私は当時知りませんでしたが、2006年頃にブームになった書籍のようです。
100万部を突破し、京セラ名誉会長稲盛和夫さんが「人生とは自分の心を
映し出す”鏡”である、というこのメッセージは、多くの人を勇気づけるだろう。」
と書かれています。

130頁もない書籍で、物語が半分があるので、2時間もあれば、読めてしまいます。
読み終えると前向きに考えられます。人間関係、特に、親子・親族関係で悩んでいる方
には、読んでみる価値のある書籍だと思います。

本書籍のポイントを少し、紹介すると、

17頁「『現実に起きる出来事は一つの結果であり、その原因は心の中にある』
という考え方があるんです。『私たちの人生の現実は、私たちの心を映し出す
鏡である。」と考えてもらうといいと思います。」

40頁「人生で起きるどんな問題も、何か大切なことを気づかせてくれるために
起きるんです。つまり偶然起きるのではなくて、起こるべくして必然的に起こる
んです。ということは、自分に解決できない問題はけっして起きないのです。」

70頁「心の中で誰かを強く責め続けて生きていると、自分もまた責められる
経験を繰り返すことになりますし、他の人の幸せを喜ぶような気持で生きていると、
自分もまた幸せな出来事に恵まれます。」

74頁「自分自身を見つめ直すに当たって、「自分の心の中に原因がある」と
いう考え方にとらわれ過ぎてしまうと、原因探しにはまってしまいかねないので、
気をつけてくださいね。」

78頁「ここで、「ゆるす」という言葉を定義しておきましょう。・・・・相手
の行為をよしとすることでもなければ、大目に見るということでもありません。
また、「相手が悪い」と思いながら、我慢することでもありません。・・過去の
出来事へのとらわれを手放し、相手を責めることをやめ、今この瞬間のやすらぎを
選択することです。」

本書籍に接することで、少しでも、前向きに生きていく方が増えたら、いいなと
思います。


by藍原

よろしければクリックをお願いします↓ 

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村