HR/HM 輸入オリジナル盤・廃盤ハンターの猟盤日記

HR/HM(メロハー・スラッシュ・正統派を中心に)輸入盤オリジナルCDの廃盤・レア盤を紹介するサイトです。

NEW!! Twitterを始めました。
   右バーナーの最上段から飛んで下さいね。
   再発盤や初CD化もの、ブログでは紹介出来ない必要悪的なリプロ盤等々紹介していきます。
   くだらないつぶやきはしないつもりです。このブログのサブサイト的な扱いにして行きたいと思いますので宜しくお願い致します。

■レア度更新履歴
■リプロ盤発見情報 
 NEW!!  MORBID SAINT/Spectrum Of DeathにGRIND CORE盤のリプロ盤画像を追加しました。
■追加情報
 NEW!!  RETURN/To The Topにリプロ盤の画像を載せました。
 NEW!! AMBOSS/Those Who Have Lost The Right To Exisrにツイッターのフォロワー様から画像提供の有りました1stプレスの画像を追加しました。

注意事項 本ブログに掲載されている画像は、如何なる理由が有りましても無断転用することを禁止致します。

ASPHYXIATOR/Trapped Between Two Worlds5

img164img165
Year: 1997

Label: Holier Than Thou Records

Cat#: ASP001

Matrix: MASTERED BY DOCDATA ASP001 ・
img166img167
UKデスメタルの超激レア盤、ASPHYXIATOR の唯一作です!

内容としては同じUKのBOLT THROWERにも通じるズルズル引き摺るようなミドルテンポ主体のデスメタル。このタイプのデスメタルはよほどリフや曲構成が工夫されてないとビミョーになりがちですが、このバンドはかなりカッコいいです!派手さは一切無いですが、地味で寡黙なリフワークや絶妙なタイミングのリズムチェンジなどを効かせており、またヴォーカルの声もよりリズム感を強調する声質と歌唱法をとっています。Harmony Corruptionの頃のデスメタル期NAPALM DEATHがBOLT THROWER型デスメタルをプレイした感じですかね。デスメタラーの方は必聴のアルバムです!

このCDは1997年にリリースされておりこのブログで紹介しているCDの中では比較的遅いリリースですが、レア度については相当高く僕自身今のところこの一枚しか見かけた事がありません。どうやら200枚のみのプレスらしく、海外のコレクターから譲ってほしいと時々連絡が来たりと、ウォント率もかなり高いと思われます。
90年代後半はメタル不遇の時代真っ盛りですので、デスメタルに限らずアンダーグラウンドでリリースされたメタルの音源はそもそもプレス数が少なかったり流通が悪かったりして、入手困難になっているものが結構多いです。

今のところ再発盤、リプロ盤共に出ていないと思います。



(オーディマひげ/hunter T)

危険度10%

NEPAL/Raza De Traidores5

img161img162
Year: 1993

Label: Metal Command Records 

Cat#: MC 1000-1

Matrix: 02GW2<874>10001
img163
他国名バンドの一つとして有名(?)なアルゼンチンのスラッシュ、NEPALの鬼レア1stアルバムです!

脇目も振らず突っ走る、むさ苦しくも清々しい胸熱南米スラッシュ!
メンバーの技量は結構レベルが高いと思います。演奏はカッチリしてるし、泣きのギターソロまで聴かせてくれます。ヴォーカルはデス声まではいかないけどダミ声の吐き捨て型。英語とは明らかにイントネーションが異なるスペイン語で曲の雰囲気にもバッチリ合ってます。これはもう辺境スラッシュマニアのツボを突きまくるearly 90's south American thrashの傑作ですね!
特にアルバム後半に名曲クラスの曲が詰まってます。#5「Represor」、#7「Aquellos Bastardos」、#8「Te Destruire」特にこの3曲は辺境マニアだけでなくスラッシャー必聴の佳曲だと思います!

