HR/HM 輸入オリジナル盤・廃盤ハンターの猟盤日記

HR/HM(メロハー・スラッシュ・正統派を中心に)輸入盤オリジナルCDの廃盤・レア盤を紹介するサイトです。

NEW!! Twitterを始めました。
   右バーナーの最上段から飛んで下さいね。
   再発盤や初CD化もの、ブログでは紹介出来ない必要悪的なリプロ盤等々紹介していきます。
   くだらないつぶやきはしないつもりです。このブログのサブサイト的な扱いにして行きたいと思いますので宜しくお願い致します。

■レア度更新履歴
■リプロ盤発見情報 
 NEW!!  MORBID SAINT/Spectrum Of DeathにGRIND CORE盤のリプロ盤画像を追加しました。
■追加情報
 NEW!!  RETURN/To The Topにリプロ盤の画像を載せました。
 NEW!! AMBOSS/Those Who Have Lost The Right To Exisrにツイッターのフォロワー様から画像提供の有りました1stプレスの画像を追加しました。

注意事項 本ブログに掲載されている画像は、如何なる理由が有りましても無断転用することを禁止致します。

INSANITY/Death After Death3

insanity_death aftre death 01 insanity_death aftre death 02
Year: 1993
Label: M.B.R. Records
Cat#: MANGLED 5
Matrix: MANGLED 5  P+O-18943-A1  12-93
insanity_death aftre death 03 insanity_death aftre death 04
アメリカ出身のデスラッシュバンド、INSANITYが1993年にリリースしたデビュールバムです。本作発表後、EPやコンピレーション盤をコンスタントに発表していたようですが、2ndアルバムの「Visions of Apocalypse」をリリースしたのは実に22年後の2015年でした。デビュー作である本作は2000年に再発しています。
メロディが幾重にも折り重なり非常に複雑でありながらも、要所要所のフレーズに格好良さをしっかりと散りばめたその作曲センスは特筆に値するかもしれません。アコースティックギターのみの美しいメロディが際立つインスト曲が来たかと思えば、一転重さと速さを追求したかの様なアグレッシブな曲が来たりと、凶暴さと知的性を兼ね備えたクオリティの高いデスラッシュサウンドを堪能出来ます。
(AKB36)

危険度10%

ROCK GODDESS/Ypung and Free (The Lost Album)3

rock goddess_young and free 01 rock goddess_young and free 02
Year: 1994
Label: THOUNDERBOLT
Cat#: CDTB 155
Matrix: IMPRESS CDTB155 01 6
rock goddess_young and free 03 rock goddess_young and free 04
イギリス出身のNWOBHMバンドが1987年に発表した3rdアルバムで、CD化されたのは1994年で1曲ボートラが追加されています。Vo兼GtのJody TurnerとDsのJulie Turner姉妹によって結成され、そこへ元GIRLSCHOOLのBsのTracey Lamb が参加するも1stのみで離脱、以降はDee O'Malleyへメンバーチェンジし活動を続けた3人編成のガールズバンドです。
しかも2017年には、オリジナルラインナップにて復活を遂げ、3曲入りのEPまでリリースしてしまった伝説的なバンドです。
女性らしさなんてクソ喰らえ的な、男勝りの正統的HMサウンドと聴かせてくれます(バラードは流石にしっとりとしてますが)。単純にカッコいいですよ、これは。但し、曲作りに関しては女性特有の細やかさ、丁寧さが随所に感じ取れるサウンドで、粗野で乱暴な男性グループには作り得ることが不可能なアルバムに仕上がっていると思います。(AKB36)

危険度10%

廃盤セール報告 20180721 御茶ノ水メタル館 HEAVY METAL輸入廃盤&レア盤中古CDセール

本日の記事は、御茶ノ水メタル館で開催された「HEAVY METAL輸入廃盤&レア盤中古CDセール」に参戦した模様を御伝えしたいと思います。

20180721_御茶ノ水1

御茶ノ水メタル館で開催されるあらゆるセールは基本的に、クジ引き抽選によりセール入場順番を決める形式を取っています。一番最初に入れる第一グループに入り込むために、それはそれはドキドキものの抽選大会が開店前の店舗前路上で繰り広げられていました。

