青空へ飛べ (ディアプラス文庫)青空へ飛べ (ディアプラス文庫)
久我 有加 / 高城 たくみ
新書館 2011-03-10
by G-Tools

楽天→【送料無料】 青空へ飛べ
野球ものです。(え、そんなカテゴリが存在するのかは知りませんが)
甲子園の一回戦で対戦した二人。
負けた方はあっさりと「ここまで」と自分の実力を悟り、野球を諦め普通の大学生に。
勝った方はプロへと進んだものの、3年目で戦力外を告げられちゃって。
そんな二人が、自分の将来を見据えながら、進路を勝ち取っていくというお話。
若さっていいなぁ〜。
ほのぼのとした読後感が良かったです。

高三の夏、桐生貴宏(きりゅうたかひろ)は甲子園で超高校級の選手・網野瞬也(あみのしゅんや)の豪腕に破れ野球をやめた。それから三年、野球とは縁のない大学生活を送っていた貴宏は、プロで活躍しているはずの網野が二軍落ちしていたことを知る。
居ても立ってもいられず網野に会いに行くが、その前日、網野はついに戦力外通告を受けていた。投げやりになる網野にに思わずトライアウトを受けるよう進めてしまった貴宏はは、彼の自主練に付き合うことになり・・・・・・?

貴宏と網野の出会いと挫折、貴宏が網野にこだわる理由、そして再会。
すごく簡潔に物語は始って、でも肝心なことは過不足なく語られて。

つかみはOKということで、私はぐいぐいと読み進めたんですが、野球に詳しくない方は『トライアウト』という言葉に引っかかったりするんじゃないかと想像。
知らない専門用語は、読む意欲が萎えますよね。
まっ簡単に言っちゃえば、スポーツ選手が入りたいチームのスカウトなり監督なりの前で入団テストを受けて、自分の能力をアピールするってことですね。
ドラフトなら「わがチームへぜひとも来てください」と高額の契約金等々でお願いするのに対して、こっちは頑張るのでお願いしますと頼むって感じかなぁ?

その『トライアウト』を、貴宏が野球を辞めるきっかけを作った網野が受けるわけです。

そうです〜。受けも攻めも、どちらも挫折を経験しちゃってるわけですね。
そして、網野の野球のうまさを知っている貴宏が、自分の夢を(勝手にではありますが)網野に託してて、ポジション争いに負けて戦力外通告を受けて挫折しそうになったことを知り、自ら網野へ会いに行き、練習相手を申し出るというわけです。
その練習を通してひととなりをお互いに知って、友情以上のものを深めていくというわけです。

網野がプロ野球の選手なので、派手なお話かと思いきや、クビになった2軍選手だし、トライアウトを受けるって話だから、試合風景もほぼなく。
あとがきにあるようにかなり『地味なお話』ですが、それだけに地に足がついてるというか。
夢物語のように「これはないわぁ〜」と思うことなく、地道に恋愛していくというか。そのあたりに好感が持てました。
華やかなお話は、他にもたくさんあるしね。

あとがきで久我さんは貴宏のことを「素直なワンコ受け」とおっしゃってます。
たしかに真っ直ぐで、挫折しそうになる網野を励まし、練習相手になったり、トライアウトで網野の入団が決まったら、邪魔になるとばかりに身を引こうと考えるほど網野に対して一途です。
ですが、ちょっとした勘違いで身を引こうと考えたり、3年も前に一度だけ対決し、野球を辞めるきっかけの相手を忘れることなく追いかけ続け(新聞記事だけですが)たり、練習では健気な一面を見せたりと、ちょっと乙女が入っているような気もしなくはなく。笑

ですが、それ以上に萌えてしまったのが、お互い恋愛感情を自覚して、網野からキスしちゃって、ベッドまでなだれ込んだ時のシーン。
貴宏は女の子との付き合いに違和感があったことを、網野への気持ちを自覚して納得したようですが、網野は全くそんな欠片もなくて。
また、どちらも男相手の経験はなし。
だけど、BLではこんな未経験の二人でも上手く行っちゃうってことになるんだけど、このお話は触りっこだけで止まってるんですよ!
(まぁ触るだけじゃなく、舐めたりはしてますが)
それだけでもこの二人は大いに盛り上がってるわけですよ。カラダも気持ちも。
そのことになぜか私は萌え滾っちゃって。
きっと私だけだと思いますが。笑