このオリジナル盤CDは現地アルゼンチンのMetal Command Recordsからリリースされており、現在では滅多に見かけないメガレア盤となっています。以前ブログでお師匠さんが紹介した2nd「Ideologia」も今は結構レアになってますね。僕は現地のコレクターと直接やり取りしてCDを譲ってもらいましたが、その人曰くアルゼンチン国内でも相当入手困難だそうです。また、90年代前半の南米盤なのでもともと状態が良くないらしく、ジャケがちょっとスレてるやつが多いみたいです。
再発盤は96年に一度出ているようですが、こちらも僕自身あまり見かけた記憶がありません。これだけの好内容ですので再々発を強く望みます(ー ー;)
またリプロは出ていないと思います。

素朴な疑問ですがネパールにはアルゼンチンというバンドはいないのかな?



(オーディマひげ/hunter T)

危険度10%

CRIMSON THORN/Unearthed5

img155img156
Year: 1994

Label: Atomic Records

Cat#: -

Matrix: DISQUE AMERIC 091Q3<1195>CRIMSON THORN 
img157
USデスメタルの激レア盤、CRIMSON THORNの1stアルバムです!

このバンドは1991年に結成後現在も活動を続けており、クリスチャンデスメタルだそうです。
ところがどっこい内容としてはクリスチャンのクの字も感じさせないストロングでゴア感のあるデスメタルで、初期CANNIBAL CORPSEにブルデス感を追加したような感じです。もしくは1stと2ndの頃のCARCASSがよりデスメタルっぽくなった感じですかね!どちらにしても初期デスマニアの方は必聴レベルのかなり優れた内容なのは間違いないです!

ただあくまで個人的な好みですが、もうちょっとヴォーカルの音を引っ込めてバッキングを出してもらえたらほんと文句なしのアルバムなんだけどなぁ…。

このアルバムはこれまでに3回再発されており、オリジナルのatomic盤は激レア、2ndプレスのR.E.X盤以降はプチレアの部類に入ると思います。3回の再発の内2回はそれぞれジャケ違いなので、このアルバムは3種類のジャケットデザインがあるという事になります。コレクターとしては集め甲斐がありますよね!

今のところリプロは確認されていません。



(オーディマひげ/hunter T)

危険度10%

CREEPER/Creeper5

img158img159
Year: 1992

Label: Self Release 

Cat#: -

Matrix: DIDX-013151 2 
img160
USスラッシュの激レア盤、CREEPERの唯一作!

CREEPERという名前のグループはかなりたくさん存在していますが、こちらはニューヨークのマイナースラッシュCREEPERです。アルバムもセルフタイトルなので検索してもなかなか辿り着かないです笑

音楽性のほうは一応スラッシュに入ると思いますが、これはちょっと異質なバンドだと思います。スラッシュの土台にパンキッシュな感じを抜いたMORTOR HEADを足した感じで独特の雰囲気があります。そしてヴォーカルがまた非常に個性的で、暑苦しく歌うオッサンぽいダミ声にこれもMORTOR HEADのLemmyみたいな”いぶし銀”感をちょっと足したような感じ。これはヴォーカルの好き嫌いがはっきり分かれそうです。ちょっと変わり種ですが曲はカッコいいのでマニアであれば一聴の価値ありです!

本作のレア度に関してはメチャメチャ高いと思われます。僕自身ここで載せている1枚しか見た事がありません。未だ再発もかかっておらず、またリプロの話も聞いた事がありません。

(オーディマひげ/hunter T)

危険度10%

PRIMAL SCREAM/Volume One5

primal scream_volume 1 01 primal scream_volume 1 02
Year: 1990

Label: Grand Slam

Cat#: 26 002

Matrix: CD 24002 P+O-7198-A 10-90
primal scream_volume 1 03 primal scream_volume 1 04
アメリカ出身のスラッシュメタルバンド、PRIMAL SCREAMがリリースしたデビュー作であり唯一のフルレンスアルバムとなります。同じくアメリカで活動していたスラッシュ/クロスオーヴァーバンドCARNIVOREのギターKeith Alexander(R.I.P. 2005)が結成したバンドになります。3人編成でDrとBaがヴォを務めると言う非常に珍しい編成。
内容的にはパンキッシュまでとは言いませんが、非常にシンプルで、且つ突進力高めの爆走スラッシュメタルサウンドです。ベイエリアスラッシュとは一味違った、有る意味で湿度の低いカラッとした大陸的スラッシュサウンドだと思います。
今のところは再発盤のリリースは有りませんし、リプロ盤が出回っている様な話は聴いたことが有りません。(AKB36)

