ブログネタ
ボーイズラブ に参加中!
純情 3 限定版 (Dariaコミックス)純情 3 限定版 (Dariaコミックス)
富士山 ひょうた
フロンティアワークス 2009-03
by G-Tools

楽天→【初回限定小冊子付】純情(3)ペーパー付
このコミックスも、後回しにされてしまってて、やっと順番が回って来ました。これで心おきなく『ドラマCD 純情』を聴くことが出来ます。
(2枚組だから、3巻までCDになるよね???)
高校時代の同級生二人が、仕事関係で再会。カラダから始まるオトナな関係な二人でしたが、2巻でようやく「好き」という言葉が出てきたというのに、ワケありっぽい母親登場でどうなるのやら……。

高校時代の初恋の相手・倉田将成(くらたしょうせい)と偶然再会したライターの戸崎圭祐(とざきけいすけ)は、当時の想いを暴かれ、身体を重ねるようになる。再び倉田を好きになった戸崎に、倉田も本気を自覚し、ついに両想いに。だがある日、玄関先でキスしていたところを倉田の母親に見られてしまう。関係を知られてしまった二人は、改めて自分たちの関係や立場の違いについて考え――…。大人気作品、いよいよ完結!

1・2巻の感想はこちら
ぎこちなかった倉田と戸崎の間も、だんだんと素直に手を伸ばせるようになったというのに、倉田の母親の登場で、何やら一波乱どころではない展開を迎えます。
だってねぇ、目の前で息子がラブシーンを繰り広げているのを見つけてしまい、しかも相手が同性だなんて、そりゃちょっと待て……となるのも、無理からぬことで。現実として。

でも、この母親の暴走っぷりは、ちょっとひいちゃいました。まるでストーカーの如き倉田の前に現れるし、電話攻撃もすさまじい。もちろん、女性を紹介しようとするのは当たり前。
最後は、戸崎に直接攻撃をしかけるんだもんなぁ。

でもね、倉田も倉田なんですよ。ちゃんと自分が初めっから母親と向き合って話をしていれば、ここまで暴走しなかったんじゃなかろうかと思うわけですよ。何たって、自分の母親なんですから。
ところが、そう簡単には行かない理由がありまして。かなり深い溝が、倉田と母親の間には横たわっていたわけです。母親を許せないっていう倉田の気持ちもわかるけど、その理由はちょっと子供じみている気もしないではないかなと……。苦笑
まぁ、確執のある母親に頭ごなしに反対されちゃって、意地になってるような雰囲気もあるんですけどね。

戸崎にしてみれば、自分の家族にはカミングアウト済みで、それなりに認めてももらっているけれど、そうじゃない家族ならこの反応は仕方のないことだとも思ってはいるんですよ。しかも、自分と再会しなければ付き合うこともなかったと認めてはいるし。
でも、母親の倉田に対する言葉に数々に、倉田自身傷ついていると感じて

「僕といることを望んでくれるなら、別れるつもりはありません。彼を好きだと思う気持ちに恥じるところはない」
(ぎゃ〜〜〜、このセリフを、ダーリンがしゃべってくれるのね!)

と、きっぱり!
ホント、がんばったと思います、それもたったひとりで、母親と対決なんですから。
ちゃんと思っていることを言えたし、戸崎の強さを感じられるこのシーン、よかったなぁ。いつものパターンだと、こういう対決シーンにはならずに、まずは身をひこうと考えちゃうからなぁ。

なのに、母親は倉田に「あなたに別れるつもりがあるなら、別れてもいいと言ってました」って言っちゃうんだもん。
うん、逆から考えてみればそうなんだけど、それはないだろ〜。
で、倉田は当然のように、戸崎のところへ行って問いただします。ここでも戸崎は、ちゃんと自分の気持ちを伝えます。
「別れんのやだ……」(戸崎@平川さん)と。(涙……)

「お前がそう言ってくんねーかなって思ってた」(倉田@森川さん
うれしそうな甘〜い顔して、ヘタレたこと言ってんじゃないよ〜、倉田ぁ〜。
ま、いいけど。

ようやくといいましょうか、仕方なくといいましょうか、ここへ来て倉田父の登場です。
母親の剣幕にしては、結構アッサリと引き下がりましたねぇ。倉田の真剣な想いを、感じ取ったのかなぁ?

ということで、ようやく完結! でございます。
引っ越しをして同居を始め、幸せな未来を示唆したところで終わり。なんか、ほわんとこちらも幸せな気分をお裾分けしてもらった気がします。

限定版に付いてきた小冊子、いやん、エロかった……。まぁ、新婚(いやいや、新居か)2日目じゃ仕方がないですね。苦笑
想い続ければ、初恋もかなうんですねぇ……。
お幸せにぃ〜

WEB拍手お礼
 ・7日23時台、8日3時台、10時台、15時台に拍手をくださったみなさん、ありがとうございました。

 ・『憂鬱な朝1』にコメントをくださったかた、参考になりましたでしょうか? 興味を持ってくださって、ありがとうございます。また遊びに来てくださいね。