今日は少し趣向を変えまして、我々がいつも参加しレア盤を入手しているディスクユニオンの廃盤セールの参戦報告をしたいと思います。

この廃盤セール、大きくはGW、お盆、お正月の3時期に各店の特徴を活かした大規模なセールを開催する他、CD買い取りが好調な時などに単発で開催されたりしています。
本日参戦した「新宿セカンドハンズ店 スラッシュメタル/デスメタル廃盤セール」 は後者の方に分類される、どちらかと言えば小型のセールです。よって内容的(レア盤の枚数やレア度の高さ等)には若干低くなるため参加人数も比較的少数に絞られて来ます。まあ、その為だけに地方から交通費や宿泊費を掛けて参加するのも厳しいものが在りますからね。

そして、これが重要なんですが各店舗の方針によってセールへの入場順位の決め方に違いが在ります。大きくは二つ。
1)クジ引きによる抽選方式
2)早く並んだ順のガチ方式
となります。
今回参戦した 「新宿セカンドハンズ店 スラッシュメタル/デスメタル廃盤セール」は、2)にあたります。1)のクジ引きは運勝負、2)の並んだ順は体力勝負といった感じでしょうかww

で、本日の参加人数は 、ちょっと少なめの3人。しかも全てコレクター仲間という、非常に和やかなセールとなりました。
 20180526_092455

各店の廃盤セールは、いつものメタルの棚にスペースを作り商材を並べ込む形式が殆ど。大昔には別会場で開催していた時期も在るようですが。CDの陳列も各店様々。テーブルの上に箱を並べぎっしりCDを詰め込む「御茶ノ水メタル館4階タイプ」や、棚の最上段一列に横一列でCDを並べる「横浜西口タイプ」等々千差万別。本日の新宿セカンドハンズ店は最下段に横一列でCDを並べる珍しいタイプ。見やすい反面、非常に腰が痛くなります。写真の棚、最下段一列が商材になります(いくさ終了後の写真です)。
20180526_112716

そして、セールが始まるとここからはガチ勝負。周りに目もくれず一向お目当てのCDを求めて棚を漁るという非常に原始的なセール形態になります。よく百貨店のセールでおばちゃま方がお目当ての洋服を奪い合う様子によく似てます(そこまで過激ではないですが)ww
国内盤のセールの場合は、帯の背のデザインが頭に入っているので非常に判別し易いのですが、かたや輸入盤となると背表紙だけでの判断は至難の業、一枚一枚丁寧に確認して行くのが一番確実だったりします。特にブラック系のセールとなると、もう一面真っ黒なんでブラック素人の私にはとても判別出来ません。。。
各自取った物を精査し不要な物は棚へ戻す、若しくは仲間に渡すしたり交換したり、ひとしきり取り残しが無いことを確認してから、検盤・購入へと向かいます。
ここで重要なのは譲り合いの心。一人だけ美味しいところを持って行こうとするとセールで場が荒れたり
時には喧嘩の一歩手前まで行ってしまい非常に不快な気分になります。いままでそういう場面に何度も遭遇しましたから。。。

20180526_122456 20180506_121156
そしていつもセール終了後は近場の喫茶店やレストランで猟盤成果を見せ合いながらメタル談義に花が咲きます。誰があれを買ったとか、あのレア盤はあいつに取られたとか、あれは高過ぎだよね〜とか、これは安かったから裏目玉だったね〜とか、話が尽きることは在りません。
左の画像はコレクター仲間全体の本日の成果。右の画像は今日は食べていませんが、新宿メタル館近くの喫茶店「西武」の抹茶パフェ。これがセール後の疲れた身体を癒してくれる絶品なんです。

というような具合に廃盤セールがある日には、コレクター仲間と約半日ほど楽しい一時を過ごしています。是非、セールに参加した時に、もしかしてあの軍団がAKB36の一団ではないかと思った際は気軽にお声がけくださいね。

AKB36