地球の片隅のはしっこでごそごそ

たわいもない毎日。

東京紀行

久々の長逗留。

まずは上野で待ち合わせまでの時間つぶし〜♪



KIMG0073


上野といえば、やっぱりここに足が向く、、!
そう!国立科学博物館!!

今回はじゃーん。
KIMG0076


、、、いや、ワイン飲めないし。
と、興味はなかったのですが、ボッティチェリ展と散々迷った挙げ句、やはり大好きなので国立科学博物館を選びました。

いやぁ、、、、ワインはともかく(笑)
常設展がまさかのリニューアルでさらにさらに!素敵になってて!!!
もー、ちょっとうるうるきました。
ベンチに座ってしばしボーッ。

そして、連絡が来たので慌てて建物を出ると。
KIMG0079


んまー!出口にもこんな素敵な仕掛けが!
やはり大好きですわ、ここ。
年間パスポート買おうかな。


そして、待ち合わせてから案内されたのは!!

KIMG0082


安田講堂!そう!!
日本の最高学府、東京大学。

1455363832567


レトロな空間、別世界。
これで「東大行ってた」と自慢できるわ!(日本語的に嘘ではない)

さらに、いつもながらの天文グッズの贈り物までどっさりいただきました。
IMG_20160214_211442
IMG_20160214_211609


ちょっとお菓子が混じってるところがミソですね(笑)

カレンダーは後日、貼り付けた画像をアップします。
というわけで、後半へ続く、、、

FM山口、三十周年

image

11月30日、三十周年記念番組が流れるにあたり投稿。

そして、いただきました。

嬉しかった。
そんな素敵な瞬間に立ち会えたことが。
大爆笑して、ちょっぴり泣いて、山口県民で良かった!ってベターに思ってしまうような、そんなひとときでした。

受けてきました

image

image


仕事の合間をぬって、行ってきました。

はー、緊張した、、、

ろくに準備もできず(言い訳)、面接はなんか大したこと言えれんかったな、、、

けっこう突っ込まれたけど、答えになってなかったような、、、
帰りの電車で「あー言えばよかった」「あの言葉は違ったな」などなど悶々、、、

小論文はたまたま読んでいたコラムだったし、練習もしていたので、思ったより落ち着いて臨めたかなと思います。
ラストは駆け足でビミョーでしたが、、、

結果が出たら報告します。
ひ〜ん、、、続きを読む

久しぶりの出張

今回は史跡撮影。
といってもほんのちょびっとですが。

でも、撮影はほんのちょびっとでも持参する機材が減るわけではなく、、、

ほんのちょびっとのために、大きなリュックにカメラと着替えを詰め込み、三脚を抱えて新幹線に飛び乗った。

ひとまず横浜を目指します。
でもって、便乗して今夜は高校の同級生と久しぶりの再会ってやつを果たそうと思います♪


追伸:取材中に石段で滑って肘に大きなタンコブ作るという、もーなんだかくじけそうになった今日でしたが、さっき上司からライン来て編集絶賛されました(短いニュースですが)

、、、うふふ、嬉しいっっ!!

♪軋んだその心 それアンダースタンド
歪んだ日の君を 捨てないでよ
イェイ!(唄:ASIAN KUNG-FU GENERATION)続きを読む

あっという間の10月

いろいろ見えすぎてうーんうーんってなって。

そういう時は、むしろ見えてないのでは?と今更ながらに気づいた秋の夜長。

じたばたする自分を情けなく思いつつも、もう少し悪あがきして、でもって立ち向かっていこうと思います。

自分をおとしめるのは迫り来る絶望。
そこに差し込む希望の細い光線。
どちらも自分が、作り出すものやから。


もうすぐ本番のコンサート。
その曲目のひとつ「フィンランディア」。

おそろしく不安定な、コロコロ変わる情勢のなかでシベリウスが完成させた曲。
聴いてると涙が込み上げてくる。

そんな曲にふさわしい演奏を、ふさわしい練習量(凡人なので努力しかない)とふさわしい人間性(ちょびっとでも成長して)で臨めたらなぁと、ふとおもう。

お月様

昨日はスーパームーン。

お月様、雲隠れ。

image


だんだん見えてきた、お月様。

image


最後はじゃーん!現れました!

image


澄み切った心で見つめたら見えました。

image


心はどこにあるんだろう。

どこにあるの?

、、、そんな迷う心がふっと浮かんだ。
月の魔力かもしれない。

♪いつの間に顔を出した 月がついてくる
彼のブーツの色に似ている
1年前に二人で見た映画のチケット
半分に折れてポケットから出てきた

いまになってやっとわかった
ひとめ逢いたかった
ブーツ閉じ込めた月がついてくる
琥珀の月が ずっとついてくる(「琥珀の月」唄:Dreams Come True)

ま、まぶしい、、、

image


まぶしいと、涙が出そうになる。

ちょっとしたつぶやき。
中学校の時の同級生が、事故にあったとのお知らせから1ヶ月。
訃報が届いた。

去年の夏、高校の同級生がやはり事故で亡くなり、その時の悔しさがよみがえる。

くそーっっ!なんでなん?!

