中小企業白書2016年版が公開されました。


「中小企業の稼ぐ力を決定づける経営力」の章があります。
そこに、稼げる企業の特徴をまとめています。
たとえば、稼ぐ力が強い企業は、 IT 投資や海外展開投資に
関し経営者によって実施の是非が決定され、そ の結果が企
業の収益力に大きな影響を及ぼしているということでした。逆
に、現状では稼ぐ力が弱い企業には、企業の内部的要因 に
成長への制約要因があり、稼げる企業との収益力の差が生じ
ているということです。

また、稼げる企業の特徴について、408頁に記載されており、
「稼げる企業」は、売上高 に対する投資割合が高く、収益を
得ることで投 資を行い、成長に向けた基盤を整備する、とい
う 好循環が生まれていることが示唆される、ということでした。


その他、経営者の年齢と企業の分類が、409頁に記載され、
稼げる企業は、経営者の年齢が上がるについれ、増えてお
り、割合としては、60歳代の経営者が多いという特徴もある
ようです。


稼げるの特徴と自社を対比することで、自社の強み・弱み
を分析し、より稼げる企業に成長することができるのではない
でしょうか。


by藍原 

よろしければクリックをお願いします↓ 

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村