今週は幸い今日と明日に面接予定が入りました・・・!
内定が出るかも不明なのに、面接の予定すら入っていないと焦ってしまうので
面接の有無は無職生活にとってはメンタルを左右する要素でもありますね。
手帳を読み返してみたところ、面接に行った会社の記録をつけてきているので
その中で印象的だった面接を今回記載してみますね。

まだ前職在職中の時に某e●転職経由で応募して
初めて書類選考を通過した会社さんだったので
「これで決まっちゃえば転職活動はOK!」と
まだ初々しい気持ちで面接に向かったのでした。
・・・退職してからも長い闘いになるとは知らずにw

その会社さんは前代未聞な面接場所を行った会社さんと同じ街で、
例の会社さんの近くにありました。
とある分野で親子で活躍されているスペシャリストの方の会社で
著書やムック本、テレビでも毎週お見かけする方の会社で
akebiもその方が提案する世界観が好きなので
ミーハー的に応募して、面接のお知らせを頂いた時は
凄く嬉しかったのを覚えています。

会社に到着して、面接官の方が来るのをエントランスで待っていたら・・・

IMG_3924

まさかのご本人登場!(イラストは似せてませんよ)
同時に一斉に周りのスタッフさんも総出で出て来たので
ビビリなakebiを驚かせるには十分なシチュエーションでした・・・

もちろんakebiを迎えに来たのではなく、
打ち合わせに来ていた雑誌社の方を見送るために
エントランスに出て来られたとこに偶然居合わせたのでした。
「ザ・芸能人!」なオーラとは異なりましたが、
プロフェッショナルとして活躍している方特有の凛としたオーラがあり、
「ホンモノを見ちゃったよ~!」とミーハーに喜んでましたw

面接官の方も穏やかな方で、
ブラック企業に勤めている最中の身としては
それだけで凄く眩しかったのを覚えています。
また、ご本人は事務所にいらっしゃる事は少ないそうなので
その日のシチュエーションはレアだと伺いましたw

物語であれば、そんなレアな場に居合わせる運が
良い結果をもたらして・・・となると美しいのですが、
結局この会社さんは不採用となってしまいました。

今でも毎週のようにテレビでお見かけするので、
そのたびに「この人の会社落ちちゃったんだよな~」と
残念な気持ちになりつつも、
普通にファンでいた方が楽しい世界なのかもね、と
しんみりするのでした。

男子ごはんの本 その10


栗原はるみ haru_mi (ハルミ) 2018年 07月号 [雑誌]




twitterやってます!フォロー宜しくお願いします!


↓ポチっとして頂けると励みになります!

転職活動ランキング
にほんブログ村 転職キャリアブログ 40代の転職・転職活動へ
にほんブログ村
にほんブログ村 転職キャリアブログ 30代の転職・転職活動へ
にほんブログ村


アラフォー日記ランキング