『Guardian72』災害支援プロジェクト
全国拠点展開に向けて
記者発表!

今回は、まず災害現場を対応する自衛隊
そうです。
防衛省OBより陸上自衛隊から
お二人の方を顧問としてお迎えしました。

記事は、こちらです。
http://www.risktaisaku.com/articles/-/4503

リスク対策.com
img_0d0d03aaac4e4ffdfc3caf36e0f024c091583
ミューチュアル社の有馬社長(中央)は顧問として榊枝氏(左)と濱田氏(右)を招いた


ミューチュアル・エイド・セオリーは9日、「Guardian(ガーディアン)72」と題した、

災害時に役立つ備蓄品を詰め合わせたボックスの配送 事業について

東京・新宿区のホテルグランドヒル市ヶ谷で記者発表会を開催した。

自衛隊OBを採用し、本部と札幌・仙台・東京・山梨・岡山・福岡の

全国6カ 所の拠点に配属する方針で、

退職自衛官2人がミューチュアル社とGuardian72総合事業本部の顧問に就任する。


Guardian72のボックスには食料品や水、衣類、衛生用品など生活に役立つものを

概ね1人向けに3日分詰め合わせる。

通常時は備蓄倉庫に保管 され、災害発生時に、

既に1箱に1人分が詰められている状態で避難所に届けられる。

倉庫業青年経営者協議会の全国に拠点を持つ倉庫業ネットワークと

防災無 線ネットワークにてキッティング・保管・配送を行う。

価格は1箱あたり2万円。

企業などからの寄付や、CSR対策費・防災対策費などでの購入を見込んでい る。


Guardian72総合事業本部の顧問に榊枝宗男氏(「榊」の中央はしめすへんの「ネ」)、

ミューチュアル社の顧問に濱田昌彦氏が就任。

榊枝氏は主に自衛隊OBの採用で、

濱田氏はCBRN(化学・生物・放射性物質・核)に関する助言を行う。


榊枝氏は1953年生まれ。自衛隊ではルワンダでの難民支援やホンジュラスでの災害対応を行った。

その経験から「難民への物資配給はいつ来るかもわ からず、

しかも何回も長時間並ばせることが多く心苦しかった。

必要なものがしっかり入っているGuardian72の体制を整え、

予期せぬ災害対策を一歩 前に進める」と述べた。


濱田氏は1956年生まれ。陸幕化学室長も務め、化学兵器防護や放射線防護分野で活躍した。

「日本は核攻撃にも備える必要性がある。

2020年東京 オリンピック・パラリンピックも控え、しっかりと万が一の際のイメージを共有し、

関係者でコミュニケーションをとっておくことは重要」だとした。

2011 年の東日本大震災での福島第一原発事故での放射線への不安で

福島県への物資輸送が混乱したことも踏まえ、

ルートなど自衛隊OBらの知識や経験も活用してい く方針を示した。


ミューチュアル社の有馬朱美社長は、

「自衛隊以外にも地方自治体や消防、民間といった経験者を募りたい」としたほか、

テロも想定し、CBRN対策を進める必要があると考え濱田氏を招へいしたことを明らかにした。


■関連記事「ふるさと納税で支援備蓄、自治体へ説明」
http://www.risktaisaku.com/articles/-/4324