私達『ガーディアン72災害支援プロジェクト』は
プロジェクトスタートして初めての
災害対策本部を9月6日設置。
自衛官OB榊枝顧問を中心に、自衛官OB山中本部長と共に・・・
40920993_1787063314740182_7418574844331032576_n

北海道でまさかの震度7
私は、榊枝顧問と共に
翌日新千歳空港へ飛び
まずは、第七師団駐屯地へ向かいました。
41354600_2347583185257157_6056009230022868992_n

41394948_2347583228590486_4835227147649941504_n

41453396_2347583261923816_8269250545311547392_n

被災地厚真町では、懸命な人命救助に携わる自衛官の姿と出会い
今、土砂の中で助けを求めている方々を救って欲しいと願いながら
私達は、
全日本冠婚葬祭互助協会様の支援購入されたG72BOXを持って
避難所へ向かいました。

41368522_2346070918741717_4235390584866471936_n

最初に訪れた安平町出張所へ

41312935_2346371175378358_4410100431309504512_n

職員の方に渡し、G72BOXのコーナーを避難所の中に設置して頂きました。
本来であれば、避難所開設後、近隣の備蓄倉庫より届ける。
しかし、まだ体制を構築中のため
私達が東京から届けると言う状況になりましたが
一日も早く、地域備蓄が出来るよう必要性を痛感。
41368503_2346371135378362_7484546525545103360_n


その後、厚真町役場へ行き、職員の方々へ説明し
G72BOXを手渡しさせて頂きました。
避難所には、多くの物資が届けられていましたが
仕分けが出来ないまま職員の方々は対応に追われていました。

だからこそ、G72BOX
「これが早く届けば・・・」と言って頂いた事により
私達も、更に体制構築を急がなければならないと痛感しました。

41312936_1372029849600855_5727003971961225216_n-1

支援物資と被災者が必要としている物資は、時間の経過と変わって行きます。

其々の支援の気持ちとカタチが相乗効果となり、被災者が喜ぶ流れを構築する事・・・
私達は、具体的にカタチにしていきます。
それが『Guardian72』です。

41399501_2347441408604668_3392746215031439360_n-1
余震が続く中、一日も早く安心出来る生活に戻れるように
様々な支援が受けられるようになる事を願っています。