危険度10%

BLOODY CROSS/Coming Again5

bloody cross_coming again 01 bloody cross_coming again 02
Year: 1990

Label: Grand Slam

Cat#: 26 002

Matrix: CD 24002 P+O-7198-A 10-90
bloody cross_coming again 03 bloody cross_coming again 04
ドイツ出身のスラッシュメタルバンド、BLOODY CROSSが発表した唯一のフルレンスアルバムになります。一応'89年にはデモ音源「Thrashing for the King」も製作していますがカセットのみの販売だったようです。まだ本作も再発してないので
どーせなら、このデモ音源を追加して再発して欲しいですね。まあ、無いかな。。。
それなりのレア盤ですが、最近中古市場に出回ってますね。それなりのプレミア価格にはなっていますが。
魅力的なフレーズで惹き付けられはするんですが、Voが音程皆無の吐き捨て型な為、楽曲の魅力が半減してるのは残念ポイント。ほぼ全曲そんな感じなんですよね〜。ドラムがもたついたりギターが前のめりぎみだけど格好いいから良しとしても、Voはやっぱりいただけないな〜(^^;(AKB36)

危険度10%

TYRANT TROOPER/Insaine Sickness5

img151img152
Year: 1995

Label: Self Release 

Cat#: -

Matrix: DISQUE AMERIC 0FX92<995>DD426 
img154img153

USデスメタルの激レア盤、Tyrant Trooperの唯一作です!

本作は1995年にリリースされていますがバンドの結成自体は1987年とかなり古く、当初の音楽性はスピード/スラッシュメタルだったようです。

内容のほうは邪魔なものを全てなぎ倒しながら進んでいくような重量級のグルーヴが蠢くデスメタル。まさにジャケットのように戦場で無双しまくる姿が思い浮かぶ強力な作品です。一撃で数百のザコ兵を薙ぎ倒してしまうようなスーパーヘヴィ級のグルーヴ感がめちゃめちゃカッコいいです!

このCDは自主制作で1000枚のみプレスされたようで、現在では滅多に見かけない激レア盤となっています。再発もまだ一度も行われておらず、90sマイナーデスの中でもかなり内容が良いアルバムので非常に勿体ないです...。またリプロも出ていないと思います。


(オーディマひげ/hunter T)

危険度10%

THORMENTHOR/Abstract Divinity5

thormenthor_abstract divinity 01 thormenthor_abstract divinity 02
Year: 1994

Label: Morgana Records
Cat#: MOR 7003 CD

Matrix: MOR7003CD  12
thormenthor_abstract divinity 03 thormenthor_abstract divinity 04
ポルトガル出身のテクニカルデスメタルバンド、THORMENTHORがリリースしたフルレンスアルバムとしては唯一の作品。1991年にEP盤「Dissolved in Absurd」をリリースしていますが、こちらはアナログ盤しか出ていません。このフレンス自体も再発・リプレスは行われていないと思います。
これまた超特徴的なスタイル。テクニカル変態プログレデスメタルとでも言ったら良いのか。グニャグニャとメロディラインがのたうち回り、そこにデスヴォイス+加工されたクリーンヴォイスが絡み付く独特な世界観を確立してるけど、それがまた気持ち良かったりする。唯一無二の存在だと思います。聴く人を極端に選ぶ珍盤と言っても過言じゃないかも。(AKB36)

危険度10%

SORORICIDE/The Entity5

img140img139
Year: 1991

Label: Platonic Records 

Cat#: PLACD-3

Matrix: PLACD-3 12 A1

img142img141

デスメタルの超鬼レアCD、SORORICIDEの1stアルバムです!

