落ちた会社ですが、ネタにしよう!と思っていた会社さんでの 面接の話をひとつ。
瀟洒な住宅街のマンションの中にその事務所はありました。
業種はakebiが志望していた業種で、
規模は小さいながらも小回りの利く仕事が出来そうなので
某女性向けの転職サイトより応募して、 面接にこぎつける事ができました。
事前にこの会社のHPをチェックしていると 複数の事業を手掛けていて、
その中に 「音楽レーベル業」という文字が・・・
レーベルのサイトをクリックしてみると
懐かしさ溢れる90年代J-POPな曲調のバンド
(映像は顔がはっきりしないシルエットでの演奏)と
かわゆいお子が、あどけない歌声で 歌い踊るyoutubeの動画が掲載されておりました。
正直両社のセンスとクオリティは(略)な感じでw
そして、90年代J-POPバンドのボーカルの方の ブログがあったので、
見てみるとこれまた バブル~90年代前半なセンスが全開なポエムの洪水!
今は2018年ですが・・・
最後の更新が2017年だったので
このボーカルさんは今でもずっと このセンスを貫いているのか~
と、感心しておりました。

そして、面接当日・・・
面接官として現れたのは、90年代J-POPバンドの ボーカルの方ではありませんかwww
多岐にわたる事業(しかもおカタイ感じ)を 展開されていて、
頭も勉強が出来る方向で良いんだろうな~って 感じの方でしたが、
ポエムにもそのおカタさが出てしまい、
ちょっと残念なセンスになっていたので そういう事か~と一人納得。
あと、歌い踊るお子はこの方のお子様だろう、と 感じるものがありました。

社長業をしながら、ミュージシャンとして自分の活動場所を作る・・・
センスはともかくそのバイタリティは凄い。

面接中はブログで見たポエムが頭をよぎって
このマジメな方が、あの甘いラブソングや
お子のファニーなソングを作詞しているのか・・・と考えると
笑いがこみ上げそうなのを押さえるのが精いっぱい!
ポエムの一説を引用して、この面白さをお伝えしたいのですが
身バレするのも怖いし。
例えて記載するならば、
「摩天楼の輝きが、今の僕には眩しすぎてその光が辛いのだ」
的なセンスといいましょうか・・・
ページ下部にリンクを張った商品も近いセンスしてますw

面接自体は何とか終えましたが、
後日ちゃんと(?)不採用の通知が届きました。
ここでお勤めしていたら、私もミュージシャンとして
二束のワラジ生活の道もあったのかな・・・と
ぼんやり考えたのでした。 (軽音部経験者)

あたりまえポエム 君の前で息を止めると呼吸ができなくなってしまうよ


お名前ポエム ミニ ちぎり和紙 ※飾り場所を選ばないかわいいサイズ【大切な方へのプレゼントに】






転職活動ランキング
にほんブログ村 転職キャリアブログ 40代の転職・転職活動へ
にほんブログ村
にほんブログ村 転職キャリアブログ 30代の転職・転職活動へ
にほんブログ村


アラフォー日記ランキング