2017年08月16日

修行と耐久○○ その2

8月13日
しまなみ海道サイクリング2日目。

顔を洗い身支度を整え、7時半過ぎにキャンプ場を引き上げる。
あらためて高い位置から見るが、良いキャンプ場だわ。

h290812_13 (64)_R
h290812_13 (65)_R

だから詳しい場所は教えません(^o^)

とりあえずローソンへ。
朝食と飲み物を調達して道の駅 伯方S・Cパークへ行く。
h290812_13 (66)_R
道の駅自体は営業前だが、テラス席は空いている。
そこで瀬戸内海の景色を堪能しながら朝食。
う〜ん、コンビニ飯とは言うものの、なんだかすごく優雅な気分だ。

朝食を済ませたら海水浴場周りを散歩。
ここに限らずしまなみ海道の海水浴場、めっちゃ良い感じの海水浴場が多い。
こんどは海水浴で来るのもいいかなって思った。
象のスライダー、なんか目付きが悪い気がするけど(^_^;
h290812_13 (68)_R

散歩が終わったら、道の駅の隣にあるドルフィンファームしまなみへ。
h290812_13 (69)_R
事前にコースを下調べした時に見つけた施設。
ふれあいコースとかスイムコースは時間も費用も体力も必要になるが、見学だけなら500円だとか。
ヤゴがふれあいなりスイムなりしたいと言ったら体験させようと思っていたんだが、見学だけでいいと言うので今回は見学コースのみ。
営業は9時からなんだが、8時40分くらいから見学の入場をさせてくれた。
おかげでのんびりたっぷりイルカを見れた。
h290812_13 (79)_R
290812_13DC (37)_R
290812_13DC (41)_R
イルカってなんでこんなに可愛くて癒されるんだろ?

ほっこりした気分でスタートする。
楽しかった伯方島を後にし大三島へ。

h290812_13 (84)_R
h290812_13 (85)_R

今回は初日に片道を走り切り大島、伯方島、大三島、因島で観光する予定だったのだが、大島の亀老山は心が折れたこともあるので残り3島の観光はしっかりしておきたい。

大三島に入り道の駅をスルーしてR317から県道51号へ。
長い上り坂を上る。ちょっとした峠になっているのだが、ここは車道とは別にサイクリングロードがあって、けっこう木陰が多く快適に走れる。
感じからしたら旧道を歩道にして、サイクリングロードを兼ねるようにしたのではないだろうか。
峠のトップからは車道側に出る。
前日の大島の峠より緩い感じだったのに、ここの下りで今回最高速度の54km/hが出た。
坂を下りきった辺りにあるのが大山祇神社(おおやまづみじんじゃ)。
h290812_13 (87)_R
h290812_13 (88)_R
伊予国一宮にして、全国の山祇神社の総本社とのこと。
山の神、海の神、戦の神として崇められていたこともあり、平安時代以降からの武具が奉納されていたりする。
ここはお参りしておかねばと言うことで、大三島のメインに据えていた。
立派な神社で心が落ち着く感じ。
宝物館はママとんぼさんとおとうとんぼ1号のオススメなので行ってみる。
奉納された武具などが展示されており、木曽義仲、巴御前、源頼朝、源義経、武蔵坊弁慶、山中鹿之助など歴史の教科書に名前を連ねる武将の奉納品がてんこ盛り。
その中で異彩を放っていた鎧が。。。それだけが江戸時代の作で奉納した人物が鳥羽一郎。
ん?そんな武将居たっけ?それともアノ鳥羽一郎?
ボランティアガイドのおっちゃんが居たので、「アノ鳥羽一郎?」って聞いたら、
「そや、歌のヒット祈願で奉納したんやけど、信心が足らんのかヒットしやらんかった。」
と教えてくれた。
併設の海事博物館も見学しておく。
こちらの方は葉山丸がメインの展示。

昼過ぎに大山祇神社を後にして来た道を戻る。
道の駅手前のコンビニでアイスタイム。
前日泊まる予定だったキャンプ場を見ながらアイスで体を冷やし、水分補給をしてからスタートする。
多々羅大橋を渡ると四国から本州へ戻る。
往路でもやったが、ここは復路でも記念撮影しておかないと(^_^;
290812_13DC (50)_R
290812_13DC (51)_R
290812_13DC (52)_R
290812_13DC (53)_R
290812_13DC (54)_R

生口島に渡り、往路のコースとは逆に周る。実はこっちの方が距離が短いのである。
R317で順調に生口島を進み、生口橋を渡ってコンビニ休憩。
そこから少しのところで因島水軍城の標識が出てきた。
この交差点を右折したら。。。ガッツリ上り坂が見える(-“-
ヤゴ2号に「どうする?」と投げてみたら、「ボクが行きたいって言ったとこやから頑張る」と。
少しは成長したなぁ〜(^_^;
上り坂、少し上ったところで押して上がることに決める。
この先もあるので無理はしない。
坂を上り切ったら青影トンネルが待っていた。
中は涼しい。赤影と白影はどこに行ったんだなどとアホなことを考えながらトンネルを出たら下り坂。
かいた汗が一気に冷える。
坂を下りきる手前に水軍城左の案内があり、左折したら。。。
とんでもない上り坂が。。。
はなから諦めて押したわ(^_^;
車回しみたいな広場があって、土産物店であろうと思われるシャッターが下りている小屋の前にチャリを置いてそこからは普通に徒歩で上がる。
これでもかってくらい登る。
h290812_13 (94)_R
「水軍の城やのになんでこんな山の上にあるねん」
と文句タラタラ。
あとで分かったのだが、昔はこの辺りは深い入江だったのだとか。
登りきったところに二の丸を模した資料館と天守に模した展望台がある。
h290812_13 (96)_R
h290812_13 (95)_R
資料館を見てから展望台に行く。
この展望台、あんましロケーションは良くない。
来ていたチャリダーさんが言っていたのだが、
「しまなみのコースで、ここが一番きつかった」

