2010年03月31日

GTの雪崩

アバランチェ写真はアメリカのGT社のアバランチェ2.0です。ロックアウトの付いたフロントサスペンションを装備したビギナー向けのマウンテンバイクです。価格は税込62,790円です。伝統のトリプルトライアングルフレームはGTのMTBリジッドフレームの特徴です。名前のGTは、車ではなくて創業者のゲーリー・ターナー氏の頭文字からです。ここ数年来GTはWサスのカーボンフレーム投入など製品開発はアメリカ大手ブランドの上を行っているような気がします。もちろんリーズナブルなこのモデルにもその精神は受け継がれています。  

Posted by akazawabikes at 22:00

2010年03月28日

富士山の神

アブソルート写真はアメリカのフジバイシクル社アブソルートSです。会社は前回の記事のケストレル社と同じフィラデルフィアにあります。100年以上の歴史のあるこの会社は名前のとうり元々は日本の日米富士自転車なのですが現在はアメリカに有りアメリカ人が設計しています。また、プロサイクリングチームは昨年はジロ・デ・イタリアで活躍し今年はツール・ド・フランスにも参加予定です。オールイエローのクロスバイクです。価格は59,800円です。黄色いパーツ満載でディープリムのかっこいいホイールがついています。女性にオススメです。  
Posted by akazawabikes at 09:00

2010年03月25日

ロックレーシングチーム(アメリカ)が手に入れた猛禽類の翼

ケストレル写真はアメリカのニューヨークとワシントンDCの中間に位置するペンシルベニア州フィラデルフィアに有るケストレル社のRT-800 SL 105ブラックです。ケストレル社はフランスのルック社がカーボンフレーム発売した1986年、同じ年に世界で最初にカーボンモノコックフレームを発売しました。繋ぎ目の無いカーボンモノコックフレームの流線型デザインは、自転車競技の世界にはじめて空気抵抗の概念を持ち込んだといわれています。フレームの形状をよく見ると随所に独特のデザインが有り大手ブランドの大量生産で一般的なデザインとかなり違います。ケーブル類はフレームの中を通すデザインで見た目がスッキリしています。ハンドルまわりやホイールも上質な物がアッセンブルされていて賓(ひん)が有ります。トライアスロンバイクで超一級品のバイクをリリースするケストレル社のロードバイクです。価格は税込み446,250円です。
  
Posted by akazawabikes at 21:00

2010年03月22日

ボンジュール、見て(LOOK) 566

ルック写真はフランスのルック社の566コフィディスチームカラーです。現在プロロードレースで当たり前に使われているビンディングペダルとカーボンフレームを世界で最初に開発し発売したメーカーでもあります。カタログには、カーボン製ロードバイクフレームがマーケットの主役になる遙か以前から、カーボン一筋で20年以上の経験があるLOOK社はすべてのカーボン技術において大きなアドバンテージを持ち、他社の追従を許しません。と表記されています。566は路面からの振動を吸収させるために扁平加工されたシートステイやアップライトなポジションを取れるフレーム設計になっていてガチガチレースよりはロングライド等に向いたモデルです。価格は税込249,900円です。  
Posted by akazawabikes at 22:00

2010年03月20日

シマノニュー105

タイペイ入口2010台北ショーから今朝の明け方に帰ってきました。成田に帰る便がPM8:40着しか取れなかったので新幹線終電に間に合わないと判断し成田送迎タクシーを利用しました。案の定40分に着陸しても滑走路からゲイトまで10分ぐらい移動、ファーストクラスの人が出てからエコノミー、入国審査で行列、バッゲージに行っても荷物がなかなか出てこない結局出口にたどり着いたのが9:30ぐらいでした。なので成田タクシーが便利でした。ちなみに料金は¥11,500でした。ショー会場にシマノ社の2011年フルモデルチェンジのニュー105シリーズが装着されたモデルが有ったので写真を撮ってきました。まもなく正式発表されると思います。
105-3105-2105-1  
Posted by akazawabikes at 09:00

2010年03月15日

16日から19日まで臨時休業させていただきます

明日、16日から19日まで台湾で行われるタイペイインターナショナルサイクルショー視察のため臨時休業させていただきます。

2011年度モデルのパーツやフレームなどたくさん出展されています。また、国内からほとんどのメーカーさんやパーツ問屋さんの方々も商談の為に訪れています。例年会場に行くといろいろな方とお会い出来、お話をさせて頂く機会に公表出来ないような内々の情報なども若干入手出来ます。普段仕事をしていて展示会やお店に来てくれた営業マンの方々との会話から得られる情報より、いろいろな意味でより深い情報を得ることが出来ます。お客様やお店にとって有益な情報は自腹でお金を払ってでも得るように可能な限り努力したいと思っています。  
Posted by akazawabikes at 10:00

