全ては時の中に…

システム開発全般の技術や開発に役立つツール、プログラミングのサンプルを紹介しています。

2008年01月

【VB.NET】XMLファイルを読み込む

VB.NETでXMLファイルを読み込む方法について説明する。
XMLファイルの読み込み方法は、何通りかの方法があるが、単純な方法で説明する。

以下、サンプル。

《XMLファイル》
1.以下のXMLをメモ帳に貼り付ける。
2.ファイル名を「Settings.xml」として保存する。
※ファイルの種類を"すべての形式"にして保存すること!

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<Settings>
<AppName>XMLの読込みサンプル</AppName>
<Input>
  <File>"C:\Test\Input.txt"</File>
 </Input>
 <Output>
  <File>"C:\Test\Output.txt"</File>
 </Output>
</Settings>
続きを読む

【Excel VBA】ヘッダとフッタを設定する

Excel VBAからヘッダとフッタに値を設定する方法について説明する。
シートオブジェクト(WorkSheet, Sheets)の以下のプロパティを利用すれば良い。

【ヘッダ】
 ヘッダ(左) :WorkSheets(1).PageSetup.LeftHeader
 ヘッダ(中央):WorkSheets(1).PageSetup.CenterHeader
 ヘッダ(右) :WorkSheets(1).PageSetup.RightHeader

 フッタ(左) :WorkSheets(1).PageSetup.LeftFooter
 フッタ(中央):WorkSheets(1).PageSetup.CenterFooter
 フッタ(右) :WorkSheets(1).PageSetup.RightFooter
続きを読む

【Oracle】トリガの作成

テーブルのデータ更新(登録、変更、削除)時に別のテーブルのデータを同時に変更したい場合がある。
この実装方法については、いくつかの手段がある。
 1.プログラム言語で実装する。
 2.ストアドプロシージャで実装する。
 3.トリガで実装する。
  (トリガは、大抵のDBMS製品であれば、利用することができる。)

1と2の方法では、トランザクションを明示化する必要がある。
(BEGIN TRANSACTION, COMMIT, ROLLBACK等を利用する)

今回は、3.トリガで実装する方法について説明する。
※トリガとは、データの変更等のイベントを引き金として、実行するモジュールを指す。
続きを読む

【Excel】VBAでユーザ情報やシステム情報を取得する

Excel VBAでユーザ情報やシステム情報を取得する方法について説明する。
これらの情報は、Applicationオブジェクトを利用すれば参照することができる。

以下、サンプル。

Public Sub Main()
 Debug.Print("ドメイン名="Application.OrganizationName)
 Debug.Print("ユーザ名="Application.UserName)
 Debug.Print("Excelのバージョン="Application.Version)
 Debug.Print("OSのバージョン="Application.OperatingSystem)
End Sub

コンピュータ名は、Applicationオブジェクトでは取得できない。
コンピュータ名を取得するには、Windows APIのGetComputerNameA()関数を利用する必要がある。

以下、サンプル。
続きを読む

【VB.NET】Excelファイルを作成する

VB.NETからExcelファイルを作成する方法について説明する。
VB.NETからExcelを利用するには、以下の手順が必要となる。

【事前準備(参照設定の追加)】
1.メニューバーから[プロジェクト]-[参照の追加]を選択する。
2.[.COM]タブを選択し、以下のライブラリを選択する。
 「Microsoft Excel x.x Object Library」
 ※ x.xの部分は、バージョンを表す。
   インストールしているExcelのバージョンによって異なる。
3.[OK]ボタンを押す。

以下、サンプル。
続きを読む

【VB】Excelを利用する

VB6からExcelを利用する方法について説明する。

VB6でExcelを利用するには、Excel.Applicationオブジェクトを利用する。
以下、サンプル。
続きを読む

【コマンドプロンプト】ネットワークドライブの割り当て

コマンドプロンプトでネットワークドライブの割り当てを設定するには、NET USEコマンドを利用する。

【構文(一部抜粋)】
 NET USE [ドライブ文字|*] \\サーバ名\フォルダ名 [パスワード|*]
[/USER:ドメイン名\ユーザ名]

 ※NET USEコマンドの正確な構文については、コマンドプロンプト上で

   NET USE /?