水軍城を出て少し行ったところにショッピングモールと言うか、商業施設が固まってる場所があったので寄り道。
考えたら昼ご飯食べてなかった(^_^;
食べれそうな店も無かったんだが。。。
スーパーマーケットで食料を買い込み、隣のしまむらで着替えを購入する。
そのまま海辺まで行きご飯を食べた。
食べ終わって時計を見たら17時前。そこからはとにかく頑張って漕いで一気に因島大橋を越え、向島を駆け抜け、約35分で向島の船着き場に到着した。
尾道へ戻り、お土産物を買いに商店街の方へ行ってみる。
地方でお盆で夕方と言えど、シャッターが下りてる店が多すぎる。
そんな中でも、なんとかお店を見つけて購入し、尾道の海側を港まで戻り、ここからは車を止めたところまで一人旅。
最後の最後にアノ坂を登る。
やっとのことでデリに辿り着き、夕景の尾道を下って港へ戻る。
夜の帳が下りるころに尾道を出てR2を東進。
福山のスーパー銭湯へ寄る。
それまで気にならなかったのに、いざお風呂となるとメッチャ汗臭い。
サイクルジャージを袋に入れてガッチリ口を閉めた。
お風呂に入り着替えてサッパリして東へ向かう。
途中で何度か仮眠をして、帰宅は午前4時。

8月14日
自転車絡みの諸々を置いて、ヤゴ1号とママとんぼさんを乗せてそのまま出発。
とにかく頑張って東へ走る。
四日市の渋滞には捕まりたくない。
御在所S.Aで朝食を摂ってさらに東へ走る。
東名阪桑名東I.Cで下りR258を北進し、多度のショッピングセンターに着いたのが9時くらい。
ショッピングセンターの開店は9時半になっていたのでそれまで休憩。
横の用水路をのぞいてみたらやたらと鯉が居て、崖の上のポニョのワンシーンを見てる感じだった。
h290814 (2)_R
ここでお供えのビールをケース買いして県道23号〜県道125号〜R155と走り稲沢市へ。
お墓参りして、親戚の家に寄ってからママとんぼさんのリクエストの清州城へ行く。
清洲城の入口、メッチャわかりにくい。
h290814 (8)_R
h290814 (9)_R
ここも因島の水軍城や尾道の尾道城と同じで再建された博物館になっている。
史実をスポーツ新聞っぽく書いてるボードが秀逸だった。

来た道を戻り、R258で桑名東まで行ったときにデリに異変が。。。
ブレーキを踏んだら右に流れる。
高速に入らずR258を少し走ったところのコンビニに飛び込んでみる。
鉄の焼ける臭いがするので一通り見てみたら、左前輪から煙が。。。( ̄□ ̄;
ジャッキアップしてみる。
タイヤが回らん。
右は。。。ちゃんと回る。
他の所なら騙しながらでも大阪まで車を回送するんだが、家族を乗せてブレーキ不良の車で大阪までは帰れん。
試行錯誤した結果、桑名の親戚を頼ってみることにした。
幸いに止める場所があったし、そっちの方の工場で修理してもらえそうだし、さらにおとうとんぼ2号が迎えに来てくれることに。
ちょうど桑名の海側は赤須賀神明社の石取祭りであり、堤防からは長島の花火も見える。
h290814 (24)_R
h290814 (27)_R
h290814 (28)_R
h290814 (29)_R

春日神社の石取祭りは国の無形重要文化財の指定を受け、ユネスコの世界文化遺産に登録されている天下の奇祭。
方や赤須賀明神社の石取祭りも桑名市の無形重要文化財に指定されている。
小学生のころに見たきりだヵら相当久しぶりに見たことになる。

車の故障はアンラッキーだったが、これが前日ならとんでもないところに置いてくることになったし、墓参りも行けないし帰宅手段もないし。
そう考えたらラッキーだったな。

帰宅は0時半。
こうして長い3日間が終了した。


akatonbo_sasayaki at 16:17│Comments(4)clip!

この記事へのコメント

1. Posted by JUNE   2017年08月18日 23:53
タイトルの耐久って何って思ってましたが、本当に耐久ですね。
この3日間でぐっすり眠ったのはキャンプ場だけですね。
赤とんぼさん、本当にタフですね。
デリカ壊れちゃったんですか?
大事に乗ってるのに。
でも、高速に上がる前のちょっとした変化で故障に気づくなんてさすがです。
桑名にこんなお祭りがあったんですね。
2. Posted by 赤とんぼ   2017年08月20日 09:06
JUNEさん>
クタクタになりましたがなんとか耐えました。
デリの方が耐えれなかった感じですが。
石取祭り、機会があれば見に行ってくださいね。
そんな事もあって、今年は送り火も行けませんでしたわ。
3. Posted by JUNE   2017年09月03日 17:51
あ、やっぱり送り火に行けなかったんですね。
今年は久しぶりにミカちゃんと送り火に行って、吉田神社に連れてってもらったんですけど、お姿見えなくて。
Nさんも残念がってました。
4. Posted by 赤とんぼ   2017年09月03日 22:02
今年は天気も良かったみたいで、送り火も良かったみたいですね。
電車で行ったらJUNEさんやN君に会えてたかもですね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