って。


ちょうどお墓参りに行ってきて、すこし、心の整理がついたところだったので、また引き戻されそうになった。なげやりになりそうというか、、、なんというか、、、

といっても、私は卒業以来お会いしてないし、家族や身近な友人の哀しみを考えたらそんなこと思ってはいけんなぁ、と思いつつ。でも悔しい。

友人からは「でも最後まで頑張ったよね!」って言われて。そうか、そうだよね、と。

そう思うことにします。
ご冥福を祈ります。

沖家室島ぶらり

ネタ探しに、島からさらに島へ。
こちらもまた昭和50年代に架橋されているので、すすすいっと渡れます。
image

image



そのため、船便は無くなったのですけどね、、、

海沿いを埋め立ててきれいに舗装しているため、すぐに一周できちゃいます。
一周というか、行って戻るだけですが、、、
image

image


島の拠点ともいえるお寺です。
image

image


ここで、ハワイ移民との交流ともなる機関誌の発行が長年にわたり行われました。
うーん、すごすぎる!

伝説のお地蔵さまも。
image

ふかじぞう、です。

こんな集会所も。なんかかわいい!
image


山の上には、八十八石仏があるらしい。
大島にはほんま、お地蔵さまが多い!!
image


登るか否かなやんでいると、、、

image

「俺についてきな」
そう言われた気がした。

だって、ほんま一緒に来てくれたし!!

image


てくてくのぼる。
image

休憩?!せずに先に進む。

image

image

image

image


「振り返ってみな」
image


image

海まで一望!

image

image


かなりの満足感。
ただ、蚊の勢いがすごいので、そそくさと立ち去る。ねこさんありがとう!

おまけの町並みぶらり。

image

道路の真ん中で?!

image


懐かしの井戸。
image


日曜のせいか、釣り人が多かった。
反対側からの、沖家室大橋。
image


おまけ。
いかだ引っ張ってた。カキイカダ?!
image


おまけのおまけ。
ニホンアワサンゴ群生地の海。この海底にいるらしい。

image


さて、来月のネタどうしようかなぁ、、、

アカモク

紹介するため、スタジオ収録で使おうかなと思っているアカモクを買って帰りました!

image


アカモクとは、海藻。
漁師さんたちはさほど注目されてないそうですが、このたび大島でも商品化され、販売スタート!

でも、そのまま食べるのもなぁと、レシピ考案会がありました。
というわけで!早速実践!

image


見た目はあんまり?!かな。

image


卵とキャベツとてんかすを混ぜ混ぜ。そこにアカモクを加えて、、、

image


香ばしい香りがするまでジュウジュウ焼きました!
小麦粉なしでもお好み焼き風♪

image


こちらは、、、何のこっちゃ?!
と思われますでしょうが、すりごまと醤油、アカモクを混ぜ混ぜ。

これにお刺身を絡めて、ゴマアカモクの和え物完成♪

見た目だと分かりにくいでしょうが、ほんま、、、美味しい!!

私の未熟な腕ながら、なんとか宣伝できればと思ってます!

イワシ網漁!

上司から頼まれ、取材を申し込んでいたイワシ網漁。
急きょ呼ばれたので、取るものもとりあえずカメラのみ携えて漁港へと向かいました!

そのため、写真は一切ないのですが、かるーくレポート。

向かったのは外入(トノニュウ)漁港。
すでに網を広げる大船二隻は沖に出ていたので、待っていてくださった群れ探知機用の船に後れ馳せながらのせてもらい、追いかけました。

大船ではおよそ10人あまりが分かれて乗り込み、群れが見つかるのを待っていました。

そして、合図!
二隻が離れて分かれて、網をずるずる海底に沈めていきます。

時間をかけて、じわりじわりと網をかけていく。

網は真ん中一部がかなり細かい網目になっていて、そこにイワシを追い込みます。

手前では、エイや鯛やカワハギやらがピチャピチャ跳ねている!
うわぁぁぁぁぁ〜!

でも!目的は奥のイワシ。
最初は分からなかったけれど、網をぎゅっとしめていくにつれて、水面のきらめきのように輝くイワシたちの姿がありました!!

か、かわいい〜♪(o・ω・)ノ))

さながら滝のごとく、ザバザバザバーッと運搬用の船に移される。
逃すまいと必死にカメラを回しました。


その後、加工場での釜茹で、乾燥の様子も撮影。
こんな風にして出来上がるんだなぁ、と、改めてしみじみ思いました。

そんな中での、私の一番の感想は、、、
働いている人たちを見るの、すきだなぁ、、、
ということ。
ま、漁師さんたちは全然そんなすごいとかいう気持ちはないんですけどね。
むしろ、「カメラも編集もやるんか?!すごいなぁ」と言われた。
いやいや、皆さんにはかないませんよ!!!

ちなみに、網にかかっていた鯛はお裾分けしていただきました!しかも、鱗も内蔵もしょりしてくださり、あとは調理するだけ。

というわけで!どーん!
image

土鍋でまるごと炊いてみました。

旨味たっぷり、肉厚でうまうまでした♪

海の幸に感謝。続きを読む
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
日本の本州の隅っこのさらに島の片隅に通い、毎日働いています。
小さくごそごそもがいたりあがいたり。
日々バタバタ。目指せコツコツ。たまにトットコトー。
そんな小さな足音が聞こえ・・・たら、それが私かもです。
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
タグクラウド
  • ライブドアブログ