このSORORICIDEはアイスランド出身のバンドで、メンバーチェンジを経ながらも意外にも2000年代の初頭まで活動を続けていたようです。このアルバムは1991年にリリースされており、EPやスプリットアルバムも出ていますがフルアルバムとしてはバンドにとって唯一の作品になります。

ブラストビートはほぼ使わずドゥーミーな展開も複雑に絡むザ・オールドスクールデスメタルですが、暗さというかダークな雰囲気が他のデスメタルバンドと比べても抜きん出ており、悪いことしか起こらなそうな負のエネルギーが凄まじく高いです。デスメタルの真骨頂が詰め込まれた必聴盤です!

このCDはおそらく全てのデスメタルの中で今現在最もレアなCDの一つで、よほど状態が悪くなければ$1000以上で取引されるメガレア盤となっています。10年程前にebayに出品された時は$2000を超える値段で落札されたこともあるようです(・・;) デス、スラッシュ系CDの中には何年探し続けても一度も見ないものやとんでもなく高価なものなどいくつかありますが、このCDがコレクターにとって何か一つの目標というか到達点のようなものであるのは間違いないです。
プレス枚数は1000枚とも500枚とも言われていますが実際にはもっと少ないと思われます。というのもレーベルの閉鎖と共に売れ残っていたものをバンドが一部買い取って残りは破棄されたらしく、またバンドが買い取ったものは最後のライブで売り切ったそうです。
ちなみにCDと同時にLPもリリースされていますが、こちらも鬼レア盤となっています。

このCDには数種類のリプロが存在していて、中にはかなり精巧に作られたリプロもあります。今回この精巧なリプロも入手できましたので見分け方や特徴の違いを載せてみますね!

↓リプロ
img109img110
img112img111



このリプロ盤は本当に良く出来ていて一時は2ndプレスなんじゃないかとさえ言われていました。これの為に高額なお金を払ったコレクターも世界にはたくさんいると思います(ー ー;)
まず、ブックレットと裏ジャケットの印刷は本物とリプロの現物を並べて見比べないと分からないレベルでクオリティが高いですが、1箇所だけ明らかに違うのはブックレット内の規格番号がリプロは白色、本物は銀の箔押しになっています。

↓リプロ
4440AF04-9AB7-426A-87D3-07EDB3AB14C2

↓本物
2F43506B-C761-49CD-8216-D17C8622D24A


ディスクのレーベル面はブックレットに比べて若干粗さはありますが、それでも写真だけでは判別が難しいくらいにちゃんと作られています。見分けるポイントとしてはやはりマトリクスになってきますが、このリプロのマトリクスはいかにもリプロ感のあるものではなく、正規盤でもよく使われるフォントですので画像を参考にしてもらえたら幸いです!

今のところ正規の再発は行われていないようですので、早くオフィシャル再発される事を願います。




(オーディマひげ/hunter T)

危険度10%

GRIMLOCK / Neurotic Facade/Balance of the Soul5

grimlock_necrotic fached 01 grimlock_necrotic fached 02
Year: 1991

Label: Heresy Records

Cat#: FRD

Matrix: FUT2<473>GRIMLOCKmade by fabrique par DISQUE AMERIC ? DANADA
grimlock_necrotic fached 03 grimlock_necrotic fached 04
アメリカ出身のスラッシュメタルバンド、GRIMLOCKがリリースした、正式音源としてはデビューアルバムにして唯一の作品です。ジャケット、裏ジャケット共にオレンジの厚紙に黒印刷したもので、どちらかと言えば手作り感満載な若干粗悪な作りです。
当時1000枚しかプレスされておらず美品で探すとなるとかなりの苦労が必要な超激レア盤になっています。私は海外のオークションで手に入れていますが、国内の中古市場では見たことが有りません。
パワーで押し切るスタイルのVoは、何処と無くJames Hetfieldを想起させる。バック陣も重量感を重視し速度調整をしているような印象を受ける。結果としてパワーとスピードがバランスよくブレンドされた、非常にクールなスラッシュサウンドに仕上がっていると思います。
恐らくは再発はされていないと思いますし、リプロ盤も出回っていないと思います。(AKB36)

危険度10%

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
Twitter プロフィール
プロフィール

AKB36

メンバーリスト
最新コメント
  • ライブドアブログ