有馬朱美 がリレーで繋ぐ『 47のニッポン』

長年の地域取材と対談を行う中で、様々な社会問題とであう。私は、その社会問題を解決する為の仕組みを構築し、実現させる為に様々なプロフェッショナルとパートナーとして提携し、共に、強みを活かし事業として取組んでいます。そんな日々を紹介しています。(2018.07.07)

カテゴリ: 災害支援

G72プロジェクトを支援し、共に防災・災害支援を行う事を目的に
一般社団法人 防災支援システム研究所が設立となった事をご報告します。

IMG_8895

設立メンバーは下記の通りです。

理事長 有馬朱美 (G72プロジェクト代表)

180109_088(light)

<  理事  >

株式会社IHI相談役 
釡 和明 

images

衆議院議員 古川 康 

34457573_1705874599506886_2283765691901280256_n

三井生命保険株式会社 常務執行役員
江口 浩章 

CIMG7378

株式会社ミューチユアル・エイド・セオリー
取締役 飯島 正三 

IMG_8194

株式会社ミューチュアル・エイド・セオリー
取締役 逢坂 重憲 
IMG_8469

<       顧問      >
元 千葉県知事
堂本 暁子 
312602_449794605069222_1716600050_n

<アドバイザー>
日本アイ・ビー・エム株式会社 名誉相談役
橋本 孝之 
ibm1

監査役
元有限責任監査法人トーマツ
高橋 衛 

09e0b315-s

上記のメンバーでスタートしました。

G72プロジェクトが日本列島に広がり、一人でも多くの尊い命を護る為の
一助を担う為に
G72プロジェクトを支援して行く事となります。

32240261_1687974234612553_1366841709517864960_n

先般、理事ご就任の方々に就任証明書を手渡し
これからの、G72の支援に携わって頂く事をお約束頂きました。

32207355_2161397900542354_3931618238193991680_n

G72プロジェクトを支えて下さる方々とも記念の一枚・・・

G72BOXを一日も早く、この日本列島に備蓄し
いつ・どこで・誰が被災しても届けられるように
2020年7月までに人口の10%
1,280万セットを備蓄を目指し
実現に向けて
防災支援システム研究所は、G72プロジェクトと連携していきます。

平成30年7月15日
理事長 有馬朱美

ご報告です!!

【首都直下型地震災害対応】

全国どこで災害が発生しても
近隣の備蓄倉庫より避難所に届ける為の
共助として
【G72広域対応】

日本初!!
企業採用決定しました。


一般社団法人 全日本冠婚葬祭互助協会 様
https://www.zengokyo.or.jp/

先日、記者発表させて頂きましたので
ご報告させて頂きます。


36245766_2222396347775842_3740934682527662080_n

36242186_2222405411108269_4098770325175533568_n

会場へは、事務局長の三宅様が御出席頂き
証明書の授与式を執り行わさせて頂きました。

これからの、災害対応として全国にG72を備蓄していく
先駆けとして、参画して頂きました事に
心より感謝申し上げます。

そして、一日も早く日本中に備蓄が出来る事を実現させる為に
私達もG72プロジェクトを推進していきます。

自然災害は待った無しです!

いつ・どこで・だれが・どんな状況の中で被災しても
対応出来る日本である為に!!
『未来への備蓄』

私達は、2020年五輪・パラリンピック開催までに
日本の人口10%のG72備蓄配備を目指しています!!

<お問合せ・取材等に関しては>
info@guardian72.jp
有馬宛
http://www.guardian72.jp

『BigLife21』2月号に掲載されました。

自然災害が続く日本
世界一災害危険度の高い東京

これから2020年のオリンピック・パラリンピックまでに
人口の約10%のG72BOXを全国に備蓄配備する事を目指し
災害発生時には、近隣の備蓄倉庫から被災地避難所に
72時間分の支援物資がワンパッケージされた
G72BOXをひとり一箱届ける!

実現に向けて、
各専門家と共に事業推進中。

今回、幹部自衛官OBの榊枝氏と濱田氏が参画
現場の研修・訓練をはじめ
支援拠点展開推進に向けて共に努めていきます。

2018_2月号_P22_25

文書5
文書6
文書7

『Guardian72』災害支援プロジェクト
全国拠点展開に向けて
記者発表!

今回は、まず災害現場を対応する自衛隊
そうです。
防衛省OBより陸上自衛隊から
お二人の方を顧問としてお迎えしました。

記事は、こちらです。
http://www.risktaisaku.com/articles/-/4503

リスク対策.com
img_0d0d03aaac4e4ffdfc3caf36e0f024c091583
ミューチュアル社の有馬社長(中央)は顧問として榊枝氏(左)と濱田氏(右)を招いた