一時期は国内廃盤セール時には20人以上のコレクターが集まり一喜一憂を繰り広げたものです。現在では商品の値段の高騰化に伴い人数が一人二人と消え始め、今では第一グループで定員割れという事態になっています。現に今年7月14日に行われた「HEAVY METAL国内廃盤&旧規格中古CDセール」では定員6人対し4人しか集まらなかったそうです。。。お金持ちでこれからコレクションを始める人に取っては天国状態ですね。。。

で、本日の「HEAVY METAL輸入廃盤&レア盤中古CDセール」ですが定員5名に対して集まったのは、なんと私一人のみ!!我先にと争うこと無く一人でゆっくり品定め出来るのであり難いと言えば有り難いのですが、少し寂しい感じもします。内容は決して悪くは無いんですが、やはり値段設定がネックになっているんでしょうね。。。

下の写真が入場番号が書かれた抽選券を入れる箱です。この箱に何度心臓が飛び出る思いをしながら手を入れたことでしょう。本日は一人だけだったので、その出番は有りませんでしたが。。今日は酷暑だったので階段室の日陰で待機、店員さんに御願いして扉を開けてもらい、店内の冷気を階段室に流してもらったので比較的快適に待つことが出来ました。有難うございました。
20180721_御茶ノ水3 20180721_御茶ノ水2

では具体的に会場はどのようになっているかというと、こんな感じです。
20180721_御茶ノ水4 20180721_御茶ノ水6

我々が言う所謂平台にレア盤をギッシリ詰め込んだ詰め込んだ、まさに夢の様な状態です。いつもは数名のメタラー、コレクター、マニアにオタク、時には外人バイヤー等々あらゆる人種がガシャガシャガシャガシャとお目当てのCDをゲットする為に熾烈な戦いを繰り広げるわけです。
今日は私一人だったのでCDを物色する前に平台を撮影してました。

因に7月14日に行われた「HEAVY METAL国内廃盤&旧規格中古CDセール」の棚の具合はこんな感じです(一枚目)。私はこのとき渋谷のセール(2枚目)に参加していたので、こちらには参戦していませんが、セール前の状況を店員さんに撮影しておいてもらいました。店員さん有り難うございます。
20180714_御茶ノ水1 20180714_渋谷1
最近の御茶ノ水メタル館の4階の国内盤セールは平台を片寄にするパターンが増えてきました。棚を中央に据えてしまうと回りに細い通路しか確保出来ず、人の行き来が厳しくなりただでさえゴチャゴチャな会場が余計混乱してまうので、大きな通路を確保出来るこのパターンは非常に効果的で、過去に実際経験した私も快適にCDを探すことが出来ました。

と言う訳で、今回のリストに有る価格の激高盤は運良くほぼ所有していたので、お目当てのプチレア盤を何枚か厳選して購入することが出来ました。人が沢山いて会計とか急かされたり、お目当てを他に人に取られたりすると冷静さを欠いてしまい、要らない物まで購入してしまいがちなんですが、今回は冷静に品定めが出来いい買い物が出来たと思います。
20180721_御茶ノ水5

この夏も、まだまだセールは続くので、参戦したセールの記事は今後もアップして行きたいと思います。
AKB36 

ROTTREVORE/Iniquitous4

rottrevore_iniquitous 01 rottrevore_iniquitous 02
Year: 1993
Label: DROWNED PRODUCTIONS
Cat#: SPV 084-90852
Matrix: DC-016  14  A1
rottrevore_iniquitous 03 rottrevore_iniquitous 04
アメリカ出身のデスメタルバンド、ROTTREVOREがリリースしたフルレンスとしては唯一の作品です。1995年には一度解散はしているものの、2011年には再結成し2013年にはEPも発表しています。まだ解散せずに活動は続けている様なので2作目のフルレンスに期待したいですね。
再発盤も2009年にXtreem Musicからリマスター盤がリリースされているので音源自体の入手はさほど難しくは無いはずです。
内容的にはかなり邪悪でブルータルな内容。スピードだけに頼ること無く、ブラストビートを駆使して切れまくったかと思いきや、次の瞬間ミドルテンポで間を置いたりしてメロディの起伏と展開にかなり拘りを感じる作風です。(AKB36)