  と入力すれば、ヘルプを見ることができるので、そちらを参考にして頂きたい。

以下、コマンドのサンプル。
続きを読む

【PowerPoint】スライド開始番号を変更する

PowerPoint 2007でスライド開始番号を変更する方法は、以下の通り。
1.画面上部にある「クイックアクセスツールバー」の▽を押す。
2.[コマンドの選択]で「[スライド マスタ]タブ」を選択する。
 ※「すべてのコマンド」でも良い。
3.一覧から「ページ設定」を選択し、[追加]ボタンを押す。
4.[OK]ボタンを押す。

これで、画面上部の「クイックアクセスツールバー」にページ設定が追加される。
追加されたページ設定のアイコンをクリックし、表示された画面の[スライド開始番号]を変更すれば良い。
続きを読む

【SQL Server】ロックしているプロセスを強制的に終了する方法

開発中にプログラムのバグ等でテーブルやデータをロックしたままになってしまうことがある。
(明示的なトランザクションを利用しているのに、確定処理(コミットやロールバック)がされない場合がある 等)
ロックが発生した場合、ロックを解除しないとテーブルやデータを利用することができなくなる。
このような状態に陥った場合、ロックしているプロセスを強制的に終了しなければならない。
その方法について説明する。
続きを読む

【コマンドプロンプト】バッチファイル名の注意点

バッチファイルを作成する場合、ファイル名に注意する必要がある。
バッチファイルに記述するコマンドにバッチファイル名と同一名のコマンドが含まれている場合、無限ループが発生する。
そのため、バッチファイルに記述するバッチファイル名は、コマンドと重複しないようにしなければならない。

以下、無限ループになるバッチファイルの作成方法。
続きを読む

【VB.NET】VB 2005で作成されたコードをVB.NET 2003に移行する

VB 2005を利用して.NET Frameworkの2.0以降で拡張された機能を利用せずに作成されたプログラムをVB.NET 2003に移行する方法について説明する。
(Microsoft .NET Framework 1.0、または、1.1で動作するプログラムの移行方法)

最初にVB.NETのバージョンによる違いについて、簡単に説明する。
続きを読む

【Excel VBA】指定した数値の16進数を取得する

指定した数値の16進数を取得するには、Hex()関数を利用する。
以下、サンプル。

Public Sub main()
 Dim idx As Integer
 For idx = 0 To 100
  Debug.Print(idx & "=" & Hex(idx))
 Next
End Sub

指定した文字の文字コードの16進を取得する場合には、以下のようにする。
(文字コードが正しいかどうかを確認する場合等に利用する)
続きを読む

【VB.NET】他のフォームに引数を受け渡す方法

VB.NETで他のフォームとパラメータを受け渡す方法について説明する。
フォーム上に配置したコントロールを利用してパラメータのやりとりを行う。

サンプルのソリューションは、こちら(FormParamSample.zip)からダウンロードできます。

以下、サンプルの説明。
続きを読む

【VB.NET】アプリケーション実行中に休止状態にしない方法

アプリケーションの実行中にスタンバイモードや休止状態になってしまうと困る場合がある。
(大量のデータを一括処理していて、中断されると最初からやり直す必要がある場合 等)
このような場合に休止状態を拒否する方法について説明する。

VB.NETでこれを実現するためには、WndProcメソッドを利用すれば良い。
サンプルのソリューションは、こちら(PowerBroadCastSample.zip)からダウンロードできます。

以下、サンプルの説明。
続きを読む

【VB.NET】ごみ箱にファイルを移動する

VB.NETで削除したファイルをごみ箱に移動する方法は、2通りの方法がある。
 1.Windows APIを利用する。
  →Shell32.DLLのSHFileOperationA()関数を利用する
 2.Frameworkの機能を利用する。
  →My.Computer.FileSystem.DeleteFileを利用する。
   ※.NET Framework 2.0(VB 2005)以降でのみ利用可能

サンプルのソリューションは、こちら(RecycleBinSample.zip)からダウンロードできます。
(VB 2005で作成しています)

以下、サンプルの説明。
続きを読む
Recent Comments
Recent TrackBacks
Profile

ふりっつ

システムエンジニア
取得資格:
 ソフトウェア開発技術者
 MCP(70-290)
メールマガジン:
 【出張版】全ては時の中に…

メールマガジン
メルマガ登録・解除
【出張版】全ては時の中に…
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
ブログランキング
アクセス解析出会い




にほんブログ村 IT技術ブログへ

にほんブログ村 IT技術ブログ プログラム・プログラマへ

Amazon
スポンサー
HonyaClub.com

PCDEPOT WEB本店/OZZIO

FUJIFILMMALL(フジフイルムモール)

IT 関連資格ならクラムメディア問題集

  • ライブドアブログ