ミューチュアル・エイド・セオリーは9日、「Guardian(ガーディアン)72」と題した、

災害時に役立つ備蓄品を詰め合わせたボックスの配送 事業について

東京・新宿区のホテルグランドヒル市ヶ谷で記者発表会を開催した。

自衛隊OBを採用し、本部と札幌・仙台・東京・山梨・岡山・福岡の

全国6カ 所の拠点に配属する方針で、

退職自衛官2人がミューチュアル社とGuardian72総合事業本部の顧問に就任する。


Guardian72のボックスには食料品や水、衣類、衛生用品など生活に役立つものを

概ね1人向けに3日分詰め合わせる。

通常時は備蓄倉庫に保管 され、災害発生時に、

既に1箱に1人分が詰められている状態で避難所に届けられる。

倉庫業青年経営者協議会の全国に拠点を持つ倉庫業ネットワークと

防災無 線ネットワークにてキッティング・保管・配送を行う。

価格は1箱あたり2万円。

企業などからの寄付や、CSR対策費・防災対策費などでの購入を見込んでい る。


Guardian72総合事業本部の顧問に榊枝宗男氏(「榊」の中央はしめすへんの「ネ」)、

ミューチュアル社の顧問に濱田昌彦氏が就任。

榊枝氏は主に自衛隊OBの採用で、

濱田氏はCBRN(化学・生物・放射性物質・核)に関する助言を行う。


榊枝氏は1953年生まれ。自衛隊ではルワンダでの難民支援やホンジュラスでの災害対応を行った。

その経験から「難民への物資配給はいつ来るかもわ からず、

しかも何回も長時間並ばせることが多く心苦しかった。

必要なものがしっかり入っているGuardian72の体制を整え、

予期せぬ災害対策を一歩 前に進める」と述べた。


濱田氏は1956年生まれ。陸幕化学室長も務め、化学兵器防護や放射線防護分野で活躍した。

「日本は核攻撃にも備える必要性がある。

2020年東京 オリンピック・パラリンピックも控え、しっかりと万が一の際のイメージを共有し、

関係者でコミュニケーションをとっておくことは重要」だとした。

2011 年の東日本大震災での福島第一原発事故での放射線への不安で

福島県への物資輸送が混乱したことも踏まえ、

ルートなど自衛隊OBらの知識や経験も活用してい く方針を示した。


ミューチュアル社の有馬朱美社長は、

「自衛隊以外にも地方自治体や消防、民間といった経験者を募りたい」としたほか、

テロも想定し、CBRN対策を進める必要があると考え濱田氏を招へいしたことを明らかにした。


■関連記事「ふるさと納税で支援備蓄、自治体へ説明」
http://www.risktaisaku.com/articles/-/4324

防災及び災害対策関係の皆様方へ

_C5A4130


        拝啓 晩秋の候 皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し
        上げます。平素は、格別のご高配を賜り感謝申し上げます。

         さて、現在、皆様方におかれましては
        様々な角度から防災及び災害支援対応をされていらっしゃる事と思います。
        今回、その災害支援の一つとして「Guardian72」の取組があります。
        それは、『世界初!!』災害発生直後最も緊急度の高い72時間に対応し、
        近隣備蓄倉庫より被災者にひとりに一箱、72時間分の支援物資を届ける仕組です。

         つきましては、下記日程にて自治体向けならびに企業向けに説明会を
        開催致しますのでご案内申し上げます。

         尚、この仕組は、被災後のトータルケアサポートもセットとなっているため
        災害支援「Guardian72」プロジェクトに関しては、各分野の専門機関から高い
        評価を頂いています。

         更に今回は、この災害支援ボックスの配備のひとつとして、「企業による
        自治体への寄付」を活用した新スキームの導入となりましたので、是非
        説明会にご出席頂き地域防災支援に関してご検討頂ければ幸いです。

                        記

       『企業による自治体への寄付』を活用した防災支援の新スキーム立上げについて

        1) 日時:平成29 年12 月7 日(木)
          ■午前の部  9:30〜受付  10:00〜12:00 自治体向け説明会
          ■午後の部 14:30〜受付  15:00〜17:00 企業向け説明会

        2) 場所:三井生命保険株式会社 大手町野村ビル17 階 三井生命ホール
          東京都千代田区大手町2-1-1 大手町野村ビル

        3) ゲスト:「ふるさと納税」サイト国内最大手運営会社
          株式会社トラストバンク SV グループ ナレッジチームリーダー
                               田村 悠揮 氏

        ■自治体向けご案内
         【主な説明内容】
         ・企業による自治体向け寄付を活用したBOX提供
         ・ふるさと納税「ガバメントクラウドファンティング」を活用した
          自治体自らの購入
         ・ふるさと納税を活用した(県人会等)個人の自治体への寄付 等

        ■企業向けご案内
         【主な説明内容】
         ・企業による自治体向け寄付を活用したBOX提供
         ・ふるさと納税を活用した個人の自治体への寄付
         ・日本政策投資銀行BCM格付け
         ・補助金活用 等


        12 月6日(水)までに、御出席者のお名前、所属、午前・午後、ご連絡先を
        明記の上、下記宛お申込み頂きますようお願い申し上げます。

       < お申込及びお問合せ先 >
         G72 災害支援プロジェクト 担当高橋 info@guardian72.jp

         【ご参考】
         ■株式会社トラストバンク
             https://www.trustbank.co.jp/
             https://www.furusato-tax.jp/

         ■『Guardian72』災害支援プロジェクト
             http://www.risktaisaku.com/articles/-/4165

ダンボールデザイン3



    

このページのトップヘ