2010年03月13日

限りない楽しみ

インフィニティイタリアの老舗大手メーカー、ビアンキ社のC2Cシリーズのインフィニート(無限の、限りないの意)シマノ アルテグラコンパクトです。このモデルは、2010年の新型フレームにフルモデルチェンジしたシマノ社アルテグラ仕様です。ホイールもフランスのマビック社のキシリューム エキップが付いておりフィジークのサドルにFSAのハンドルバーとパーツ類も上質です。新型カーボンフレームはスマートになりワイヤー内蔵タイプになり見た目もスッキリシンプルに成りました。価格は325,500円です。他社に比べてこのスペックなら4〜5万円安いお得な価格です。  
Posted by akazawabikes at 22:00

2010年03月11日

初めての北上市

仙台の雪世界最大の自転車部品メーカーシマノ社のテクニカルセミナー(技術講習会)に昨日岩手県北上市まで行ってきました。高速夜行バスで明け方仙台に着くと低気圧のせいで東北地方は大荒れの大雪でした。当店の前は雪は消えていますが仙台駅前は写真のような積雪です。雪のためポイント故障で北上行きの電車が52分遅れで運休になるのかとちょっと心配しました。会場にはなんとか開始10時の10分前に着いたのですが他の方々も遅れ気味と言うことでスタートを10分お遅らせるとのことなのでちょっと時間が合ったので主催のシマノセールスの社長さんと雑談を。実は東京会場には都合で行けなかったのでこちらにしたのですが参加人数が東京に比べて少ないのでじっくり受講出来ました。シマノに一般ユーザーの方や私たちお店からいろんな問い合わせをいただい中からいくつかのテーマで解説していただきました。その中の一つにロードバイクの前ギアの選択で通常のダブルとコンパクトとトリプルのどれにすればいいかという質問には乗る人の力量に合わせて選べばいいとのこと。作る側からすると初心者はトリプルがオススメですとのこと。なので入門ロードバイクはトリプル仕様になっているメーカーも結構多い訳です。まっ山へ行かなければ関係ありませんけど。終了後、車で駅まで送っていただいた米沢市で頑張っているショップのKさん親子にはいろいろお話を聞かせていただきまして、ありがとうございました  
Posted by akazawabikes at 12:00

2010年03月06日

ブルーノ ミニベロロード 限定カラー  イエロー

ブルーノ黄色スイスにあるブルーノ社の人気モデル、ミニベロロード20に限定カラーのイエローが発売されました。国内75台の入荷だそうです。メーカー営業の方がすぐ売りけれますのでって言うので入れてみました。かなりいい感じです。  
Posted by akazawabikes at 22:00

ジオス小径車のトップモデル パントです。

パントイタリアの首都ミラノの西にある工業都市トリノ(以前冬季オリンピックが開かれた)に有るジオス社のパント(ギリシャ語ですべての意)です。クロモリフレームにカーボンフォークそして、シマノティアグラ仕様にホイールはA-CLASSのディープリムとドロップハンドルの小径車としては上級パーツが組み込まれています。なので走りが違います。重量は9,7Kg、価格は税込138,600円です。  
Posted by akazawabikes at 12:00

2010年03月03日

knog(ノグ)のLEDライト他

ノグ写真は南半球にあるオーストラリアのノグ社のLEDライトです。カラフルなシリコンラバーで覆われた可愛いライトです。白い光の前用と赤い光の後ろ用が有ります。また、LEDの数もなん種類か有ります。価格も今年は一部値下げになっています。ライトの他にもサイクルメーターやバッグ類なども有り年々製品が増えています。私も現在ちょっとお出かけ用に昨年のインターバイクで買ってきたKnogの本革製ショルダーバッグ(日本未発売)を使っています。フタを開けると独特の雰囲気の女の子のヌードが刺繍して有ります。フラッシュの光でまっしろになっていますが。パーツや自転車は確かな品質の上でやっぱりデザインかなぁ。
バッグバッグ内  
Posted by akazawabikes at 10:00