建物の明渡を行ってきました。
居住者である債務者は事前に退去していたので、債務者の抵抗が
なかった点は良かったのですが、僅か6畳にもかかわらず、2トン
トラック1台分程度の量がありました。

執行官は忙しいらしく、1時間30分程度で作業を終え、目録も
作っていたので、やはり、普通の引越業者では行うことは難しく、
強制執行に慣れた業者ではなければならないと思いました。

約1ヶ月後、倉庫に保管した動産の競売があり、それで、無事終了
になります。その間に、債務者が物を引き取りたいと要望してくる
かもしれず、まだ、諸々の手続がでてきそうです。

改め、建物を明け渡してもらうために、建物明渡の判決、建物明渡の
強制執行と行うと、時間と費用がかかることからすると、任意で退去
してもらった方が、時間・費用とも、かからないと改めて感じた次第
です。

この点で、賃貸業の方は、柔軟な思考が必要かと思います。

by藍原 

よろしければクリックをお願いします↓ 

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村