危険度10%

ADRAMELECH/Psychostasia3

adramelech_psychoatasia 01 adramelech_psychoatasia 02
Year: 1996
Label: REPULSE RECORDS
Cat#: RPS 015 CD
Matrix: A0100193000-0101  13
adramelech_psychoatasia 03 adramelech_psychoatasia 04
フィンランド出身のデスメタルバンド、ADRAMELECHがリリースしたデビューアルバムです。Gt、Ba、DrとオールマイティーにこなすJarkko Rantanenは、同郷のデスラッシュバンドDEMIGOD(詳しくはこちらをクリック)にも在籍していことで知られています。
普通のスラッシュに比べメロディを構成する邪悪な要素率は高いし、楽曲の持つ禍々しさも否定は出来ないけど、複雑でテクニカルなメロディ構成力の高さも決して否定出来ない。デスメロの諸先輩方のアグレッションを引き継ぎ、頑に守り続けるその志は高く素晴らしい。と褒め過ぎた感は有りますが、理屈抜きにカッコいいですよ。
2003年と2014年にボートラ付きでリマスター再発されているので音源の入手自体はさほど難しくはありません。(AKB36)

危険度10%

DOOMSDAY/ s/t3

doomsday_st 01 doomsday_st 02
Year: 1995
Label: Black Cat
Cat#: DD 101
Matrix: W.O. 105207-5  DOOMSDAY  DISC MFG., INC.(H4)
doomsday_st 03 doomsday_st 04
アメリカ出身のスラッシュメタルバンド、DOOSDAYがリリースしたデビューアルバムにして唯一のフルレンス作品。レア度はそれほど高くは無いと思いますが、国内中古市場ではほとんど見掛けたことが有りません。
ヘヴィで硬質なギターリフとタイトで正確無比なドラミング、非常にモダンなスラッシュメタルサウンド。音像的には「Cowboys From Hell」以降のPANTERAにとても酷似した印象。年代的にもグランジヘヴィネス系が台頭していた時期だし、この手のサウンドを持ったバンドは星の数ほど居るとは思うけど、楽曲の完成度や格好良さではこのバンドは頭一つ抜きに出た感じかな。
再発盤出ている情報は有りません。恐らく精巧なリプロ盤は今のところ出回っていないと思います。(AKB36)

危険度10%

VOMITORY/Baschlasophobic3

vomitory_baschlsophobic 01 vomitory_baschlsophobic 02
Year: 1993
Label: D&S RECORDS
Cat#: DS CDR 006
Matrix: Panteon 00AB8 DS CDR 006
vomitory_baschlsophobic 03 vomitory_baschlsophobic 04
ドイツ出身のスラッシュメタルバンド、VOMITORYがリリースした2ndアルバムです。1srアルバムの「Hour of Truth」は既に本ブログで紹介済みです(詳しくはこちらをクリック)。レア度的には1stの方が若干高めの星4つで、この2ndもレアではあるものの1stよりは若干おちて星4に近い感じの星3つという感じでしょうか。
内容的には前作の延長線上に有るテクニカルなスラッシュメタルに分類されるのではないかと思います。メロディ、リズムの緩急や起伏の配置が絶妙かつ巧妙で、アルバムを通して一気に聴かせる内容。ただ、中にはMETALLICAの「Nothing Else Matters」にでも影響受けちゃったのかしら?というような曲も有るけど、まあ年代的には仕方が無いのかな〜と。楽曲の複雑さやアイデアの引き出しの多さが伺えるなかなかの高品質なアルバムだと思います。
再発盤は今のところはリリースされていませんが1stと併せて是非とも再発化して欲しいバンドの一つですよね。(AKB36)

