (81)_R
h290430 (73)_R

  
満開だと綺麗だろうということは容易に想像できる。 
幹の太さも藤の幹ではあり得ない感じ。 
h290430 (78)_R
 

GW終盤が見頃かもしれない。 

帰りは歩きたくなかったのでおとうとんぼ2号に迎えに来てもらう。 
29号から中国自動車道山崎I.C。中国池田I.Cから中央環状〜新御堂筋を経て帰宅。 
心洗われる感じの一日だった。 

akatonbo_sasayaki at 15:05|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!