なので、貴宏の乙女っぽいところは気にならなかったです。
まぁ、網野を追いかけるあまり、記者になった野球部の先輩に連絡を取って情報を仕入れようとしたり、恋人になった結果、スポーツ関連書籍を扱う出版社に就職するあたりは、微笑ましかったですけどね。
一緒にいたいから頑張れたわけだから、これはこれでいいじゃないかと思いますが。

本拠地が東北にあるチームに入団が決まった網野は、まさに単身赴任。
応援や面倒をみるために貴宏は通い妻状態です。
そのあたりのことを、網野視点のSSで語られています。

東北の球団に入って9年。二人も30歳です。
去年大けがをした網野は、再び戦力外通告を受け、またトライアウトを受け、連絡が来ないと心配する網野に比べ、貴宏は網野の実力を認めているから大丈夫だと信じてて。
こんな二人の絆が、とてもいい雰囲気でした。
いいことも悪いことも、二人で乗り越えてきたっていう自信というか、歴史というかがあるんだろうなぁ〜って感じで。

そして、今度は関西の球団に移籍が決まって。
年齢的なことを考えると、これが最後の球団になると、ふたりの感慨も深いものがあって。
この二人なら、40歳になっても50歳になっても寄り添って生きているんでしょうね。
きっと運命の二人だったんでしょうね。
読んでほのぼのとした気分になりました。
面白かったです。

WEB拍手お礼 押してくださると飛び上がって喜びます←押してくださると嬉しいです 
 ・26日0時台にコメントをくださった方、初めまして。(いつもはツイッターでおせわになってますよね?もし違ってたらごめんなさい) やっと『暴君3』が決まりましたね。嬉しいです。が、平川さんのお名前がなかったのがちょっと残念。私もヒロトくんのほのぼのとした雰囲気が大好きなので、ぜひとも出番があることを願っています。平井さんの被災地へのメッセージ、胸にくるものがありました。本当に未曾有の出来事で、亡くなられた方のご冥福と、一日も早い復興を祈っております。コメント、ありがとうございました。

 ・26日5時台にコメントをくださった方、あ、あの漫画家さんのサイン会でしたか。作品を読んだことはないのですが、有名だから題名だけは知ってます。イラスト集の発売が延期になったんですね。残念ですが、それ以上に大事なこともあり、今はそっちが優先事項なので。改めて発売&サイン会も開かれることと思います。お楽しみはそれまでお預けになっちゃいますが、待つのも楽しみのスパイスということで。コメント、ありがとうございました。

 ・27日17時台にコメントをくださった方、お久しぶりです!あの地震の影響のないところにお住まいだったそうで。でも、影響があちこちに出ていますよね。買い物へ行っても、隙間だらけの棚に驚きますが、消えた商品が被災地へ届いていると信じたいです。ツイッターだったかで『S.S.D.Sの新キャラに決まった』ということだけは知っていたんですが、ラジオ番組もあったんですね。早速聴きに行って来ます!ラジオ等々、素のお話が聴けると嬉しくなってしまいます。私が平川さんのファンだとみなさん知っていてくださって、こうやっていろいろと情報をくださるので助かっています。本当にありがとうございました。

 ・26日0時台、1時台、2時台、13時台、18時台、19時台、27日0時台、12時台、19時台、28日3時台に拍手をくださったみなさん、ありがとうございました。

 ・28日15時台に『暴君3のCDがやっと!!!』の記事下にコメントをくださった方、やっと、やっと出ますよ〜。キリンになるほど待ったのでうれしいですね。平川さんの出番があると、もっと嬉しいのですが(苦笑) 本当に平井さんの応援メッセージ、胸に来るものがありました。伝えたい何かが伝わってきたというか。被災地の皆さんにも届くといいのですが。コメント、ありがとうございました。

 ・26日27日『暴君3のCD〜』 27日『スレイヴァーズディア』『スレイヴァーズグレイス』 の記事下に拍手をくださったみなさん、ありがとうございました。