危険度10%

WOTAN/Tranquility3

wotan_tranquility 01 wotan_tranquility 02
Year: 1996
Label: D&S RECORD
Cat#: DSRCD-0017
Matrix: BOD DSR CD 017
wotan_tranquility 03 wotan_tranquility 04
ドイツ出身のスラッシュメタルバンド、WOTANがリリースしたデビューアルバムです。出現率も激レアと呼ぶにはほど遠いし、中古市場でも定期的に出現するので比較的入手は簡単なアルバムでは有るんですが、個人的には巡りの悪さか、入手に非常に時間の掛かった作品です。
冒頭から如何にもジャーマンスラッシュ的なギターサウンドで期待感が膨らみます。ただVoが若干デスヴォイスなのと、ブラストビートを多用したドラムワークによって、全体的に若干デスメタルぽく感じることも否定は出来ませんが、楽曲の格好良さは一級品です。
バンド名のWOTANとは「World of Terror and Nausea」の頭文字を取ったらしく、意味は「恐怖と悪心の世界」だそうです。言う程、恐怖は感じませんけどね。(AKB36)

危険度10%

MORGUE/Eroded Thoughts4

morgue_eroded thoughts 01 morgue_eroded thoughts 02
Year: 1993
Label: GRIND CORE
Cat#: 89818-2
Matrix: RLE 89818 (V)  MASTERED BY NIMBUS
morgue_eroded thoughts 03 morgue_eroded thoughts 04
アメリカ出身のデスメタルバンド、MORGUEがリリースしたデビューアルバムです。
ブラストビートを駆使したハイスピード、アップテンポな楽曲とドゥーミーなスローテンポの楽曲が極端に2分化したアルバム構成で、且つ楽曲内でも緩急の使い分けが明瞭過ぎるぐらいハッキリと分かれていて清々しいし、その転調が飽きること無く聴き通せる要因になっているのかもしれません。
ドゥーミーなデスは個人的には苦手な部類だけど、疾走パートの純粋にカッコいいと言えるしデスを嫌厭している人にも是非とも聴いてもらいたいです。
1993年にリアルタイムではカセットテープとCDのフォーマットでリリースされており。2014年には再発盤がリリースされていますが、どうやらロシアプレスの様なのでオフィシャルかどうかは良く分かりません。。。(AKB36)

危険度10%

GUTTED/Bleed For Us To Live4

gutted_bleed for us to live 01 gutted_bleed for us to live 02
Year: 1994
Label: Red Light RECORDS
Cat#: 88368-2
Matrix: W.O.# E37755-1  CD#05633  88368  MANUFACTURED BY KAO OPTICAL PRODUCTS
gutted_bleed for us to live 03 gutted_bleed for us to live 04
アメリカ出身のデスメタルバンド。1994年にリリースしたデビューアルバムです。メンバーの経歴を調べるとDEMIGODと有ったので、おっあのフィンランドのDEMIGODか?と一瞬テンションが上がりましたが全く別のバンドでした。。。
アルバム導入部でデスメタルが苦手な人が嫌悪感を覚える「ヴォェェェ〜」という雄叫びが有る物の、アルバム全体を通してはメロディの輪郭がハッキリとし、比較的メロディアスで有りながら速度や邪悪さ凶暴性を兼ね備えたデスナンバーが続きます。

2015年と17年には再発もされていますがボートラ等は付いていないようです。国内の中古市場での出現率はかなり低めなので、聴きたいようであれば、まずは再発盤を探すのも良いかもしれませんね。(AKB36)

危険度10%

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
Twitter プロフィール
プロフィール

AKB36

メンバーリスト
最新コメント
  • ライブドアブログ